新着セミナー193 件中 113 - 128 件を表示

  • location_on兵庫県query_builder2017/06/01 19:00
    肩関節の機能障害に対する治療手技の実技講習です。 肩関節の基本的な解剖・運動学から肩関節の他動運動や特定の回旋筋への収縮方法などから、拘縮や痛みがある肩関節への介入方法の練習を行います。 さらに、上肢全体の運動連鎖から肩関節の運動が前腕・手関節へ与える影響を考えた介入方法などもお伝えします。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on兵庫県query_builder2017/05/25 19:00
    肩関節の機能障害に対する治療手技の実技講習です。 肩関節の基本的な解剖・運動学から肩関節の他動運動や特定の回旋筋への収縮方法などから、拘縮や痛みがある肩関節への介入方法の練習を行います。 様々な症状を呈する肩関節ですが、治療を進めていくうえで押さえておくべきポイントがあります。 肩関節とはどのように触るのか。基礎からお伝えしていければと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on兵庫県query_builder2017/05/18 19:00
    股関節・膝関節周囲の疾患の適切な対処・治療が出来ていますか? それぞれの疾患の評価のポイント、治療介入方法等の内容を紹介しADL獲得を目指します
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on兵庫県query_builder2017/05/11 19:00
    基礎から応用へ TKA術後に対するリスクを再認識し、動作練習だけで終わることがないよう運動療法において押さえてほしいポイントについて実技を中心に教授します。ADL拡大に必要な関節可動域の確保をしっかりと出来るようにアプローチ方法を再確認します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on東京都query_builder2017/05/26 10:30
    【趣旨】  本セミナーは、講師の経験に基づいて、グローバルな試験室管理に要求されるポイントを海外当局査察時の質問や指摘事項を交えて解説する。 【プログラム】 1. 試験室に関する海外査察の指摘事項 2. 試験室管理とは 3. 試験室の完全性 - 組織、従業員、教育訓練 - 試験室全般 - 文書化(紙・電子) - 分析機器 - 試験器具 - 試薬・試液、標準物質 - 試験用検体(サンプリング、保管、参考品)
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/05/22 13:00
    【趣旨】  伴侶動物(犬、猫)および産業動物(豚、牛、鶏)用医薬品(一般医薬品、抗菌性製剤、生物学的製剤)の製造販売承認申請から承認までの流れ、ならびに申請に必要な書類、添付資料について整理し、資料作成の注意点、当局対応のポイントについて解説する。  製品開発は、承認までのスピードが最重要であり、計画段階からよく戦略を練ることが必要である。本講演では、承認申請についての基礎的な知識ばかりでなく、申請までの期間短縮を見据えた開発計画および短期間での承認審査に対応する技術の習得を目的としている。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/05/24 10:30
    【習得できる知識】 1.最新の中国医療機器体外診断試薬関連規制の概要 2.中国医療機器体外診断試薬登録手続きの把握 3.新規制下の中国医療機器の登録のノウハウ 4.中国体外診断試薬臨床試験の留意点 5.CFDA交渉のポイント 【趣旨】 本講座では、中国医療機器へのコンサルタント,薬事申請,臨床開発経験を用い、中国の新医療機器管理規制に合わせて、中国の医療機器の登録及び臨床試験ノウハウをご説明いたします。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/05/31 12:30
    1.薬剤の副作用症例検討 2.臨床医が先ずチェックしている項目 3.肝臓ダメージ・障害で変動する臨床検査項目の理解、機能異常の際の検査値変動 - 肝臓の解剖と機能 - 肝細胞ダメージの指標と肝機能障害の指標 - AST, ALT, LDHの作用点 4.腎ダメージ/機能異常の臨床検査値変動 - BUNの軽度上昇は、腎機能障害以外でも頻繁に認められるが、上昇機序は - 腎ダメージの検査 5.血液細胞に対する影響 - 溶血時の検査値異常 - 溶血の機序 - 造血障害 6.有害事象発生事例の症例検討
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/05/29 13:00
    1.はじめ 2.慢性腎臓病CKD診療の実態と課題 - CKD診療を推進する意義 - CKDの早期発見と専門医への紹介 - CKDにおける降圧療法 - 糖尿病性腎症の診断と治療 - CKDに対する新規治療薬開発への期待 3.腎炎・ネフローゼ症候群の診療実態と課題 - 診断と治療 - 診療に関する課題 - 新規治療薬開発への期待 4.末期腎不全診療の実態と課題 - 我が国における末期腎不全治療の実態 - 腹膜透析はなぜ増えないのか? - 腎移植はなぜ増えないのか? 5.腎臓病診療に関する未来展望
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/05/29 13:00
    1微侵襲食後高血糖モニタリングシステム -測定原理、微細孔形成技術、組織液抽出技術 -微細孔形成システムの仕様・構成 -測定性能 2開発ポイント -作製方法とコスト ​-性能、安全性 3性能評価 -検査法 -皮膚透過率評価法 -組織液抽出による皮膚透過率評価法 -動物を用いた実験方法 -間接的生体微細孔観察法 4性能評価試験 -条件検討試験 -皮膚透過率評価試験 5安全性評価 -赤み評価法 -病理組織学的検査法 -痛み評価法 6安全性評価試験 -適用後皮膚組織回復性評価試験 -適用時痛み評価試験
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/05/19 10:30
    第1部:医薬品原材料外部業者(サプライヤ)の選定・評価を含めた管理 【プログラム】 〇 外部業者の選定 - 契約・監査・品質協定書・MSEP 〇 外部業者の評価 - 初期評価・定期評価 〇 外部業者のステータスと試験省略 第2部:PIC/S対応の医薬品原料受入れ確認試験のポイントと分析法バリデーション 【プログラム】 1部にラマン分光法の基礎、原薬結晶多形の評価方法を説明。2部に近赤外領域のレーザーを搭載した装置による確認試験及び分析法バリデーションの検討結果を紹介。3部に分光器を用いた実演。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/05/29 12:30
    【習得できる知識】 〇 日本とアジア各国のネガティブ成分の相違 〇 日本とアジア各国のポジテイブ成分の相違 〇 中国の最新の化粧品技術安全規範と旧規範の相違と既使用成分 〇 アジア各国の規制情報の取得 〇 EUの最新成分規制 【プログラム】 1.アジア各国の化粧品規制の相違 2.日本における化粧品成分規制と薬事法 3.化粧品全成分表示名称 4.禁止・制限成分(Negative List) 5.配合可能な色素・防腐剤・紫外線吸収剤(Positive List) ※詳細はHPをご覧ください
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/05/26 13:00
    1-1 炎症性腸疾患患者の疫学 1-2 病因 2-1 現在の治療法(最新治療薬を含めて) 2-2 難治性潰瘍性大腸炎克服のための治療の工夫(タクロリムス・抗TNFα抗体を使用した) 2-3 難治性クローン病克服のための治療の工夫 2-4 難治性クローン病粘膜治癒を目指した抗TNFα抗体薬増量のタイミングの提案 2-5 疾患活動性バイオマーカー「カルプロテクチン」 3-1 現在の治療薬の問題点 3-2 新規治療(企業治験)薬臨床応用 4-1 炎症性腸疾患患者集客戦略(製薬会社側・医者側の立場で)
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/07/08 10:00
    産業界で話題の「失敗学」とは、起きてしまった失敗を失敗のままで終わらせずに、そこから有益な情報を得て活用し、再発防止や未然防止につなげるという考え方です。 医療従事者の皆さんは、日々多くのインシデントやアクシデントに直面しています。産業界は高度経済成長期以降、品質向上・ポカミス低減に取組んできましたが、医療界はいかがでしょうか。  ● インシデントレポートを活用して、インシデントやアクシデントを減らしていますか?  ● お決まりのフォーマットで書いて・集めて・報告するだけ・で満足していませんか?  ● 発生部署別や内容別に分類するだけで、それ以上の分析を怠っていませんか?  ● 同じようなインシデントばかり起こっていませんか?  ● 最終的に起こった事象は違っていても、真の原因を考えれば「同じことが起こっている」と感じたことはありませんか? 「医療版失敗学」では、医療機関のための単なるリスクヘッジではなく、真に安全で安心な医療を提供するために、過去の失敗(インシデントやアクシデント)から未然防止活動に取り組むことの必要性をお伝えします。具体的には、過去の失敗情報を用いて未来の失敗を防止するという失敗学の基本的な考え方を、まずは産業界の事例を用いて分かりやすく解説し、次にそれを医療に応用した例を説明します。上位概念に登ること、カラクリを理解することが、いかに重要であるかを理解していただきます。 医療現場で発生するインシデントやアクシデントのメカニズムを解析する力をつけ、現場で働く皆様が自ら考え行動のできる自律型現場力を向上し、さらに医療安全を根本から実現できる組織作りができると信じています。 難しい学問をやるのではなく、「誰でも分かる、実際に役に立つ」のが医療版失敗学。今、医療従事者の皆様が知っておかなくてはならない知識と手法です。 <プログラム内容> 1.医療版失敗学 基礎編 ・マニュアル化の弊害 ・放置されている不完全マニュアル ・失敗学のエッセンス ・再発防止と未然防止 2.医療版失敗学 応用編 ・「確認」の落とし穴 ・ヒアリングや分析の際の注意点 ・未然防止につなげる失敗報告書の書き方 ・カラクリ図を用いた活きたマニュアルの作り方 ・これまでの活動と医療版失敗学の効果の予測
    株式会社 早稲田大学アカデミックソリューション
  • location_on大阪府query_builder2017/05/02 19:30
    概要:臨床でのリハビリテーションにおいて一人で悩んでいませんか?また、毎日何気なく臨床に励んでいる方はいませんか?臨床上での日頃の悩みを実技練習で解消しませんか! 当日、臨床での運動療法について悩んでいる事を相談して頂ければその場で適切なアドバイスと実技練習をしたいと思います。経験の浅い先生方は同じような疑問・悩みが多いと思います。その問題を溜め込まず、諦めず解決の方へ導き明日以降の臨床で活用できるようになれればと思います。聴講するだけでも参加して頂いても構いませんので、セラピストの悩みを一緒に解決しましょう。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/06/22 19:30
    概要:人は固有受容器、視覚、聴覚など様々な感覚を駆使して環境に適応しています。この能力をどの程度利用できていますか?どの程度考慮できていますか? 今回の講義では感覚入力を効率よく行い坐位、リーチ動作練習にどのように応用していくかを習得して頂きたいと考えます。
    EPoch ナイトセミナー