日本通所ケア研究会14 件中 1 - 14 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2018/06/24 10:00
    ●第1講座(10:00~11:00) 「介護人材難時代に対応すべき事業所のできること」 ●シンポジウム(11:00~12:30) 「人材確保の採用成功例~求人側と求職側のマッチングを高める~」 ●ランチョンセミナー(12:40~13:30) 「人材確保→定着→育成制度から考える」 ●第2講座(13:40~14:50) 「採用から定着・育成・戦力化までの工夫」 ●シンポジウム(15:00~16:00) 「求職者から選ばれる事業所づくりの工夫」 ●第3講座(16:10~17:00) 「前年度60名超えの職員確保を実現した「ありがとうグループ」の人材確保のコツ」
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2018/07/28 10:00
    10:00~12:00 「介護予防・機能維持!ご利用者の生活意欲・生活機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「身体機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」 「認知機能を高めるケアレク・プログラムの工夫の実際~認知症の方の活動意欲を引き出す実践とその仕掛け~」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(1)」 13:00~14:45 「ご利用者の心身機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「ADL低下を防ぐ!認知機能・精神機能などのADL周辺機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」 「身の回りのモノや人を生かしたケアレク活動の仕掛け」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(2)」 15:00~17:00 「ご利用者の認知・遂行機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「認知症の周辺症状の緩和に必要なケアの考え方とプログラム」 「認知症の方、片麻痺の方、車イスの方…色々な症状のご利用者の目的・症状緩和に向けたケアレク活動の工夫」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(3)」
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2018/07/08 10:00
    10:00~12:00 「介護予防・機能維持!ご利用者の生活意欲・生活機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「身体機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」 「認知機能を高めるケアレク・プログラムの工夫の実際~認知症の方の活動意欲を引き出す実践とその仕掛け~」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(1)」 13:00~14:45 「ご利用者の心身機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「ADL低下を防ぐ!認知機能・精神機能などのADL周辺機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」 「身の回りのモノや人を生かしたケアレク活動の仕掛け」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(2)」 15:00~17:00 「ご利用者の認知・遂行機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「認知症の周辺症状の緩和に必要なケアの考え方とプログラム」 「認知症の方、片麻痺の方、車イスの方…色々な症状のご利用者の目的・症状緩和に向けたケアレク活動の工夫」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(3)」
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2018/09/09 10:30
    今回の同時改定のメッセージを読み解き地域包括ケア時代を戦略的に生き残る! 医療・介護の連携強化!急性期・回復期・生活期リハ各ステージの対策! 今回の同時改定は2015年の介護報酬改定・2016年の診療報酬改定同様に改めて在宅医療の推進と介護連携強化が前面に出た改定となりました。 特に回復期以降のステージでは老健施設や在宅サービスとの連携が非常に重要なものとなりました。そのためには、「病棟」と「老健施設」「通所・訪問」がいかに連携し、在宅への橋渡しができるのかがカギとなります。医療・介護分野共にリハビリテーション部門の機能・医介連携はの今後の事業生き残りには必須の条件となりました。 このセミナーでは、地域医療構想を踏まえて大改革・強化が求められる各ステージごとのリハビリテーション部門の在り方と備えるべき戦略について、3名の講師陣が分かりやすくお伝えいたします。
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2018/09/30 10:00
    本来の持っている力を引き出し能力や特性を発見し具体的に指導ができるようになる! 高齢者の地域における新たなリハビリテーションの在り方検討会の報告書によると、高齢者を支える医療・介護の現場では、高齢者の「気概」「より楽しく生きたい」「より豊かに生きたい」「より高い生活機能を実現したい」とする高齢者の主体性を引き出し、これを適切に支える取り組みが重要だと認識されているが、このような高齢者自身の思いが把握できていなかったり、高齢者が以前の生活機能と、現在の低下した生活機能との差を受け止め、自身の持つ能力の限界と可能性を理解(受容)するための働きかけが不十分であると報告されている。 また、地域のリハビリテーション活動の普及と地域資源の発掘として、リハビリテーション施設やリハビリ職にはサービスを提供するだけではなく、地域の啓発普及や地域づくりの役割などを担うことが期待されている。 このセミナーでは、高齢者へのリハビリテーションの働きかけで不十分とされている部分を解決するためのアセスメント・動機づけや期待されている啓発・普及づくりの役割などを担うために必要なコーチング技術についてワークショップ形式で学んでいただきます。 リハビリテーション部門で働いている方には、サービスの質を高め、正しく実践していくために必須の内容です。
    日本通所ケア研究会
  • location_on愛知県query_builder2018/09/01 10:00
    頭部顔面は感覚器の集合体です。体幹が不安定であれば、頭頚部はバランスに使われ感覚器としての精度が低下します。我々はマニュアル通りの訓練を行うのではなく、摂食・嚥下障害に関わる知識を実践に行かせる技術を使う必要があります。技術には2種類あり、御家族を含めた誰でも使用できるベーシックなテクニックと、PT・OT・ST・Ns・介護職など資格を持った方しか使いこなすことが難しいスペシャルテクニックです。今回は初級編として、前者を中心として伝達し、時間の許す範囲で後者をお伝えしたいと思います。前者は安全で即時効果があり、皆さんが使える技術となります。 (1)頭頸部の特徴 (2)機能解剖 (3)運動学 (4)筋収縮の生理学 (5)神経機構とその障害 (6)姿勢と嚥下の関係 (7)くびの角度と嚥下 (8)誤嚥防止機構と姿勢 (9)ポジショニング (10)治療的誘導と介入 (11)筋の形態と徒手的治療手技 (12)まとめ ほか 【詳細】 https://tsuusho.com/skill/swallowing/
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2018/06/23 10:00
    頭部顔面は感覚器の集合体です。体幹が不安定であれば、頭頚部はバランスに使われ感覚器としての精度が低下します。我々はマニュアル通りの訓練を行うのではなく、摂食・嚥下障害に関わる知識を実践に行かせる技術を使う必要があります。技術には2種類あり、御家族を含めた誰でも使用できるベーシックなテクニックと、PT・OT・ST・Ns・介護職など資格を持った方しか使いこなすことが難しいスペシャルテクニックです。今回は初級編として、前者を中心として伝達し、時間の許す範囲で後者をお伝えしたいと思います。前者は安全で即時効果があり、皆さんが使える技術となります。 (1)頭頸部の特徴 (2)機能解剖 (3)運動学 (4)筋収縮の生理学 (5)神経機構とその障害 (6)姿勢と嚥下の関係 (7)くびの角度と嚥下 (8)誤嚥防止機構と姿勢 (9)ポジショニング (10)治療的誘導と介入 (11)筋の形態と徒手的治療手技 (12)まとめ ほか 【詳細】 https://tsuusho.com/skill/swallowing/
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2018/07/21 10:00
    1)ご利用者の計画書づくり、トレーニングで効果が出せるアセスメント・コーチング (2)信頼関係づくりの極意、真のニーズや思いを引き出す質問のスキル (3)学校では教えてくれない対象者の残存能力の引き出し方 (4)相手の思考の特徴とは?コミュニケーションタイプ、思い込みに気づき、変換する技術 (5)もっと自分でできる!ADLの自信を高める手法 (6)相手に元気になっていただき、動機づけるためには (7)ご利用者の課題解決にあたって多職種で円滑に協働するために必要なこと (8)相手を安心させ、また新たな視点を提供する伝え方、提案の技術でより効果的に伝える (9)【実践】評価の仕方と工夫 (10)2人組でのワーク、エクササイズ (11)1日を通して学んだことの整理 ほか 【詳細】 https://tsuusho.com/skill/coaching/
    日本通所ケア研究会
  • location_on愛知県query_builder2018/09/02 10:00
    (1)2018年同時改定は、あなたの組織が結果を出せるか出せないかの分岐点 (2)リハビリテーション関連の診療報酬・介護報酬の増収マネジメント (3)マネジメントにおける単価アップの具体策(収益を高める工夫と効果を高める工夫) (4)患者、利用者の満足度を高めるマネジメント (5)満足度を高める工夫 (6)多職種連携のマネジメント (7)質の高いリハビリテーションを提供するための多職種連携システム (8)他職種の信頼を得るための工夫 (9)包括的リハビリテーションのマネジメント (10)多様な状
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2018/07/29 10:00
    (1)2018年同時改定は、あなたの組織が結果を出せるか出せないかの分岐点 (2)リハビリテーション関連の診療報酬・介護報酬の増収マネジメント (3)マネジメントにおける単価アップの具体策(収益を高める工夫と効果を高める工夫) (4)患者、利用者の満足度を高めるマネジメント (5)満足度を高める工夫 (6)多職種連携のマネジメント (7)質の高いリハビリテーションを提供するための多職種連携システム (8)他職種の信頼を得るための工夫 (9)包括的リハビリテーションのマネジメント (10)多様な状態に応じたリハビリテーション (11)早期からのリハビリテーションに介入するための医療連携 (12)人材育成のマネジメント (13)学んだ知識をどのように臨床の評価や治療に活かすことができるのか (14)セラピストのキャリアマネジメント (15)セラピストの働き方改革 ほか 【詳細】 https://www.tsuusho.com/skill/management/
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2018/07/22 10:00
    (1)2018年同時改定は、あなたの組織が結果を出せるか出せないかの分岐点 (2)リハビリテーション関連の診療報酬・介護報酬の増収マネジメント (3)マネジメントにおける単価アップの具体策(収益を高める工夫と効果を高める工夫) (4)患者、利用者の満足度を高めるマネジメント (5)満足度を高める工夫 (6)多職種連携のマネジメント (7)質の高いリハビリテーションを提供するための多職種連携システム (8)他職種の信頼を得るための工夫 (9)包括的リハビリテーションのマネジメント (10)多様な状態に応じたリハビリテーション (11)早期からのリハビリテーションに介入するための医療連携 (12)人材育成のマネジメント (13)学んだ知識をどのように臨床の評価や治療に活かすことができるのか (14)セラピストのキャリアマネジメント (15)セラピストの働き方改革 ほか 【詳細】 https://www.tsuusho.com/skill/management/
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2018/08/03 10:30
    (1)診療報酬・介護報酬同時改定からみるリハビリ提供大改革 ・同時改定後のリハビリによる医療介護連携のポイント ・介護老人保健施設における強化型・加算型算定と高稼働率の具体策 ・1-2時間短時間通所リハビリの要支援のみでも高収益シミュレーション ・通所リハビリは、「マネジメント施設」へシフト!リハマネ加算算定のポイント ・通所介護は、自立支援強化!「リハビリテーション颯」における運営モデル (2)地域包括ケアシステム構築におけるリハビリ職の連携の在り方と具体的実践 ・リハビリテーション専門職の
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2018/06/22 10:00
    (1)診療報酬・介護報酬同時改定からみるリハビリ提供大改革 ・同時改定後のリハビリによる医療介護連携のポイント ・介護老人保健施設における強化型・加算型算定と高稼働率の具体策 ・1-2時間短時間通所リハビリの要支援のみでも高収益シミュレーション ・通所リハビリは、「マネジメント施設」へシフト!リハマネ加算算定のポイント ・通所介護は、自立支援強化!「リハビリテーション颯」における運営モデル (2)地域包括ケアシステム構築におけるリハビリ職の連携の在り方と具体的実践 ・リハビリテーション専門職の“本来の強み” ~多様な社会で活かす方法とは?~ ・多業種協働におけるリハビリ職と多職種との連携強化 ・地域住民とリハビリ職をどのように連携していくのか ・行政や社会資源 とリハビリ専門職の連携の具体例 ・地域包括ケアシステム構築での私たちリハビリ専門職はチャンス到来 (3)保険制度にとらわれず、広く社会に貢献するリハビリテーションとは ・リハビリテーションは「方法論」ではない!概念としてとらえることによる可能性 ・「リハビリ難民」を生む要因!保険内リハビリテーションにおける現在地と課題 ・組織の「働き方改革」と個々の「キャリアデザイン構築」が変革と可能性をもたらす ・リハビリテーション部門に活性化をもたらす「越境学習」のススメ ・資格や制度に縛られず「広く社会に貢献するリハビリテーション」の実践モデル ほか 【詳細】 https://www.tsuusho.com/skill/reha/
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2018/08/18 10:00
    (1)ご利用者が改善を実感できるリハビリテーションとは (2)効果的なリハビリテーションを提供することが困難な場合とは (3)集団活動が適応ではないご利用者へのアプローチ (4)効果を出すための正しいアセスメントと正しいトレーニングの提示 (5)ケアマネ、本人、家族へ説明すべき「資料」 (6)やる気アップにつながる即時効果が出る運動プログラムの紹介 (7)機能訓練、リハ担当以外も目標が分かり、自分の役割が明確になるフローチャート (8)ご利用者の奥に潜む課題の本質を理解する (9)マズローの欲求5段階説を応用した心身の評価方法とその活用方法 (10)ご自宅でも継続的に自主トレーニングができる運動方法 (11)痛みの部位別・タイプ別運動方法 (12)これは使える!老年医学に基づいたプログラム作成の工夫 (13)運動学と老年医学を踏まえた効果的リハビリテーションアプローチ (14)通所サービスの特徴と心身機能の評価 ほか 【その他】 詳細は公式ホームページにてご覧ください https://www.tsuusho.com/skill/reha_program/
    日本通所ケア研究会