今後開催予定のセミナー177 件中 49 - 64 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2017/06/08 19:30
    概要: TKA術後の理学療法を症例ごとに行うことができていますか? 術後痛いのは当たり前?術後腫れるのは当たり前?理学療法士が出来ることは何? 急性期理学療法で必要な病態から考える障害評価と治療介入、それに必要なリスク管理を一緒に考えてみませんか。 実際の症例も提示し、明日から使える知識にできればと思います。 ○プログラム 1.当院におけるTKA術後リハビリテーション紹介(クリニカルパス) 2.病態(疾患、手術)の理解 3.術後急性期の主要問題点(術後疼痛、腫張) 4.TKA術後ROM練習の考え方 5.症例検討 6.まとめ
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/08/27 10:00
    個別機能訓練、短期集中リハ、生活行為向上リハに応用でき、現場実践ですぐに使える術を身につける! (1)機能訓練の質を上げるプログラムの実践 (2)生活機能の総合的な向上の実践 (3)効果のある認知症リハに認知訓練 (4)新しいプログラムのヒント 【分科会の内容】選べる12の分科会 「個別ケアで成果を出す!関節可動域訓練で効果を出す工夫」 「個別ケアで成果を出す!筋力増強訓練で効果を出す工夫」 「個別ケアで成果を出す!バランストレーニングで効果を出す工夫」 「効果的で明日から使える集団での転倒予防訓練」 「効果的で明日から使える集団でのADL訓練と小集団で行うIADL訓練」 「効果的で明日から使える集団での関節可動域訓練と筋力増強訓練」 「認知症リハビリ・認知トレーニングの実践」 「認知症の方とその家族のニーズに接近し支援計画を実現する」 「認知症の方の生活行為向上へ向けたチームアプローチ」 「口腔機能を改善するBOSSトレーニング」 「姿勢が変わると日常生活も変わる骨盤・肩甲骨トレーニング」 「脳トレと下肢運動を中心とした脳足トレーニング」
    日本通所ケア研究会
  • location_on神奈川県query_builder2017/07/09 10:00
    個別機能訓練、短期集中リハ、生活行為向上リハに応用でき、現場実践ですぐに使える術を身につける! (1)機能訓練の質を上げるプログラムの実践 (2)生活機能の総合的な向上の実践 (3)効果のある認知症リハに認知訓練 (4)新しいプログラムのヒント 【分科会の内容】選べる12の分科会 「個別ケアで成果を出す!関節可動域訓練で効果を出す工夫」 「個別ケアで成果を出す!筋力増強訓練で効果を出す工夫」 「個別ケアで成果を出す!バランストレーニングで効果を出す工夫」 「効果的で明日から使える集団での転倒予防訓練」 「効果的で明日から使える集団でのADL訓練と小集団で行うIADL訓練」 「効果的で明日から使える集団での関節可動域訓練と筋力増強訓練」 「認知症リハビリ・認知トレーニングの実践」 「認知症の方とその家族のニーズに接近し支援計画を実現する」 「認知症の方の生活行為向上へ向けたチームアプローチ」 「口腔機能を改善するBOSSトレーニング」 「姿勢が変わると日常生活も変わる骨盤・肩甲骨トレーニング」 「脳トレと下肢運動を中心とした脳足トレーニング」
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2017/07/02 10:00
    【開催のねらい】 診療報酬による要介護被保険者に対する長期の外来維持期リハは「平成30年3月末まで」とされ通所リハへの移行が進んでおり、今後入所・通所問わず医療分野でみていた患者を介護施設でみる機会は益々多くなります。老健は在宅復帰をするための生活期リハを提供する「病院」と「住まい」の中間リハ施設として位置づけられ、在宅復帰機能のない老健は、医療機関(地域包括ケア病棟、回復期リハ病棟)や在宅復帰を進める特養の競合も予想され、機能を果たせない老健は大幅なダメージを受ける事が容易に予想されます。通所リハは次回改定で「活動と参加のリハビリテーション」がより推進されることが予想され、医療機関や老健との連携強化による在宅復帰後の生活を軌道に乗せる生活リハの重要な役割が求められ、「循環型」サービスの起点となることが求められます。本セミナーではリハビリ施設(維持期リハ、通所リハ、老健)が次期同時改定に向けて取り組むべきシステムの運用準備についてお伝えします。 【セミナー内容】 10:00~12:00 「維持期リハ、通所リハ、老健それぞれが収益改善のために今やるべき具体策」 <内容> ・単価アップの具体策 ・リハビリテーションの質の強化による病院との連携推進 ・在宅復帰型→在宅支援強化型に力を入れたサービスへの転換 ほか 13:00~15:00 「短時間通所リハの効率的・効果的な運営と訪問リハ」 <内容> ・リハビリ室を共有した「みなし短時間通所リハ」のメリット ・通所の強みと訪問の強みを合わせると在宅生活の可能性が広がる ・通所リハと訪問リハの連携だからこそできる活動・参加への工夫 ほか <Q&A>15:15~16:00 「回復と自立に向けて」
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2017/06/25 10:00
    【開催のねらい】 診療報酬による要介護被保険者に対する長期の外来維持期リハは「平成30年3月末まで」とされ通所リハへの移行が進んでおり、今後入所・通所問わず医療分野でみていた患者を介護施設でみる機会は益々多くなります。老健は在宅復帰をするための生活期リハを提供する「病院」と「住まい」の中間リハ施設として位置づけられ、在宅復帰機能のない老健は、医療機関(地域包括ケア病棟、回復期リハ病棟)や在宅復帰を進める特養の競合も予想され、機能を果たせない老健は大幅なダメージを受ける事が容易に予想されます。通所リハは次回改定で「活動と参加のリハビリテーション」がより推進されることが予想され、医療機関や老健との連携強化による在宅復帰後の生活を軌道に乗せる生活リハの重要な役割が求められ、「循環型」サービスの起点となることが求められます。本セミナーではリハビリ施設(維持期リハ、通所リハ、老健)が次期同時改定に向けて取り組むべきシステムの運用準備についてお伝えします。 【セミナー内容】 10:00~12:00 「維持期リハ、通所リハ、老健それぞれが収益改善のために今やるべき具体策」 <内容> ・単価アップの具体策 ・リハビリテーションの質の強化による病院との連携推進 ・在宅復帰型→在宅支援強化型に力を入れたサービスへの転換 ほか 13:00~15:00 「短時間通所リハの効率的・効果的な運営と訪問リハ」 <内容> ・リハビリ室を共有した「みなし短時間通所リハ」のメリット ・通所の強みと訪問の強みを合わせると在宅生活の可能性が広がる ・通所リハと訪問リハの連携だからこそできる活動・参加への工夫 ほか <Q&A>15:15~16:00 「回復と自立に向けて」
    日本通所ケア研究会
  • location_on神奈川県query_builder2017/09/09 10:00
    【開催のねらい】 昨年の未来投資会議では今後の介護保険制度は高齢者の「予防・健康管理」「自立支援」に軸足を置く新たなシステムを2020年までに本格稼動させる方針を固めている。これは制度自体をレスパイト中心からアウトカム中心に見直すという意味合いがあり、次回改定以降の介護保険制度は大きな転換を迎える事となる。レスパイト中心のデイなどは基本報酬ダウンを覚悟するか、加算算定が急務となる。また、通所リハでは、リハマネ加算2を算定できない通所リハはデイへの転換をせまられるかもしれない。本セミナーでは、そのスタートラインに過不足なく立ち、今後も生き残れるデイ・通所リハとなるために必要な準備すべきことをお伝えします。 【セミナー内容】 10:00~12:00 「2018年同時改定に向けて通所介護の先手必勝の準備」 講師:小室 貴之 氏(在宅療養支援楓の風グループ 代表) <内容> ・デイに求められる活動と参加の本質の理解 ・すべてのデイは「活動」と「参加」を実践、個別機能訓練加算2を算定せよ ・5ー7、7ー9の1日滞在型デイは「認知症ケア加算」「中重度者ケア体制加算」が必須 ・加算算定を念頭に置いた質を落とさず効果的な人員配置 ほか 13:30~15:30 「2018年の同時改定に向けて通所リハの先手必勝の準備」 講師:村井 千賀 氏(石川県立高松病院 主幹/作業療法士) <内容> ・これからのリハビリ施設におけるリハビリテーションの展開 ・社会参加支援、地域移行など利用卒業・回転率のアウトカム指標 ・通所という機能!通所リハは「娯楽施設」ではない ・通所リハに求められる外来リハの代替としての機能 ・医療機関から求められるリハビリ施設になるために ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2017/07/28 10:00
    【開催のねらい】 昨年の未来投資会議では今後の介護保険制度は高齢者の「予防・健康管理」「自立支援」に軸足を置く新たなシステムを2020年までに本格稼動させる方針を固めている。これは制度自体をレスパイト中心からアウトカム中心に見直すという意味合いがあり、次回改定以降の介護保険制度は大きな転換を迎える事となる。レスパイト中心のデイなどは基本報酬ダウンを覚悟するか、加算算定が急務となる。また、通所リハでは、リハマネ加算2を算定できない通所リハはデイへの転換をせまられるかもしれない。本セミナーでは、そのスタートラインに過不足なく立ち、今後も生き残れるデイ・通所リハとなるために必要な準備すべきことをお伝えします。 【セミナー内容】 10:00~12:00 「2018年同時改定に向けて通所介護の先手必勝の準備」 講師:小室 貴之 氏(在宅療養支援楓の風グループ 代表) <内容> ・デイに求められる活動と参加の本質の理解 ・すべてのデイは「活動」と「参加」を実践、個別機能訓練加算2を算定せよ ・5ー7、7ー9の1日滞在型デイは「認知症ケア加算」「中重度者ケア体制加算」が必須 ・加算算定を念頭に置いた質を落とさず効果的な人員配置 ほか 13:30~15:30 「2018年の同時改定に向けて通所リハの先手必勝の準備」 講師:酒井 麻由美 氏(ヘルスケア経営研究所 副所長) <内容> ・これからのリハビリ施設におけるリハビリテーションの展開 ・社会参加支援、地域移行など利用卒業・回転率のアウトカム指標 ・通所という機能!通所リハは「娯楽施設」ではない ・通所リハに求められる外来リハの代替としての機能 ・医療機関から求められるリハビリ施設になるために ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2017/06/17 10:00
    10:00~12:00 「2018年同時改定に向けて通所介護の先手必勝の準備」 講師:小室 貴之 氏(在宅療養支援楓の風グループ 代表) <内容> ・デイに求められる活動と参加の本質の理解 ほか 13:30~15:30 「2018年の同時改定に向けて通所リハの先手必勝の準備」 講師:村井 千賀 氏(石川県立高松病院 主幹/作業療法士) <内容> ・これからのリハビリ施設におけるリハビリテーションの展開 ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on神奈川県query_builder2017/07/01 09:30
    【1か月目 体幹編】 <1日目> 〜 AM:触診 〜 ◯頸椎  ◯胸椎  ◯腰椎   ◯胸鎖関節  ◯PSIS  ◯腸骨稜 〜 PM:関節モビライゼーション 〜 ◯C2  ◯C7  ◯脊柱  ◯胸鎖関節 ※ 触診が上達するための6つのコツ、股関節・手指のコンディショニング ※ 評価の流れ、報告書の書き方 <2日目> 〜 AM:触診〜 ◯大腰筋  ◯最長筋  ◯腸肋筋  ◯多裂筋  ◯胸鎖乳突筋  ◯斜角筋、(僧帽筋) 〜 PM:筋膜リリース 〜 ◯大腰筋  ◯多裂筋  ◯胸鎖乳突筋  ◯斜角筋(僧帽筋) ◯体幹深層筋の活性化  ◯階層的触診の方法 ◯症例検討  【2か月目 上下肢編1】 <3日目> 〜 AM:触診 〜 ◯肩甲上腕関節  ◯腕橈関節  ◯手根骨  ◯股関節  ◯近位脛腓関節  ◯距腿関節 〜 PM:関節モビライゼーション 〜 ◯肩甲上腕関節  ◯腕橈関節  ◯手根骨  ◯股関節  ◯近位脛腓関節  ◯距腿関節 ◯症例検討 <4日目> 〜 AM:触診 〜 ◯小胸筋  ◯棘下筋  ◯肩甲下筋  ◯大殿筋  ◯ハムストリングス ◯前脛骨筋  ◯長短腓骨筋 〜 PM:筋膜リリース 〜 ◯小胸筋  ◯棘下筋  ◯肩甲下筋  ◯大殿筋  ◯ハムストリングス ◯前脛骨筋  ◯長短腓骨筋 ◯症例検討 【3か月目 上下肢編2】 <5日目> 〜 AM:触診 〜 ◯腕尺関節  ◯肩甲胸郭関節  ◯中手骨  ◯膝蓋大腿関節  ◯リスフラン関節 〜 PM:関節モビライゼーション〜 ◯腕尺関節  ◯肩甲胸郭関節  ◯中手骨  ◯膝蓋大腿関節  ◯リスフラン関節 ◯症例検討 ◯復習 <6日目> 〜 AM:触診 〜 ◯上腕筋  ◯上腕三頭筋  ◯浅・深指屈筋  ◯中殿筋  ◯大腿四頭筋  ◯膝窩筋  ◯膝蓋下脂肪体  ◯足底筋 〜 PM:筋膜リリース〜 ◯上腕筋  ◯上腕三頭筋  ◯浅・深指屈筋  ◯中殿筋  ◯大腿四頭筋  ◯膝窩筋  ◯膝蓋下脂肪体  ◯足底筋膜 ◯症例検討 ◯復習 *進行状況によりお伝えする内容は変更になる場合がございます。何卒ご理解ください。 詳細はホームページからご確認ください。 >>>http://lts-seminar.jp/syokushinbasic/
    療法士活性化委員会
  • location_on東京都query_builder2017/06/28 14:00
    29年4月2日に施行された地域医療連携推進法人。4月には4法人が地域医療連携推進法人として設立された。これを機に全国でも地域医療連携推進法人を活用した再編統合が予想される。また、30年改定に向けて各医療機関、介護施設が準備を始めており、先行的な事例を学ぶことが一番の改定対策になるかと思われる。 1.地域医療連携推進法人の先行事例   (1)大学病院を中心とした連携 藤田保健衛生大学病院  (2)二次医療圏内での連携 日本海総合病院 2.30年改定に向けた人材不足解消策  (1)高校生への社会保障教育事例 都立A高校  (2)元気高齢者の介護助手活用 三重県I老健  (3)外国人介護実習生の活用 ミャンマー・ヤンゴン 3.30年改定に向けた取組事例  (1)退院支援加算 佐賀県O病院  (2)認知症ケア加算 佐賀県O病院  (3)オムツ外し、経口摂取 徳島県H病院 4.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/07/28 13:00
    医療法人等で、1992年から開始された指定訪問看護サービスは、1999年から営利企業(株式会社)が参入できるようになった。2012年以降急速な営利法人の参入により、2016年時点では9000か所を上回っている。その中で、臨床的に質の良いサービス提供と同時にコンプライアンスを遵守しながら、売上をアップし、利益の確保をしていくために、経営者としてどのような価値観で看護師と向き合っていくべきか、また経営者はステーションを運営するにあたり何をおこなうべきか等を提示していく。 1.臨床的に質をどう確保させるか  (1)適切な訪問頻度と訪問目的  (2)看護師の特性  (3)オペレーションの整備 2.経営的に売り上げをアップし利益をいかにして確保するか  (1)ベンチマーク   ・客単価   ・件数単価   ・労働分配率   ・人事生産性  (2)正しい請求回収  (3)役割の明確化 3.質疑応答 ※事前の質問にQ&A形式で対応致しますので、経営上の悩みをお寄せください。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/06/25 09:30
    1歩行の基礎知識 ・歩行について ・高齢者の歩行の特徴 2歩行評価 ・歩行のパラメーターの評価 ・歩行の一般的な評価 ・歩行分析 3立位訓練 ・座位→立位[起立] ・立位での訓練 ・立位でのバランス訓練 4基本的歩行訓練 ・杖の合わせ方 ・歩行前基礎訓練 ・歩行介助 5歩行訓練の進め方 ・歩行訓練の進め方 基本的視点、演習 6応用歩行訓練 ・応用歩行とは ・応用歩行訓練の勧め方、演習 7歩行訓練の進め方~疾患別~ ・片麻痺の歩行訓練 ・パーキンソン症候群に対する立位、歩行訓練 ・その他
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2017/06/18 09:30
    プログラム 1.歩行の基礎知識 ・歩行について ・高齢者の歩行の特徴 2.歩行評価 ・歩行のパラメーターの評価 ・歩行の一般的な評価 ・歩行分析 3.立位訓練 ・座位→立位[起立] ・立位での訓練 ・立位でのバランス訓練 4.基本的歩行訓練 ・杖の合わせ方 ・歩行前基礎訓練 ・歩行介助 5.歩行訓練の進め方 ・歩行訓練の進め方 基本的視点、演習 6.応用歩行訓練 ・応用歩行とは ・応用歩行訓練の勧め方、演習 7.その他 ・片麻痺の歩行訓練 ・パーキンソン症候群に対する立位・歩行訓練 ・その他
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2017/11/05 10:00
    経絡ヨガインストラクター養成講座卒業生限定 こちらのセミナーは経絡ヨガインストラクター養成講座を 修了された方限定の申し込みページです。 それ以外の方は こちらのページ からお申し込みください。 リハビリの現場で使えるヨガ。それがリハヨガ 万能とも呼ばれるヨガの効果。医療や福祉の現場で使いたいけれど 制限があって使えない。そんな声にお応えしたのがリハヨガです。 今が狙い目!!今、日本は空前の健康ブーム TVをつけても、書店に行っても必ず目にする健康に関する情報。 日本は空前の健康ブームの中にいます。リハヨガはご家庭でも必ず役に立ちます。 エポックオリジナルのプログラムのリハヨガ 指導経験豊富な講師たちによって生み出されたエポック独自のプログラムで心と体のバランスを整えます。基礎代謝のアップやダイエットにも効果的です。 リハヨガは医療現場や福祉の現場など広くお使い頂けます。リハヨガはヨガインストラクターである阪崎義勝とエポックの瀧内孝志が考案した「リハビリの現場で使えるヨガ」。 当講座では身体のゆがみや悪い癖などを取り除き、健康的な身体作りを目指します。 認定証発行!!卒業後は講師として活動できます。 今後講師活動としてスキルアップを考えている先生方は、 当講座を修了されますと認定証を発行致します。認定証をお持ちの方に限り、 リハヨガ講座の講師として活動することもできこれからの活動の幅が大きく広がります。 講師同士の交流もあり、日々の知識や技術の共有が可能になります。 医療や福祉の現場でご利用頂けるプログラム 万能とも呼ばれるヨガの効果。「医療や福祉の現場でも役立てたいけれど、身体の状態を考えると使えない。」 そんなお声にお応えしたのが、リハヨガです。 無理な姿勢を取らなくても同じ効果を発揮することができる。 姿勢を変更しなくても色んなポーズを取ることができる。 今までにありそうでなかったヨガこそがリハヨガです。 ぜひ、エポックのリハヨガを学んでみませんか?
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on大阪府query_builder2017/11/04 10:00
    経絡ヨガインストラクター養成講座卒業生限定 こちらのセミナーは経絡ヨガインストラクター養成講座を 修了された方限定の申し込みページです。 それ以外の方は こちらのページ からお申し込みください。 リハビリの現場で使えるヨガ。それがリハヨガ 万能とも呼ばれるヨガの効果。医療や福祉の現場で使いたいけれど 制限があって使えない。そんな声にお応えしたのがリハヨガです。 今が狙い目!!今、日本は空前の健康ブーム TVをつけても、書店に行っても必ず目にする健康に関する情報。 日本は空前の健康ブームの中にいます。リハヨガはご家庭でも必ず役に立ちます。 エポックオリジナルのプログラムのリハヨガ 指導経験豊富な講師たちによって生み出されたエポック独自のプログラムで心と体のバランスを整えます。基礎代謝のアップやダイエットにも効果的です。 リハヨガは医療現場や福祉の現場など広くお使い頂けます。リハヨガはヨガインストラクターである阪崎義勝とエポックの瀧内孝志が考案した「リハビリの現場で使えるヨガ」。 当講座では身体のゆがみや悪い癖などを取り除き、健康的な身体作りを目指します。 認定証発行!!卒業後は講師として活動できます。 今後講師活動としてスキルアップを考えている先生方は、 当講座を修了されますと認定証を発行致します。認定証をお持ちの方に限り、 リハヨガ講座の講師として活動することもできこれからの活動の幅が大きく広がります。 講師同士の交流もあり、日々の知識や技術の共有が可能になります。 医療や福祉の現場でご利用頂けるプログラム 万能とも呼ばれるヨガの効果。「医療や福祉の現場でも役立てたいけれど、身体の状態を考えると使えない。」 そんなお声にお応えしたのが、リハヨガです。 無理な姿勢を取らなくても同じ効果を発揮することができる。 姿勢を変更しなくても色んなポーズを取ることができる。 今までにありそうでなかったヨガこそがリハヨガです。 ぜひ、エポックのリハヨガを学んでみませんか?
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on大阪府query_builder2017/11/04 10:00
    リハビリの現場で使えるヨガ。それがリハヨガ 万能とも呼ばれるヨガの効果。医療や福祉の現場で使いたいけれど 制限があって使えない。そんな声にお応えしたのがリハヨガです。 今が狙い目!!今、日本は空前の健康ブーム TVをつけても、書店に行っても必ず目にする健康に関する情報。 日本は空前の健康ブームの中にいます。リハヨガはご家庭でも必ず役に立ちます。 エポックオリジナルのプログラムのリハヨガ 指導経験豊富な講師たちによって生み出されたエポック独自のプログラムで心と体のバランスを整えます。基礎代謝のアップやダイエットにも効果的です。 リハヨガは医療現場や福祉の現場など広くお使い頂けます。リハヨガはヨガインストラクターである阪崎義勝とエポックの瀧内孝志が考案した「リハビリの現場で使えるヨガ」。 当講座では身体のゆがみや悪い癖などを取り除き、健康的な身体作りを目指します。 認定証発行!!卒業後は講師として活動できます。 今後講師活動としてスキルアップを考えている先生方は、 当講座を修了されますと認定証を発行致します。認定証をお持ちの方に限り、 リハヨガ講座の講師として活動することもできこれからの活動の幅が大きく広がります。 講師同士の交流もあり、日々の知識や技術の共有が可能になります。 医療や福祉の現場でご利用頂けるプログラム 万能とも呼ばれるヨガの効果。「医療や福祉の現場でも役立てたいけれど、身体の状態を考えると使えない。」 そんなお声にお応えしたのが、リハヨガです。 無理な姿勢を取らなくても同じ効果を発揮することができる。 姿勢を変更しなくても色んなポーズを取ることができる。 今までにありそうでなかったヨガこそがリハヨガです。 ぜひ、エポックのリハヨガを学んでみませんか?
    EPoch / 株式会社Rebel Flag