新着セミナー163 件中 97 - 112 件を表示

  • location_on東京都query_builder2019/04/22 10:30
    1.香りの効能 2.香りの作用機構 3.香りの有効性評価法 4.香りの評価のための計測法の実演 5.香りの評価法の課題 6.まとめと香り研究の展開
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/04/25 12:30
    『自社で試験する際にはどんな試験法を採用すればよいのか?』『試験機関に出すものはいろいろな試験法や定量下限などがあるがどれを選択すればよいのか?』など、日々の品質管理でお悩みの方も多い。 化粧品の広告について昨今は景表法・薬機法の違反により課徴金が課されるようになり『有効な広告表示を行うためにはどんなエビデンスを取得すればよいのか?』などに悩まされている企業も多い。 本講習会では昨今の回収事例や指摘事例を紹介し、多くの化粧品会社の品質管理をお手伝いしてきた観点から、実際の事例を中心に解説する。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/04/26 12:30
     1:はじめに  2:ターゲット疾患若しくはターゲット領域は明確か  3:開発経緯で収集したデータについて  4:KOLの選定  5:臨床での使用ビジョンは明確か。  6:PMDAに相談をする際の留意点  7:臨床研究用プロトコール作成のポイント  8:実施医療機関との関連  9:申請資料への書き方  10:これからの診断薬について
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/04/25 10:30
     1. 糖化ストレスとAGEs  2. 抗糖化の市場認知  3. 糖化研究と抗糖化製品の歴史  4. 糖化ストレスとAGEsの測定評価方法  5. 皮膚中AGEs蓄積量の測定【実習】  6. 糖化ストレスが関与する疾患と老化  7. 糖化ストレス対策の方法と評価  8. 糖化ストレス対策素材と課題  9. 抗糖化製品の研究開発事例(5例程度)  10. 今後期待される糖化ストレス対策のポイントと市場展開
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/06/28 12:30
     1.はじめに   1.1 抗がん剤開発の概略   1.2 肺がん治療薬の承認動向  2.審査報告書から読み取れるポイント   2.1 EGFRチロシンキナーゼ阻害剤   2.2 ALKチロシンキナーゼ阻害剤   2.3 免疫チェックポイント阻害剤   2.4 VEGF受容体阻害剤  3.がんゲノム医療  4.経済毒性  5.今後の展望
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/05/24 12:30
     1.体外診断用医薬品を取り巻く状況  2.臨床性能試験の計画   2.1 臨床性能試験の位置づけ   2.2 試験計画(プロトコル作成)   2.3 保険申請戦略  3.臨床性能試験の実施   3.1 試験委託、契約   3.2 モニタリング   3.3 データマネジメント、解析  4.結果の公表   4.1 Publication   4.2 利益相反  5.その他関連情報
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/05/05 10:00
    低反撥マットレスを数枚重ねて身体質量と重力を拮抗させた環境のもとポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果を具体的な症例と共に紹介し、実践して体感していただきます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/05/24 10:00
    フィッティング(適合)とは、シーティングという姿勢調整だけでなく、車椅子の寸法調整も加えた生活姿勢保持。 生活環境を考えるフィッティング(適合)は、まずその人に合う椅子を設計し、その人が実際に腰に触れるシートサポートすなわちシーティングを構築していく順番です。 『車椅子設計採寸技術→車椅子シーティング→車椅子住環境整備→社会参加や自己実現へ』 前編 車椅子の設計、採寸技術含む車椅子構造を身体採寸用具を使って指導 後編 シーティングと車椅子住環境整備及びそのためのシートクッションづくり
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/04/24 12:00
    【第1部】毛髪ダメージの実感ポイントと商品開発への応用 1.髪のパサつき感/うるおい感を支配する因子と評価法 2.触感として実感する髪の硬さ・柔らかさ 【第2部】毛髪の機器測定・評価法の実際~ダメージの定量化と留意点~ 1.毛髪の機器測定 2.ダメージ損傷測定の実例と商品開発への応用 【第3部】評価機器の測定デモ (1) 摩擦感テスターの測定デモ (2) サーモラボ(熱移動特性)の測定デモ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/05/19 10:00
    クッションの素材に触れて構造を知る事から始めて、回復段階やADLに合わせたシーティングを行ない、業者やメーカーのクッションのつくり方を学ぶ。 原理編:自分自身の骨盤と体幹の重心の位置を探し、確認することで座位保持のイメージをつくります。クッションをつくるための身体採型(採寸)をします。評価のポイント、測定のポイントと記入方法を習得します。 工房実技編:実際にウレタンを削ってシーティングやフィッティングシートを形にしていきます。座面のクッション、背面のクッションをつくります。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on福岡県query_builder2019/05/11 10:00
    個別機能訓練加算、リハマネ加算への効果的な取り組みにつながる【自立支援ケア】を実現する抜本対策 ・身体的自立支援に偏っているだけでは、高齢者のQOLは維持できない ・ICFの生活機能分類の活用で多岐にわたる高齢者の「活動」と「参加」を網羅 ・これまでになかった「社会的自立を支援する介護サービス」の運営手法 ・他事業所との「差別化」をはるかに凌駕する本質的な自立支援ケアの実践 ・目標に働きかける「目的別グループ」 ・高齢者本人の意思に基づいた地域社会の様々な活動への参加を誘導するケア
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2019/04/27 10:00
    個別機能訓練加算、リハマネ加算への効果的な取り組みにつながる【自立支援ケア】を実現する抜本対策 ・身体的自立支援に偏っているだけでは、高齢者のQOLは維持できない ・ICFの生活機能分類の活用で多岐にわたる高齢者の「活動」と「参加」を網羅 ・これまでになかった「社会的自立を支援する介護サービス」の運営手法 ・他事業所との「差別化」をはるかに凌駕する本質的な自立支援ケアの実践 ・目標に働きかける「目的別グループ」 ・高齢者本人の意思に基づいた地域社会の様々な活動への参加を誘導するケア
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2020/01/18 13:00
    1.ファシリテーションとは 2.ファシリテーターの役割と機能 3.演習1~場をデザインするスキル「準備をする」 4.演習2~コミュニケーションスキル「聴く・質問する」 5.演習3~構造化スキル「議論を見える化する」 6.演習4~合意形成スキル「ゴールに導く」
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/11/16 13:00
    1.看護マネジメントリフレクションの基本的な考え方 2.看護マネジメントリフレクションの活用と実際 3.演習~「看護マネジメントリフレクション」 4.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/05/11 13:00
    1.論理的思考(ロジカルシンキング)とは 2.論理的思考の基本的な進め方 3.「考える」力をUPする 4.「話す力」をUPする 5.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/05/09 18:40
    車椅子の点検不良による事故、職員の意識、身体拘束、姿勢不良からの褥瘡問題にまで発展する車椅子関係因子。このような物理的リスク因子を取り巻くリスクマネジメントを工学技術者の立場から解説、解消します。 スクリーニングで事故を未然に防ぐ方法を学び、車椅子住環境事故のリスク管理ができるようになります。 講師は車椅子製造メーカーに在籍していた技術者であり、現在は作業療法士として医学の目線からリスク管理を考え、解決策を研究しました。そのノウハウを共有し、明日からの安全な生活に生かしてみませんか。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会