新着セミナー163 件中 97 - 112 件を表示

  • location_on徳島県query_builder2019/11/16 09:00
    ①11月16日(土)9:00~12:00膝部 ②11月16日(土)13:00~16:00足部 ③11月17日(日)9:00~12:00肩部 ④11月17日(日)13:00~16:00背部 ※必要な講座のみ受講可能※15,000円/講座 内容: 膝部:変形性膝関節症、半月板損傷、オスグッド病等 足部:足関節捻挫、各足根骨障害、足底腱膜炎、シンスプリント等 肩部:肩関節周囲炎、肩腱板断裂、肩甲上腕リズム調整等 背部:頚椎症、腰痛、腰部脊柱管狭窄症、側彎調整等
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2019/10/05 09:00
    ①10月5日(土)9:00~12:00膝部 ②10月5日(土)13:00~16:00足部 ③10月6日(日)9:00~12:00肩部 ④10月7日(日)13:00~16:00背部 ※必要な講座のみ受講可能※15,000円/講座 内容: 膝部:変形性膝関節症、半月板損傷、オスグッド病等 足部:足関節捻挫、各足根骨障害、足底腱膜炎、シンスプリント等 肩部:肩関節周囲炎、肩腱板断裂、肩甲上腕リズム調整等 背部:頚椎症、腰痛、腰部脊柱管狭窄症、側彎調整等
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2019/09/28 09:00
    ①9月28日(土)9:00~12:00膝部 ②9月28日(土)13:00~16:00足部 ③9月29日(日)9:00~12:00肩部 ④9月29日(日)13:00~16:00背部 ※必要な講座のみ受講可能※15,000円/講座 内容: 膝部:変形性膝関節症、半月板損傷、オスグッド病等 足部:足関節捻挫、各足根骨障害、足底腱膜炎、シンスプリント等 肩部:肩関節周囲炎、肩腱板断裂、肩甲上腕リズム調整等 背部:頚椎症、腰痛、腰部脊柱管狭窄症、側彎調整等
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2019/08/03 09:00
    ①8月3日(土)9:00~12:00膝部 ②8月3日(土)13:00~16:00足部 ③8月4日(日)9:00~12:00肩部 ④8月4日(日)13:00~16:00背部 ※必要な講座のみ受講可能※15,000円/講座 内容: 膝部:変形性膝関節症、半月板損傷、オスグッド病等 足部:足関節捻挫、各足根骨障害、足底腱膜炎、シンスプリント等 肩部:肩関節周囲炎、肩腱板断裂、肩甲上腕リズム調整等 背部:頚椎症、腰痛、腰部脊柱管狭窄症、側彎調整等
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2019/07/13 09:00
    7月13日(土)9:00~基礎講座 7月14日(日)9:00~部位別① 7月15日(月・祝)9:00~部位別② ※CKTT試験対策が含まれます 受講条件:講習期間内にCKTT(キネシオトレーナー資格)受験し、 後日登録すること。 備考:選択受講可能※16,200円/講座※KTナンバーが必要 資格登録・更新料は受講費に含まれません
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2019/11/22 09:00
    11月22日(金)9:00~基礎講座 11月23日(土・祝)9:00~部位別① 11月24日(日)9:00~部位別② ※CKTT試験対策が含まれます 受講条件:講習期間内にCKTT(キネシオトレーナー資格)受験し、 後日登録すること。 備考:選択受講可能※16,200円/講座※KTナンバーが必要 資格登録・更新料は受講費に含まれません
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2019/12/21 09:00
    12月21日(土)9:00~基礎講座 12月22日(日)9:00~部位別③ 12月23日(月・祝)9:00~部位別④ ※CKTT試験対策が含まれます 受講条件:講習期間内にCKTT(キネシオトレーナー資格)受験し、 後日登録すること。 備考:選択受講可能※16,200円/講座※KTナンバーが必要 資格登録・更新料は受講費に含まれません
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on東京都query_builder2019/06/28 10:30
    本セミナ-では、GMPやバリデーションを実践する上でのポイントなどの説明を通してその本質を紹介する。  特に、そこにはヒトの特徴(ヒューマンエラー)や科学技術の技術進歩、そして行政側の政策が深くかかわっているが、こうしたことを理解した上で、今医薬品の開発・品質保証に対して、どのような取り組みが求められているのか、考える機会を提供する。  そして、自社に適したGMPを構築するため、また自分の言葉で自社のシステムを説明するための基礎的な知識を提供する。 新入社員や新任者の方にも最適なセミナーです!
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/30 18:40
    「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「機械は苦手。でもやっておかないと移乗の時に危なくて。」「ブレーキが効かない!けど臨床が忙しいから業者を呼ぼう。」車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線からメンテナンスの重要性と技術を、実際にできるようになるまで丁寧にお教えします。車椅子住環境の事故をあなた自身の手で予防しましょう。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/06/28 12:30
     1.はじめに   1.1 抗がん剤開発の概略   1.2 肺がん治療薬の承認動向  2.審査報告書から読み取れるポイント   2.1 EGFRチロシンキナーゼ阻害剤   2.2 ALKチロシンキナーゼ阻害剤   2.3 免疫チェックポイント阻害剤   2.4 VEGF受容体阻害剤  3.がんゲノム医療  4.経済毒性  5.今後の展望
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/08/04 10:00
    低反撥マットレスを数枚重ねて身体質量と重力を拮抗させた環境のもとポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果を具体的な症例と共に紹介し、実践して体感していただきます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/08/18 10:00
    フィッティング(適合)とは、シーティングという姿勢調整だけでなく、車椅子の寸法調整も加えた生活姿勢保持。 生活環境を考えるフィッティング(適合)は、まずその人に合う椅子を設計し、その人が実際に腰に触れるシートサポートすなわちシーティングを構築していく順番です。 『車椅子設計採寸技術→車椅子シーティング→車椅子住環境整備→社会参加や自己実現へ』 前編 車椅子の設計、採寸技術含む車椅子構造を身体採寸用具を使って指導 後編 シーティングと車椅子住環境整備及びそのためのシートクッションづくり
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/07/13 10:00
    クッションの素材に触れて構造を知る事から始めて、回復段階やADLに合わせたシーティングを行ない、業者やメーカーのクッションのつくり方を学ぶ。 原理編:自分自身の骨盤と体幹の重心の位置を探し、確認することで座位保持のイメージをつくります。クッションをつくるための身体採型(採寸)をします。評価のポイント、測定のポイントと記入方法を習得します。 工房実技編:実際にウレタンを削ってシーティングやフィッティングシートを形にしていきます。座面のクッション、背面のクッションをつくります。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2020/01/18 13:00
    1.ファシリテーションとは 2.ファシリテーターの役割と機能 3.演習1~場をデザインするスキル「準備をする」 4.演習2~コミュニケーションスキル「聴く・質問する」 5.演習3~構造化スキル「議論を見える化する」 6.演習4~合意形成スキル「ゴールに導く」
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/11/16 13:00
    1.看護マネジメントリフレクションの基本的な考え方 2.看護マネジメントリフレクションの活用と実際 3.演習~「看護マネジメントリフレクション」 4.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/07/04 18:40
    車椅子の点検不良による事故、職員の意識、身体拘束、姿勢不良からの褥瘡問題にまで発展する車椅子関係因子。このような物理的リスク因子を取り巻くリスクマネジメントを工学技術者の立場から解説、解消します。 スクリーニングで事故を未然に防ぐ方法を学び、車椅子住環境事故のリスク管理ができるようになります。 講師は車椅子製造メーカーに在籍していた技術者であり、現在は作業療法士として医学の目線からリスク管理を考え、解決策を研究しました。そのノウハウを共有し、明日からの安全な生活に生かしてみませんか。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会