今後開催予定のセミナー143 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on東京都query_builder2019/03/27 12:30
    1 CSVに関する基本理解  1.1 CSVとは  1.2 ER/ESとCSV  1.3 CSVの進め方と活動体制  1.4 CSVにおけるユーザとサプライヤの関係およびコスト  1.5 CSV活動の要点解説   1.5.1 CSV計画   1.5.2 高次リスク評価   1.5.3 サプライヤ評価   1.5.4 ユーザ要件定義(URS)   1.5.5 機能要件定義(FS)   1.5.6 設計仕様定義(DS)   1.5.7 機能リスク評価   1.5.8 設計時適格性評価(DQ)   1
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/03/15 12:00
    【第1部】中国新政権におけるCFDA医療機器認証制度改革と商品開発/承認申請の実務 1.中国政府は健康事業の発展を重視、推進続けている 2.医療機器法規の変化 3.中国医療機器登録の手続き 4.中国医療機器の監督管理 5.CFDAの組織とルール 6.医療機器開発時、前もって検討しておくこと 7.医療機器の中国市場参入時の流れ  ① 工場の建設  ② 製品のタイプテスト  ③ CFDA工場査察   a. 模擬査察の勧め   b. スケジュールの日程調整   c. CFDA査察官とのコミュニケー
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/03/18 10:30
    【第1部】2019年薬機法改正で変わる健康食品広告とその対応方法 1.はじめに 2.健康食品を取り巻く法規制   薬機法と景表法の違い 3.機能性表示食品とは?   制度の概要   最新の届出状況   問題点と課題 4.OK広告、NG広告   ダイエット   認知機能   ひざ関節など 5.次世代の広告モデル 【第2部】薬機法、景品表示法、健康増進法に違反しない広告戦略とコピーライティング 1はじめに   1.1なぜ、健康食品の規制は厳しくなり続けるのか?   1.2機能性表示食品と健康食
    株式会社R&D支援センター
  • location_on香川県query_builder2019/03/20 19:00
    筋力の発揮を規定する因子は、大きくは量的な構造的因子と質的な機能的因子に分けられます。臨床では質的な因子を神経-筋の因子とその他の因子に分けて評価・介入すべきと考えます。その他の因子の具体例として、姿勢、柔軟性、注意、関節包内の抵抗などが挙げられますが、臨床で活かすためにはひと工夫が必要です。 本セミナーでは教科書的なものではなく、より臨床に即した視点から『筋力』と『筋出力』の違いを整理し、『筋出力』を変化させ得る因子について、明日からの臨床で応用できるように実技を交えながら体感・共有していきます。 以前の日曜開催セミナーの内容はこちら↓ https://blog.ep-och.com/entry/2018/07/11/141924
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on福岡県query_builder2019/03/16 10:00
    <1日目>嚥下と呼吸の関係&ムセ介助 (1)摂食・嚥下に関わる器官の特徴と構造 (2)運動学・生理学的視点 (3)姿勢と嚥下の関係 (4)呼吸と嚥下&直ぐに使える技術と熟達が必要な技術 <2日目>摂食・嚥下障害をシンプルに整理し運動体験や実技 (1)ベッド、車いす上でのポジショニング (2)食事動作時の舌操作 (3)電動ベッド・車いす等の福祉用具使用のコツ (4)寝ているときの姿勢・呼吸アプローチ (5)介護・看護・リハ職の操作が上手く楽になる体づくり ※2日間参加で2,000円割引
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/03/23 10:00
    本セミナーでは「レクの目的」「視点」などをケアに取り入れ、介護・福祉現場で提供するサービスが「レク=ゲーム」にならない、意味ある【人生再創造】活動の一助となる提供方法について学びます。 【参加のポイント】 (1)レクを目標達成型プログラムのツールにする (2)「レク当番だから…」「とりあえずレク…」という意識を変える! (3)レクのマンネリって悪いこと!?効果が出せるマンネリは悪くない! (4)日常の生活やケアにレクの視点が入るとQOLが向上する (5)レクは単なる楽しみ目的の集団活動ではない!
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2019/03/16 10:00
    本セミナーでは「レクの目的」「視点」などをケアに取り入れ、介護・福祉現場で提供するサービスが「レク=ゲーム」にならない、意味ある【人生再創造】活動の一助となる提供方法について学びます。 【参加のポイント】 (1)レクを目標達成型プログラムのツールにする (2)「レク当番だから…」「とりあえずレク…」という意識を変える! (3)レクのマンネリって悪いこと!?効果が出せるマンネリは悪くない! (4)日常の生活やケアにレクの視点が入るとQOLが向上する (5)レクは単なる楽しみ目的の集団活動ではない!
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2019/03/09 10:00
    本セミナーでは「レクの目的」「視点」などをケアに取り入れ、介護・福祉現場で提供するサービスが「レク=ゲーム」にならない、意味ある【人生再創造】活動の一助となる提供方法について学びます。 【参加のポイント】 (1)レクを目標達成型プログラムのツールにする (2)「レク当番だから…」「とりあえずレク…」という意識を変える! (3)レクのマンネリって悪いこと!?効果が出せるマンネリは悪くない! (4)日常の生活やケアにレクの視点が入るとQOLが向上する (5)レクは単なる楽しみ目的の集団活動ではない!
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2019/03/17 10:00
    第1講座 10:00~11:30 「ケアを拒否?こんな時どうする?認知症の人の理解と適切な関わり方」 第2講座 11:40~13:00 「認知症ケアの現場で介護拒否・バーンアウトを起こすスタッフへ」 第3講座 14:00~15:20 「事業所と地域で支える認知症の方への支援」 第4講座 15:30~16:30 「認知症の方のその人らしさを最期まで実現する環境づくり」 ※本研修会は日本認知症ケア学会単位認定講座です(認知症ケア専門士単位:3単位) ※全4講座受講で割引(3000円/講座)
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2019/03/10 10:00
    第1講座 10:00~11:30 「ケアを拒否?こんな時どうする?認知症の人の理解と適切な関わり方」 第2講座 11:40~13:00 「認知症ケアの現場で介護拒否・バーンアウトを起こすスタッフへ」 第3講座 14:00~15:20 「事業所と地域で支える認知症の方への支援」 第4講座 15:30~16:30 「認知症の方のその人らしさを最期まで実現する環境づくり」 ※本研修会は日本認知症ケア学会単位認定講座です(認知症ケア専門士単位:3単位) ※全4講座受講で割引(3000円/講座)
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/03/03 10:00
    第1講座 10:00~11:30 「ケアを拒否?こんな時どうする?認知症の人の理解と適切な関わり方」 第2講座 11:40~13:00 「認知症ケアの現場で介護拒否・バーンアウトを起こすスタッフへ」 第3講座 14:00~15:20 「事業所と地域で支える認知症の方への支援」 第4講座 15:30~16:30 「認知症の方のその人らしさを最期まで実現する環境づくり」 ※本研修会は日本認知症ケア学会単位認定講座です(認知症ケア専門士単位:3単位) ※全4講座受講で割引(3000円/講座)
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2019/05/11 10:00
    個別機能訓練加算、リハマネ加算への効果的な取り組みにつながる【自立支援ケア】を実現する抜本対策 ・身体的自立支援に偏っているだけでは、高齢者のQOLは維持できない ・ICFの生活機能分類の活用で多岐にわたる高齢者の「活動」と「参加」を網羅 ・これまでになかった「社会的自立を支援する介護サービス」の運営手法 ・他事業所との「差別化」をはるかに凌駕する本質的な自立支援ケアの実践 ・目標に働きかける「目的別グループ」 ・高齢者本人の意思に基づいた地域社会の様々な活動への参加を誘導するケア
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2019/04/27 10:00
    個別機能訓練加算、リハマネ加算への効果的な取り組みにつながる【自立支援ケア】を実現する抜本対策 ・身体的自立支援に偏っているだけでは、高齢者のQOLは維持できない ・ICFの生活機能分類の活用で多岐にわたる高齢者の「活動」と「参加」を網羅 ・これまでになかった「社会的自立を支援する介護サービス」の運営手法 ・他事業所との「差別化」をはるかに凌駕する本質的な自立支援ケアの実践 ・目標に働きかける「目的別グループ」 ・高齢者本人の意思に基づいた地域社会の様々な活動への参加を誘導するケア
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/03/02 10:00
    個別機能訓練加算、リハマネ加算への効果的な取り組みにつながる【自立支援ケア】を実現する抜本対策 ・身体的自立支援に偏っているだけでは、高齢者のQOLは維持できない ・ICFの生活機能分類の活用で多岐にわたる高齢者の「活動」と「参加」を網羅 ・これまでになかった「社会的自立を支援する介護サービス」の運営手法 ・他事業所との「差別化」をはるかに凌駕する本質的な自立支援ケアの実践 ・目標に働きかける「目的別グループ」 ・高齢者本人の意思に基づいた地域社会の様々な活動への参加を誘導するケア
    日本通所ケア研究会
  • location_on埼玉県query_builder2019/03/31 10:00
    医療、リハビリ、福祉などの分野で働くセラピストのために、今回のワークショップを企画いたしました。 このワークショップは、忙しい臨床の中で、自分が本当はどんな想いで働いているのか?本当はどんなことをしたいのか?そんなセラピストとしての、自分の本心を探っていくワークショップです。
    リハビリコミュニケーション研究所
  • location_on東京都query_builder2020/01/18 13:00
    1.ファシリテーションとは 2.ファシリテーターの役割と機能 3.演習1~場をデザインするスキル「準備をする」 4.演習2~コミュニケーションスキル「聴く・質問する」 5.演習3~構造化スキル「議論を見える化する」 6.演習4~合意形成スキル「ゴールに導く」
    (株)新社会システム総合研究所