今後開催予定のセミナー147 件中 81 - 96 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2019/03/05 10:45
    【第1部】 難治性掻痒症治療薬の研究開発  1.はじめに  2.痒みの基礎   2-1 かゆみとは?   2-2 かゆみの神経生理学   2-3 かゆみのメディエータ   2-4 かゆみ治療の現状(国内及び海外)  3.新しい痒み治療の可能性   3-1 痒み治療のための新規アプローチ   3-2 痒み治療薬の開発動向  4.痒み治療薬の開発に際して   4-1 痒みの動物評価モデル   4-2 痒みモデルを用いた薬物評価事例 【第2部】 かゆみの基礎、治療の現状をふまえた臨床現場が求める新薬像     ~皮膚科医の医療ニーズとは?~  1.痒みを伴う皮膚疾患とその病態   A.蕁麻疹    ・蕁麻疹の病態    ・蕁麻疹のガイドライン    ・蕁麻疹治療のトピックス   B.アトピー性皮膚炎    ・アトピー性皮膚炎の病態    ・アトピー性皮膚炎のガイドライン    ・アトピー性皮膚炎治療のトピックス   C.湿疹・皮膚炎群    ・湿疹・皮膚炎群の病態    ・湿疹・皮膚炎群の治療   D.皮膚そう痒症    ・皮膚そう痒症の病態    ・皮膚そう痒症の治療  2.薬剤の選択における皮膚科医師の考え方    ・抗ヒスタミン薬と抗アレルギー剤    ・薬理作用の違い    ・インバースアゴニズム    ・副作用    ・インペアードパフォーマンス  3.皮膚科医師が求める薬剤とは    ・薬理作用    ・効果    ・使用方法    ・副作用    ・外国との違い    ・外用薬への期待    ・保険審査での問題点
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/03/06 10:30
     1.医薬品に係る法令と品質管理   1.1 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び      安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)等   1.2 GMP省令、GQP省令、GVP省令とは   1.3 承認申請規格とは   1.4 省令および通知に基づく品質管理    ・参考品の保管    ・安定性モニタリング    ・原料等の供給者管理  2.試験検査室の管理に関する留意点   2.1 試験検査員の力量   2.2 試験検査室の環境   2.3 製造販売承認規格の把握   2.4 試験検査方法の適格性評価(ベリフィケーション)   2.5 設備・装置・器具等の校正   2.6 試薬・試液・自家調製溶液の使用期限等   2.7 一次標準物質・二次標準物質の取扱い   2.8 試験検査の準備   2.9 検体の採取   2.10 検体の識別管理   2.11 試験検査の実施と報告   2.12 検査結果のとりまとめと規格外対応等   2.13 試験検査結果の合否判定と試験成績書の発行  3.PIC/SのQCラボ査察リストに学ぶ試験検査室の管理
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/03/05 10:00
     1.なぜ化学プラントで事故が起こるのか   -物質危険性、人、設備、外乱で事故は起こる   -事故が起こる主原因を12のキーワードで紹介します  2.HAZOPの基礎知識   2‐1 HAZOPの歴史   2‐2 HAZOPの目的   2‐3 HAZOP基本的考え方   2‐4 HAZOP全体の流れ  3.HAZOPの実践知識   3‐1 HAZOPの実施体制と事前準備   3‐2 HAZOPのメンバーとリーダーの役割   3‐3 HAZOPの留意点  4.HAZOPで知っておいて欲しい事故や
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/03/04 10:30
     1.GMPの目的とヒューマンエラーの防止   1.1 GMPの3原則   1.2 ヒアリハットとハインリッヒの法則   1.3 変更管理とは   1.4 具体的なトラブル事例と対策      製造指図書・記録書の不備、不良品の取扱いの間違い、      機器の取扱いの誤り、包装工程捺印不備等、連続運転による加熱事故  2.教育訓練について   2.1 教育訓練   2.2 教育訓練の実効性の評価   2.3 教育訓練プログラム   2.4 ヒューマンエラーをなくすための効果的な教育訓練について  3.ヒューマンエラー防止のための文書管理   3.1 GMP文書・記録の必要性   3.2 国内法規制が求める文書管理   3.3 海外法規制の要請する手順書・記録書   3.4 文書監査におけるヒューマンエラー   3.5 コンピューター化システムにおける文書管理と逸脱防止   3.6 データインテグリティの不備と文書管理   3.7 手順書・製造記録の不備と3極当局指摘事例  4.逸脱事例と未然防止策   4.1 逸脱とは   4.2 逸脱のリスクマネジメントの重要ポイント  5.記録の重要性とヒューマンエラーの防止(現場事例)   5.1 記録の重要性について   5.2 SOPの必要性と記載事例   5.3 生産現場におけるヒューマンエラーと防止策     (人間の介在とミスの発生)  6.原薬・製剤・包装工程における逸脱管理と品質確保   6.1 目的と対応   6.2 ヒューマンエラー発生の原因と対応(ソフト、ハード両面から)    ・更衣室で着衣の状態確認    ・原料のサンプリングミス    ・クリーンルームの排水口の不備    ・蛍光灯のカバー    ・木製の作業台    ・品質管理(天秤、洗浄瓶のラベル管理)    ・封緘用テープの剥がれ事故と原因    ・個装箱「捺印なし」混入事故による回収    ・点滴静注用製剤外袋内毛髪混入    ・バイアル瓶の中にガラス片が混入    ・封緘証紙浮き上がり(その他の逸脱事例)    ・仕込み間違い、バルブ操作ミス、温度管理逸脱    ・毛髪・異物等・金属異物・ガラス片等混入    ・設備異常、作業エラー    ・異品種混合:他社品錠剤、A錠中のB錠剤回収    ・洗浄不良(ヒューマンエラー、SOP不良)   
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/03/28 10:30
     1.官能評価とは?   1.1 なぜ官能評価をするのか?   1.2 機器分析との違いと特徴   1.3 官能評価のプロセス   1.4 倫理審査  2.官能評価に影響を及ぼすファクターとそのコントロール   2.1 評価方法の種類   2.2 実験環境をどうするか?   2.3 試料数とその提示法   2.4 パネルの選び方と数   2.5 評価に使うことばの選び方   2.6 官能評価の尺度と特徴  3.官能評価用質問紙の作り方   3.1 フェイスシートにはどんな内容を盛り込むか?   3.2 質問紙の具体例  4.官能評価データの解析   4.1 データ解析の基本    ・平均    ・分散    ・標準偏差    ・ガウス分布    ・t分布   4.2 検定:2つのスコアの間に差があるか?   4.3 相関分析:2つの変量の間の関係   4.4 回帰分析:3つ以上の変量の間の関係   4.5 高度な解析法    ・クラスター分析    ・パス解析    ・共分散構造解析  5.感覚に関する機器分析の一般的な考え方  6.手触り・触感のメカニズムと定量化技術の最新動向   6.1 ヒトの触覚認識メカニズム   6.2 触覚センサと触覚ディスプレイ   6.3 自動車用材料・情報機器・スポンジ・樹脂材料への応用   6.4 手触りがひとそっくりの人工皮膚の開発   6.5 触覚による水認知のメカニズム   6.6 水の触感のディスプレイの可能性   6.7 さらさら・べたべた・しっとりの物理的起源   6.8 シルクのような手触りの粉黛とその化粧料への応用
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/03/27 12:30
     1.はじめに   1.1 医療の経済評価はなぜ必要か   1.2 医療経済と薬剤経済の違い   1.3 費用対効果の考え方   1.4 増分費用効果とは   1.5 投入と結果を比較する  2.病気に関するお金の話   2.1 病気の値段とは   2.2 医療費の推計について   2.3 患者・家族の負担   2.4 生産性損失   2.5 支払い意思額  3.薬物治療の効果の話   3.1 効能と効果   3.2 患者アウトカム   3.3 生存期間   3.4 ネットワークメタアナリシス   3.5 QOLとQALY  4.費用と効果を比べる   4.1 費用効果分析   4.2 費用効用分析   4.3 費用便益分析   4.4 モデル分析   4.5 不確実性・割引  5.おわりに   薬剤経済分析の実例(国内の研究事例を中心に)
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/28 10:30
     1.美白化粧品開発の基礎知識   1-1 皮膚の構造と機能   1-2 紫外線としみ   1-3 メラニンとしみ予防メカニズム  2.美白化粧品の開発動向   2-1 これまでに厚労省に承認された薬用美白化粧品の有効成分   2-2 各種有効成分のしみ予防作用メカニズム   2-3 医薬部外品主剤の承認取得までの具体例  3.薬用美白化粧品研究開発のノウハウ   3-1 培養色素細胞を用いた評価手法の変遷   3-2 メラニン生成酵素チロシナーゼの成熟過程を評価する方法   3-3 経口美白剤の有効性に関する実証例とその評価方法  4.メラニンの皮内動態に関する研究の詳細   4-1 表皮内メラニン移送メカニズムの新説ラッシュ   4-2 真皮内色素沈着に関与するマクロファージと線維芽細胞   4-3 脂質膜と貪食作用に着目した新規美白戦略  5.メラニン研究の最新トピックス   5-1 美白化粧品と白斑研究の最新情報   5-2 真皮線維芽細胞を介したメラニン生成制御   5-3 メラニンとオートファジーとミトコンドリア・解糖系
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/27 10:30
     1.RAの基礎   -RAとその臨床像(過去と現在)   -疫学(平均寿命の伸び・高齢者の割合・高齢発症の増加)   -RAの病因・病態(タバコによる影響)  2.RA診断   -診断のための血清学的マーカー(抗CCP抗体・リウマトイド因子)   -診断のための画像検査(MRI・超音波検査・パルスドプラ)   -2010年EULAR/ACR新分類基準   -2011年EULAR/ACR新寛解基準  3.RA疾患活動性評価   -炎症反応・関節所見・朝のこわばり時間   -患者全般評価・医師全般評価・DAS28・SDAI・CDAI   -関節破壊評価法modified Total Sharpスコア   -日常生活動作HAQ-DI  4.RA治療薬概要   -免疫調整薬   -免疫抑制薬   -メトトレキサート:アンカードラッグ・ゴールデンスタンダード   -生物学的製剤・バイオシミラー   -JAK阻害薬(トファシチニブ・バリシチニブ)  5.現在進行中の開発治験薬と今後開発されそうな新薬   -JAK阻害薬   -TNF-α・IL-6以外のサイトカイン・ケモカインをターゲットとした生物学的製剤   -バイオシミラーの開発  6.RA診療の現状と問題点   -早期診断・早期強力治療介入の流れ   -目標達成に向けた治療Treat to Target   -診療ガイドラインはどこまで役立つか?どこまで利用しているか?   -抗リウマチ薬の選択方法・選択基準は?   -重症化予測因子・予後不良予測因子   -エタネルセプトBSの供給不足問題   -生物学的製剤・JAK阻害薬の薬剤費は高額   -患者が抱える診療に対する不満・アンメットニーズは?   -寛解導入後の治療をどうするか?   -治療現場で医師が望む新薬像は?  7.RA治療の今後の動きは?   -経口薬(JAK阻害剤)がファーストチョイスとなる?   -分子分類に応じたターゲット医療・テーラーメード医療の見通し?
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/27 10:30
     1.はじめに   1-1 品質マネジメントシステム   1-2 逸脱管理、変更管理とは   1-3 ICHQ9を考慮した逸脱管理(CAPAシステム)   1-4 GMP省令改正(平成30年内公布予定)と変更管理、承認書の徹底遵守  2.製造販売業:3役制度の適切な実施(法令遵守)   2-1 法令遵守   2-2 3役の留意事項  3.GMP省令第15条「逸脱管理」とは   3-1 逸脱・不適合・異常の相違点   3-2 品質不良並びに重大な逸脱、及びクラス分けの事例   (原薬、製剤・包装)
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/26 10:30
     1.医療機器の設計開発とは  2.医療機器の設計開発に係る要求事項  3.設計開発プロセス   (ア)製品実現計画と設計開発計画   (イ)設計開発プロセス概要  4.製品設計開発プロセス   (ア)製品要求事項の明確化と照査   (イ)設計インプット   (ウ)製品設計開発   (エ)設計アウトプット   (オ)デザインレビュー   (カ)設計検証   (キ)ユーザビリティ評価  5.製造移管  6.製造設計開発プロセス   (ア)工程インプット   (イ)工程設計と購買管理   (ウ)工程アウトプット   (エ)工程検証とプロセスバリデーション  7.設計バリデーション  8.変更管理  9.その他   (ア)設計開発における識別とトレーサビリティ   (イ)設計検証、設計バリデーションにおけるサンプルサイズの検討   (ウ)設計履歴ファイル(Design History File)
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/21 12:30
     1.バイオ医薬品の製造工程の全体像   1.1 バイオ医薬品の定義と特徴   1.2 バイオ医薬品の製造プロセス    1.2.1 製造施設のイメージ   1.3 アップストリーム    1.3.1 細胞基材、遺伝子発現構成体    1.3.2 培養工程の流れ    1.3.3 シングルユース    1.3.4 培養工程の特徴、プロセスコントロール   1.4 バイオ医薬品製造の留意点  2.バイオ医薬品のダウンストリーム工程の概要   2.1 精製プロセスの目的   2.2 バイオ医薬品を構成する成分の基本概念    2.2.1 不純物のタイプ   2.3 バイオ医薬品精製のながれ   2.4 精製プロセスの単位操作    2.4.1 細胞分離、濃縮、最終精製、ウイルス除去    2.4.2 クロマログラフィー用ゲル   2.5 プロセスの最適化  3.抗体医薬品のクロマトグラフィー精製   3.1 抗体医薬品の特徴    3.1.1 抗体の生産法    3.1.2 抗体医薬品Remicade®の精製ステップ   3.2 プロセスクロマトグラフィーの要件   3.3 精製プラットホーム    3.3.1 各種クロマトグラフィーの特徴   3.4 抗体医薬品のクロマトグラフィー関連市場  4.アフィニティリガンドの科学と開発   4.1 アフィニティリガンドとは何か   4.2 プロテインAと抗体のタンパク質科学    4.2.1 配列、構造、種依存性、バイオインフォマティクス    4.2.2 相互作用の制御と溶出メカニズム   4.3 プロテインAアフィニティ担体    4.3.1 種類、プロセス開発、性能、問題    4.3.2 コストシミュレーション  5.次世代精製技術の研究開発動向   5.1 クロマトグラフィーの是非に関する議論    5.1.1 ABC vs anti-ABC   5.2 さまざまなアプローチ    5.2.1 古典的手法の再考    5.2.2 新しいクロマトグラフィーモード    5.2.3 レジン素材、形態の改良   5.3 プロテインA代替リガンド  6.経産省プロジェクトについて   6.1 次世代抗体医薬品等の製造技術プロジェクト   6.2 次世代バイオ医薬品製造技術研究組合
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/20 10:30
     1.洗浄は交叉汚染対策の一手段  2.ダーティホールドタイム(DHT)及びクリーンホールドタイム(CHT)の留意点  3.洗浄バリデーション業務の進め方  4.残留許容値の設定   4.1 検出限度からの設定   4.2 洗浄能力からの設定   4.3 一日最小投与量の0.1%以下基準   4.4 10ppm基準   4.5 目視限度基準   4.6 中毒量(LD50)からの設定  5.投与量基準から毒性発現量基準へ  6.1日許容曝露量(PDE)の算出法  7.NOEL(無影響量)が不明の場合の一手法  8.不純物・分解生成物の残留許容値の設定   8.1 遺伝毒性不純物はどう考えるか   8.2 ICH M7変異原性不純物ガイドライン  9.洗浄剤の残留許容値設定  10.微生物(発熱性物質) の残留許容値設定  11.外部からの侵入異物(繊維・毛髪・塵埃) の残留許容値設定  12.洗浄バリデーションに先立つ適格性評価  13.洗浄方法の留意点   13.1 手洗浄のバリデーション   13.2 洗浄剤選定の留意点  14.サンプリング方法の留意点  15.接薬表面積の算出例  16.回収率試験の例  17.分析の留意点  18.GMP査察での指摘事例  19.付録 洗浄バリデーション関連のガイドライン
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/19 10:30
     第一部 中国を知る(全体的)   1)中国基本情報    ・人口と地域区分    ・GDPとGRP   2)医療状況    ・十大死因と死亡率    ・医療施設分類    ・医療制度改革概要   3)保険制度    ・医療保険制度   4)医院及び健診センターの紹介  第二部 中国を知る(政府、業界の姿勢)   1)医療現場のトピックス(19事例)   2)全人代の医療分野に対する考え   3)中国体外診断薬業界年度報告から    4)中国IVD市場詳細  第三部 中国進出の留意点   1)代
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/18 12:30
     1.先発品企業が特許切れ対応をしない原因と結果:   ・開発部・研究所にGE対応はインセンティブがない   ・大型品があるとAGと後継品開発をしない   ・製品戦略を元に次を狙う結果、各社同じLCM戦略をする.  2.新製品マネジメントとゾロ対策のあるべき姿:   ・新製品マネジメントの前提がそもそも間違い    -後継品がない原因はゾロ対策戦略がないため    -後付けのため後手に回る製品戦略の原因を退治する方法   ・後発品と先発品を協創する  3.領域のライフサイクル・マネジメントによるゾロ対策:   ・製品マネジメントではいつも緊急導入   ・製品マネジメントではゾロ対策はできない。  4.ジェネリックによる差別化と新製品誕生のための使い道   ・ポイント1    満足度の高い製品領域でも新製品はできる   ・ポイント2    今は無い市場が大きく成長する⇒自社・他社のGEも使い道     1.利便性     2.安全性     3.新機序のみが、薬ではない   ・ポイント3     製品があれば後から領域を作る     領域戦略は机上の空論と後づけでできる     領域1位の先発品と後発品は先発品企業が予想できず、否定した製品     領域戦略では否定した製品が大型後発品に育つ  他、具体的ポイントを解説  5.ジェネリックが注目される背景   ・後発品大手の利益率は先発品企業より高い  6.日本の医薬業界はジェネリックと改良から始まった  7.医療保険制度  8.GE80%時代を迎えた業界の特徴的変化  9.新薬以上の市場になるGE  10.先発品企業によるGE逆転戦略   ・GEを逆手に取る戦略   ・先発企業として何ができるか?  <先発品企業の選択>   ・役に立つ良い企業になるか?   ・一発もうけ主義でいくか?  11.変わるジェネリックの流通形態と成長するジェネリックへの対抗法   ・ビジネス・エコシステム (ビジネス生態系)   ・従来の「産業(構造)」と「市場(構造)」は気付かぬうちに変わってしまっていた。   ・企業内外がシームレスに結びつく「つながり」構築がキー   ・ヘルスケアビジネス・エコシステム」(ビジネス生態系)で全体最適戦略をとる企業が勝つ。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/18 12:30
     1.バイオ医薬品のガイドラインと動態試験の位置づけ   ・毒性試験の一部としての動態試験:TK  2.バイオ医薬品の毒性試験の概要   ・単回投与毒性試験および反復投与毒性試験   ・生殖・発生毒性試験   ・遺伝毒性(変異原性)試験   ・がん原性   ・依存性試験   ・局所刺激性試験   ・免疫毒性試験   ・安全性薬理試験  3.毒性試験・動態試験における動物種・モデルの選択  4.薬物の定量方法   ・放射性標識体   ・特異的分析(EIAなど)  5.曝露量の評価(吸収)  6.組
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/03/06 18:40
    車椅子の点検不良による事故、職員の意識、身体拘束、姿勢不良からの褥瘡問題にまで発展する車椅子関係因子。このような物理的リスク因子を取り巻くリスクマネジメントを工学技術者の立場から解説、解消します。 スクリーニングで事故を未然に防ぐ方法を学び、車椅子住環境事故のリスク管理ができるようになります。 講師は車椅子製造メーカーに在籍していた技術者であり、現在は作業療法士として医学の目線からリスク管理を考え、解決策を研究しました。そのノウハウを共有し、明日からの安全な生活に生かしてみませんか。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会