糖化・抗糖化の基礎と化粧品・食品開発への応用 皮膚AGEs蓄積量測定実習付き

講師

同志社大学 生命医科学部 糖化ストレス研究センター 教授 博士(農学)八木 雅之 氏

《略歴》
1983年 3月 京都工芸繊維大学繊維学部卒業
1985年 3月 京都工芸繊維大学大学院繊維学研究科修士課程修了
1989年 3月 京都府立大学大学院農学研究科博士課程修了
1990年 3月 (株)ワイエムシィ 入社
1992年 3月 (株)ワイエムシィ 退社
1992年 3月 (株)京都第一科学 入社(2000年よりアークレイ(株)に社名変更)
2011年 3月 アークレイ(株) 退社
2011年 4月 同志社大学生命医科学部糖化ストレス研究センター 講師
2012年 4月 同志社大学生命医科学部糖化ストレス研究センター 准教授
2015年 4月 同志社大学生命医科学部糖化ストレス研究センター 退職
2015年 4月 エイキット(株)生命医科学検査センター 入社
2016年 3月 エイキット(株)生命医科学検査センター 退社
2016年 4月 同志社大学生命医科学部糖化ストレス研究センター 教授

開催情報

query_builder : 2019/4/25 (Thu) 10:30 〜 16:30

location_on : 江東区産業会館 第6展示室

navigation : 東京都江東区東陽4-5-18

受講料

49,980 円 (税込)

セミナー詳細

 1. 糖化ストレスとAGEs
 2. 抗糖化の市場認知
 3. 糖化研究と抗糖化製品の歴史
 4. 糖化ストレスとAGEsの測定評価方法
 5. 皮膚中AGEs蓄積量の測定【実習】
 6. 糖化ストレスが関与する疾患と老化
 7. 糖化ストレス対策の方法と評価
 8. 糖化ストレス対策素材と課題
 9. 抗糖化製品の研究開発事例(5例程度)
 10. 今後期待される糖化ストレス対策のポイントと市場展開