今後開催予定のセミナー154 件中 33 - 48 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2017/08/15 19:30
    概要 歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。 各歩行周期での理解を深める内容を予定しています。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/08/10 19:30
    概要 理学療法を実施するうえで患者さんの表情がわかりやすい、患者さんとのコミュニケーションが取りやすい、四肢に対するアプローチが実施しやすいなどの観点から背臥位で運動療法を行うことは多いのではないでしょうか?でも、腹臥位やパピーポジションンは上肢に荷重した姿勢であり腹筋側にブリッジを作ることができる姿勢です。このように背臥位とは異なるメリットであるにも関わらず臨床場面ではあまり使われていないではないでしょうか?今回は腹臥位、パピーポジションでのアプローチ方法について実技を行いアプローチ方法のバリエーションを増やすことを目的にします。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/08/08 19:30
    概要 異常歩行はどのような関節運動や筋活動が行われているのか 臨床上で多い異常歩行の紹介をしながらメカニズムを説明し、何故この異常歩行は起こるのかなど実技を通して理解していただければと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/08/01 19:30
    概要 歩行はどのような関節運動や筋活動が行われているのか どのような歩行が効率的なのかというような歩行の基礎を復習することで先の運動療法での理解を深められるような内容とします
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/07/27 19:00
    概要 肩関節の機能障害に対する治療手技の実技講習です。 肩関節の基本的な解剖・運動学から肩関節の他動運動や特定の回旋筋への収縮方法などから、拘縮や痛みがある肩関節への介入方法の練習を行います。 さらに、上肢全体の運動連鎖から肩関節の運動が前腕・手関節へ与える影響を考えた介入方法などもお伝えします。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/07/31 19:00
    概要 臨床の中で様々な疾患の動作分析を経験していると思います。 本セミナーでは歩行動作の周期ごとにおけるメカニズムと、 その機能が破綻することによりどのような症状が出現するかを運動学的に学んで頂きます。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on埼玉県query_builder2017/07/24 19:00
    概要 基本的な解剖生理・運動学より足関節疾患の運動療法においてのポイントをお伝えします。 股関節・膝関節疾患にも影響の強い足関節の運動療法を実施します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/07/27 19:30
    概要 理学療法士は基本動作能力を向上させるためADL練習を実施することは多いと思います。しかし、基本動作は多くの関節運動を伴う動きであり、非常の多くの筋の協調的な活により達成できているものです。今回は体幹、四肢の筋力増強の手段として起き上がり動作を利用できるようになることを目的とします。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/07/25 19:30
    概要 足関節の基礎復習 機能解剖と運動療法について実技を交えながらお伝えいたします 基礎からどのように運動療法に展開するか学びなおしてみませんか?
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on神奈川県query_builder2017/07/29 13:00
    日本医師会では、広く臨床医による医療機器の開発や事業化について、 そのきっかけとなる窓口の提供と事業化への支援を行っております。 この度、平成29年度の事業化支援セミナーが下記のとおり全国で順次開催されます。 http://jmamdc.med.or.jp/seminar/seminar/17 http://jmamdc.med.or.jp/seminar/seminar/18 先生方のご参加をいただき意義ある機会にしていただければ望外の喜びでございます。 お申し込みをお待ちしております。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/08/25 13:00
    Ⅰ. 介護事業のM&A事例 【13:00~14:10】 湘南乃えんグループは、相模湾に面する湘南地域で、主に地域密着型サービスに注目し、1拠点1法人の複合介護サービスを展開してきた特徴を持つ。事業拡大を目指していたが、一方、介護報酬の減額や介護職員の人材不足に直面し、2016年に株式売却を決めた。しかし、この売却には一切のネガティブイメージは存在せず、現在に至っている。マイナスの売却イメージを一掃し、会社が融合し発展していくというM&A戦略には、どのような経緯があったのかを今回ご紹介したい。 1.我が社の特徴(介護事業の特性、経緯からの特性)について 2.成長方針と株式売却との整合性をどう捉えるかについて 3.仲介会社の利用について 4.売却交渉を始めるタイミングについて 5.持つべき売却条件の優先順位について 6.理念や社風の重要性について 7.売却後に生まれた「嫁側」という意識について 8.結局、何を買われたのか Ⅱ. 医療機関のM&A事例 【14:25~15:35】 1.いつ売ろうと思ったか 2.医療法人は売買できるのか 3.高く売るためにどうしたか 4.伸び白があるうちに売ろう 5.売ったあとは仕事が無くなってしまうのか 6.売ったあとの影響も考える 7.M&Aの会社を使ったか? 8.職員は不安にならないか? 9.M&Aによる打ち合わせの内容  (1)デューデリはどんなだったか?  (2)個人保障について  (3)契約書  (4)決算書 Ⅲ. 伯鳳会グループのM&A戦略 【15:50~17:00】 医療法人伯鳳会グループは人口5万人弱の過疎の町、兵庫県赤穂市を本拠地としているが2004年の明石市を皮切りに、姫路市2ヶ所、尼崎市、大阪市此花区、東京都墨田区、江東区にM&Aの手法を用いて進出している。当初50億円あまりであった事業規模は現在400億円を伺う規模に成長した。過疎による医療・介護需要の減少を克服するための地方法人の生き残りをかけた取り組みを紹介したい。 1.人口動態に基付く医療需要予測とは 2.医療需要減少地域の病院の取り組みは 3.M&A後、赤字病院を建て直す方法は
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/09/09 13:00
    Ⅰ. 2018年同時改定、そして、2025年に向けた急性期病院のメルクマール(指標)を考える ~地域医療構想の「高度急性期」「急性期」機能として残るためにやることは何か~ 【13:00~14:55】 来年2018年同時改定以降から7対1入院基本料には従来の看護職員数、看護必要度、医師数、在宅復帰率等に加えて、メディカルスタッフ病棟配置、病床回転率、DPC機能評価係数Ⅱとのリンク、ケースミックス(患者構成)、1日入院単価等の様々な指標が改定の度に加わってくることが予測される。 次回同時改定へ向けた急性期病院の短期的対応だけではなく、2025年に向けた地域医療構想の「高度急性期」「急性期」機能の病院として地域でのポジショニングを確保するためのメルクマールを解説する。 1.地域医療構想と診療報酬改定はクルマの両輪 2.機能評価係数Ⅱの見直し(重症度係数、後発医薬品、重み付け) 3.メディカルスタッフの入院基本料への要件化はあるのか 4.病床稼働率だけではなく病床回転率(効率性係数の重要性) 5.1日当たり入院単価(7対1の平均52,150円という提示) 6.ケースミックス(患者構成)の重要性 7.退院支援加算1、認知症ケア加算1の持つ意味 8.質疑応答 Ⅱ. 2018年同時改定目前!看護必要度から考える急性期病院経営対策 ~疾患別、在院日数別看護必要度とベットコントロールの関係性と看護必要度のデータ精度を考える~ 【15:05~17:00】 2016年改定で7対1入院基本料に対する看護必要度が厳格化され、院内の看護必要度対策の風当たりが強まっている。2017年1月からHファイルの提出がはじまり、2018年度改定でも再検討がなされるのではないかという議論もあり、今までただ蓄積していただけの看護必要度データを病院経営へ活用することは急務である。忙しい業務の中で蓄積されたデータについて、看護部はじめ職員全体がモチベートされる看護必要度データ活用術を考える。 1.疾患別看護必要度とベットコントロール 2.自院で出来るデータ精度を上げるためのデータの見方 3.看護部門をモチベートさせるデータの活用術 4.同時改定を見据えた看護必要度の新たな展望 5.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on長野県query_builder2017/12/03 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」 ・「同じアプローチをしているのに、なぜ治療結果に差がでるのだろう?」 ・「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  などなど どれか一つでも当てはまる方の為に、   ILPTセミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する【気づき】を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」を【自ら選択】できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介します。その技法は、「夫婦関係」「子育て」など身近で大切な人との関係をより良くするためにも幅広く活用できるものです。   テーマ:「 腰痛の治療対象を【疾病】ではなく【ひと】とする 」 <講義・実技内容> 1.腰痛総論の講義   ①保存的治療の最新の動向   ②自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断 2.腰痛の保存的治療システムの紹介 3.私生活にすぐ役立つ“温かな人間関係”の築き方の講義 4.実技・講義:    ILPTの腰痛改善への有効性 5.受講生を対象とした治療デモンストレーション <参加者の声> 「腰痛の見方が180度変わりました」 「私の関わり方で、腰痛をつくりあげていたかもしれなと気づきました」 「即効性に驚きました」 「今回の内容は目から鱗でした!」 「翌日から、今までの臨床とは全然違うものになりました!」 「患者さんと向き合えている感じがします」など
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on神奈川県query_builder2017/11/03 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」 ・「同じアプローチをしているのに、なぜ治療結果に差がでるのだろう?」 ・「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  などなど どれか一つでも当てはまる方の為に、   ILPTセミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する【気づき】を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」を【自ら選択】できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介します。その技法は、「夫婦関係」「子育て」など身近で大切な人との関係をより良くするためにも幅広く活用できるものです。   テーマ:「 腰痛の治療対象を【疾病】ではなく【ひと】とする 」 <講義・実技内容> 1.腰痛総論の講義   ①保存的治療の最新の動向   ②自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断 2.腰痛の保存的治療システムの紹介 3.私生活にすぐ役立つ“温かな人間関係”の築き方の講義 4.実技・講義:    ILPTの腰痛改善への有効性 5.受講生を対象とした治療デモンストレーション <参加者の声> 「腰痛の見方が180度変わりました」 「私の関わり方で、腰痛をつくりあげていたかもしれなと気づきました」 「即効性に驚きました」 「今回の内容は目から鱗でした!」 「翌日から、今までの臨床とは全然違うものになりました!」 「患者さんと向き合えている感じがします」など
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on岩手県query_builder2017/10/15 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」 ・「同じアプローチをしているのに、なぜ治療結果に差がでるのだろう?」 ・「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  などなど どれか一つでも当てはまる方の為に、   ILPTセミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する【気づき】を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」を【自ら選択】できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介します。その技法は、「夫婦関係」「子育て」など身近で大切な人との関係をより良くするためにも幅広く活用できるものです。   テーマ:「 腰痛の治療対象を【疾病】ではなく【ひと】とする 」 <講義・実技内容> 1.腰痛総論の講義   ①保存的治療の最新の動向   ②自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断 2.腰痛の保存的治療システムの紹介 3.私生活にすぐ役立つ“温かな人間関係”の築き方の講義 4.実技・講義:    ILPTの腰痛改善への有効性 5.受講生を対象とした治療デモンストレーション <参加者の声> 「腰痛の見方が180度変わりました」 「私の関わり方で、腰痛をつくりあげていたかもしれなと気づきました」 「即効性に驚きました」 「今回の内容は目から鱗でした!」 「翌日から、今までの臨床とは全然違うものになりました!」 「患者さんと向き合えている感じがします」など
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on大阪府query_builder2017/07/27 13:00
    病院の未収金回収は方法によっては、患者間に良くない風評を生みかねません。 本講義は、未収金回収の極大化をはかるために、病院の一般職員を債権回収会社の 社員レベルまで引き上げることを第一の目的としますが、それに留まらず、回収に際して地域の信頼や病院のイメージを損なわないようにする方策を教示します。特に重要な点は講義形式だけでなく、当事務所員の回収の実演を見て戴き、改善点を探して戴くことによって、脳裏に染みこませるようにし、実践的・具体的なノウハウを数多く伝授いたします。また、当日のテキストには、「内容証明郵便、支払督促申立書、少額訴状、強制執行等の法的手続のひな形をお付けしておりますのでスグにお使いいただけます。 1.理論編  (1)病院の未収金の実態を知ろう   あなた病院の未収金の偏差値はいくら?(診療科目毎の標準偏差を教示)  (2)未収金回収の改善プラン   一般的な病院の未収金回収の改善プランを提示  (3)予防対策が最高の方策!   4つの予防対策と3つの制度を全部使っていますか?  (4)病院全体で未収金問題に取り組むために-情報の視覚化、共有化、3分類化   視覚化ツールと3分類別回収チェックシートを公開  (5)督促関係の文書が一発ですべて自動文書化   督促状(1・2回目)、内容証明、支払督促申立書、(少額)訴状、示談契約書  (6)電話のかけ方・交渉の仕方   回収のための追い込み方(北風と太陽、優しく確実に詰めていく、ワンツー攻撃)  (7)一般職員でも法的回収が可能に!   自動文書化で誰でも簡単。さらに理屈が分かれば最強の武器。  (8)支払能力の調査方法、やっていけない取立(サラ金規制法)、訪問回収   5分で居住地の登記謄本、危険がいっぱいの訪問回収と違法取立  (9)モニタリングって何?   病院の未収金回収の極大化はここにかかっているが、あまり知られていない。  (10)知っておくと役に立つ知識    時効中断の方法、外部委託した場合の回収率、診療拒否の可否、受診抑制 2.実践編 ~電話回収と訪問回収 貴院では、どこを改善すべき?~  (1)追い込み方 ~実際の回収でよくある場面を紹介~  (2)風評を害しない回収方法 ~あなただって生活に困ることはあるはず~ 3.質疑応答/名刺交換
    (株)新社会システム総合研究所