新着セミナー144 件中 33 - 48 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2018/09/04 10:30
     1. 凍結乾燥プロセスの概説と基礎となる物理化学現象   1.1 凍結乾燥プロセス   1.2 凍結乾燥装置の概要   1.3 凍結乾燥と関わる物理化学現象      (固液相平衡,過冷却,凍結濃縮,共晶,ガラス転移,コラプス)   1.4 氷結晶のパターン形成   1.5 凍結過程をどう制御するか  2. 凍結乾燥操作の基礎   2.1 乾燥の基礎理論   2.2 凍結乾燥における乾燥のメカニズム   2.3 凍結乾燥プロセスの数学モデル   2.4 凍結乾燥シミュレーションによるデザインスペースの求め方  3.凍結乾燥過程において製品が受けるストレスとプロセス最適化の指針   3.1 凍結時のストレス   3.2 乾燥時のストレス   3.3 保護物質の役割と選定   3.4 凍結乾燥プロセスの最適化   3.5 新しい技術動向の紹介
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/09/04 12:30
     1.バイオ後続品を取り巻く規制環境と市場   1.1 規制環境    1.1.1 MHLW    1.1.2 EMA    1.1.3 FDA    1.1.4 WHO    1.1.5 ICH   1.2 薬事課題    1.2.1 品質評価・管理に関する動向から    1.2.2 厚生労働科学研究事業「バイオシミラー使用促進のための課題解決に向けた調査研究」から   1.3 日米欧 承認状況  2.バイオ後続品の品質・安全性・有効性確保のための指針     (平成21年3月4日 薬食審査発第0304007号)   2.1 適用範囲   2.2 バイオ後続品における一般原則   2.3 バイオ後続品の製法・品質特性解析   2.4 品質特性に関する同等性/同質性の評価試験   2.5 規格及び試験方法   2.6 非臨床試験   2.7 臨床試験   2.8 製造販売後調査  3.バイオ後続品の品質・安全性・有効性確保のための指針に関する質疑応答集(Q&A)     (平成27年12月15日 医薬・生活衛生局審査管理課事務連絡)   3.1 バイオ後続品における一般原則   3.2 品質特性に関する同等性/同質性の評価試験   3.3 規格及び試験方法   3.4 非臨床試験(毒性試験)   3.5 臨床試験(臨床薬物動態試験、薬力学試験、及びPK/PD試験)   3.6 臨床的有効性の比較   3.7 製造販売後調査  4.バイオ後続品の申請と規制当局とのパートナーシップ   4.1 開発薬事戦略の立案   4.2 レーベルとスコープ管理   4.3 プロセス管理   4.4 薬事戦略企画書—目的と構成   4.5レギュラトリーインテリジェンスの構成   4.6規制当局とのコミュニケーション戦略   4.7承認リスク評価の方法
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/09/03 10:30
     1.バイオ医薬の物理化学分析に関する基礎知識   1-1 タンパク質、抗体の取扱に必要な基礎的知識    1-1-1 一次構造、二次構造、三次構造、高次構造    1-1-2 濃度決定    1-1-3 化学構造変化    1-1-4 変性  2.バイオ医薬品と凝集体   2-1 バイオ医薬品に含まれる凝集体研究の現状、免疫原性との関係   2-2 凝集体の分類    2-2-1 解離会合    2-2-2 物理ストレスとの関係    2-2-3 サイズによる分類    2-2-4 特性解析と規格との関係   2-3 粒子サイズに応じた分析法 0.1μm以下    2-3-1 HPLC-SEC    2-3-2 超遠心沈降速度法(AUC-SV)    2-3-3 フィールドフローフラクショネーション(FFF)    2-3-4 動的光散乱法(DLS)   2-4 粒子サイズに応じた分析法 0.1〜2μm   2-5 粒子サイズに応じた分析法 2μm以上   2-6 バイオ医薬品における凝集体関連情報  3.タンパク質の安定性と凝集メカニズム   3-1 タンパク質の安定性   3-2 タンパク質の凝集メカニズム   3-3 第2ビリアル係数、拡散係数の濃度依存性  4.タンパク質の電気的性質、安定性とpH   4-1 タンパク質の等電点、ゼータ電位、ネットチャージ   4-2 溶液のpHとタンパク質の安定性  5.タンパク質の安定性と溶媒組成、添加剤の効果   5-1 タンパク質の安定性と塩   5-2 タンパク質の安定性と糖類   5-3 タンパク質の安定性と界面活性剤   5-4 タンパク質の安定性とその他の添加剤  6.凝集体の免疫原性   6-1 抗体産生のメカニズム   6-2 免疫原性の評価法   6-3 免疫原性の要因となり得る因子   6-4 免疫原性を低減させる方法   6-5 免疫原性の予測法
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/09/28 13:00
     1.国内外における神経障害性疼痛に関する統計   1)がん疼痛   2)非がん疼痛  2.疼痛の定義と概念   1)国際学会での疼痛の定義   2)ICD−11新分類  3.疼痛機序と分類   1)侵害性   2)神経障害性   3)機能性  4.疼痛評価法   1)痛みの強さ   2)生活支障度   3)その他の尺度  5.非がん神経障害性疼痛の治療   1)薬物療法   2)その他の治療法   3)当科での治療紹介  6.がん神経障害性疼痛に対する薬物療法とその他の治療法   1)WHO3段階ラダー   2)その他の治療法  7.非がん慢性疼痛に対する薬物療法とその他の治療法   1)慢性疼痛の概念と分類   2)慢性疼痛の治療ストラテジー   3)オピオイド鎮痛薬について   4)その他の治療法  8.未来の神経障害性疼痛治療薬に期待すること
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2018/08/27 19:00
    【新人の作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・手関節や手指に起こる拘縮。その原因や問題をしっかりと把握することはできていますか? 手関節や手指の機能障害については定量的に検査や評価する方法が存在しています。 このセミナーでは基礎的な知識から病態理解を行い、しっかりと改善と導くアプローチ方法を学んで頂きます。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。 講師は、関西を中心に関西・愛知・福岡と多方面でセミナー講師を行い、超急性期病院~維持期の施設や自費の分野まで幅広く経験を積んだ臨床経験10年目の作業療法士が担当します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/08/20 19:00
    【新人の作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・肩関節周辺の運動器疾患後に起きる様々な問題点。 上腕骨骨折後や鎖骨骨折後に気を付けなければならない考え方や手技方法の紹介を致します。 このセミナーでは基礎的な知識から病態理解を行い、しっかりと改善と導くアプローチ方法を学んで頂きます。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。 講師は、関西を中心に関西・愛知・福岡と多方面でセミナー講師を行い、超急性期病院~維持期の施設や自費の分野まで幅広く経験を積んだ臨床経験10年目の作業療法士が担当します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/08/13 19:00
    【新人の作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・臨床で良く遭遇する肩関節疾患について、治療を行うために必要な触診技術と治療手技に自信はありますか? 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい とお考えの作業療法士の先生は是非、ご参加下さい! 平日の2時間で効率良く、セラピスト力を身に着けていきませんか!?
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/08/06 19:00
    概要: ・後頭骨~頚椎の正確な形態・機能的特徴を理解していますか? ・頚椎にかかるメカニカルストレスと頚椎症の関係性を適切に説明できますか? ・頚椎へのメカニカルストレスに対する肩甲胸郭関節機能の治療介入を意識して行うことできていますか? ・肩甲胸郭関節筋群への治療アプローチは適切にできていますか? このような課題に対して、基礎解剖・運動学をベースに正確な評価・治療介入を展開する方法を講義・実技を交えて行います。 実技では肩甲胸郭機能を改善させるた めの触診方法と治療手技の習得をおこないます。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/07/19 19:00
    今回のテーマは『リスク管理』です。 リスク管理に必要なこと、それは多岐に渡り一言では言い切れませんが、あえてまとめるなら 『患者さんをよく診ること』 に尽きると考えています。 患者さんが今どういう状態であり、どうなる可能性があるのかを事前に把握しておくこと。 これがリスク管理においてとても大事なことになります。 リスク管理というと 『血圧、脈拍を測る』 『息切れに注意する』 などという意見を多く聞きます。 しかし、それだけではリスク管理とは言えません。 今回は主に循環器疾患患者さんのリスク管理について総論的にお話をしていく予定です。 少しでもリスク管理に自信がない方、日々の臨床で悩んでいる方のご参加をお待ちしております。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on東京都query_builder2018/08/26 10:00
    施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していくためのセミナーです。全てのシーティング理論をまとめ、臨床で生かしていくための技術を習得し、臨床にあるものだけでの座位保持の方法を学び、身近なものを利用したクッションをつくっていきます。 急性期、回復期、維持期それぞれの回復段階や状態に合わせた姿勢保持を考え、バスタオルや段ボール等身近にある物、病院や施設で準備出来る物だけで座位保持クッションを作ります。この徐圧効果のあるクッションを作って持ち帰っていただきます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/08/19 10:00
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/09/16 10:00
    この研修会では、医療・介護の現場実践・マネジメントに精通した4名の理学療法士が、地域に必要とされる生活期リハ拠点でのADL・IADLの回復、活動と参加につながる実践的リハビリアプローチ、医療・介護の連携力を高める人材育成・マネジメント手法などを講義と実技でお伝えいたします。 【選べる12の分科会】 「2018年医療と介護同時改定に対する取り組み」 「デイケア運営 新規利用者確保と加算算定」 「歩行の限界に挑戦!」 「ADL・IADLを改善する福祉用具、自助具などの工夫」 「リハビリ部門のグループ拠点間での医療・介護連携(1)」 「デイケア運営 短時間デイケアと長時間デイケア」 「慢性片麻痺の方へのアプローチと効果の出し方」 「慢性疼痛を持つ方へのリハビリアプローチ」 「リハビリ部門のグループ拠点間での医療・介護連携(2)」 「デイサービス、デイケアのリハ職のあり方」 「パーキンソン病症候群へのアプローチ」 「ワンランク上のシーティング技術」 【講師】 ・中道 哲郎氏(ひかりメディカルグループリハビリテーション部門 統括責任者) ・光田 尚代氏(医療法人寿山会 喜馬病院リハビリテーション部 課長) ・生野 達也氏(一般社団法人動きのコツ協会 代表理事) ・野田 和美氏(NPO法人日本介護福祉教育研修機構 認定講師) 詳細は公式ホームページよりご確認ください https://www.tsuusho.com/reha-care/
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2018/08/19 10:00
    この研修会では、医療・介護の現場実践・マネジメントに精通した4名の理学療法士が、地域に必要とされる生活期リハ拠点でのADL・IADLの回復、活動と参加につながる実践的リハビリアプローチ、医療・介護の連携力を高める人材育成・マネジメント手法などを講義と実技でお伝えいたします。 【選べる12の分科会】 「2018年医療と介護同時改定に対する取り組み」 「デイケア運営 新規利用者確保と加算算定」 「歩行の限界に挑戦!」 「ADL・IADLを改善する福祉用具、自助具などの工夫」 「リハビリ部門のグループ拠点間での医療・介護連携(1)」 「デイケア運営 短時間デイケアと長時間デイケア」 「慢性片麻痺の方へのアプローチと効果の出し方」 「慢性疼痛を持つ方へのリハビリアプローチ」 「リハビリ部門のグループ拠点間での医療・介護連携(2)」 「デイサービス、デイケアのリハ職のあり方」 「パーキンソン病症候群へのアプローチ」 「ワンランク上のシーティング技術」 【講師】 ・中道 哲郎氏(ひかりメディカルグループリハビリテーション部門 統括責任者) ・光田 尚代氏(医療法人寿山会 喜馬病院リハビリテーション部 課長) ・生野 達也氏(一般社団法人動きのコツ協会 代表理事) ・野田 和美氏(NPO法人日本介護福祉教育研修機構 認定講師) 詳細は公式ホームページよりご確認ください https://www.tsuusho.com/reha-care/
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2018/07/30 19:00
    【新人の作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・肩関節は人間の身体の中で、最も自由度の高い関節です。 多様な運動を可能にする可動性を獲得するために、安定性を犠牲にしてしまったという事実も存在します。 運動器疾患では肩関節周囲炎やインピンジメント症候群、脳血管疾患後の肩関節不安定症や有痛性の肩関節拘縮など様々な病態を呈します。 あなたは、そんな肩関節の疼痛治療について悩んでいることはありませんか? このセミナーでは難しい理論や手技ではなく、基本に忠実で誰にでも出来る治療方法をしっかりと身に着けて頂くセミナ―となっております。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。 講師は、関西を中心に関西・愛知・福岡と多方面でセミナー講師を行い、長急性期病院~維持期の施設や自費の分野まで幅広く経験を積んだ臨床経験10年目の作業療法士が担当します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/07/23 19:00
    【新人作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 新人OTが、押さえておくべき体幹へのアプローチ! 第2弾の内容です! 動作を遂行する上で、体幹機能が果たす役割は大変重要です。 特に、上肢機能やADL場面では土台的な役割を担っています。 しかし、その体幹機能について、解剖学的・運動学的な知識を持って論理的な評価・治療展開はできていますでしょうか? 動作を評価する上で人間の体幹を構造学的に理解し、運動学へと繋げる。 その知識が評価の正確さと治療の的確さを高めてくれるはずです。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2018/07/27 19:00
    【新人の作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ・ヒトの手は動作の最終的な効果を左右する大事な器官です。 手を使うことが、そのヒトらしさを象徴しているといっても過言ではありません。 作業療法士の分野に手に特化したハンドセラピィという分野があるように、手の治療にはしっかりとした知識と治療手技を用いることが必要です。 このセミナーでは、難渋する手の機能障害に対して、基礎を踏まえた上で必要な最善と思われる治療手技の選択やその方法などを学ぶことができます。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日の夜2時間で効率的に治療手技や触診技術の習得をして頂きます。 『脳血管疾患や運動器疾患』どのような疾患でも対応できる基礎の部分もしっかりと学ぶことができます。  ○どうしても実技に自信が持てない  ○評価や自分の治療に不安がある  ○もっと介入方法の引き出しを増やしたい と考えている作業療法士は是非、ご参加下さい。
    EPoch ナイトセミナー