新着セミナー143 件中 17 - 32 件を表示

  • location_on東京都query_builder2019/11/16 13:00
    1.看護マネジメントリフレクションの基本的な考え方 2.看護マネジメントリフレクションの活用と実際 3.演習~「看護マネジメントリフレクション」 4.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/05/11 13:00
    1.論理的思考(ロジカルシンキング)とは 2.論理的思考の基本的な進め方 3.「考える」力をUPする 4.「話す力」をUPする 5.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/02/23 13:00
    ※医療従事者は1名につきテキスト代として 3,000円(税込) ※一般企業の方は、1名につき 32,400円(税込) ※協賛企画のため、ゼネコン、設計事務所、コンサルタントの方のご参加はご遠慮いただきます Ⅰ. 2025年の地域包括ケアシステム、地域医療構想のフィニッシュへ向けてやること Ⅱ. データ分析に基づく病棟再編成 Ⅲ. 施設整備を成功に導く「基本構想」のポイント
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/02/22 14:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) 1.施設基準管理の実際 2.看護配置管理(様式9) 3.その他報告事項 4.誤りの多い管理事例 5.医療法、従事者別の法制度 6.保険医療機関及び療養担当規則 7.保険医療機関の義務と禁止事項 8.社会保険医療担当者の監査について 9.医療法第25条立入検査 10.生保指導 11.日本人の食事摂取基準 12.適時調査の実施について
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on栃木県query_builder2019/04/21 10:00
    頭蓋骨(特に縫合)を触ることによって身体がどう変化していくのか、その繋がりをご紹介いたします。 主訴の痛みが激しい場合、直接その部位を触ることができない場合、この頭蓋骨の調整法をお使いいただくことによって、部位に直接触らなくても痛みが軽減されます。 【講義内容】 ・解剖学的な基礎知識 ・CFT頭蓋筋膜療法とは? ・前頭骨、蝶形骨、頭頂骨、後頭骨、側頭骨、頬骨、上顎骨、下顎骨の縫合や交点の触診練習 ・頭蓋骨(特に縫合)を触り身体に変化を起こす(実技) ・質疑応答
    一般社団法人日本治療アカデミー協会
  • location_on大阪府query_builder2019/02/05 19:30
    肩関節疾患を発症もしくは合併している患者さんを担当しているセラピストは多くいらっしゃると思います。今回は、肩関節疾患を診るうえで重要な評価と運動療法の工夫について実技を交えて行いたいと思います。 今回は応用編ですが基本編を踏まえて運動療法のさらなる工夫や技術について学んでいただければと思います。さらに当セミナーは今回の参加だけでも理解できる内容となっています。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/01/31 19:30
    下肢の浮腫は若年者から高齢者まで多くの方にみられる症状です。下肢の浮腫に対しして適切に対応できていますか?足関節の底背屈運動の指導だけになっていませんか? 今回は、下肢の浮腫軽減を目的とした運動と徒手的な浮腫軽減方法について紹介します。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/01/29 19:30
    肩関節疾患を発症もしくは合併している患者さんを担当しているセラピストは多くいらっしゃると思います。今回は、肩関節疾患を診るうえで重要な評価と運動療法の工夫について実技を交えて行いたいと思います。 より基本に戻ってみたいや知識・技術の整理したい方に必見の内容となっています。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/01/24 19:30
    脳血管障害の上肢の特性を理解し、評価はもちろんのこと運動療法においておえてほしいポイントについてお話、実技を行いたいと思います。 中枢部・抹消部の可動が円滑に少しでも動きやすい状態に進めていけるように実技を交えながら行いたいと思います。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/01/22 19:30
    脳血管障害での急性期の意識障害が改善してくると積極的なリハビリの介入が進みます。その際、機能訓練やADL訓練を進めていくと思われますが、そこで動作改善を阻害する因子として高次脳機能障害があげられると思います。 今回、各種高次脳機能障害についての評価・治療アプローチについて学んでいただこうと思っています。 今回は高次脳機能障害の中でも注意障害と半側空間無視についてお話しする予定です。 作業療法士の先生だけではなく理学療法士の先生方にも理解できる内容で実施する予定としています。
    EPoch
  • location_on東京都query_builder2019/02/24 10:00
    医療従事者にとって苦手意識のある症状の中で常に名前が挙がるのが四十肩(肩関節周囲炎)治療があります。 患部だけでは限界があるが、遠隔的にどこをアプローチすれば良いのか。 検査から施術まで、最短ルートで最良の結果を出すためのアプローチ法をお伝えします。 【講義内容】 ・四十肩(肩関節周囲炎)のメカニズム ・肩関節、肩甲帯の機能解剖 ・肩周囲の筋触診 ・筋膜、リモートポイント調整法 ・関節調整 ・頭蓋神経血管反射ポイント ・養生法
    一般社団法人日本治療アカデミー協会
  • location_on東京都query_builder2019/02/21 12:30
    1部:薬剤選択基準とその運用 1.フォーミュラリーとは 2.取り組み事例 3.薬剤の選択権 4.薬剤選択基準 選定評価/有用性に関する臨床的エビデンス/安全性とモニタリング項目/経済性 /臨床上の必要性 5.フォーミュラリーの今後 2部:フォーミュラリー時代に向けた医薬品マーケティング 1.地域医療政策と病院の経営戦略の動向 2.院内および地域フォーミュラリーの動向 3.医療費削減効果 4.医薬品マーケティングに与える影響 製薬業界 医薬品マーケティング エリアマーケティング
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/03/08 10:30
    1.医療機器の開発のために必要なこと 開発する上での法的規制 医薬品医療機器等法の目的 法令が関係する範囲 医療機器の開発とQMS 2.医療機器の製品化のために必要なこと クラス分類 薬事申請区分(後発、改良、新医療機器) 非臨床試験 治験の要否の考え方 3.薬事申請書類の作成のために 薬事申請等の流れ・考え方 製造販売届出か、申請か リスク分析とは 4.製造販売承認/認証申請書等の作成とその対応 5.信頼性調査(適合性書面調査)への対応 6.QMS適合性調査とその狙い 7.対応 8.その他
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/19 12:30
    1.医薬品分野の特許基礎知識 特許取得までのフロー 特許を受けることができる発明 特許権の効力 存続期間延長登録制度 2.物質特許 3.結晶・塩・水和物特許 4.製剤特許 5.用途特許 6.戦略的活用 先発メーカーの立場から ・参入障壁の構築・強化・延長・実例 後発メーカーの立場から ・特許を取得すべき対象・クロスライセンス 7.海外の特許・動向 米国 特許存続期間延長・特許期間調整・LCMに関わる最近の裁判例 欧州 補充的保護証明書・LCMに関わる最近の裁判例 その他(アジアなど)
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/18 13:00
    1.はじめに 外用剤の分類・皮膚の構造と薬物透過ルート・吸収促進剤 2.外用製剤の評価 in vitro評価法・in vivo評価法・PK試験・薬理試験・microdialysis試験 3.生物学的同等性試験法 日本における外用製剤に関するガイドライン 全身性経皮吸収製剤 局所皮膚適用製剤 局所皮膚適用製剤の特徴とバイオアベイラビリティ 生物学的同等性試験法 暴露量試験 剤形追加 処方の一部変更(処方一変) アメリカにおける生物学的同等性の考え方 4.まとめ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/22 12:30
    習得できる知識 ・FDA査察の現場で何が起こるのか ・FDA査察前に必要な準備:文書整備、質疑応答方法、現場ツアーのポイント ・必要最低限の文書の英訳ポイント ・査察のプロセスには直接関係ないけれども大事なポイント ・査察における通訳の使い方・育て方 プログラム 1. 査察前準備 2. オープニングミーティング 3. 工程ツアー:部材の受け入れから最終製品の出荷まで 4. 文書レビュー及びインタビュー 5. クローズアウトミーティング 6. 通訳者が感じたコンサルタントの見解 7. 最近の動向
    株式会社R&D支援センター