今後開催予定のセミナー147 件中 65 - 80 件を表示

  • location_on栃木県query_builder2019/04/21 10:00
    頭蓋骨(特に縫合)を触ることによって身体がどう変化していくのか、その繋がりをご紹介いたします。 主訴の痛みが激しい場合、直接その部位を触ることができない場合、この頭蓋骨の調整法をお使いいただくことによって、部位に直接触らなくても痛みが軽減されます。 【講義内容】 ・解剖学的な基礎知識 ・CFT頭蓋筋膜療法とは? ・前頭骨、蝶形骨、頭頂骨、後頭骨、側頭骨、頬骨、上顎骨、下顎骨の縫合や交点の触診練習 ・頭蓋骨(特に縫合)を触り身体に変化を起こす(実技) ・質疑応答
    一般社団法人日本治療アカデミー協会
  • location_on東京都query_builder2019/02/24 10:00
    医療従事者にとって苦手意識のある症状の中で常に名前が挙がるのが四十肩(肩関節周囲炎)治療があります。 患部だけでは限界があるが、遠隔的にどこをアプローチすれば良いのか。 検査から施術まで、最短ルートで最良の結果を出すためのアプローチ法をお伝えします。 【講義内容】 ・四十肩(肩関節周囲炎)のメカニズム ・肩関節、肩甲帯の機能解剖 ・肩周囲の筋触診 ・筋膜、リモートポイント調整法 ・関節調整 ・頭蓋神経血管反射ポイント ・養生法
    一般社団法人日本治療アカデミー協会
  • location_on東京都query_builder2019/02/21 12:30
    1部:薬剤選択基準とその運用 1.フォーミュラリーとは 2.取り組み事例 3.薬剤の選択権 4.薬剤選択基準 選定評価/有用性に関する臨床的エビデンス/安全性とモニタリング項目/経済性 /臨床上の必要性 5.フォーミュラリーの今後 2部:フォーミュラリー時代に向けた医薬品マーケティング 1.地域医療政策と病院の経営戦略の動向 2.院内および地域フォーミュラリーの動向 3.医療費削減効果 4.医薬品マーケティングに与える影響 製薬業界 医薬品マーケティング エリアマーケティング
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/03/08 10:30
    1.医療機器の開発のために必要なこと 開発する上での法的規制 医薬品医療機器等法の目的 法令が関係する範囲 医療機器の開発とQMS 2.医療機器の製品化のために必要なこと クラス分類 薬事申請区分(後発、改良、新医療機器) 非臨床試験 治験の要否の考え方 3.薬事申請書類の作成のために 薬事申請等の流れ・考え方 製造販売届出か、申請か リスク分析とは 4.製造販売承認/認証申請書等の作成とその対応 5.信頼性調査(適合性書面調査)への対応 6.QMS適合性調査とその狙い 7.対応 8.その他
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/19 12:30
    1.医薬品分野の特許基礎知識 特許取得までのフロー 特許を受けることができる発明 特許権の効力 存続期間延長登録制度 2.物質特許 3.結晶・塩・水和物特許 4.製剤特許 5.用途特許 6.戦略的活用 先発メーカーの立場から ・参入障壁の構築・強化・延長・実例 後発メーカーの立場から ・特許を取得すべき対象・クロスライセンス 7.海外の特許・動向 米国 特許存続期間延長・特許期間調整・LCMに関わる最近の裁判例 欧州 補充的保護証明書・LCMに関わる最近の裁判例 その他(アジアなど)
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/18 13:00
    1.はじめに 外用剤の分類・皮膚の構造と薬物透過ルート・吸収促進剤 2.外用製剤の評価 in vitro評価法・in vivo評価法・PK試験・薬理試験・microdialysis試験 3.生物学的同等性試験法 日本における外用製剤に関するガイドライン 全身性経皮吸収製剤 局所皮膚適用製剤 局所皮膚適用製剤の特徴とバイオアベイラビリティ 生物学的同等性試験法 暴露量試験 剤形追加 処方の一部変更(処方一変) アメリカにおける生物学的同等性の考え方 4.まとめ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/22 12:30
    習得できる知識 ・FDA査察の現場で何が起こるのか ・FDA査察前に必要な準備:文書整備、質疑応答方法、現場ツアーのポイント ・必要最低限の文書の英訳ポイント ・査察のプロセスには直接関係ないけれども大事なポイント ・査察における通訳の使い方・育て方 プログラム 1. 査察前準備 2. オープニングミーティング 3. 工程ツアー:部材の受け入れから最終製品の出荷まで 4. 文書レビュー及びインタビュー 5. クローズアウトミーティング 6. 通訳者が感じたコンサルタントの見解 7. 最近の動向
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/27 12:30
    1.COSMOS認証について 基準の概要 原料規則 製品化ルール 2.認証の取得方法 ライセンスの種類 取得方法 製品の登録方法 維持   3.原料選定と処方作成について オーガニックに関わる原料について  芳香水・植物油脂・グリセリン・精油、エキス類 合成原料に代わる植物原料 製品における処方作成  シャンプー・トリートメント・化粧水・乳液、クリーム・美容オイル 4.品質安定性を保つ技術 保存期限を延ばす工夫  原料・製造方法・処方 防腐剤について  防腐システム・防腐剤の選択・注意点
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/25 10:30
    1. 医薬品医療機器等法の基礎概要 2.医薬品医療機器等法の業許可制度 3.医薬品医療機器等法の規制対象品目及びその手続き 4.医薬品医療機器等法における成分規制 5.化粧品、医薬部外品の表示・広告規制の概要 参考.輸入製品の検討事項とその流れ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/22 12:30
    【第1部】 認知症治療薬開発におけるR&R(Recruitment & Retention) 1.被験者募集と脱落防止に対する取り組み 2.臨床試験における患者中心主義の取組み 3.患者中心主義の海外事例 ~患者経験の収集/活用事例・臨床試験での留意点 4.今後の課題と展望 など 【第2部】 認知症薬の現状と今後必要とされる薬剤の開発 1.アルツハイマー病の発症機構 2.アルツハイマー病治療薬(予防薬)の盛衰 3.前臨床試験のために開発された動物モデル 4.予防薬開発におけるパラダイムシフト:症状からバイオマーカーへ 5.タンパク質の定常量は合成系と分解系のバランスで規定される 6.経口投与可の低分子アルツハイマー病予防薬のスクリーニングへ向けて 7.次世代型モデル動物を用いた前臨床試験
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/26 13:00
    1.医薬品、医療機器開発の流れ 2.治験の流れ 2-1治験の定義、実施体制 2-2治験の進め方、フロー 3.GCP関連規制 3-1薬事法による規制 3-2関連規制(ICH-GCPの最新情報も含む) 4.GCP 省令の解説 4-1治験開始前の資料作成のポイント 4-2実施医療機関選定について 4-3治験実施中の要点 4-4治験終了時の要点 5.審査側から見たポイント 5-1PMDAへの相談 5-2PMDAから見たポイント
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/25 10:30
     1.最近規制・ガイドラインの動向   ・EU-GMP/ PIC/S-GMP 専用化要件 / 交叉汚染防止   ・PIC/S Aide Memoire(共用設備における交叉汚染防止備忘録)   ・Risk-MaPP Ver.2ガイドラインの改定内容概要  2.高活性物質を扱うマルチパーパス設備のあり方   ・明確となった専用化要件とマルチパーパス設備   ・封じ込め設備に必要とされる要件   ・封じ込め設備導入時のポイント   3.封じ込めの基本的な事項    ・各種用語の定義    ・曝露の
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2019/02/22 10:30
     1.細胞培養の基礎知識   1.1 細胞を培養する環境・無菌操作    ・細胞培養に適した環境    ・細胞培養に必要な機器、管理    ・無菌操作・火炎滅菌    ・作業しやすいレイアウト   1.2 培養細胞とは   1.3 培地、血清の選択    ・培地の選択    ・抗生物質    ・増殖因子    ・血清    ・血清のロットチェック    ・培地の最適化のフロー   1.4 細胞培養における各操作上の注意点    ・細胞を観察する    ・細胞を継代する    ・細胞を凍結する    ・細胞を融解する    ・細胞増殖曲線の作成法   1.5 細胞の増殖が変化する要因  2.細胞の品質管理   2.1 細胞の保存    ・凍結・融解時の注意点    ・長期保存による細胞生存率の変化    ・長期保存する場合の注意   2.2 微生物汚染    ・汚染の確認    ・汚染の原因、予防   2.3 マイコプラズマ汚染    ・マイコプラズマについて    ・マイコプラズマ検査(DNA染色法)    ・マイコプラズマ検査(PCR法)    ・マイコプラズマ検査(マイコアラート法)   2.4 細胞の種の同定    ・動物種検査     動物種検査(PCR法)     DNAバーコーディング法    ・マウス系統検査(SSLP法)    ・ヒト由来(個人同定法)検査(STR-PCR法)   2.5 細胞同定検査の事例    ・マウス細胞 事例1(系統が異なる)    ・マウス細胞 事例2(同じ細胞名でも性質が異なる)    ・ヒト細胞 事例1(同一人由来細胞でも性質が異なる)    ・ヒト細胞 事例2(同じ細胞名でも性質が異なる)   2.6 クロスコンタミネーションをおこさないためには    ・クロスコンタミネーションの原因    ・クロスコンタミネーションの予防  3.品質管理された細胞の入手   3.1 細胞バンクとは    ・細胞バンクの概要    ・細胞バンクで行われている培養検査・品質管理法   3.2 細胞を入手したら    ・細胞の入手・履歴    ・細胞培養の記録   3.3 論文発表をするときには    ・細胞の入手先の記載    ・細胞バンクからの検査書
    株式会社R&D支援センター
  • location_on大阪府query_builder2019/02/26 13:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) ※オンラインライブ中継による大阪・東京同時開催  ライブ会場:SSK セミナールーム  東京都港区西新橋2-6-2ザイマックス西新橋ビル4F ※本セミナーの録音、転送、撮影等はお断りしております。 また、法律事務所ご所属の方は、お申込みご遠慮願います。 Ⅰ.ハードクレーマー(モンスターペイシェント等)対策(基礎編) Ⅱ.事例に学ぶ患者クレーム対応術(実践編) Q&A:【このようなケースはどうしたらいい?】
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/02/18 14:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込) 1.現状から自院の病床機能をどう考えるか 2.患者獲得に向けたPFM(ペイシェントフローマネジメント)の整備 3.医療スタッフの安定確保に向けて 4.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on大阪府query_builder2019/03/07 10:30
     1.SOP/指図書作成の前に考えて頂きたいこと   1.1 テーマ名の「分かりやすい」の意図は…   1.2 品質保証の原点は「教育訓練」SOP/指図書をみれば企業のレベルがわかる   1.3 今、日本で何が起きている?   1.4 今、現場で足りないのは何か理解している?   1.5 今、査察官が確認するのは   1.6 ルール厳守だけの教育では   1.7 改正GMP省令のポイント   1.8 誰がリスク抽出と改善提案をする?   1.9 職員全員にリスクマネジメントスキルが必要   1.10 現場に転がっている「普段と違う」への対処法を構築   1.11 CAPAの実践には認識能力がいる  2.SOPはOJT教育のツール   2.1 教え方の4ステップ   2.2 どんなSOPが必要?   2.3 GMP省令の求める手順書とSOPの関係   2.4 SOPの第一版は70点の出来と考える  3.SOP・指図書の不備はトラブルの元   3.1 SOP、指図書はあったけれど…   3.2 不適切な指図では必要な記録は得られない   3.3 ダメなSOP例   3.4 保管関連、秤量作業、液調製作業、手洗浄作業、目視検査、自動検査機SOPの留意点   3.5 検体採取など試験検査関連SOPの留意点   3.6 忘れやすい外部業者用SOP  4.SOP作成時の留意点   4.1 指図書はSOPを簡略化したもの、簡略化によるリスク   4.2 SOPへの記載項目と留意点   4.3 SOPの作成手順   4.4 目標は「LINE」の文書  5.製造指図記録書原本の作成   5.1 逸脱検知に有効な記録が残る指図書   5.2 指図書作成の基本   5.3 指図記録書の一般的な様式   5.4 重要工程は詳述  6.記録の作成   6.1 記録書に期待すること   6.2 証拠書類となる「記録」の要件   6.3 ALCOA+plusの原則   6.4 証拠書類があるから…   6.5 製品品質照査ができる記録   6.6 記録書の留意点   6.7 使用日誌(ログブック)
    株式会社R&D支援センター