今後開催予定のセミナー140 件中 49 - 64 件を表示

  • location_on東京都query_builder2017/03/27 13:00
    趣旨 近年、新薬開発のバリヤーが益々高くなる中、アンメットメディカルニーズに応える医薬品の開発に注目が集まっている。今回のセミナーの中では、アンメットメディカルニーズの捉え方から始まり、有効な薬剤が存在しない中でのどのようにマーケットを予測し、事業性を評価したら良いかを、具体的な成功事例を分析することにより、参加者の皆さんのアンメットメディカルニーズに対する目利き力の向上を目指します。 プログラム  1.今、なぜアンメットメディカルニーズが注目されているか  2.オーファン医薬品開発の成功事例  3.アンメットメディカルニーズの市場性分析  4.どのようにしてアンメットメディカルニーズの潜在市場を評価するか  5.アンメットメディカルニーズを評価する際に陥りやすい罠  6.アンメットメディカルニーズに対するドラッグ・リポジショニングによる候補薬探索  7.アンメットメディカルニーズへの取組みと企業の社会責任向上  8.アンメットメディカルニーズに取り組む人材の育成  9.奥行きの深いアンメットメディカルニーズ開発  10.薬価を考慮した開発戦略  11.アンメットメディカルニーズのライセンス契約での留意点  12.実際にアンメットメディカルニーズの医薬品を開発して思ったこと
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/03/24 12:30
     1.再生医療概観    1-1 再生医療とは    1-2 再生医療等安全性確保法と医薬品医療機器等法    1-3 カルタヘナ法    1-4 開発支援者としてのPMDA  2.再生医療等製品の品質    2-1 再生医療等製品の品質における課題    2-2 生物由来原料基準    2-4 工程由来不純物    2-5 無菌試験  3.再生医療等製品の非臨床安全性試験    3-1 再生医療等製品の安全性問題    3-2 毒性評価の考え方    3-2 非臨床安全性試験のデザイン  4.再生医療等製品の臨床試験    4-1 治験開始にあたって    4-2 再生医療等製品の特殊性  5.承認審査    5-1 承認審査のプロセス    5-2 条件及び期限付承認制度  6.実用化に向けて    6-1 薬事戦略相談の拡充    6-2 先駆け審査制度 ※講演項目については変更することがあります。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2017/03/22 10:30
     1.GMP基準書や手順書の英文化に適切な英語のテキストについて   1.1 日本人が間違える傾向がある単語とその例文について   1.2 使い方が間違えやすいShall, should, will, wouldについて   1.3 日本で常識、海外では使わない英語(単語とその例文)について   1.4 経験上英文作成時に推奨する海外のガイドライン   1.5 経験上英文作成時に使用しないことを推奨するガイドライン   1.6 初めての英文メール事例  2.査察対応(査察をスムーズにクリアーする
    株式会社R&D支援センター
  • location_on宮城県query_builder2017/09/03 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治ら
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on福岡県query_builder2017/03/05 09:50
    ~なぜ、筋骨格系のアプローチを完璧に行っても治癒に至らない腰痛が存在するのか?~ あなたは、普段のこのように感じたことはありませんか? ・「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」 ・「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」 ・「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」 ・「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」 ・「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」 ・「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」 ・「同じアプローチをしているのに、なぜ治療結果に差がでるのだろう?」 ・「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  などなど どれか一つでも当てはまる方の為に、   ILPTセミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する【気づき】を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」を【自ら選択】できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介します。その技法は、「子育て」「夫婦関係」など身近で大切な人との関係をより良くするためにも幅広く活用できるものです。   テーマ:「 腰痛の治療対象を【疾病】ではなく【ひと】とする 」 <講義・実技内容> 1.腰痛総論  1)保存的治療の最新の動向    ①治療者としての心構え    ②腰痛治療ガイドライン  2)自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断 2.腰痛の保存的治療システムの紹介 3.実技:複合的腰痛アプローチ法(ILPT)の腰痛治療への有効性 4.受講生を対象とした治療デモンストレーション
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2017/04/23 10:00
    機能解剖学のことで、このよう経験はありませんか? どれか一つでも当てはまる方は受講をお勧めします! ●教科書的なことを勉強しても、どのように臨床に生かしたらよいかわからない ●臨床に必要と思って機能解剖の本を読んでも、途中までしか進んでいない ●腰椎にある複数の靭帯の、動きの中で役割がわからない ●腰椎の形が複雑で、実際の評価や治療場面で骨をイメージできない ●国家試験前には勉強したが、忙しい臨床の中で機能解剖を意識できてない ●徒手的に治療しようとすると、骨の動きをうまく誘導できない
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on愛知県query_builder2017/05/14 10:30
    下肢運動器疾患の苦手を克服!知っておきたい重要なポイント! 運動器疾患を治療するにあたり、姿勢・動作の評価は皆さん苦手な分野かもしれません。 しかし、運動器疾患の特性を理解し、その動作を予測・評価することができれば治療アプローチは自ずと導き出されます。 今回のテーマは【下肢運動器疾患の治療アプローチ】 疾患の特色を解剖学的・運動学的にご説明頂きますので、明日からの現場で起こり得る患者様の現象をより把握しやすくなります。 【セミナー概要】 運動器疾患(骨折、人工関節等)における急性期、回復期段階での治療において 各時期での疾患特性や治療する際の視点を運動学的に推論し、 またEBMを付加する事でより良い治療を展開できるよう講義を行っていく予定です。 主に経験の浅い方向けの内容にすることでより理解しやすくしていきたいと思います。 【プログラム】 AM 股関節について(解剖学、運動学) 大腿骨頸部骨折について 股関節疾患の運動療法 PM 膝関節について(解剖学、運動学) 変形性膝関節症について 膝関節疾患に対する運動療法 【持ち物】 ・筆記用具 ・動きやすい服装 ・昼食 ・ヨガマット(実技時に2人に1枚必要) <お知らせ> 専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円) ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください。
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on東京都query_builder2017/04/30 10:00
    テーマ「選択がもたらす生活とリハビリテーション」 2016年10月末日、IAIR第二回学術大会「リハビリテーションにおける統合医療の実践」が開催されました。 2017年第三回は大阪開催ということもあり、関東の皆さんの熱意を大阪につなげようと思い立ち、春の陣開催を決定しました。 もちろん「楽しくなければ学びじゃない」を引き継いでの楽しい学会として、ワークショップ、施術体験、 コンサートセミナー、プレゼン大会などなど、学ぶ楽しさを実感していただければと思います。 是非、お誘い合わせのうえ、ご参加ください。 【選択がもたらす生活とリハビリテーションとは?】 現在の医療は、エビデンス=臨床試験の結果として、治療効果0%
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2017/04/29 13:30
    テーマ「選択がもたらす生活とリハビリテーション」 2016年10月末日、IAIR第二回学術大会「リハビリテーションにおける統合医療の実践」が開催されました。 2017年第三回は大阪開催ということもあり、関東の皆さんの熱意を大阪につなげようと思い立ち、春の陣開催を決定しました。 もちろん「楽しくなければ学びじゃない」を引き継いでの楽しい学会として、ワークショップ、施術体験、 コンサートセミナー、プレゼン大会などなど、学ぶ楽しさを実感していただければと思います。 是非、お誘い合わせのうえ、ご参加く
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on神奈川県query_builder2017/05/14 10:30
    複雑な手関節・手指の解剖学と運動学を理解して治療できていますか? 手関節・手指は動作を完成させるための最終的な効果器になります! 人間が人間らしく生活するために、必要不可欠な機能であり、様々な効果を発揮する器官である『手』。 その手に何か異常が生じ、うまく使えなくなった時、そんな症例を目の前にして、あなたは何をしてあげられますか?   手関節・手指には人間が進化する上で培ってきた特殊な機能が存在しています。 その機能を解剖学・運動学的に理解し、適切な介入・治療手技を行わなければなりません。   今回は、急性期病院と地域の整形外科クリニックで作業療法士として経験を積んだ石原先生をお招きし、基礎の部分から実技を交えてご講義して頂きます。 【内容】 手関節・手指の機能解剖と触診について 手関節・手指の障害について 手関節・手指への治療手技の紹介 【持ち物】 ・筆記用具 ・動きやすい服装 ・昼食 ※本セミナーは実技を含みますが、ヨガマットは必要ございません。
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on大阪府query_builder2017/03/19 10:00
    ■開催概要 効果的な介護予防・自立支援の取り組みが学べる! デイ等で行っているプログラムを在宅での「活動」「参加」を改善する実践的プログラムに変え、デイでのアウトカム評価の確立や地域の予防事業の一環として介護予防の普及啓発の一助にするための実技形式で学ぶ実践的な研修会です。さらに、在宅生活を意識したバランスの取れたプログラムが構築できるようになるので負荷なく、在宅での自主トレ導入から定着するまでのプロセスがよく分かります!高齢者のADL・IADL・QOLを高めたい皆さま、ぜひご参加ください。 ■参加するメリット ・明日からすぐに使えるプログラムがぎっしり ・空いた時間に短時間で出来るプログラムもバッチリ ・実技中心だからすぐに役立つ ・現場で実際に使っている人気のプログラムだから「利用者増」にもつながる ・興味があるテーマをプログラムから自由に選べる ■プログラム <Aコース> 取り入れよう!ご利用者に大人気の転倒予防体操10種 <Bコース> 楽しく続けられる!人気の集団トレーニング10種 <Cコース> 「またしたい!」リクエスト爆裂!運動器機能向上&身体機能向上レク10種 <Dコース> 簡単で効果的なADL維持・改善の模擬的訓練の工夫10種 <Eコース> 現状のプログラムの効果を高める!生活機能&認知機能強化体操10種 <Fコース> 活動量アップ!自宅で簡単にできる人気の家リハ10種 <Gコース> 「自立」と「やる気」を高める!心身機能向上&認知機能向上レク10種 <Hコース> ご利用者の可能性を伸ばすIADL維持・改善の模擬的訓練の工夫10種 <Q&A> 「ご利用者の目標に合ったプログラムを提供できるように種類や内容を増やすための工夫」 ■詳細・申し込み方法について 下記URLより公式ホームページにてご確認ください http://www.tsuusho.com/rec-reha/
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2017/04/09 10:00
    キーワードは「ADL」と「根拠」。療法士にとって共通する機能解剖学的な知識とADLの各動作特有の知識を身につけることで根拠に基づくADLアプローチを展開していくことが可能です。  そして、今回は「入浴」に着目した研修会を行います。明日から臨床で役立つ基礎知識から即時効果が高い治療技術まで学ぶことができます。  もっとADLの介入に自信をつけたい方、もう一度根拠をもったアプローチを確認したい方など様々なニーズを満たすことができる機会となっておりますので、ぜひご参加ください。
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on大阪府query_builder2017/02/23 19:30
    運動器疾患の患者さんを担当した際に胸部や腰部の過剰固定がみられ、可動性の低下した症例を経験する。また、歩行の制御のうち肩甲帯、体幹は約40%を制御するとの報告がみられるなど動作に対する影響も大きい。  今回の講義では肩甲帯、胸椎、肋骨の解剖、運動学について慨説し、上部体幹の安定性や可動性向上を目的としたアプローチについて実技を交えて紹介する。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/02/28 19:30
    坐位保持にはどのような関節運動や筋活動が行われているのか。 基本的な姿勢から脳血管障害特有の姿勢まで坐位を徹底的に紐解いていきます。実技を交えながら行いたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/02/21 19:30
    寝返り・起き上がりにはどのような関節運動や筋活動が行われているのか。 基本的な方法から脳血管障害特有の方法まで寝返り・起き上がりを徹底的に紐解いていきます。実技を交えながら行いたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on兵庫県query_builder2017/02/23 19:00
    様々な症状を呈する肩関節ですが、治療を進めていくうえで押さえておくべきポイントがあります。 まずは、肩をどのように診て、どのように触るのか。 肩関節の基本的な解剖・運動学からお伝えしていければと思います。
    EPoch ナイトセミナー