体外診断薬における特許戦略と主要国特許要件

講師

めぶき国際特許業務法人 弁理士 三宅 俊男 氏

【専門】
バイオテクノロジー、分子生物学、医薬、診断薬、再生医療、食品
【経歴】
・1981年(昭和56年)東ソー株式会社入社
・2000年(平成12年)加藤内外特許事務所入所
・2008年(平成20年)国立大学法人東京大学産学連携本部知的財産部
・2011年(平成23年)特許業務法人津国
・2015年(平成27年)国立研究開発法人理化学研究所産業連携本部
・2016年(平成28年)三宅特許事務所
・弁理士登録 2000年(平成 12年)月(登録番号:11652)
・特定侵害訴訟代理業務の付記 2005年3月8日

開催情報

query_builder : 2019/3/19 (火) 13:00 〜 16:00

location_on : 商工情報センター(カメリアプラザ) 9F  会議室

navigation : 東京都江東区亀戸2-19-1

受講料

49,980 円

セミナー詳細

製薬産業は、バイオマーカーやコンパニオン診断薬の開発を通じて個別化医療による薬剤開発効率化を進めている。近年の先端医療分野における研究開発の進展に伴い、我が国の特許実務においても人間を診断する方法の発明を保護する方向で見直しが行われてきた。体外診断薬のように世界的な事業展開が必要な分野では、諸外国における特許要件の違いを理解することは重要である。
本セミナーは、これらについて具体例を挙げて解説し、米国における診断方法の発明についての特許適格性を満たすようなクレームの書き方についても言及する。