新着セミナー118 件中 17 - 32 件を表示

  • location_on東京都query_builder2018/03/28 12:30
    【習得できる知識】 ・人用の医薬品と大きく異なる動物用医薬品の開発と承認申請の特徴 ・人用医薬品の開発で得た試験データ活用の可否 ・飼育動物を取り巻く環境の変化と疾病の現状 ・動物用としてニーズのある医薬品  臨床試験を開始したのに断念せざるを得なかった医薬品には、動物用として世に出ることを切望されるものがあります。既に同効品が競合する疾患領域でも、動物用として新規の作用機序ゆえに歓迎される場合もあります。  本セミナーでは医薬品開発で蓄積した試験データを動物用に活用できないか、お話しします。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/03/22 12:30
    1原薬PVのバリデーションマスタープラン -盛り込む内容 -書式例、参考文献 2原薬PVの事前準備 -プロセスの基礎知識の技術移転 -設備適格性確認 -分析方法の適格性確認 -ユーティリティー機器の適格性確認 3プロセス化学の面から考える(仮想合成原薬を例に) -プロセスデザイン -不純物の発生と除去、不純物プロファイル 4工程管理パラメーターとサンプリング分析 -反応工程・抽出工程 -蒸留工程 -再結晶工程・乾燥工程 -工程管理とリスクアセスメント 5文書 -PV計画書・報告書 -生データ管理
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/03/26 12:30
    1医療機器関連規格(日米欧3極の規制についての相違点や留意点) 2QMS体制(製造業と製造販売業の違い、体制の整備について) 3体外診断用医薬品の薬機法上の位置づけと規制概略 4医療機器の薬機法上の位置づけと規制概略 5事業プロセスと品質マネジメントシステムの関係(品質システムの使いみち) 6品質マネジメントシステム各条、トレーサビリティー項目のまとめと留意点 7医療機器や体外診断薬事業管理の工夫(外部資源の活用の詳細) 8国の支援について 9 QMSの運用課題と解決策 10 改善プロジェクト
    株式会社R&D支援センター
  • location_on福岡県query_builder2018/03/18 10:00
    (1)報酬改定の影響と対応 (2)制度改定の影響と対応 (3)制度改定・報酬改定で4月までにすること (4)今回の改定で、通所系サービスに残された課題と新たな動き (5)デイに求められていることへの対応 ※https://tsuusho.com/revision/pre/
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2018/03/11 10:00
    (1)報酬改定の影響と対応 (2)制度改定の影響と対応 (3)制度改定・報酬改定で4月までにすること (4)今回の改定で、通所系サービスに残された課題と新たな動き (5)デイに求められていることへの対応 ※https://tsuusho.com/revision/pre/
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2018/03/04 10:00
    (1)報酬改定の影響と対応 (2)制度改定の影響と対応 (3)制度改定・報酬改定で4月までにすること (4)今回の改定で、通所系サービスに残された課題と新たな動き (5)デイに求められていることへの対応 ※https://tsuusho.com/revision/pre/
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2018/03/18 10:00
    「認知症の人の気持ち~BPSDを疾患と人の両面から考える~」 「認知症の方へのリハビリテーションとケア~視点を少し変えた従来のアプローチの活用~」 「認知症の方の生活行為向上の実践的アプローチ~生活機能を改善するケアの工夫~」 「不適切ケアはなぜ起きてしまうのか?~利用者理解にもつながる視点~」 ※本研修会は日本認知症ケア学会単位認定講座です(認知症ケア専門士単位:3単位) ※詳細はこちらからご覧ください。 https://www.tsuusho.com/ninchisyokea/
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2018/03/11 10:00
    「認知症の人の気持ち~BPSDを疾患と人の両面から考える~」 「認知症の方へのリハビリテーションとケア~視点を少し変えた従来のアプローチの活用~」 「認知症の方の生活行為向上の実践的アプローチ~生活機能を改善するケアの工夫~」 「不適切ケアはなぜ起きてしまうのか?~利用者理解にもつながる視点~」 ※本研修会は日本認知症ケア学会単位認定講座です(認知症ケア専門士単位:3単位) ※詳細はこちらからご覧ください。 https://www.tsuusho.com/ninchisyokea/
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2018/03/04 10:00
    「認知症の人の気持ち~BPSDを疾患と人の両面から考える~」 「認知症の方へのリハビリテーションとケア~視点を少し変えた従来のアプローチの活用~」 「認知症の方の生活行為向上の実践的アプローチ~生活機能を改善するケアの工夫~」 「不適切ケアはなぜ起きてしまうのか?~利用者理解にもつながる視点~」 ※本研修会は日本認知症ケア学会単位認定講座です(認知症ケア専門士単位:3単位) ※詳細はこちらからご覧ください。 https://www.tsuusho.com/ninchisyokea/
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2018/03/16 10:30
    「通所介護・通所リハがすべき介護報酬改定への対応と具体策」 「通所介護・通所リハがすべき医療連携の具体策」 「実地指導で慌てない!新基準での書類・加算などへの対応」 「自立支援!重度化防止等の取り組み!デイの質をどのように高めるのか」 「2018年介護報酬改定の基本的な視点と介護事業者のこれからの役割と期待」 「制度改定対応策の条件を整える!活動と参加を促進し、自立支援の専門ケアを提供するためのデイ強化策」 ※詳細 https://www.tsuusho.com/revision/
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2018/03/09 10:30
    「通所介護・通所リハがすべき介護報酬改定への対応と具体策」 「通所介護・通所リハがすべき医療連携の具体策」 「実地指導で慌てない!新基準での書類・加算などへの対応」 「自立支援!重度化防止等の取り組み!デイの質をどのように高めるのか」 「2018年介護報酬改定の基本的な視点と介護事業者のこれからの役割と期待」 「制度改定対応策の条件を整える!活動と参加を促進し、自立支援の専門ケアを提供するためのデイ強化策」 ※詳細 https://www.tsuusho.com/revision/
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2018/03/02 10:30
    「通所介護・通所リハがすべき介護報酬改定への対応と具体策」 「通所介護・通所リハがすべき医療連携の具体策」 「実地指導で慌てない!新基準での書類・加算などへの対応」 「自立支援!重度化防止等の取り組み!デイの質をどのように高めるのか」 「2018年介護報酬改定の基本的な視点と介護事業者のこれからの役割と期待」 「制度改定対応策の条件を整える!活動と参加を促進し、自立支援の専門ケアを提供するためのデイ強化策」 ※詳細 https://www.tsuusho.com/revision/
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2018/03/20 10:30
     前半は、英文契約書の形式と条文構成、頻出する表現や用語などを説明。次いで、条文を主文と但し書きや条件節などに分解して、各部分を解読することによって、長い条文であっても読解できる方法を解説する。  後半は、日本企業が米国企業に医薬品の特許をライセンスアウトする事例における英文契約書の主要な条項について、考え方と各条項の趣旨や注意点、英文契約書の修正に役立つバリエーションを解説。  最後に、条文の読み方と書き方のポイントを説明し、英語による条文の修正などの簡単な演習を行い、実用的なスキルを習得する
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/03/30 10:30
     本講義の第1部は臨床試験計画編とし,臨床試験計画に関する統計的知識を提供します.特に症例数設定に注目し,症例数設定に必要な情報や考え方,根拠について説明します.  第2部はデータ解析編とし,申請資料の作成や理解のために必要となるデータの見方や代表的な解析手法を紹介し,解析手法とエンドポイントや症例数設定との関係を講義します.  第3部は結果報告編とし,統計的視点から,総括報告書やCTDを作成する上での注意点を概説します. ※詳細はHPをご覧ください
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/03/23 10:30
    統計の基礎を図解中心に解説し、それが分析法バリデーションの評価にどのように応用されているかを俯瞰します。また、理解を深めるためにExcelを使った演習も行います。  演習は講師のデモも同時進行で行いますので、PCを持参されなくても支障ありません。 【プログラム】 1 分析法バリデーションの要求項目と統計手法の関係 2 併行精度 3 信頼区間 4 真度 5 室内再現性 6 室内再現性を掘り下げる 7 相関と回帰 8 検出限界、定量限界、範囲、頑健性 ※詳細はホームページをご覧ください
    株式会社R&D支援センター
  • location_on宮城県query_builder2018/03/11 10:00
    【このような悩みをお持ちの方にオススメです】 ・肩こり、五十肩、上肢の痛み、痺れに対応出来るようになりたい。 ・患者の痛みや痺れにアプローチしパフォーマンスを向上させたい。 ・自分自身が肩こりで悩んでいる。 ・筋、筋膜に対するアプローチが出来るようになりたい。 ・得意な徒手療法の効果をさらに高めたい。
    本質力リハビリテーション協会