医療機関におけるRPA最前線

講師

スカイライトコンサルティング株式会社 プリンシパル
一般社団法人メディカルRPA協会 理事
木村 浩司(きむら こうじ) 氏

開催情報

query_builder : 2020/7/7 (Tue) 14:30 〜 17:00

location_on : SSKセミナールーム

navigation : 東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F

受講料

33,660 円 (税込)

セミナー詳細

※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込)

Ⅰ. 働き方改革実現に向けたRPAの活用

現状、日本の医療業界は、医師や看護師をはじめ様々な職種において、過重労働や人手不足といった深刻な課題を抱えています。良質な医療を患者へ提供するためにも、医療機関で働く人々が健康に働けるよう、労働環境を改善する必要があり、厚生労働省も環境改善に向けて働き方改革を検討しています。このような医療業界の労働環境における課題解決の具体的な施策のひとつとして、RPA(Robotic Process Automation)の活用が考えられます。先行する医療機関では、数年前よりRPAの活用に着手しており、その成功事例を参考にして、RPAの導入に踏み切る病院も続出しております。
本講演では、医療機関のRPA導入をご支援している立場から、医療機関におけるRPA導入の最新動向をご紹介いたします。

Ⅱ. 人工知能の入口、RPAで日本の医療を変えよう

「こんなロボットと一緒に仕事がしたい」-RPAは、人間が判断する一歩手前までを準備してくれるロボットです。やりたくない(継続して行うことが辛い)、気づきにくい、忘れやすい、間違えやすいことをロボットに任せてみよう。システムの標準機能に無い情報を集めてくるロボットや人間では毎日到底できそうもない業務をロボットに任せることで、今まで踏み込むことができなかった領域に業務の幅を広げることができます。スモールスタートでRPAを導入して、ロボットができたときの感動をみなさんで分かち合いましょう。