今後開催予定のセミナー149 件中 17 - 32 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2018/10/02 19:30
    高齢化社会に伴い、健康増進・障害予防の観点から認知症に対する社会的関心は日増しに高くなってきています。我々セラピストも認知機能の低下や認知症を併存している患者様を担当する機会は少なくないと思います。一方で平成26年度から認知症患者リハビリテーション料の算定が開始されましたが、具体的なアプローチ方法については明確でないのが現状となっています。 臨床の中で「認知症だから仕方ない」と目を背けていませんか? そこで今回のセミナーでは、認知症に対するアプローチの提案を基礎的な知識や最新知見を交えて講義した
    EPoch
  • location_on東京都query_builder2018/10/28 10:30
    【今日がある人はALLアプローチ協会HPをご覧ください】 心理学が本当に治療に約立つのか? あなたは疑問に思っておりませんか? 心理学を学べばワンランク上のセラピストになれます。 メンタルアプローチを行い治療効果を最大化させませんか? 【セミナープログラム 】 ・アウトカム(目標設定) ・ラポールを作るためのペーシングとは? ・コミュニケーションゲーム ・メンタルアプローチ ・肝臓治療 ・大腰筋治療 ・臀筋群・仙腸関節アプローチ ・足部アプローチ
    一般社団法人 ALLアプローチ協会
  • location_on東京都query_builder2018/10/21 10:30
    【今日がある人はALLアプローチ協会HPをご覧ください】 心理学が本当に治療に約立つのか? あなたは疑問に思っておりませんか? 心理学を学べばワンランク上のセラピストになれます。 メンタルアプローチを行い治療効果を最大化させませんか? 【セミナープログラム 】 ・アウトカム(目標設定) ・ラポールを作るためのペーシングとは? ・コミュニケーションゲーム ・メンタルアプローチ ・肝臓治療 ・大腰筋治療 ・臀筋群・仙腸関節アプローチ ・足部アプローチ
    一般社団法人 ALLアプローチ協会
  • location_on広島県query_builder2018/11/16 10:30
    もう小手先だけの対策では不十分!地域包括ケアの中で、制度の求めるサービス提供体制を理解し対応すべき! この度の4月の改定は診療報酬との同時改定であり、より医療介護連携の具現化が図られ、双方にWin-Winの関係が構築できる環境が整えられた内容となりました。 また、介護報酬だけに焦点を当てると原点回帰【自立支援介護】へのインセンティブ制度が導入されるなど、従来にはなかった視点の改定がより多く設けられました。 今後は介護報酬改定対策として従来行われている「現状のサービス提供体制を維持することを目的とした小手先だけの対策」「制度の隙間を付いた事業所運営の手法」などでは対応が難しくなっていきます。 制度が何を求めているのかを理解し2025年・2040年を見据えて一定の時間をかけて計画的に取り組む必要があります。 介護の量的拡大時期は終焉を迎え、質的進化が求められてきています。 各種専門誌やインターネットなどで多くの情報が手に入りやすい時代となりましたが、1つの同じ情報を得てもその情報から考えることや起こす行動は人によって千差万別です。また情報は単体よりもその分析やそれを基にしたアイデア・発想が重要となります。 今大会では、地域包括ケアとデイ・デイ周辺サービス(デイケア、老健、外来リハ、共生型、保険外など)の在り方を考える全38講座をご用意いたしました。 【大会プログラム】 ●特別講演 ・2025年、2040年の地域包括ケアの姿と介護経営 ・2025年、2040年に向けた地域共生社会の推進!地域我が事丸ごとでの通所サービスに期待すること ・2025年、2040年に向けて今後ますます成長・発展する保険外サービスの新戦略 ほか ●リハ職向けセミナー ・生活期リハビリテーション改革 ・通所リハ・訪問リハなど在宅生活期リハを支えるリハ職が実践すべきリハビリテーション戦略 ・転倒予防の考え方と介入方法 ・リハ職が理解・実践すべき感覚で伝える動作指導方法の実践と臨床応用 ●デイ周辺サービスセミナー ・ベッドの稼働率を落とさない!スーパー老健(超強化型・強化型)の運営の工夫 ・疾患別リハビリテーションを最大限に生かすための短時間通所リハ移行・開設 ほか多数あり
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2018/09/25 19:00
    あなたは関節が拘縮を起こす原因を理解できていますか? 関節拘縮の治療をするためには、拘縮がどのような過程を辿っているのかを理解する必要があります。 また、それと同時に関節面の構造及び軟部組織の理解が必要です。 そして何より痛みを出さないように関節運動学的に徒手的に動かすことができる技術が必要になります。 本ナイトセミナーでは組織学的な基礎知識の補充と共に、触診技術と関節の触り方、動かし方を学んでいただきます。 【プログラム】 ・変形性膝関節症の疼痛機序 ・膝関節の運動学 ・膝関節の触診技術
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on東京都query_builder2018/09/30 13:00
    ※無料セミナー 本セミナーは、平成30年度経済産業省委託事業「地域中核企業創出・支援事業(ニーズプル型)」により実施しています。 https://jmamdc.med.or.jp/seminar/seminar/25 主催:公益社団法人日本医師会、経済産業省関東経済産業局 共催:日本歯科医師会、日本看護協会、日本臨床工学技士会 後援:厚生労働省、特許庁、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)、公益財団法人医療機器センター、日本弁理士会、一般社団法人日本医療機器産業連合会、一般社団法人
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2018/10/14 11:00
    【セミナー内容】 講義の80%以上はテクニックをご紹介させて頂いております。知識はPDFファイルにてすべて収録! 1.体質改善とは?   体質改善の基礎をご紹介 生理痛やPMSなど分けて1つ1つ紹介! 2.栄養学で体質を改善させる方法とは?   栄養学の体質改善は必須であり生理痛やPMS・冷え性やむくみの改善を腸内環境など栄養学の視点から解説! 3.血流・リンパ・内臓アプローチから体質改善させる方法とは?   むくみや冷え性などに必要な血流・リンパ、内臓アプローチをご紹介! 4.体質を変え
    TOTAL CARE アプローチ協会
  • location_on大阪府query_builder2018/09/25 19:00
    リスク管理というと、『血圧を測る』、『脈を測る』など、なんとなく数値を拾っているだけ、ということをよく見かけます。 間違っているとは言いませんが、それだけでは不十分です。 今回は循環器疾患でよく遭遇する代表的な所見について事例をふまえて詳しく説明していきたいと思っております。 数字を追うことだけではなく、教科書的な症状にだけ目を向けるのではなく、なぜ目の前の患者さんがそのような症状を呈しているのか、そこを少しでも理解できるようになることが目標です。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on東京都query_builder2018/11/29 12:30
    【趣旨】  GCP査察の準備は、試験開始準備から始まります。試験の準備から終了まで、常に査察を意識した運用が重要かつより効率的な対応となります。さらにGCP要件が何を守るためのものかを理解すれば、結果的にGCP査察の対応を容易にし、実践場面での応用まで可能となる。  本講義では、治験を実施するうえでGCP査察を意識した運用を紹介する。そのためには試験の本質と運用、品質に対する考え方の理解が必要であり、それらの観点から治験依頼者、実施医療機関の立場で査察時に特に重要と思われる項目について解説する。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/11/21 12:30
    【習得できる知識】 ・ 用語の定義からクオリフィケーション全体の基礎知識 ・ 空調設備IQ、OQにおける実施要領およびドキュメント作成要領 【趣旨】 医薬品製造施設の建設現場での空調設備IQ、OQにおいて、要求事項に基づく検証すべき項目と方法について、計画書と報告書の作成例を挙げ説明する。 また、ドキュメント体系図を使用して空調設備IQ、OQの役割及び上位文章との繋がりを説明する。 更に空調設備のCSVおよび定期バリデーションと維持、管理など医薬品製造施設の空調設備に関わる幅広い内容を説明する。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/11/29 12:30
    【趣旨】  製薬企業が達成すべき目的は「恒常的な品質の医薬品を安定的に供給する」事にある。Quality Cultureを持つ社員を育成するため、教育者は何をすべきか、その教育者を育てるために何をするかを、参加者とのDiscussionを通して理解を深める。  また、集合教育およびOJTの効率を上げるためのポイント及びそのための準備として必要なこと、効果的な教育とするためのテキスト作成のコツ、および契約社員への教育、なとについて講演者の経験を基に紹介します。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/11/26 13:00
    【趣旨】  化粧品は防腐剤を配合するなどして,微生物による劣化を防ぐ設計がなされています。化粧品の微生物学的な保存性の評価方法として,製品に微生物を接種して継時的に生菌数を測定する試験法が用いられており,薬局方[JP(日本薬局方),EP(EU薬局方),USP(米国薬局方)]やISO11930を参考にされるケースが多くあります。  本講演では日本薬局方 参考情報「保存効力試験法」を中心に保存効力試験の進め方について紹介します。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/11/30 10:30
     非臨床試験の計画とそのデータ解析に必要となる統計的知識を提供します.試験デザインを概観し,ランダム化や盲検化といった偏りを最小限にするための方法,評価項目や仮説の設定,サンプルサイズ設定の原理や根拠の定め方を解説します.また,データの正しい見方や要約,図示の方法,推定や検定の概念を説明した上で,非臨床試験で特に問題になりやすい多重比較,用量反応,交互作用等を詳細に解説します.  数式はほとんど扱わない非専門家のための統計セミナーです.非臨床試験における必要最低限の統計的課題を厳選し,紹介します
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/11/16 10:30
    1.中国化粧品規制での対応ポイント解説  -範囲・定義  -安全性  -殊用途化粧品  -検験検査  -成分規制  -動物実験  -表示・効能 2.韓国の化粧品規制の各条詳細と日本との類似/相違点  -範囲・定義  -安全性  -機能性化粧品  -製品検査  -成分規制  -動物実験  -表示・効能 3.台湾の化粧品規制の背景と日本との類似/相違点  1)対応のポイント  -範囲・定義  -安全性  -含薬化粧品  -成分規制  -動物実験  -表示・効能
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/11/27 12:30
    【習得できる知識】 ・ 封じ込め設備設計・検証の具体的流れ ・ 封じ込め能力測定手順と評価方法 【趣旨】  設備設計/製作においては従来の製品品質確保に加え、作業者の安全確保の観点にも注力することが求められ、数多くある技術の中から適切な措置を選択すること、その措置の妥当性を検証することが重要となる。  本講演会では封じ込めコンセプトの起案、設計への反映、実機導入後の検証と運用について、その一連のプロセスを解説すると共にそれらに基づく低分子原薬製造設備及び固形製剤製造設備の弊社導入事例を紹介する。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/11/20 13:00
    【習得できる知識】 ・人用の医薬品と大きく異なる動物用医薬品の審査と承認申請書の特徴 ・動物用医薬品申請に至る全体のスケジュール(流れ) ・動物用医薬品の開発コスト(時間と経費)削減のポイント ・実例に基づく申請書、添付資料概要作成 ・製造販売後臨床試験を避けるための市販後使用成績調査立案と実施 【趣旨】  人用医薬品を動物用に展開することを考えた時、何をすべきで、追加試験は何が必要か、動物用の承認申請書の作成ポイントは何か、承認後の再審査はどのように実施するのか実例を紹介し幅広くお話します。
    株式会社R&D支援センター