新着セミナー210 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on東京都query_builder2017/10/08 10:00
    【セミナー内容】 1.認知症の理解 2.入院中にみられやすい高齢者の状況 3.病棟で起こりやすいBPSDの対応と工夫 4.身体拘束の早期解除に向けたケアの工夫 5.病棟看護師が行う退院支援の実際 6.認知症ケア加算の実際
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2017/09/24 10:00
    【セミナー内容】 1.認知症の理解 2.入院中にみられやすい高齢者の状況 3.病棟で起こりやすいBPSDの対応と工夫 4.身体拘束の早期解除に向けたケアの工夫 5.病棟看護師が行う退院支援の実際 6.認知症ケア加算の実際
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2017/08/31 14:00
    平成30年度診療報酬&介護報酬の同時改定は、医療機関にとって厳しい改定になる事が予想されまる一方で、有効求人倍率は右肩上がりに上がり続け、2017年4月の倍率は1.48倍とバブル期を上回る勢いです。こういった、医師、看護師等の医療スタッフのみならず、事務職員も人材の確保競争が過熱している状況では、「教育」も重要な課題の一つです。今回は、医療機関の事務職員教育について、実例を交えながらお伝えします。 1.医療機関をとりまく労働環境  (1)働き方改革  (2)医療機関に関連する労働市場 2.世代間の価値観の差  (1)ゆとり世代は根性がないのか?  (2)「経験」か「ひらめき」か 3.事務職員の教育  (1)医療機関の事務  (2)職員教育は必要か  (3)事務職員の教育  (4)評価の取り組み 4.事務職員が医療機関の質を高める  (1)望まれる事務職員とは  (2)事務職員が医療機関の質を高める 5.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/09/29 14:00
    平成30年の同時改定は2025年を目指す医療と介護の一体改革におけるターニングポイントと言えます。第7次医療計画や介護保険事業計画も同時に開始され、まさに病床再編や地域包括ケアシステムの構築へ待ったなしと言えます。 ここまでに中医協や社保審等で検討されてきた内容を検証し、現段階で見える次回改定の動向と、医療機関等における対応策をお話し出来ればと思います。 1.機能別(急性期 回復期 慢性期)の入院医療の方向性 2.在宅医療とかかりつけ医機能の方向性 3.医療と介護の連携に係る診療の方向性 (リハビリテーション他認知症ケアなど) 4.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/11/11 13:00
    Ⅰ. ストーマや失禁管理に活用するデバイスの基本 【13:00~14:10】 人が生きていくために排泄は欠かせない行為であり、自分で排泄をコントロールできなくなることは個人の尊厳や生活にも影響を及ぼします。 疾患や病状により排泄経路の変更を余儀なくされたストーマ保有者や排泄障害を抱える高齢者が日々の生活を安心して過ごすことができるように、ストーマ装具と失禁管理に必要なケア用品をご紹介します。 1.ストーマ装具の種類と選択方法 2.失禁管理に必要なスキンケア用品とデバイス Ⅱ. ストーマスキントラブルはABCD-Stoma(R)ケアで解決! 【14:30~15:40】 2025年には複数の医療二ーズのある高齢者が医療施設ばかりか地域医療の現場にあふれます。 とくに高齢者の排泄管理には多くの課題を抱えます。そこで日本創傷・オストミー・失禁管理学会では医療関係者が誰でも一定の質でストーマ管理が行える「ABCD-Stomaケア?」を開発しました。スケールを使用して皮膚障害を数値化し、その皮膚障害の対処法ヘと案内されるものです。これを機会にストーマケアに強い医療・介護者を目指しましょう。 1.ストーマ周囲皮膚障害とは 2.ABCD-Stoma(R)とその採点方法 3.ABCD-Stoma(R)ケアを活用したストーマ管理技術のスキルアップ! Ⅲ. 失禁に伴うスキントラブルの予防と治療 【15:50~17:00】 失禁に関連したスキントラブルは、苦痛だけでなく、自尊心にも影響を及ぼし、QOL低下にもつながることから、適切なケアとアセスメントで早期解決することが重要です。本講では、失禁に関連する予防的ケアおよびスキントラブルの対処方法や、失禁関連皮膚障害(IAD)の評価スケールである「修正版IAD重症度評価スケール」についても解説いたします。 1.失禁によるスキントラブルの予防的ケア 2.失禁によるスキントラブルの対処方法 3.修正版IAD重症度評価スケールについて
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on大阪府query_builder2017/09/28 19:30
    概要 股関節の運動は体幹、股関節、膝関節、足関節が協調的に動くことが多いのではないでしょうか。例えば、立ち上がり動作においても股関節が動くために体幹を安定させ膝関節、足関節が協調的に運動することで動作が成り立っています。今回は立ち上がり動作、ブリッジ動作を中心に実技を行い協調運動を考えるヒントを提供します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/09/26 19:30
    概要 歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。 各歩行周期での理解を深める内容を予定しています。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/09/21 19:30
    概要 股関節周囲筋の筋力増強をどのように実施していますか?MMTの教科書や論文では骨盤を固定して大腿骨を動かすことにより筋力トレーニングを実施しているものが多く紹介されています。この方法で患者さんに対して実施した際に十分な股関節の運動が実施できていますか?私は腰部の代償を行う患者さんを多く経験します。今回は大腿骨を固定し骨盤を動かすことにより実施できる股関節の筋力トレーニングについて紹介します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/09/19 19:30
    概要 歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。 各歩行周期での理解を深める内容を予定しています。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/09/12 19:30
    概要 歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。 各歩行周期での理解を深める内容を予定しています。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/09/05 19:30
    概要 体幹の評価は出来ていますでしょうか?四肢を動かすため、各動作を行うためには体幹の安定が不可欠です。体幹は胸郭(上部体幹)と骨盤を含めた下部体幹とに分類され各々に機能が分かれています。 今回は下部体幹について機能解剖から評価の仕方についてお伝えします。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/08/29 19:30
    概要 体幹の評価は出来ていますでしょうか?四肢を動かすため、各動作を行うためには体幹の安定が不可欠です。体幹は胸郭(上部体幹)と骨盤を含めた下部体幹とに分類され各々に機能が分かれています。今回は胸郭(上部体幹)にフォーカスを絞り、機能解剖から評価の仕方についてお伝えします
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/08/24 19:30
    概要 体幹アプローチといえば腹横筋、骨盤底筋のイメージが強いと思います。確かに、腹横筋、骨盤底筋は重要な筋です。しかし、大腿骨と体幹を結ぶ筋はこれらの筋でしょうか?今回は、腹横筋、骨盤底筋だけでなく大腰筋、多裂筋にも焦点をあてて講義と実技を行います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/08/22 19:30
    概要 歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。 各歩行周期での理解を深める内容を予定しています。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/08/15 19:30
    概要 歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。 各歩行周期での理解を深める内容を予定しています。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/08/10 19:30
    概要 理学療法を実施するうえで患者さんの表情がわかりやすい、患者さんとのコミュニケーションが取りやすい、四肢に対するアプローチが実施しやすいなどの観点から背臥位で運動療法を行うことは多いのではないでしょうか?でも、腹臥位やパピーポジションンは上肢に荷重した姿勢であり腹筋側にブリッジを作ることができる姿勢です。このように背臥位とは異なるメリットであるにも関わらず臨床場面ではあまり使われていないではないでしょうか?今回は腹臥位、パピーポジションでのアプローチ方法について実技を行いアプローチ方法のバリエーションを増やすことを目的にします。
    EPoch ナイトセミナー