かゆみの診断・治療の現状をふまえた臨床現場が求める新薬像と治療薬開発【大阪開催】

講師

【第1部】 (株)カン研究所 研究員 石井 直人 氏

【第2部】 近畿大学 皮膚科 主任教授 川田 暁 氏

開催情報

query_builder : 2019/3/5 (Tue) 10:45 〜 15:40

location_on : 滋慶医療科学大学院大学 9F 視聴覚大講義室

navigation : 大阪府大阪市淀川区宮原1-2-8

受講料

49,980 円 (税込)

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。

セミナー詳細

【第1部】 難治性掻痒症治療薬の研究開発
 1.はじめに
 2.痒みの基礎
  2-1 かゆみとは?
  2-2 かゆみの神経生理学
  2-3 かゆみのメディエータ
  2-4 かゆみ治療の現状(国内及び海外)
 3.新しい痒み治療の可能性
  3-1 痒み治療のための新規アプローチ
  3-2 痒み治療薬の開発動向
 4.痒み治療薬の開発に際して
  4-1 痒みの動物評価モデル
  4-2 痒みモデルを用いた薬物評価事例


【第2部】 かゆみの基礎、治療の現状をふまえた臨床現場が求める新薬像     ~皮膚科医の医療ニーズとは?~
 1.痒みを伴う皮膚疾患とその病態
  A.蕁麻疹
   ・蕁麻疹の病態
   ・蕁麻疹のガイドライン
   ・蕁麻疹治療のトピックス
  B.アトピー性皮膚炎
   ・アトピー性皮膚炎の病態
   ・アトピー性皮膚炎のガイドライン
   ・アトピー性皮膚炎治療のトピックス
  C.湿疹・皮膚炎群
   ・湿疹・皮膚炎群の病態
   ・湿疹・皮膚炎群の治療
  D.皮膚そう痒症
   ・皮膚そう痒症の病態
   ・皮膚そう痒症の治療
 2.薬剤の選択における皮膚科医師の考え方
   ・抗ヒスタミン薬と抗アレルギー剤
   ・薬理作用の違い
   ・インバースアゴニズム
   ・副作用
   ・インペアードパフォーマンス
 3.皮膚科医師が求める薬剤とは
   ・薬理作用
   ・効果
   ・使用方法
   ・副作用
   ・外国との違い
   ・外用薬への期待
   ・保険審査での問題点

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。