不確実性がある中での医薬品の売上予測実施ノウハウ

講師

北陸大学 教授 地域連携副センター長 武田 幸男 氏  【前 ファイザー(株)取締役】

<略歴>
 ・1975年ファイザー社(旧台糖ファイザー)入社
 ・ファイザー社では、約15年間マーケティング部門に所属し、多数の新製品発売に関与。
  多くの製品が発売成功となっているが、特に、高血圧治療薬ノルバスクは、
  年間売上高1千億円超を達成し、日本で最も処方される医薬品としての記録を樹立した。
 ・ファイザー株式会社において、上級マーケティング部長、取締役Vice President of Sales,
  取締役Vice President of HR & Corporate Affairs 等を歴任。MBA(慶應義塾大学)。
 ・北陸大学未来創造学部教授(現在は経済経営学部教授)に就任(2010年~)、
  北陸大学未来創造学部国際マネジメント学科長(2012年)、
  北陸大学地域連携センター長(2014年~2018.3、現在は副センター長)

開催情報

query_builder : 2019/7/25 (Thu) 12:30 〜 16:30

location_on : 江東区文化センター 3F 第2研修室

navigation : 東京都江東区東陽4-11-3

受講料

49,980 円 (税込)

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。

セミナー詳細

 1.はじめに
 2.売上予測の全体像
 3.薬価の予測
 4.処方箋量に及ぼす要因
 5.売上予測を考える上での5つのP
 6.売上予測をするための4つの手法
 7.売上予測の幅の設定
 8.売上予測の上限を達成するためのマーケティング施策の考え方
  (1)ブルーオーシャン戦略
  (2)差別化戦略
  (3)ランチェスター戦略
  (4)ゲーム理論:PARTS
 9.事例提示

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。