日本および海外における体外診断薬特許戦略

講師

SK特許業務法人 代表 奥野 彰彦 氏
《著書》
抗体医薬品の研究 開発ノウハウ集2008(共著)2008年
体外診断用医薬品の開発 と承認申請(共著) 2010年
バイオシミラーの開発・承認・販売 支援マニュアル(共著)2011年
バイオ・ゲノム関連医薬品の研究・開発・製造ノウハウ全集(共著)2011年
各種外科用製品・バイオマテリアルの開発と製造販売承認申請(共著)2011年
先端医療に関する医療ニーズ/製品開発戦略と臨床で使わなくなる(であろう)薬剤・製品 予測(共著)2012年
「次世代に向けた抗体医薬品開発の技術と展望」( 共著、監修:熊谷泉(東北大学 大学院工学研究科 教授) )2012年

開催情報

query_builder : 2019/6/24 (Mon) 13:00 〜 16:00

location_on : 江東区産業会館 第4展示室 【東京・江東区】

navigation : 東京都江東区東陽4-5-18

受講料

49,980 円 (税込)

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。

セミナー詳細

1 体外診断薬と疾患治療薬の違い
2 バイオマーカーそのものを権利化しても無意味?
3 体外診断薬の保護形式
4 日米欧中韓台+新興国における特許保護適格性
5 国によっては、用途発明で保護できるとは限らない
6 米国のBilski事件の判例解説
7 米国のMyriad事件の判例解説
8 米国のPrometheus事件の判例解説
9 米国のAlice事件の判例解説
10 米国特許商標庁の体外診断薬の特許適格性(101条)の事例集
11 コンパニオン診断薬や、医療機器の消耗品である場合 など

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。