新着セミナー167 件中 33 - 48 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2018/07/03 13:00
    1. 開発早期の売上予測 ー標的市場の定義・確定/総患者数の確定/Potential患者数の確定 ー顧客の処方動向の見極め/アンメットメディカルニーズか否か?/メディカルニーズが満たされている場合は? ー新規薬剤の市場浸透/エビデンスレベルの評価/製品力の評価/マーケティング・営業力による評価 2. 医薬品マーケティング戦略 ー医薬品マーケティングの概念/戦略と戦術(一般論)/セグメントの考え方 (医師・施設・患者・プロダクト) ーSTPを意識した戦略展開/戦略立案/戦術展開
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/07/02 10:30
    1部:バイオ医薬品特許および特許調査のポイント 1.バイオ医薬品の特許 2.バイオ医薬品の特許調査 特許調査の目的/背景技術の理解/検索キーの決定・調査・文献抽出/判断:審査基準・判例の理解/先行バイオ医薬品の特許調査/特許権存続期間延長制度に基づく特許調査/先発権の調査/関連特許の調査 2部:バイオ医薬品における侵害訴訟事例と回避対策 日本:バイオ医薬品に関する侵害訴訟/バイオシミラー訴訟/測定法・試薬・装置に関する侵害訴訟 米国:BPCIAによる規制/パテントダンス/バイオシミラー訴訟
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/06/29 10:30
    1.薬物動態学:ADMEの基本を説明し、薬物の生体内動態の全体像を解説する。 2.薬物動態速度論:コンパートメントモデルを用いた薬物動態速度論の各パラメータを知り、その意味を理解し、グラフを描き、練習問題を解くことにより、薬物動態データの読み方を解説する。 3.薬物動態の活用: ・新薬開発において血漿タンパクとの結合が薬物の薬効・毒性に与える影響・考え方を解説する。 ・薬物動態の基礎知識を修得したうえで、薬の毒性発現メカニズム、特に薬物を併用した場合の相互作用に起因した毒性発現機作を解説する。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/06/29 10:30
    1. ICHガイドラインQ9“品質リスクマネジメントに関するガイドライン”の概説 2. ICHガイドラインQ10“医薬品品質システムに関するガイドライン”の概説 3. CAPAの一般的概念 用語の定義/医薬品における関連法規/システムの導入の根本的違い/手順/4つのプロセス/導入のステップ/フォローアップ活動の流れ/CAPAの分析(有効性レビュー、管理等) 4. CAPAにおけるRatingについて ワークショップ1:Root cause分析/ワークショップ2:CAPA planの作成
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/06/25 10:30
    1部:食品構造と物性からおいしいテクスチャーを探る 粘性弾性粘弾性/物性値と緩和現象/微小変形と大変形/官能特性・テクスチャー/機器分析/物性(力学物性)色々/構造(成分状態)と力学物性事例 2部:テクスチャー測定の具体例 クリープメータのご紹介/測定・解析法のご紹介と例/測定と解析についての考え方 /測定例/官能評価との相関性/介護食の測定法/測定例/食品の表面物性とずり 3部:官能評価を用いた商品設計 食べやすさの評価/官能評価の実施/感性を考慮した食品の商品設計/商品改良の際のポイント
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/06/20 10:30
    1.医療材料の基礎物性 親水性、疎水性、イオン性材料/界面の重要性/表面・界面の物理化学/固体表面における吸着 2.タンパク質の吸着および細胞接着 吸着から血栓形成/細胞接着 3. バイオ界面の分析法 材料表面の分析法/吸着タンパク質の分析法/細胞接着の評価 4.生体親和性材料を用いた応用 タンパク質非吸着材料(人工心臓や人工肺を題材に)/ナノ粒子(DDSや細胞イメージングを題材に)/バイオセンサー(ウイルス、がん診断、リッキドバイオプシーなど)/再生医療/ヘルスケア 5. 将来展望
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/06/18 12:30
    1.CSRとは何か CSRを作る理由と時期/CSRの種類/CSRの使い道 2.CSRの構成 CSRガイドラインを読み解く/CSRの章立てと各章の内容/CSRの作成手順 3.CSRを作ってみよう CSRの作成に必要な資料と情報/CSRとプロトコールの関係/CSRと統計解析の関係/正確で読みやすく、誤解されない文章とは/14章、16章の取り扱い/CSRを固定する 4.CSR作成のポイント CSRは承認申請資料になる/主な読者は誰か?/CSRとCTD(コモンテクニカルドキュメント)との関係 5.まとめ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/06/15 12:30
    ・英語のプレゼンQ&Aは失敗から、英語は手段、意思伝達のツール ・場数を踏めば英語に慣れる ・内容の視覚化はQ&A経験不足と英語表現力を補完 ・課題と解決代替案、数多の自他経験から ・聞き/聴き手の表情を見ながらプレゼン ・聞き手、参画者の納得感はQ&A/Two-way向上 ・創薬段階Product-Xの製品像TPPを海外で紹介、売込み ・臨床開発プロトコール、患者の選定/除外基準 ・マーケティング戦略、製品コンセプト、位置付け戦略、ターゲット選定 ・売上予測の前提、有病者数、患者数、患者の流れ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on香川県query_builder2018/06/20 19:00
    セラピストが患者様に1度も触れずに評価・治療を終えることはほとんどないと思われます。 セラピストは触れて得られた評価結果などを解釈し、触れることなどによる感覚入力で出力をコントロールしていることが多いと考えます。 本セミナーでは、触れることの意義を解剖学的・生理学的に再考し、評価や治療、介助時のタッチにおけるポイントを一緒に共有してみます。 (実技が中心になります。動きやすい服装をご用意下さい。)
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/06/24 10:00
    ●第1講座(10:00~11:00) 「介護人材難時代に対応すべき事業所のできること」 ●シンポジウム(11:00~12:30) 「人材確保の採用成功例~求人側と求職側のマッチングを高める~」 ●ランチョンセミナー(12:40~13:30) 「人材確保→定着→育成制度から考える」 ●第2講座(13:40~14:50) 「採用から定着・育成・戦力化までの工夫」 ●シンポジウム(15:00~16:00) 「求職者から選ばれる事業所づくりの工夫」 ●第3講座(16:10~17:00) 「前年度60名超えの職員確保を実現した「ありがとうグループ」の人材確保のコツ」
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2018/06/10 10:00
    ●第1講座(10:00~11:00) 「介護人材難時代に対応すべき事業所のできること」 ●シンポジウム(11:00~12:30) 「人材確保の採用成功例~求人側と求職側のマッチングを高める~」 ●ランチョンセミナー(12:40~13:30) 「人材確保→定着→育成制度から考える」 ●第2講座(13:40~14:50) 「採用から定着・育成・戦力化までの工夫」 ●シンポジウム(15:00~16:00) 「求職者から選ばれる事業所づくりの工夫」 ●第3講座(16:10~17:00) 「前年度60名超えの職員確保を実現した「ありがとうグループ」の人材確保のコツ」
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2018/07/28 10:00
    10:00~12:00 「介護予防・機能維持!ご利用者の生活意欲・生活機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「身体機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」 「認知機能を高めるケアレク・プログラムの工夫の実際~認知症の方の活動意欲を引き出す実践とその仕掛け~」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(1)」 13:00~14:45 「ご利用者の心身機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「ADL低下を防ぐ!認知機能・精神機能などのADL周辺機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」 「身の回りのモノや人を生かしたケアレク活動の仕掛け」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(2)」 15:00~17:00 「ご利用者の認知・遂行機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「認知症の周辺症状の緩和に必要なケアの考え方とプログラム」 「認知症の方、片麻痺の方、車イスの方…色々な症状のご利用者の目的・症状緩和に向けたケアレク活動の工夫」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(3)」
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2018/07/08 10:00
    10:00~12:00 「介護予防・機能維持!ご利用者の生活意欲・生活機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「身体機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」 「認知機能を高めるケアレク・プログラムの工夫の実際~認知症の方の活動意欲を引き出す実践とその仕掛け~」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(1)」 13:00~14:45 「ご利用者の心身機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「ADL低下を防ぐ!認知機能・精神機能などのADL周辺機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」 「身の回りのモノや人を生かしたケアレク活動の仕掛け」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(2)」 15:00~17:00 「ご利用者の認知・遂行機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「認知症の周辺症状の緩和に必要なケアの考え方とプログラム」 「認知症の方、片麻痺の方、車イスの方…色々な症状のご利用者の目的・症状緩和に向けたケアレク活動の工夫」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(3)」
    日本通所ケア研究会
  • location_on神奈川県query_builder2018/06/09 10:00
    10:00~12:00 「介護予防・機能維持!ご利用者の生活意欲・生活機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「身体機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」 「認知機能を高めるケアレク・プログラムの工夫の実際~認知症の方の活動意欲を引き出す実践とその仕掛け~」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(1)」 13:00~14:45 「ご利用者の心身機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「ADL低下を防ぐ!認知機能・精神機能などのADL周辺機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」 「身の回りのモノや人を生かしたケアレク活動の仕掛け」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(2)」 15:00~17:00 「ご利用者の認知・遂行機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「認知症の周辺症状の緩和に必要なケアの考え方とプログラム」 「認知症の方、片麻痺の方、車イスの方…色々な症状のご利用者の目的・症状緩和に向けたケアレク活動の工夫」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(3)」
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2018/09/09 10:30
    今回の同時改定のメッセージを読み解き地域包括ケア時代を戦略的に生き残る! 医療・介護の連携強化!急性期・回復期・生活期リハ各ステージの対策! 今回の同時改定は2015年の介護報酬改定・2016年の診療報酬改定同様に改めて在宅医療の推進と介護連携強化が前面に出た改定となりました。 特に回復期以降のステージでは老健施設や在宅サービスとの連携が非常に重要なものとなりました。そのためには、「病棟」と「老健施設」「通所・訪問」がいかに連携し、在宅への橋渡しができるのかがカギとなります。医療・介護分野共にリハビリテーション部門の機能・医介連携はの今後の事業生き残りには必須の条件となりました。 このセミナーでは、地域医療構想を踏まえて大改革・強化が求められる各ステージごとのリハビリテーション部門の在り方と備えるべき戦略について、3名の講師陣が分かりやすくお伝えいたします。
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2018/09/30 10:00
    本来の持っている力を引き出し能力や特性を発見し具体的に指導ができるようになる! 高齢者の地域における新たなリハビリテーションの在り方検討会の報告書によると、高齢者を支える医療・介護の現場では、高齢者の「気概」「より楽しく生きたい」「より豊かに生きたい」「より高い生活機能を実現したい」とする高齢者の主体性を引き出し、これを適切に支える取り組みが重要だと認識されているが、このような高齢者自身の思いが把握できていなかったり、高齢者が以前の生活機能と、現在の低下した生活機能との差を受け止め、自身の持つ能力の限界と可能性を理解(受容)するための働きかけが不十分であると報告されている。 また、地域のリハビリテーション活動の普及と地域資源の発掘として、リハビリテーション施設やリハビリ職にはサービスを提供するだけではなく、地域の啓発普及や地域づくりの役割などを担うことが期待されている。 このセミナーでは、高齢者へのリハビリテーションの働きかけで不十分とされている部分を解決するためのアセスメント・動機づけや期待されている啓発・普及づくりの役割などを担うために必要なコーチング技術についてワークショップ形式で学んでいただきます。 リハビリテーション部門で働いている方には、サービスの質を高め、正しく実践していくために必須の内容です。
    日本通所ケア研究会