(株)新社会システム総合研究所16 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on東京都query_builder2018/12/20 14:00
    病院の電子カルテの普及率は80%を超え、日常的な診療ツールとしての位置づけは確立した。一方で多種の専門職や外部委託先職員が携わり、機微性の高い患者の個人情報を取り扱う医療機関における情報セキュリティ対策は、他の重要インフラ事業者と比較して遅れていると言わざるを得ない。 本講演では厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン5版」の遵守を念頭に、具体的にどのような対策を講じるべきかを、リスクベースアプローチの手法に基づく基本的な考え方を提示し、愛知医大において現在までに行ってきたリスク把握とリスク分析に基づいて、外部委託先管理、技術的な対策や規程類整備、教育・研修体制整備等について紹介する。 さらに医療におけるIoT機器の普及、地域医療連携や遠隔診療におけるセキュリティ対策についても概説する。 最後にEUのGDPR(一般データ保護規則)や中国のインターネット安全法の施行に関して日本の医療機関が考慮すべき影響についても概説する。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2018/12/14 13:30
    2018年度の診療報酬・介護報酬の一体改定は、2025年に向けた病院、介護施設のあり方を示す改定となりました。その中でも中小規模の病院/クリニックにとっては、地域包括ケア病床の導入、地域包括ケアへの積極的な関わり、在宅医療への参入に大きなインセンティブが示され、ますます重要なテーマとなってきています。 近年、当社への経営相談として増加している「地域包括ケア・在宅医療」関連の事例を元に、医療機関の戦略から地域包括ケア病床の導入と成果・課題に加えて、在宅療養支援病院(在支病)としての在宅医療の始め
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2018/11/22 14:00
    米国医師会とデータ相互運用性で連携するGoogle、健康医療サプライチェーンを強化するAmazon、スマートウォッチ向け心電図アプリを発表したApple、ニューヨーク大学とMRIのAI利用で連携するFacebook。プラットフォーマーの新規参入で変貌する医療AI・IoT・ブロックチェーン活用の現状と今後の方向性を展望します。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2018/12/06 13:00
    Ⅰ. 事務職に求められるスキルと人材育成の変革 Ⅱ. 医療従事者をサポートする医療材料管理担当者になろう Ⅲ. 人事管理の実際と人材育成への取組み Ⅳ. 経営マネジメントと事務系職員の役割
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on大阪府query_builder2018/11/29 13:00
    Ⅰ. 事務職に求められるスキルと人材育成の変革 Ⅱ. 医療従事者をサポートする医療材料管理担当者になろう Ⅲ. 人事管理の実際と人材育成への取組み Ⅳ. 経営マネジメントと事務系職員の役割
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2018/12/21 14:00
    院内研修会などで「医療倫理」が取り上げられることもめずらしくなくなってきましたが、臨床で生じる倫理的問題は「どうするのが正しいのか」について確たる正解がないことも多いため難しく考えられがちです。このセミナーでは、法令、裁判例及びガイドラインなどのほか講師がこれまでに経験した事例を加えた多数の実例をもとに、法的に「何をしてはいけないのか」「どこまでなら許容されるのか」という視点をメインに「すぐに役立つ医療倫理」をご紹介します。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2018/11/30 14:00
    レセプト審査は、今後劇的に変わります。これまでの審査は、審査委員の目が基本でコンピュータはその前捌きでした。今後はその方法を180度転換、コンピュータでの完結(90%)を基本としながら対応できない部分を職員(約10%)と審査委員(約1%)で処理することになります。果たして国民が保険で良い医療が 受けられるのか、医師の裁量権は尊重されるのか等懸念されます。このようなコンピュータ審査時代に医療機関はどのように対処すべきか、その対処策をお話します。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2018/11/10 13:00
    在宅医療の点数は複雑です。それに加え2018年の改定で、訪問診療料では主治医からの依頼を受けた医療機関での訪問診療、さらに同一敷地内の有料老人ホーム等への訪問診療料が新設されるなど大幅改定となりました。 これまでも算定漏れ、老人ホームなど施設入所患者の点数算定の誤りなどが多数見られます。それに加え 患者が要介護認定を受けているケースや訪問看護ステーション、ケアマネージャーと連携した時の点数算定は どうするのかなどの疑問が多数あって困るとの声も上げられています。 ますます複雑になった在宅医療点数の算定漏れと悩みの解消を目指し、訪問診療料を含め、在宅医療の成り立ちから点数算定・請求までの基礎を詳しく解説します。また施設入所者の点数、医療保険と介護保険の給付調整なども分かりやすく説明いたします。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on大阪府query_builder2018/10/27 13:00
    在宅医療の点数は複雑です。それに加え2018年の改定で、訪問診療料では主治医からの依頼を受けた医療機関での訪問診療、さらに同一敷地内の有料老人ホーム等への訪問診療料が新設されるなど大幅改定となりました。 これまでも算定漏れ、老人ホームなど施設入所患者の点数算定の誤りなどが多数見られます。それに加え 患者が要介護認定を受けているケースや訪問看護ステーション、ケアマネージャーと連携した時の点数算定は どうするのかなどの疑問が多数あって困るとの声も上げられています。 ますます複雑になった在宅医療点数の算定漏れと悩みの解消を目指し、訪問診療料を含め、在宅医療の成り立ちから点数算定・請求までの基礎を詳しく解説します。また施設入所者の点数、医療保険と介護保険の給付調整なども分かりやすく説明いたします。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2018/11/20 13:30
    医療機関にとって医療材料のデータを厳密に管理することは、コストを把握する上で非常に重要です。 今や、慣例的な定型帳票をただ印刷するだけでは不十分であり、データから課題と解決策を導き出し、経営改善に結びつける手法とスキルを身につけることが不可欠になっています。そこでこの講座では、 身近なツールであるExcelを使った医療材料データ分析のスキルについて購入実績や在庫回転率等 の具体的な実例を用いて詳しく解説致します。今後の業務において是非、お役立ていただければと思います。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/08/03 13:00
    Ⅰ. これからの日本の医療・看護の方向性 Ⅱ. 治らない病態 Ⅲ. 創傷管理の基本-症例検討 Ⅳ. 創傷管理の最前線-症例検討
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on大阪府query_builder2019/07/20 13:00
    Ⅰ. これからの日本の医療・看護の方向性 Ⅱ. 治らない病態 Ⅲ. 創傷管理の基本-症例検討 Ⅳ. 創傷管理の最前線-症例検討
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on福岡県query_builder2019/06/15 13:00
    Ⅰ. これからの日本の医療・看護の方向性 Ⅱ. 治らない病態 Ⅲ. 創傷管理の基本-症例検討 Ⅳ. 創傷管理の最前線-症例検討
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on沖縄県query_builder2019/04/06 13:00
    Ⅰ. これからの日本の医療・看護の方向性 Ⅱ. 治らない病態 Ⅲ. 創傷管理の基本-症例検討 Ⅳ. 創傷管理の最前線-症例検討
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2018/11/10 13:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) Ⅰ. 材料費・委託費を抑えて病院全体の生産性を向上させる! Ⅱ. 職員の接遇力を高めて一人あたりの生産性を向上させる! 「惑星直列」と称された2018年度診療報酬・介護報酬の同時改定を迎えて、日本全国、規模の大小に関わらず経営が楽な医療機関は見当たりません。このまま国の思惑通り大規模なM&Aの波に飲み込まれるのか、まだ自助努力でその波に抵抗していくのか。  私たちは自助努力による経営改善の手法は依然として大きく残され
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2018/12/15 13:00
    質の高い看護サービス、チーム医療を病棟で展開するには、「カンファレンス・ミーティングの質」を見直す必要があります。多忙な現場でのカンファレンスで、「意見が出ない」、「結論に至らない」、「時間が長い」などの問題点を解決する手法として「ファシリテーション」が注目されています。本研修では、看護師に求められるファシリテーションスキルを学び、演習を通して「現場で即、使える」ことを目指します。 1.ファシリテーションとは  (1)ファシリテーションとは  (2)ファシリテーションとコーチング  (3)看護現場で求められるファシリテーション 2.ファシリテーターの役割と機能  (1)カンファレンスでファシリテーションを活用する  (2)ファシリテーターの役割と機能  (3)司会とファシリテーターの違い  (4)ファシリテーションスキル 3.演習1~場をデザインするスキル「準備をする」  (1)計画と準備  (2)プロセス管理(統制と判断) 4.演習2~コミュニケーションスキル「聴く・質問する」  (1)聴くことで意見を引き出す  (2)質問で意見を引き出す 5.演習3~構造化スキル「議論を見える化する」  (1)見える化するには  (2)帰納的アプローチ・演繹的アプローチ  (3)議論を見える化する方法・ステップ 6.演習4~合意形成スキル「ゴールに導く」  (1)合意形成の方法  (2)対立意見が出たらどうするか  (3)対立解消手法
    (株)新社会システム総合研究所