EPoch8 件中 1 - 8 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2019/12/12 19:30
    リハビリ対象者の機能改善を図るために、適切な触診技術は必須です。 それができることで、姿勢異常や各機能異常を評価する手助けとなります。 その評価・触診が適切で効率的な運動療法へと踏み出すことができるようになります。 また、治療効果も判定しやすくなると思います。 今回は、各部位の骨・関節に絞り、触診について実技を交えて行いたいと思います。 加えて各関節の機能解剖に基づいた関節モビライゼーションによる関節構造異常を改善する実技についても実施していきます。 第3回の今回は、股関節を対象に実施します。 股関節可動域改善や正しい姿勢への修正、それによる筋発揮向上などの効果をだせる内容で実施予定です。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/12/17 19:30
    歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。今回は遊脚期と歩行への機能的アプローチの応答について実技を通して、理解を深める内容を予定しています。 今回のみ参加していただいても理解できる内容となっています。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/12/10 19:30
    歩行動作エキスパート講習会 6回コース 第5回 歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。 今回は立脚期でもほとんど行われていない立脚後期について実技を通して、理解を深める内容を予定しています。 今回のみ参加していただいても理解できる内容となっています。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/12/05 19:30
     脳梗塞片麻痺の患者さんに対し歩行獲得に向けたアプローチを実施する機会は多く経験します。 歩行獲得に向けたアプローチとして膝立ちでの練習や座位での練習も重要な練習となります。 今回は座位、膝立ち立位で実施できる歩行に対するアプローチを実技中心に紹介します。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/12/03 19:30
    歩行動作エキスパート講習会 6回コース 第4回 歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。 今回は立脚期でも全荷重がかかっている時期での評価・アプローチについて実技を通して、理解を深める内容を予定しています。 今回のみ参加していただいても理解できる内容となっています。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/11/28 19:30
    リハビリ対象者の機能改善を図るために、適切な触診技術は必須です。 それができることで、姿勢異常や各機能異常を評価する手助けとなります。 その評価・触診が適切で効率的な運動療法へと踏み出すことができるようになります。 また、治療効果も判定しやすくなると思います。 今回は、各部位の骨・関節に絞り、触診について実技を交えて行いたいと思います。 加えて各関節の機能解剖に基づいた関節モビライゼーションによる関節構造異常を改善する実技についても実施していきます。 第2回の今回は、下位胸椎〜腰椎を対象に実施します。 正しい姿勢への修正や立ち直り反応の改善、上半身質量のコントロール改善の効果がみえる内容で実施予定です。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/11/21 19:30
     中枢神経障害の患者さんの機能的な運動練習として座位や立位、歩行練習が機能的な練習として良く利用されます。 しかし、伏臥位、パピーポジション、四つ這いでのアプローチも重要な機能的な練習となります。 今回は伏臥位、パピーポジション、四つ這いでのアプローチや基本動作を利用したアプローチを実技中心に紹介します。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/11/19 19:30
    歩行動作エキスパート講習会 6回コース 第3回 歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。 今回は立脚期でもアプローチの難しい荷重応答期について実技を通して、理解を深める内容を予定しています。 今回のみ参加していただいても理解できる内容となっています。
    EPoch