今後開催予定のセミナー129 件中 65 - 80 件を表示

  • location_on香川県query_builder2018/12/19 19:00
    セラピストは感覚入力を通じて運動を変化させます。大脳半球部の脳卒中の場合、小脳への無意識下の感覚路は残存していると考えられます。 本セミナーでは、無意識下の感覚が入力される小脳や脊髄小脳路について、脳画像も交えて整理します。筋紡錘やゴルジ腱器官への感覚入力が運動に及ぼす影響について、筋アライメント・Ⅰb促通・空間的時間的加重などをキーワードに、明日から使えるような即時的な変化について実技を交えながら体感し、感覚を再考します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on広島県query_builder2019/03/21 09:30
    この1日セミナーでは、妊娠中および産後に生じる仙腸関節痛に対し、その原因なり得る骨盤マルアライメントの評価と治療法を講習します。 1.妊娠中では、快適な背臥位がとれるように胸郭の可動性とおよび腹腔筋群の滑走性を改善させて腹腔容積を拡大させます。 2.妊娠中および産後のどの時点においても、骨盤のマルアライメントを改善して仙腸関節へのストレスを減弱させるよう治療を行います。そのために、股関節周囲の組織の癒着を解消させます。その上で、上殿皮神経、中殿皮神経、長後仙腸靭帯などの疼痛に対する対症療法を実施し、疼痛を消失させます。 3.産後では、妊娠中の腹筋群の微細な損傷によって生じる筋間の癒着を解消させ、また側臥位での睡眠姿勢によって生じる中殿筋や小殿筋の癒着を解消させて正常な筋活動パターンを獲得させます。
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on長崎県query_builder2019/02/17 09:30
    この1日セミナーでは、妊娠中および産後に生じる仙腸関節痛に対し、その原因なり得る骨盤マルアライメントの評価と治療法を講習します。 1.妊娠中では、快適な背臥位がとれるように胸郭の可動性とおよび腹腔筋群の滑走性を改善させて腹腔容積を拡大させます。 2.妊娠中および産後のどの時点においても、骨盤のマルアライメントを改善して仙腸関節へのストレスを減弱させるよう治療を行います。そのために、股関節周囲の組織の癒着を解消させます。その上で、上殿皮神経、中殿皮神経、長後仙腸靭帯などの疼痛に対する対症療法を実施し、疼痛を消失させます。 3.産後では、妊娠中の腹筋群の微細な損傷によって生じる筋間の癒着を解消させ、また側臥位での睡眠姿勢によって生じる中殿筋や小殿筋の癒着を解消させて正常な筋活動パターンを獲得させます。
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on熊本県query_builder2019/02/09 09:30
    この1日セミナーでは、妊娠中および産後に生じる仙腸関節痛に対し、その原因なり得る骨盤マルアライメントの評価と治療法を講習します。 1.妊娠中では、快適な背臥位がとれるように胸郭の可動性とおよび腹腔筋群の滑走性を改善させて腹腔容積を拡大させます。 2.妊娠中および産後のどの時点においても、骨盤のマルアライメントを改善して仙腸関節へのストレスを減弱させるよう治療を行います。そのために、股関節周囲の組織の癒着を解消させます。その上で、上殿皮神経、中殿皮神経、長後仙腸靭帯などの疼痛に対する対症療法を実施し、疼痛を消失させます。 3.産後では、妊娠中の腹筋群の微細な損傷によって生じる筋間の癒着を解消させ、また側臥位での睡眠姿勢によって生じる中殿筋や小殿筋の癒着を解消させて正常な筋活動パターンを獲得させます。
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on東京都query_builder2019/02/10 09:30
    組織間リリース(ISR)を用いることにより、効果的に骨盤リアライン、胸郭リアライン、腹筋群や背筋群の滑走性改善による腹腔容積の拡張を得ることができます。これにより、荷重伝達機能の改善、姿勢の改善、呼吸機能や摂食障害の改善を得ることができます。 このセミナー(3日コース)では、組織間リリース(ISR)の基礎的な技術の習得を達成するとともに、骨盤・胸郭および体幹筋周囲のリリースの技術を習得し、産前・産後ケアを極めて効果的に実施できるようになることを目的とします。 <こんなことを教えます!> ISRの基礎技術の習得 1.ISRの理論と効果についての知識 ・ISRの指の使い方 ・効果的なISRのための対側手の使い方 ・背筋群のリリースと腹壁拡張・腰背部の治療 2.外側縫線のリリース ・第12肋骨先端部の治療 ・上部背筋群、菱形筋、肩甲背神経のリリース ・腹筋群のリリースと腹直筋離開予防 3.腹直筋リリースと腹直筋離開予防、腹腔容積拡大 ・外・内腹斜筋リリース ・腹横筋リリース ・骨盤マルアライメントの治療 4.寛骨内旋に対する仙腸関節安定化 ・寛骨下方回旋に対する仙腸関節安定化 ・寛骨前・後傾に対する仙腸関節安定化 ・仙骨傾斜に対する仙腸関節安定化 ・恥骨結合偏位の治療 ・胸郭マルアライメントの治療 5.胸郭拡張性獲得 ・胸郭挙上可動域獲得 ・肋間拡張 ・産後の体型回復 6.上背部と頸椎アライメント(姿勢改善) ・下位胸郭とウエスト(腹部) ・骨盤周囲 ・大転子周囲 ・下肢の浮腫
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on静岡県query_builder2019/01/14 09:30
    このセミナーは関節疾患の治療に携わるすべてのセラピスト、職種を対象とする、全身の関節疾患の治療法を学ぶためのセミナーシリーズ「CSPT2018 クリニカルスポーツ理学療法セミナー」の肩関節編のご紹介です。 目指すべき理想の肩関節運動は疾患を問わず共通です。マルアライメントの原因に対して、確実に組織間の癒着を一つずつ解決するために、蒲田が提唱する組織間リリース®(ISR)を用います。指先で組織間の癒着を同定し、その上で肩甲骨や骨頭のアライメントを崩している癒着を順次解放していきます。 癒着の同定と的確なリリースを進めるうえで必要になるのが、正確な解剖学的な理解と適切な触診技術です。解剖学的な理解は、解剖学の教科書に記載されている情報に加えて、あらゆる肢位における組織の位置関係を3次元的に理解することが不可欠となります。例えば、肩関節150度外転位で腋窩を触診するためには、そのポジションでの腋窩の筋の位置関係をすべて理解し、その状態を透視しながら触診することになります。 そのような3次元的な位置関係の変化を理解し、さらに運動方向ごとにことなる筋肉の滑走運動について理解するには、触診の積み重ねが不可欠であることは言うまでもありません。組織間リリースセミナーの技術を使って肩関節の評価・治療技術を学べるのが「CSPT肩関節編」です。投球障害肩の患者さんから五十肩の患者さんまで幅広く、対応できるようなノウハウをご紹介します。
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on北海道query_builder2019/01/14 09:30
    このセミナーは関節疾患の治療に携わるすべてのセラピスト、職種を対象とする、全身の関節疾患の治療法を学ぶためのセミナーシリーズ「CSPT2018 クリニカルスポーツ理学療法セミナー」の股関節・鼠径部編のご紹介です。 鼠径部痛症候群は様々な問題が絡み合って症状を引き起こすため、正確な評価が必要となります。 そして、保存療法でスポーツへの完全復帰を果たすには、内転筋群・鼠径部・腹筋群に残存しやすい滑走不全を正確にリリースする技術が必要と言えます。 CSPT クリニカルスポーツ理学療法セミナーの「股関節編」は、この評価から治療技術までの一連を習得できるセミナーです。 スポーツに関わる医療従事者の方や、股関節痛に悩む患者さんを抱える方はにはとくにおすすめのセミナーです。 ■コラム「スポーツが原因の股関節痛 鼠径部痛症候群の治療」 https://realine.info/realine/column/groin-pain
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on北海道query_builder2019/01/13 09:30
    このセミナーは関節疾患の治療に携わるすべてのセラピスト、職種を対象とする、全身の関節疾患の治療法を学ぶためのセミナーシリーズ「CSPT2018 クリニカルスポーツ理学療法セミナー」の骨盤編のご紹介です。 CSPT骨盤編では、仙腸関節痛を引き起こすメカニズムに、PSIS(上後腸骨棘)間の開大によるストレスが原因となるとして、その評価、治療を紹介します。PSIS間が開大する原因として、 ①寛骨内旋(ASIS(上前腸骨棘)間の接近) ②寛骨下方回旋(腸骨稜の開大) ③寛骨前・後傾 の3つがあり、これらが複数同時にみられることもあります。それぞれを引き起こす軟部組織の滑走不全は触診によって特定でき、その滑走性の改善によってPSIS間を接近させて仙腸関節の安定性を向上させることができます。 微細な骨盤運動を正確に評価し、治療につなげていくコンセプト、技術を学びませんか。骨盤の解剖から、仙腸関節痛の病態、評価、治療を明確に示していきます。
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on東京都query_builder2018/12/19 13:00
    【習得できる知識】 ・ IEC62304、JIS T 2304、IEC82304、JIS T 82304-1を駆使する知識 ・ ソフトウェア要求仕様書作成ポイント ・ アーキテクチャ設計書作成ポイント ・ 詳細設計書作成ポイント ・ 検証/妥当性検証計画ポイン  FDA、EU、国内の仕向けによらず、医療機器ソフトウェア開発のポイントとして、ソフトウェア要求事項獲得から機能展開と実装ソフトウェアアイテムへのマッピングについて解説。  各開発ステップの検証・妥当性検証を組み合わせ、品質保証を目指す。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/12/25 10:30
    1GMPにおける文書管理の基本  -法体系  -製造管理者  -職員 2GMP文書  -GMP3原則とヒューマンエラー  -文書体系  -作成と改定、保管  -指図者と記録の承認者  -記録(5W1Hの記載)  -電子記録のポイント  -GMP省令の改正点 3各業務におけるGMP記録の扱い  -QA業務  ・変更管理とリスクマネジメント  ・供給者管理  ・逸脱管理とCAPA  -製造管理業務  ・製造記録  -衛生管理  -品質管理  ・試験検査記録  -取決め(委託先との関係)と仕様書
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/12/17 12:30
    1皮膚構造と薬物の皮膚透過ルート 2物性と経皮吸収性の関係 −極性・分子量の影響 −Fickの拡散式 3活量と経皮吸収性の関係 −皮膚透過式 −溶解度と活量 4経皮吸収と皮膚中濃度 5経皮吸収実験法と動物実験代替法 −In vivo/in vitro透過性試験方法 −培養皮膚を用いた透過性評価 −透過性解析方法 6-In silico皮膚透過性予測 7動物実験代替膜を用いた皮膚透過試験法 −培養皮膚・人口膜を用いた実験法 8皮膚透過促進法  −化学的促進法 −物理的促進法 9皮膚バリア回復方法
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/12/18 12:30
    1.においの形態 2.嗅覚の検知メカニズムから見た複合臭の特長 3.においの単位 4.においの見える化方法 5.官能評価法の実際  -分析型官能評価と嗜好型官能評価の違い  -官能評価の種類とばらつきを低減させる工夫  -装置を利用した官能評価 6.機器分析の種類と特徴  -成分に分離する分析(GC,GCMS)装置  -1個のセンサを利用したにおいセンサ  -におい識別装置 7.おいしさ、風味の定量、快・不快度 8.臭気・悪臭の定量 9.複合臭に対する最近のアプローチ  自動オミッション法
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/12/19 10:30
    【習得できる知識】 ・ 試験所が有すべき能力について(ISO/IEC 17025の要求事項の概説を含む) ・ 微生物試験に関連する国際規格やガイドライン(コーデックス規格、ISO等)について ・ 微生物試験結果の品質保証(QA)と内部質管理(QC) ・ 微生物試験における「トレーサビリティ」「バリデーション」「不確かさ評価」について ☆前回も好評のセミナーです! ・微生物試験の「トレーサビリティ」「バリデーション」「不確かさ評価」とは?
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/12/18 10:30
    【趣旨】  近年、ラボのデータ・インテグリティに焦点が当てられて来たが、データ・インテグリティを確保しつつ作業効率の向上が求められ、その推進のため様々なデバイス、ネットワークなどのIoT関連設備やその管理について関心が集まっている。  本講では、そうした機器の要件や管理の方法論を検討し、コンピュータ化システムがデータ・インテグリティの最新の要件を満たしつつ、効率的、効果的に運用するための方策を、具体的なデバイス等の知見を交え、CSVとの関連を含めて確認する。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/12/21 10:30
    【習得できる知識】 ・ バリデーション全体の進め方:VMP/URS/FAT/SAT/DQ/IQ/OQ/PQ/PV ・ 製造/包装のバリデーションの実施方法 ・ 空調関係のバリデーションの実施方法 ・ キャリブレーション概要/実施方法 ・ 洗浄バリデーション概要/留意点  この講座で効率の良い、具体的なバリデーション作業方法を取得し、品質を重視したクオリティカルチャーを高めて頂きたい。  バリデーションで求められる資料・データの作成や留意点について演者の実務経験に基づいて具体的に解説します。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/01/19 10:00
    長期療養生活6年ADL全介助の症例に、局所的ではなく全身の筋緊張を一度に落とすポジショニングを行ったところ、拘縮が変化して端座位や自立、20日後にお楽しみのゼリー食を用いた摂食嚥下訓練の介入に至った。この内容で第9回摂食嚥下リハビリテーション学会へ口述発表。摂食嚥下リハビリテーションの新たな視点と介入手段として、身体質量と重力を拮抗させた環境で行うポジショニングアプローチを行い、局所的ではなく全身的な筋緊張制御や過緊張の緩和が摂食嚥下機能に及ぼす影響を提案し、その技術論を学んで体感していきます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会