新着セミナー168 件中 17 - 32 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2017/10/31 19:00
    基本的な歩行の復習から脳血管障害特有の歩行動作までを紐解いていきます。 歩行動作の改善には反復練習以外に必要なこともあります。 運動療法の工夫や考え方について実技を交えながら行いたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/10/26 19:00
    変形性膝関節症を有する患者さんの筋出力の特徴について理解するとともに筋出力の向上を目的としたアプローチについて紹介します。 なお、3回シリーズで講義を行いますが各回だけの受講でも理解していただけるように講義を行ないます。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/10/24 19:00
    脊椎圧迫骨折はリハビリテーションにおいてよくみる疾患です。 しかし、コルセットの完成によって離床するのみで終わっていませんか? 発症初期より後々の状況を考えながら介入できる方法は少なからずあります。 今回は圧迫骨折の病態を理解し、ベッド周りにおいて注意することや体動方法の指導、アプローチする際の注意についてのアイデアを紹介します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/10/19 19:00
    腰痛を引き起こす原因としては、骨・関節系、神経性、軟部組織性、退行病変、成長期疾患など多種多様で、症状も疼痛部位や神経兆候、筋力低下などの理学所見などを考えると幅広く対応する必要があります。 その中で共通して問題となるのは姿勢です。 その姿勢を改善させることで疼痛が改善することはもちろん、神経兆候や筋力までも改善することをたびたび経験します。 今回、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症の病態を整理して、姿勢改善のための評価、運動療法を行います。 2回シリーズの予定で10月は腰椎-骨盤からの視点で行います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/10/17 19:00
    脊柱疾患はリハビリテーションにおいて多くが有している疾患の一つである。今回は胸・腰椎疾患の病態を理解し注意することやアプローチする方法についてのアイデアを紹介します。(腰椎ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症など)
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/10/12 19:00
    変形性膝関節症は理学療法士が担当する患者さんの多くが有している疾患の一つである。 今回は変形性膝関節症の病態を理解しアプローチする方法についてアイデアを3回シリーズで紹介します。 第1回目は病態の理解と関節可動域の拡大をテーマとします。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/10/10 19:00
    脊柱疾患はリハビリテーションにおいて多くが有している疾患の一つである。今回は頚椎疾患の病態を理解し注意することやアプローチする方法についてのアイデアを紹介します。 (頚椎ヘルニア・頚椎症・頸髄症など)
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/10/05 19:00
    急性期のみでなく回復期や生活期においても、リハビリテーションを実施する上でリスク管理は必要不可欠です。 血液データのみだけでなく、バイタルサインや自覚症状など患者様から得られる情報は沢山あります。それらを多角的に評価することで安全にリハビリテーションを実施することが出来ます。 今回は安全なリスク管理シリーズの第四段です。カルテの情報を整理し、リハビリテーョションに活かせていますか?今回は血液検査データの中でも肝機能と腎機能に絞り、肝臓や腎臓の状態から全身状態を考ええ、それらを踏まえ安全なリハビリテーョションを提供していきましょう。 本セミナーは明日の臨床から注意出来る内容となってます。是非ご参加下さい。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/10/03 19:00
    ハンドセラピィに対して難しく感じていませんか?何も難しく考える必要性はないです。 正しく評価ができ、しっかり触診ができれば楽しくセラピィはできます。 今回は前腕に着目して機能解剖や実技を交えて進めていきます。 まずはしっかり前腕の機能や筋を認識、再確認して、生活に必要な機能的な手やUseful Handを作っていきましょう。 曖昧になっていることも再認識できると思いますので是非ご参加ください。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on東京都query_builder2017/11/16 10:30
     1.生体分子プロファイル型の計算創薬/DR の基本概念   (1)創薬を巡る状況とこれからの展望   (2)疾患・薬剤・生体ネットワークの基本枠組み  2.ビッグデータ創薬/DR(非学習型方法)   (1)遺伝子発現プロファイル比較型の創薬/DR   (2)疾患ネットワーク準拠の創薬/DR   (3)計算創薬・DRの理論的な枠組み     a.疾患関連遺伝子、薬剤標的分子、生体分子ネットワークの関係     b.タンパク質相互作用ネットワークの3環構造と薬剤標的分子の分布     c.タンパク質相互作用ネットワークにおける薬剤標的分子、疾患関連分子の関係     d.様々な距離の定義(Wang, Sun, Barabasi ら)による有効薬剤の評価  3.AI 創薬/DR(学習型方法)の実際と将来の方向   (1)ビッグデータの特性と医療・創薬のパラダイム変革     a.新 NP 問題とビッグデータの「構成性原理」     b.層別化医療と Real World Data   (2)人工知能の分類と歴史     a.知識型人工知能とニューラルネットワーク     b.医療分野での2つの人工知能のアプローチの展開   (3)ニューラルネットワークの発展と ディープラーニング(DL)の革命性     a.ニューラルネットワークの発展と従来の方式の限界     b.ディープラーニング(DL)の革命性:「教師なし学習」による特徴表現学習     c.多層自己符号化(deep autoencoder)による超多次元ネットワークの次元縮約   (4)超多次元複雑ネットワークの革新的縮約法としての DL     a.医療・創薬ビッグデータの縮約としての DL     b.タンパク質相互作用ネットワーク(PPIN)の DL による縮約     c.DLと従来の統計的縮約法との比較   (5)AI 創薬―- DLによる薬剤標的分子の探索     a.人工知能(DL)と機械学習による薬剤標的分子の(PPINの縮約準拠型)探索     b.Pharm-AI の創薬:薬剤標的分子の探索方法の評価:     c.Pharm-AI の DR:アルツハイマー症での探索結果とこれまでの結果との比較   (6)AI 創薬発展の将来的方向と国際的研究状況   4.質疑応答
    株式会社R&D支援センター
  • location_on神奈川県query_builder2017/10/14 10:00
    【日本作業療法士協会生涯教育基礎ポイント対象講義(1ポイント) 】 「どんな勉強を進めていったらいいのかが、イマイチ分からない…」 「勉強会に参加したけれど、実践で活かせている気がしない…」 臨床で結果が出せないセラピストの為に、数あるIAIRテクニックの中から結果が出せる技術を選出しお伝え致します。 https://www.youtube.com/watch?v=atT-lPoRsCA どうやったら結果がだせるのか? 実は、最も簡単な方法があります。 「既に実績のある方法を学び、練習するだけ」 部活動……スポーツに限らず、文化部でも「練習」をしてきましたよね? 試合だけをして、コンクールに提出だけをして、強くなったり、試合に勝てたり、受賞できますか? 出来ませんよね??? それと同じことが、リハビリの現場で起きています。 練習を現場で行わないまま、試合……実際に患者さんにアプローチをしていませんか? 患者様と周りを納得させるだけの結果が出せていますか? とは言っても、なかなか練習に時間を取れないのが臨床現場の悩みでしょう。 しかも、どんな方法で再現性のある練習や学びを効率的に行って良いかわかりませんよね。 だからこそ、既に全国で13000名の療法士が受講し、結果が出せるようになった再現性の高い方法をお伝えします。 この中に一つでもあなたの目標と同じ項目があったら受講をお奨めします。  とにかく結果が出せる様になりたい!  本当の意味で患者さんの役に立てるセラピストになりたい!  患者さんに笑顔になってもらえるセラピストになりたい!  どんな現場でも活躍出来るセラピストになりたい!  自信を持って、患者さんの前に立ちたい!  後輩や実習生に、価値のある助言・指導をしてあげたい! のべ13,000名以上の成長をサポートしてきた当協会だからこそお届けできる、 「確実に成長できる」講習プログラムをご用意しております。
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2017/11/30 10:30
     1. CTD 第3部を基にした第2部(QOS) の作成   1-1 S.1 一般情報   1-2 S.2 製造    1-2-1 S.2.2 製造方法及びプロセス・コントロール    1-2-2 S.2.3 原材料の管理    1-2-3 S.2.4 重要工程・重要中間体の管理    1-2-4 S.2.5 プロセスバリデーション    1-2-5 S.2.6 製造工程開発の経緯   1-3 S.3 特性   1-4 S.4 原薬の管理    1-4-1 S.4.1 規格及び試験方法    1-4-2 S.4.2 試験方法    1-4-3 S.4.3 分析法バリデーション    1-4-4 S.4.4 ロット分析    1-4-5 S.4.5 規格及び試験法の妥当性   1-5 S.5 標準品又は標準物質   1-6 S.6 容器及び施栓系   1-7 S.7 安定性  2.CTD第2部を基にした申請書(MF) の作成   2-1 共通ヘッダ   2-2 別紙規格について   2-3 製造方法   2-4 規格及び試験方法   2-5 原薬等の製造所   2-6 備考  3.照会・GMP適合性調査  4.承認後の変更   4-1 変更登録   4-2 軽微変更届   4-3 原薬等登録原簿登録承継届  5.参考通知
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/28 12:30
    趣旨 医薬品事業の永続的な成功には、ポートフォリオ戦略に加えて、重点製品のライフサイクルマネジメントLCMを有効に行う事が必須である。 この重要なタスクについて実践的に分かりやすく解説し、色々な角度からLCMについて考察する。 この講演は、経営企画部門、マーケティング部門の管理職、マーケティング実務に携わる方々の、ライフサイクルマネジメントに関する体系的な理解を促す事を目的としている。 プログラム  1.イントロダクション   -Marketing Managementとは   -Marketing の役割  2.マーケティングマネジメント   -Marketing Management Flow   -Marketing Management Cycle  3.ライフサイクルマネジメント   -LCMとは?   -LCMのゴール   -製品の各ライフステージでのポイント   -LCMにおける Target Product Profile(TPP) と           Target Product Claim(TPC)の重要性  4.有効なLCM戦略   -優れたLCM計画策定を可能にする基礎知識   -LCM実施のこつ   -Market Access   -LCMスキル習得の意義  5.まとめ ※当日の講演内容に変更の可能性がございます。予めご了承ください。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/30 10:30
     1.はじめに   1-1 医薬品開発の課題   1-2 Model Informed Drug DevelopmentとPharmacometrics  2.母集団薬物動態解析を学ぶための準備   2-1 母集団とは何か   2-2 薬物動態解析の基礎知識(非モデル解析, コンパートメントモデル解析, PBPK)   2-3 通常の薬物動態解析と母集団薬物動態解析の違い   2-4 母集団解析を理解するために必要な生物統計  3.母集団薬物動態解析   3-1 母集団薬物動態解析の基礎理論   3-2 NONMEMを用いた母集団薬物動態解析   3-3 モデル構築の進め方とモデル診断   3-4 解析支援ソフトウェアの紹介(R, PsN, Pirana)  4.母集団PKPD解析   4-1 薬力学解析の目的   4-2 NONMEMを用いた母集団PKPD解析   4-3 Exposure – Response解析の基本   4-4 Clinical Trial Simulation  5.発展的な話題   5-1 代謝物のPK解析   5-2 疾患進行モデル   5-3 QSPとその医薬品開発への利用   5-4 終わりに
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/21 10:30
    第1部:身に着けておきたいGMPの基本知識  1.はじめに  2.製造販売業GQPと製造業GMPの関わり  3.GMPの基本事項 第2部:GMP要員としてのスキル構築と業務のポイント  4.原薬のGMP管理(原薬GMPガイドライン)   4.1 製品品質の照査   4.2 再加工、再処理   4.3 リテスト   4.4 不純物プロファイル   4.5 製造販売業者と原薬の製造業者   4.6 製造販売業者と原薬等登録原簿(MF:マスターファイル)   4.7 治験薬GMP   4.8 GMP関連用語  5.原料・資材の入庫から製品出荷まで(トラブル事例も交えた運用手順と対応例)   5.1 原料・資材の入庫、受入試験、保管と表示   5.2 原料・資材の出庫   5.3 製造指図書・記録書の発行、製造作業と製造記録   5.4 設備機器の点検と衛生管理   5.5 機器の校正(キャリブレーション)、計量と識別の管理   5.6 製造用水の管理。設備機器の洗浄、小分け・包装作業の管理、ラベル管理   5.7 品質部門の行う試験検査、検体のサンプリング、試験検査記録の作成と保管   5.8 標準品及び試薬・試薬の管理、参考品の保管   5.9 安定性試験と安定性モニタリング、規格外試験結果の措置(OOS)   5.10 製品の入庫管理と保管管理   5.11 製造所からの出荷管理  6.グローバルGMPに要求される品質マネジメントシステムの構築とは   6.1 品質リスクマネジメント   6.2 製品品質の照査   6.3 供給者(サプライヤー)管理   6.4 CAPA及びマネジメントレビュー  7.今後のGMPについて 第3部:実行性の評価  8.GMP要員としてのスキル習得用模擬演習(自己評価)                (一部、内容変更の場合あり)
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/11/20 12:30
     1.敗血症の定義   1-1.成人向け旧定義   1-2.成人向け新定義   1-3.小児用定義  2.敗血症の病態生理   2-1.感染症による臓器障害   2-2.炎症   2-3.微小血管障害、内皮障害   2-4.凝固異常  3.敗血症の診断   3-1.成人SIRS基準   3-2.成人SOFA score   3-3.小児基準   3-4.バイオマーカー   3-5.救急外来や一般病棟で早期に発見するために: スクリーニングツール  4.敗血症の治療   4-1.抗病原体薬   4-2.抗炎症   4-3.凝固・線溶系に対して  5.病態から見た求める診断・治療薬、診断・治療機器   5-1.炎症性メディエーター   5-2.その他  6.臨床試験実施の際の留意点   6-1.対象患者の多様性   6-2.その他
    株式会社R&D支援センター