新着セミナー133 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2017/12/12 19:00
    【新人の作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・ヒトの手は動作の最終的な効果を左右する大事な器官です。 手を使うことが、そのヒトらしさを象徴しているといっても過言ではありません。 作業療法士の分野に手に特化したハンドセラピィという分野があるように、手の治療にはしっかりとした知識と治療手技を用いることが必要です。 このセミナーでは、難渋する手の機能障害に対して、基礎を踏まえた上で必要な最善と思われる治療手技の選択やその方法などを学ぶことができます。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/12/05 19:00
    【新人の作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・肘関節は非常にデリケートな関節です。 暴力的な矯正は逆に異所性骨化を進め、リハビリでは対処の出来ない拘縮を作ってしまいます。それは運動器疾患・脳血管疾患ともに起きるリスクです。 あなたは、肘関節疾患に対する介入方法をしっかりと行えていますか? 各時期によって肘関節に必要なアプローチ方法は異なります。 本セミナーでは、その内容までをしっかりと理解した上で必要な治療手技を学んで頂きます。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/11/28 19:00
    【新人の作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・肩関節は人間の身体の中で、最も自由度の高い関節です。 多様な運動を可能にする可動性を獲得するために、安定性を犠牲にしてしまったという事実も存在します。 運動器疾患では肩関節周囲炎やインピンジメント症候群、脳血管疾患後の肩関節不安定症や有痛性の肩関節拘縮など様々な病態を呈します。 あなたは、そんな肩関節の疼痛治療について悩んでいることはありませんか? このセミナーでは難しい理論や手技ではなく、基本に忠実で誰にでも出来る治療方法をしっかりと身に着けて頂くセミナ―となっております。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/11/21 19:00
    新人の作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・脳卒中片麻痺後のに起きる様々な問題点。 特に上部体幹や肩甲帯周囲の筋緊張異常によるアライメントの崩れや、支持性が低下してしまっている症例に対する介入に難渋することも多いのではないでしょうか? このセミナーでは基礎的な知識から病態理解を行い、しっかりと改善と導くアプローチ方法を学んで頂きます。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/11/14 19:00
    新人の作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・肘頭骨折、テニス肘、橈骨頭骨折などなど、肘の運動器疾患は多数存在しています。また、脳血管疾患後に上肢機能を高めていく上では肩関節と手関節の自由度の高い関節の間にある肘関節の機能の役割はとても大きいです。 あなたは肘関節や前腕の基礎解剖と機能について、正しく理解しアプローチを行えていますか? このセミナーでは基礎的な構造と機能を学び、治療に繋げるための触診や治療手技を学んで頂きます。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/11/07 19:00
    【新人の作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・脳卒中片麻痺後の手関節のアライメントの崩れは、触診で確認できますか? 手指の浮腫や疼痛などで起きる関節拘縮を改善する治療手技はわかりますか? このセミナーでは運動器・脳血管疾患と様々な症状により問題を引き起こす、『手』を『生活内で使用できる手』へと導くための基礎的なセミナーとなっております。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on東京都query_builder2017/11/26 10:30
    内臓・頭蓋治療や経絡治療などは、アドバンスコースやマスターコースなどまで学ばないといけないため、時間と費用が掛かり学ぶことに躊躇する方も多いでしょう。 さらに、1つ1つの技術では対応できない患者様が来院された際には、筋膜や内臓、経絡治療など幅広いテクニックが必要になりますが、それらのテクニックを1度に学ぶことは他のセミナー団体さんではおこなっていません。 さらに、患者様とのラポールつくりに必要なスキルを学び、苦手な患者さんも本気で向き合えるようになるためのメンタルアプローチも指導しています。
    ALLアプローチ協会
  • location_on徳島県query_builder2018/03/04 09:00
    ◇キネシオテーピング®理論と基本技術を実習する講座です。 ◇他の日程、地域での講座情報は、http://www.kokusaikt.jimdo.com/ にてご確認ください。
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2018/02/17 09:00
    ◇キネシオテーピング®理論と基本技術を実習する講座です。 ◇他の日程、地域での講座情報は、http://www.kokusaikt.jimdo.com/ にてご確認ください。
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on大阪府query_builder2018/01/28 09:30
    痛みを引き起こすマルアライメントの原因因子の解決に必須のISR(組織間リリース)  組織間リリース(Inter-Structural Release®;以下、ISR®)は組織間の結合組織をリリースするテクニックです。リアライン・コンセプトに基づき、マルアライメントを作る原因因子へのアプローチにより、マルアライメントを矯正します。その過程では、 1)微小な関節マルアライメントの同定 2)マルアライメントが症状や運動機能(結果因子)にどのように影響しているのかを考察 3)マルアライメントを形成した原因因子を同定 4)原因因子への対策によりマルアライメントを矯正 が必要になります。  すなわち、ISR®を用いることで痛みを取り除くだけでなく、マルアライメントを変えることが出来るのです。このISR®には正確な触診技術、そして精密なリリース技術が必要になります。  ISR®は他の徒手療法とは異なり、組織をつぶすことなく、溶かすように組織間の滑走性を改善させます。また治療技術として用いるだけでなく、1㎜単位での詳細な触診が可能になり、さらには触診により本人のコメントを聞かずに痛みを計測する技術を習得できます。 <<症例紹介>> 慢性的なアキレス腱炎を繰り返すランナー(40代、男性)のISR症例紹介をさせていただきます。 ◆評価 現在炎症所見なし 一般的な評価背屈可動域5° アキレス腱周囲の滑走不全著名 アライメント評価:距骨はまり込み(後方移動)の低下、立方骨の落ち込み ◆問題点 アキレス腱周囲の滑走不全に伴う、距骨はまり込みの低下による背屈可動域制限 ↓ <<目標・プログラム>> ◆目標 距骨後方移動量の向上 背屈可動域の向上 ◆治療プログラム アキレス腱上皮膚、アキレス腱、長母趾屈筋、長趾屈筋、後脛骨筋、屈筋支帯、腓腹筋、ヒラメ筋、長腓骨筋の組織間リリース ↓ <<経過・考察>> ◆経過 計5回の長時間の治療にて、背屈時の疼痛軽減、可動域向上 ハーフマラソンへの参加 ◆考察 比較的経過が長く、アキレス腱炎を繰り返す症例であり、頑固な滑走不全が見られました。このような症例に対し、ストレッチ、道具を用いたマッサージでは改善の余地はなく、一つ一つの組織間を丁寧にはがす治療が必要になります。ISRはアライメント矯正、組織間の滑走性の改善を可能とします。
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on大阪府query_builder2017/12/08 10:00
    <この研修で学べる改定後の動向・具体策を読み解くポイント> 次回改定での介護報酬減は規定路線!法人の事業展開・舵取りを間違えない! (1)報酬単価の削減は現行制度の維持だけではなく将来を見据えた「社会システム」としての再構築 (2)医療・介護サービスの価値を高めるためのアウトカム・機能別評価の推進 (3)自立支援・重度化防止に向けた取り組み、成果を評価する指標の導入でインセンティブ改革 (4)地域包括ケアシステムの強化・深化・推進(小規模多機能、看護小規模多機能、訪問看護の推進と新型多機能の創設
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2017/12/01 10:00
    <この研修で学べる改定後の動向・具体策を読み解くポイント> 次回改定での介護報酬減は規定路線!法人の事業展開・舵取りを間違えない! (1)報酬単価の削減は現行制度の維持だけではなく将来を見据えた「社会システム」としての再構築 (2)医療・介護サービスの価値を高めるためのアウトカム・機能別評価の推進 (3)自立支援・重度化防止に向けた取り組み、成果を評価する指標の導入でインセンティブ改革 (4)地域包括ケアシステムの強化・深化・推進(小規模多機能、看護小規模多機能、訪問看護の推進と新型多機能の創設) (5)「我が事・丸ごと」の地域づくりの強化に向けた取り組み (6)地域に不足する資源を汲み上げ新たな社会資源の創出 (7)介護・医療・保健ニーズの「増加」と「多様化」 (8)地域共生社会・多世代交流の場の実現に向けた地域との協働による包括的支援体制 (9)多様なキャリアパス構築などを通じた人材の有効活用の視点 (10)働き方改革に伴う介護労働者の労働条件の確保と改善 <1日目内容> ・医療・介護改革の動向と施策展開 ・小規模多機能・看護小規模多機能への参入と黒字運営 ・通所リハ・通所介護の機能分化と勝ち残り戦略 ・無名の施設から人が集まる施設になったワケ ・生き残るサービス付き高齢者住宅になるために ・総量規制で今後最大の課題は人材!職員の確保・定着・育成 ・介護事業所と新総合事業・介護予防事業との連携の工夫 ・今求められる介護サービス運営の秘訣!訪問看護への参入と黒字運営 <2日目内容> ・介護保険制度・介護報酬改定の影響と対策 ・新設される共生型サービス実践のポイント ・介護事業所が知っておくべき労働法規! ・生活期リハビリテーション大再編!生き残るデイケア・デイサービスになるために ・稼働率90%以上!利用者が集まるデイのつくり方 ・みんながワクワク出来る職場を創り出す『人』になる現場マネジメントとリーダーシップ <3日目内容> ・2018年診療・介護報酬同時改定の行方と事業所戦略 ・地域密着型デイの生き残り戦略 ・介護保険外サービスの傾向と戦略
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2017/11/29 13:30
    平成30年度介護報酬改定の審議も終盤に入り、過去最大規模の激変の可能性が高まっています。特に集合住宅併設事業所がターゲットとなり経営の見直しが急務となります。居宅介護支援、訪問介護も大規模な改正が予定され、自立支援を進める成果報酬も初めて導入されます。さらに新設される介護医療院と共生型サービスはどうなるのか。科学的介護でケアプランをコンピュータが作成。本講座は、平成30年度介護報酬改定を完全攻略します。 1.居宅介護支援管理者は主任ケアマネ限定? 2.生活援助が回数制限、固定報酬制導入へ 3.ケアプランをAIが作成。データに基づく介護 4.介護度を引き下げたら算定出来る新加算が誕生 5.福祉用具貸与は上限価格導入へ 6.区分支給限度計算は集合住宅減算を除外 7.通所介護に9時間以上11時間未満を新設か 8.訪問看護はリハビリ訪問に規制強化へ 9.集合住宅併設事業所が危機的状況に 10.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/11/18 13:00
    診療報酬・介護報酬の同時改定を迎えるにあたり、前回のセミナーでは、診療報酬改定を迎えるための考え方や組織体制をどのようにしていくのかについて説明した。 今回のセミナーでは、診療報酬改定を迎えるにあたり、まだ、算定ができていない点数項目についての考察を行う。また、医療機関と介護サービスに対して連携のあり方について示す。 そして、これまでの中医協などの議論を中心に説明する。これにより診療報酬改定に対して万全の体制を作れるようにする。 1.まだまだ間に合う診療報酬点数の届出項目 2.経営に効果がある医療機関と介護サービスとの連携 3.診療報酬改定の方向性 4.まとめ 5.質疑応答 ※【任意】医療機関の方は、自院の施設基準の届け出状況、入院単価や病棟の稼働率がわかるものを持ってご参加ください。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on大阪府query_builder2017/10/26 19:00
    リハビリを行う上で、必ず必要な知識があります。 それは呼吸循環器に対する基礎知識です。 急性期であれば、まず離床をするにあたって必要なリスク管理をする上で、 今の病態がどの程度安定しているのか、を評価しなければなりません。 回復期であれば、患者様の運動負荷をかけていく際に、どの程度まで運動負荷をかければ AT値を超えた安定限界以下での効果的なリハビリが出来るかを考えなければいけません。 維持期や在宅であれば、モニターや血液データはない以上、 フィジカルアセスメントをしっかりと理解しておかなければ、 重大なリスクに繋がる可能性があります。 これらは整形疾患であっても、中枢神経疾患であっても必ず習得して置かなければいけない知識です。 ◯病院でのリハビリに自信がない ◯知識や技術が十分習得できていない ◯なかなか患者様の運動機能向上で結果が出ない。 病院では、いまさらなかなか聞けないリハビリの基礎知識を、いまからあなたも学んでみませんか?
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/10/31 19:00
    【新人の作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・脳卒中片麻痺後の肩甲骨のアライメントの崩れは、触診で確認できますか? 鎖骨や胸骨・肋骨の関係性が崩れることで起きる身体の問題を改善する治療手技などを学ぶことができます。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○
    EPoch ナイトセミナー