新着セミナー193 件中 33 - 48 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2017/06/27 19:30
    概要:膝関節疾患の運動療法においてどのようにリハビリを進めていけばいいのか自身のスタイルはありますか? 膝関節は下肢アライメントの異常に直接影響する関節です。膝関節に対する運動療法をしっかり行い、アライメントを修正すると下肢のアライメントの修正や下肢の可動の改善を導けます。その運動療法の一部を実技中心で学びませんか?Part1・part2で実技内容は変更いたします。各回参加していただいても理解できる内容としています。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/06/20 19:30
    概要:膝関節疾患の運動療法においてどのようにリハビリを進めていけばいいのか自身のスタイルはありますか? 膝関節は下肢アライメントの異常に直接影響する関節です。膝関節に対する運動療法をしっかり行い、アライメントを修正すると下肢のアライメントの修正や下肢の可動の改善を導けます。その運動療法の一部を実技中心で学びませんか?
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/06/13 19:30
    概要:股関節疾患の運動療法においてどのようにリハビリを進めていけばいいのか自身のスタイルはありますか? 股関節は荷重を逃がす代償の温床となっています。股関節に対する運動療法をしっかり行い、代償を起こさなければ基本動作の獲得にも有利に働きます。その運動療法の一部を実技中心で学びませんか? Part1・part2で実技内容は変更いたします。 各回にご参加していただいても理解できる内容としています。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/06/06 19:30
    概要:股関節疾患の運動療法においてどのようにリハビリを進めていけばいいのか自身のスタイルはありますか? 股関節は荷重を逃がす代償の温床となっています。股関節に対する運動療法をしっかり行い、代償を起こさなければ基本動作の獲得にも有利に働きます。その運動療法の一部を実技中心で学びませんか?
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/05/30 19:30
    概要:解剖の復習から膝関節周囲の筋肉の働き、運動学的視点について実技を交えながらお伝えいたします。さらに膝関節周囲筋の働きを強化するような運動療法の展開方法や考え方について実技の中でレクチャーしようと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/05/23 19:30
    概要:解剖の復習から膝関節周囲の筋肉の働き、運動学的視点について実技を交えながらお伝えいたします。その際に膝関節疾患やその他関節の問題に対して股関節をどのように評価するのかなどの評価ポイントについてより詳細にお伝えしたいと思います
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/05/16 19:30
    概要: 解剖の復習から股関節周囲の筋肉の働き、運動学的視点について実技を交えながらお伝えいたします。さらに股関節周囲筋の働きを強化するような運動療法の展開方法や考え方について実技の中でレクチャーしようと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/05/09 19:30
    概要:股関節についての機能解剖   解剖の復習から股関節周囲の筋肉の働き、運動学的視点について実技を交えながらお伝えいたします。その際に股関節疾患やその他関節の問題に対して股関節をどのように評価するのかなどの評価ポイントについてより詳細にお伝えしたいと思います
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on東京都query_builder2017/05/27 13:00
    日本の高齢化の問題、財政の問題を解くためには「地域包括ケアシステムの構築」は必須の課題であり、その成否の鍵を握るのは在宅医療であると言われています。 制度化されて10年が経ち、近年、在宅医療を受ける患者数は大幅に増加、ニーズはますます高まり、今後もこの流れは変わりません。東京の試算では、2040年には今の約2倍の11万人となり、10万床の病床数を上回ります。近いうちに地域医療を行う上では在宅医療は避けて通ることのできない分野になるでしょう。 しかしながら、24時間体制が必要でアウェイの場で行う在宅医療は、その運営方法が難しく、診療の質・量の両面で成功している在宅医療クリニック・病院は多くありません。 自らの在宅医療クリニックの事務長としての経験と、全国の在宅医療機関へのコンサルタントとして得た知見から、成功している在宅医療機関に見られる共通する運営ノウハウを、現場に即した形でわかりやすくご紹介します。 また、1年後に控えた2018年医療・介護ダブル改定で在宅医療はどうなるのか?その方向性を解説し、在宅医療機関がとるべき戦略についてご説明します。 1.在宅医療が推進される政策背景 2.在宅医療の制度 3.多面的に在宅医療を理解する 4.病院・クリニックの在宅医療取り組み事例 5.成長する在宅医療機関 7つのポイント 6.2018年ダブル改定とその先を見据えた在宅医療戦略 7.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/06/14 14:00
    2014年7月から大阪の淀川キリスト教病院では、病院の事業整理とダウンサイジングを2年かけて行い、在宅事業部門を株式会社化して切り出すという大きな改革を行いました。 2015年4月に設立した「よどきり医療と介護のまちづくり株式会社」は地域包括ケアシステムの中心となる地域のコミュニティ形成にも関わる事業を行っています。取り組みの中には、訪問看護ステーションの大規模化と新卒看護師の育成などもあり、この4月から新卒の育成も3期目に入ります。また、同時に超高齢社会健康・医療・くらし研究所(スイフトラボ)では、持ち住み慣れたまちで最後まで過ごすための新しいサービスを「くらしの中"こたえ"を探す」をキャッチフレーズにリビングラボを展開しています。 地域包括ケアシステムのフィールドは地域での暮らしです。住み慣れたまちで最後まで過ごすためにはコミュニティの中に3つの"ミマモリ"サービスが展開されていることが重要になります。フレイルの生活環境を整える「見守り」、健康を保つ「診守り」、自宅での療養や看取りを支援する「看守り」のサービスを展開する「よどまちステーション」の取り組みを、設立の経緯から今後の展開まで、事例をもとにご紹介いたします。 新規事業を模索する医療機関、地域戦略を考えている医療機関、また、ヘルスケアフィールドで事業を展開する企業の方々の参考になれば幸いです。 1.地域包括ケアシステムの中で医療機関の役割 2.地域で活躍するコミュニティナース 3.在宅療養を支える訪問看護のこれまでとこれから 4.大阪市東淀川区に「よどまちステーション」ができるまで 5.地域コミュニティでの3つの"ミマモリ" 6.大阪府市医療戦略会議提言・スマートエイジングシティの   実証フィールドとしての活動で見えてきたもの 7.「最後まで住み慣れたまちで」を実現する   シームレスなヘルスケアビジネスモデル 8.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/06/11 10:00
    【腰痛治療に自信がないあなたへ】 もしあなたが・・・ ・腰痛に悩む患者さんの人生を変えたい ・もっと患者さんの健康に役立ちたい ・腰痛解消という結果を提供したい ・筋骨格系以外のアプローチを学びたい というであれば、当協会が主催するセミナーにご参加下さい。 このセミナーは筋骨格系の施術だけでなく、内臓治療・分子栄養学・運動療法を組み合わせた腰痛治療がたった1日で学べます! セミナー内容の詳細は下記URLをご参照ください! https://goo.gl/stxgzA
    株式会社 Therapist Infinity
  • location_on愛知県query_builder2017/12/02 10:00
    機能解剖学のことで、このよう経験はありませんか? どれか一つでも当てはまる方は受講をお勧めします! ●教科書的なことを勉強しても、どのように臨床に生かしたらよいかわからない ●臨床に必要と思って機能解剖の本を読んでも、途中までしか進んでいない ●腰椎にある複数の靭帯の、動きの中で役割がわからない ●腰椎の形が複雑で、実際の評価や治療場面で骨をイメージできない ●国家試験前には勉強したが、忙しい臨床の中で機能解剖を意識できてない ●徒手的に治療しようとすると、骨の動きをうまく誘導できない
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on愛知県query_builder2017/09/10 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治ら
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on長崎県query_builder2017/05/28 09:30
    ▼ <容易・確実・短時間>リアライン・デバイスとは? 関節の歪みを早期に矯正することを基盤とした新しい治療法「リアライン・コンセプト」を効率的に進めるため開発されたものです。リアライン・デバイスの魅力は、どなたでも容易に、そして確実に関節疾患の治療を進めることができることです。また、リアライン・デバイスを使用してのトレーニングは短時間であり(リアライン・コアの場合1日10分間ほど)、その効果を短期間で得ることが期待できます。 ▼ リアライン・デバイス実技セミナーとは? リアライン・コンセプトの基本的な考え方をご理解いただき、その上で各論として(1)足部・足関節 (2)膝関節 (3)体幹の3つにテーマを分け、5種類のデバイスを実際に用いて進めていきます。リアライン・デバイスの正確な知識や使用方法、効果を学ぶことができます。 「リアライン」とは、どういったものなのか?「リアライン」についての入門編として、「リアライン・デバイス」の基礎を学ぶことができるセミナーです。 <<内容>> 1:リアライン・コンセプト総論 2:足部・足関節編(2時間) リアライン・インソール&ソックスを用いた足部と足関節のリアラインを行い、足関節の可動域を拡大し、足部アーチを安定させます。 3:膝関節編(2時間) リアライン・バランスシューズ&レッグプレスを用いて膝関節のリアラインを行い、膝のねじれを改善します。 4:体幹編(2時間) リアライン・コアを用いて、骨盤と胸郭のリアラインを行い、体幹の可動域を拡大し、腰部への負担を軽減します。 << 理学療法士 星 賢治先生の推奨コメント>> 各種デバイスを使っていると、手をかけるべきところと、デバイスに任せられるところの線引きを明確にすることが出来ます。これにより限られた治療時間を有効に使うことができ、また患者自身が自分で身体を管理していくという意識を持つことが可能となりました。アライメントを整えるという本来の役割はもちろんのこと、患者教育という観点からも優れた道具だと思います。 ※セミナー受講後、日本健康予防医学会へ入会、所定のお手続きを行っていただくことで、リアライン・フィッター(Level 1)の認定も受けることができます。この資格を取得することで、習得したリアライン・デバイスの販売や、体験会(自己使用方法)を開催することができます。
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on愛知県query_builder2017/05/07 09:30
    ▼ <容易・確実・短時間>リアライン・デバイスとは? 関節の歪みを早期に矯正することを基盤とした新しい治療法「リアライン・コンセプト」を効率的に進めるため開発されたものです。リアライン・デバイスの魅力は、どなたでも容易に、そして確実に関節疾患の治療を進めることができることです。また、リアライン・デバイスを使用してのトレーニングは短時間であり(リアライン・コアの場合1日10分間ほど)、その効果を短期間で得ることが期待できます。 ▼ リアライン・デバイス実技セミナーとは? リアライン・コンセプトの基本的な考え方をご理解いただき、その上で各論として(1)足部・足関節 (2)膝関節 (3)体幹の3つにテーマを分け、5種類のデバイスを実際に用いて進めていきます。リアライン・デバイスの正確な知識や使用方法、効果を学ぶことができます。 「リアライン」とは、どういったものなのか?「リアライン」についての入門編として、「リアライン・デバイス」の基礎を学ぶことができるセミナーです。 <<内容>> 1:リアライン・コンセプト総論 2:足部・足関節編(2時間) リアライン・インソール&ソックスを用いた足部と足関節のリアラインを行い、足関節の可動域を拡大し、足部アーチを安定させます。 3:膝関節編(2時間) リアライン・バランスシューズ&レッグプレスを用いて膝関節のリアラインを行い、膝のねじれを改善します。 4:体幹編(2時間) リアライン・コアを用いて、骨盤と胸郭のリアラインを行い、体幹の可動域を拡大し、腰部への負担を軽減します。 << 理学療法士 星 賢治先生の推奨コメント>> 各種デバイスを使っていると、手をかけるべきところと、デバイスに任せられるところの線引きを明確にすることが出来ます。これにより限られた治療時間を有効に使うことができ、また患者自身が自分で身体を管理していくという意識を持つことが可能となりました。アライメントを整えるという本来の役割はもちろんのこと、患者教育という観点からも優れた道具だと思います。 ※セミナー受講後、日本健康予防医学会へ入会、所定のお手続きを行っていただくことで、リアライン・フィッター(Level 1)の認定も受けることができます。この資格を取得することで、習得したリアライン・デバイスの販売や、体験会(自己使用方法)を開催することができます。
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on香川県query_builder2017/04/30 09:30
    ▼ <容易・確実・短時間>リアライン・デバイスとは? 関節の歪みを早期に矯正することを基盤とした新しい治療法「リアライン・コンセプト」を効率的に進めるため開発されたものです。リアライン・デバイスの魅力は、どなたでも容易に、そして確実に関節疾患の治療を進めることができることです。また、リアライン・デバイスを使用してのトレーニングは短時間であり(リアライン・コアの場合1日10分間ほど)、その効果を短期間で得ることが期待できます。 ▼ リアライン・デバイス実技セミナーとは? リアライン・コンセプトの基本的な考え方をご理解いただき、その上で各論として(1)足部・足関節 (2)膝関節 (3)体幹の3つにテーマを分け、5種類のデバイスを実際に用いて進めていきます。リアライン・デバイスの正確な知識や使用方法、効果を学ぶことができます。 「リアライン」とは、どういったものなのか?「リアライン」についての入門編として、「リアライン・デバイス」の基礎を学ぶことができるセミナーです。 <<内容>> 1:リアライン・コンセプト総論 2:足部・足関節編(2時間) リアライン・インソール&ソックスを用いた足部と足関節のリアラインを行い、足関節の可動域を拡大し、足部アーチを安定させます。 3:膝関節編(2時間) リアライン・バランスシューズ&レッグプレスを用いて膝関節のリアラインを行い、膝のねじれを改善します。 4:体幹編(2時間) リアライン・コアを用いて、骨盤と胸郭のリアラインを行い、体幹の可動域を拡大し、腰部への負担を軽減します。 << 理学療法士 星 賢治先生の推奨コメント>> 各種デバイスを使っていると、手をかけるべきところと、デバイスに任せられるところの線引きを明確にすることが出来ます。これにより限られた治療時間を有効に使うことができ、また患者自身が自分で身体を管理していくという意識を持つことが可能となりました。アライメントを整えるという本来の役割はもちろんのこと、患者教育という観点からも優れた道具だと思います。 ※セミナー受講後、日本健康予防医学会へ入会、所定のお手続きを行っていただくことで、リアライン・フィッター(Level 1)の認定も受けることができます。この資格を取得するで、習得したリアライン・デバイスの販売や、体験会(自己使用方法)を開催することができます。
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会