ヘルスデータ利活用と新ビジネス・サービス創出の可能性

講師

一般社団法人ヘルスデータサイエンティスト協会 専務理事
国立病院機構東京医療センター 臨床疫学研究室 研究員
丹野 清美(たんの きよみ) 氏

開催情報

query_builder : 2020/10/29 (Thu) 14:00 〜 16:00

location_on : SSKセミナールーム

navigation : 東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F

受講料

33,330 円 (税込)

セミナー詳細

※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込)

■ライブ配信 
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLをお送り致しますので、開催日時にZoomウェビナーへご参加ください。

■アーカイブ配信
<1>開催日より2~5日以降に配信致します。
<2>お申込時にご記入いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送り致します。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。

少子高齢化に伴う各種健康問題に対し、データサイエンスの手法を用い、科学的な視野をもって解決すべき幾多の課題に直面しています。特に、質の高いヘルスサービスを効率的に提供すること、さらには新しいヘルスサービスの価値を創出することが求められています。そのためには、データマネジメントの思考およびデータサイエンスのコミュニケーション能力を兼ね備えた人材の育成が必要となります。
本セミナーでは、ヘルスデータサイエンティスト協会(HDS)の考える人材を紹介し、今後の新規ヘルスサービスの可能性を解説します。

1.何故いま、ヘルスケア領域のデータサイエンス人材が必要なのか
2.HDSのコンピテンシーモデル
3.HDSの質評価の構想(認定試験)
4.ヘルスデータ利活用による新規ビジネス・サービスの展望
5.質疑応答