新着セミナー163 件中 33 - 48 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2019/06/27 19:30
    寝返り動作はQOLの向上や基本動作能力の改善に対するアプローチとして有効なリハビリテーションの手段です。 今回は頸部,肩甲帯,上肢,骨盤帯,下肢など様々な身体部位からの動作練習の方法について実技を中心に紹介を行います。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/06/25 19:30
    体幹への治療はアライメントを確認するなど正確に出来ていますでしょうか? 四肢を正常に動かすため、各動作を円滑に行うためには体幹の安定が不可欠です。体幹は胸郭(上部体幹)と骨盤を含めた下部体幹とに分類され各々に機能が分かれています。 今回は胸郭(上部体幹)に対する治療アプローチについて実技を交えながら教授したいと思います。
    EPoch
  • location_on東京都query_builder2019/07/22 12:30
    【第1部】 経皮吸収の基礎と皮膚に適用される製品の開発 12:30~14:50 1.はじめに 2.皮膚の構造と機能 3.皮膚の疾患と治療法 4.経皮吸収 5.経皮吸収製剤の開発 6.まとめ 【第2部】 マイクロニードルを用いた経皮薬物送達 15:00~16:30 1. 薬物の経皮吸収 2. 経皮吸収促進法について 3. マイクロニードル
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/19 13:00
    1.ファーマコビジランスとは 2.医薬品医療機器法下の施行規則、厚生労働省とPMDAの関係 3.日本及び欧州のGVP省令(条文毎) 4.GVP SOPの作り方 5.有害事象と評価(副作用、重篤性の国際比較、治験薬の場合) 6.安全管理情報の当局報告の基準 7.E2B R2からR3で何が変わったか 8.演習問題(有害事象の取り扱い) 9.安全確保措置 10.医薬品リスク計画(RMP)の概要 11.DSURの概要、PBRERの概要 12.市販直後調査と市販後調査について 13.PV業務の委託、再委託について 14.コンビネーション製品の副作用・不具合報告について 15.その他、最近の話題から
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/18 10:30
     1.薬物動態の素過程  2.薬物動態パラメータ  3.薬物動態解析法  4.実践薬物動態学  【質疑応答】
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/18 10:30
    1. バイオフィルムの基礎 2. 身の回りのバイオフィルム 3. バイオフィルムの除去と形成防止・対策 4. バイオフィルムの評価・解析と研究アプローチ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/22 12:30
    0.担当企業紹介 1.GMP準拠の医薬品工場建設のポイント 2.バリデーションのポイント  3.建設プロジェクトのマネジメント手法と具体的事例
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/06/24 13:00
    1 体外診断薬と疾患治療薬の違い 2 バイオマーカーそのものを権利化しても無意味? 3 体外診断薬の保護形式 4 日米欧中韓台+新興国における特許保護適格性 5 国によっては、用途発明で保護できるとは限らない 6 米国のBilski事件の判例解説 7 米国のMyriad事件の判例解説 8 米国のPrometheus事件の判例解説 9 米国のAlice事件の判例解説 10 米国特許商標庁の体外診断薬の特許適格性(101条)の事例集 11 コンパニオン診断薬や、医療機器の消耗品である場合 など
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/06/26 12:30
     1.はじめに  2.再生医療実現に向けた取り組み   2-1 再生医療とは2-2 再生医療実現に向けた取り組み2-3 再生医療の課題  3.再生医療実現に向けた多能性幹細胞の大量培養   3-1 細胞培養の要件3-2 培養容器3-3 培地及び培地成分   3-4 多能性幹細胞培養の課題  4.多能性幹細胞の3次元培養   4-1 Scaffold型培養4-2 Scaffold-free型培養4-3 培養基材4-4 課題   4-5 3次元培養容器の活用例  5.まとめ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/06/21 13:00
     1.その薬、本当に効きますか?   1-1 臨床試験の例   1-2 因果効果とランダム化  2.データを人に伝える:記述統計   2-1 データの種類   2-2 データの図示、データの要約  3.データから真実を探る:統計的推測   3-1 検定と推定の考え方   3-2 調整解析の役割 ~共分散分析を例に~  4.この患者さんの治療はどっち:結果の解釈、集団から個へ   4-1 部分集団解析と一般化可能性  5.試験の計画に必要な統計学   5-1 症例数設計   5-2 ランダム化の方法
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/24 13:00
    近年では企業主導により再生医療の産業化が推し進められている。再生医療を実現するために必要不可欠な周辺産業についても事業化が進められている。キーワードとして標準化や産学連携、パッケージ化などが挙げられ、さまざまなレポートやセミナーが開催されている。その多くは業界全体に対する俯瞰や個別具体的なサービスの紹介であり、産業にとっての「将来シナリオ」や「戦い方のオプション」については議論が必要とされている。 本講演においては、再生医療産業及び周辺産業における参入プレーヤーの戦い方についての整理を行う。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/25 13:00
    1パウダー製品に使われる原料 −体質顔料 −白色顔料 −着色顔料 −複合顔料 2成型 −乾式成型 −湿式成型 3剤型別処方設計の基礎 −ルースパウダー −パウダーファンデーション −リキッドファンデーション −オイルファンデーション −チーク・ハイライト・アイシャドウ 4 人による感覚的評価のギャップ −ルースパウダー −パウダーファンデーション −リキッドファンデーション −オイルファンデーション −チーク・ハイライト・アイシャドウ 5パウダー製品の安定性試験 −温度・光・落下による安定性
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/31 10:30
    再生医療等製品の開発において非臨床安全性評価は医薬品と同様に臨床研究/治験申請前に実施することが求められており,その特殊性,専門性に頭を悩ます開発者は少なくありません. また明確なガイドラインがない上に,製品の種類や特性等によって“柔軟かつ合理的にケース・バイ・ケースに対応”ということがさらにハードルを高くしています. 本講演では細胞加工製品を中心に、これから再生医療等製品を開発されている方が安全性試験の理解を深めたうえでよりスムーズに開発を進められるように,基礎から実践まで網羅して紹介します.
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/30 12:30
    【習得できる知識】 〇 ICH E6R2の概要 〇 Clinical QMSの概要 〇 品質改善手法Lean Six Sigmaの概要 〇 Quality managementの観点から注意すべき社内プロセス 〇 必要な社内プロセスの構築 〇 作成が必要なSOP  被験者の保護とデータの信頼性を第一に考えた日本における臨床試験の発展、モニタリングコスト抑制のため、また、自身と会社の成長のために、ぜひご参加ください。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/31 10:30
    1部:バイオ医薬品製造のポイント 2部:バイオ医薬品製造 - USP (Up-Stream Processes)  1研究ステージ:MCB樹立  2培養工程 3部:バイオ医薬品製造 - DSP (Down-Stream Processes)  1バイオ医薬品製造における不純物  2一般的なヘテロジェナイエティー  3糖タンパク質医薬品の糖鎖  4バイオ医薬品の製造工程由来不純物  5バイオ医薬品の精製工程の例  6バイオ医薬品の分析  7バイオ医薬品精製におけるポイント  8同等性/同質性
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/07/23 10:30
     ろ過とは製品品質の向上や設備の信頼性向上を目的として、プロセス流体やシステム流体から、不要な成分(コンタミナント)を取り除く操作・工程である。このろ過を適切に、かつ効果的に行うには、適切なフィルターの選定とともに、目的に適したろ過操作法の決定が重要です。  本セミナーでは、フィルターやろ過操作の基礎から応用、フィルターやろ過方式選定の際に考慮すべき要素について紹介いたします。  フィルターやろ過の基礎から説明をしていくので、これからフィルターやろ過について勉強を始める方も、お気軽に受講下さい。
    株式会社R&D支援センター