消費税再増税を単なる2%のコストアップに繋げさせないため、 今からできるローコストオペレーション

講師

GUTS株式会社 代表取締役
清水 仁(しみず じん) 氏

開催情報

query_builder : 2019/9/5 (Thu) 13:00 〜 17:00

location_on : SSKセミナールーム

navigation : 東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F

受講料

32,400 円 (税込)

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。

セミナー詳細

※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,000円(税込)

先送りを重ねてきた消費税再増税(8%→10%)ですが、さすがに2019年10月1日の再増税は見送られることはないというのが衆目の一致するところであり、この消費税増税に合わせて診療報酬や薬価も改定されることが決定いたしました。(本体+0.41%、薬価▲0.51%、材料価格+0.03%)
2014年の消費税増税時(5%→8%)も診療報酬改定には消費税増税に伴う医療機関の負担増を考慮したうえでの改定がなされたというのが建前ですが、実態としては大型急性期病院を中心に設備投資や委託費等の「損税」がそのまま医療機関の経営悪化につながり、その痛みが現在も続いていると言えるでしょう。
そこで、本講では前回の増税時に巻き起こった損税への具体的対策手法、そして消費税転嫁対策特措法による「交渉のしにくさ」をどう解消すべきなのか、具体的事例を豊富にご紹介することで消費税再増税に負けないための適切なコスト管理(ローコストオペレーション)の手法をお話いたします。

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。