認知症治療薬開発の現状と今後必要とされる薬剤の開発

講師

【第1部】(株)クロエ 3Hライフサイエンス研究所長 
      兼 信頼性保証グループ長 牧 大輔 氏

【第2部】理化学研究所脳神経科学研究センター
     神経老化制御研究チーム チームリーダー 西道 隆臣 氏

開催情報

query_builder : 2019/2/22 (Fri) 12:30 〜 16:00

location_on : 商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室

navigation : 東京都江東区亀戸2-19-1

受講料

49,980 円

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。

セミナー詳細

【第1部】 認知症治療薬開発におけるR&R(Recruitment & Retention)
1.被験者募集と脱落防止に対する取り組み
2.臨床試験における患者中心主義の取組み
3.患者中心主義の海外事例 ~患者経験の収集/活用事例・臨床試験での留意点
4.今後の課題と展望 など
【第2部】 認知症薬の現状と今後必要とされる薬剤の開発
1.アルツハイマー病の発症機構
2.アルツハイマー病治療薬(予防薬)の盛衰
3.前臨床試験のために開発された動物モデル
4.予防薬開発におけるパラダイムシフト:症状からバイオマーカーへ
5.タンパク質の定常量は合成系と分解系のバランスで規定される
6.経口投与可の低分子アルツハイマー病予防薬のスクリーニングへ向けて
7.次世代型モデル動物を用いた前臨床試験

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。