院内フォーミュラリーの導入・運用最前線

講師

昭和大学 統括薬剤部長・昭和大学病院 薬剤部長・薬学部教授 薬学博士
佐々木 忠徳(ささき ただのり) 氏

横浜市立大学附属病院 薬剤部 副薬剤部長
小池 博文(こいけ ひろふみ) 氏

東京女子医科大学病院 薬剤部長
木村 利美(きむら としみ) 氏

開催情報

query_builder : 2019/12/16 (Mon) 13:30 〜 18:30

location_on : TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター

navigation : 東京都中央区八重洲1-2-16

受講料

33,990 円

セミナー詳細

※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込)

Ⅰ. 医療費抑制策とフォーミュラリーが目指すべきもの
1.国民医療費
2.標準治療
3.医療の質・安全
4.有効性と安全性
5.経済性

Ⅱ. 院内フォーミュラリーの導入事例と今後の展開
1.院内フォーミュラリー導入背景と作成プロセス
2.院内フォーミュラリーの事例紹介と導入効果
3.地域フォーミュラリーの推進に向けて

Ⅲ. 院内フォーミュラリーの作成と実践
1.大学病院におけるフォーミュラリーの運用事例
  ・組織・運用フロー
  ・作成プロセスと実施
  ・経済効果
  ・課題
2.海外の運用 -米国・英国-
3.地域連携フォーミュラリーにおける大学病院の役割
4.抗がん剤その他、高額薬剤の検討

Ⅳ. フォーミュラリーをめぐる動向と今後の展開
1.院内フォーミュラリーと地域フォーミュラリー
2.フォーミュラリーの作成とその運用について
3.米国におけるフォーミュラリー
4.フォーミュラリーとジェネリック医薬品