炎症性腸疾患の診断・治療実態と医師・患者より期待される新薬像

講師

東海大学医学部付属八王子病院 消化器内科 講師 市川 仁志 氏

【専門】
炎症性腸疾患の臨床と臨床研究、消化管悪性腫瘍の内視鏡治療

【経歴】
1999年      慶應義塾大学医学部卒業
1999年~2003年 京都大学医学部附属病院とその関連病院 内科一般を研修
2004年~2007年 慶應義塾大学病院 消化器内科で消化器内科学を専攻
2008年~2011年 東京歯科大学市川総合病院・消化器内科 助教
2011年~現在   東海大学医学部付属八王子病院・消化器内科 講師

2007年 「当科においてシクロスポリン持続静注療法を施行した潰瘍性大腸炎症例の検討」で第20回内科学会奨励賞を受賞

開催情報

query_builder : 2019/1/24 (木) 13:00 〜 16:00

location_on : 商工情報センター(カメリアプラザ) 第2研修室

navigation : 東京都江東区亀戸2-19-1

受講料

49,980 円

セミナー詳細

 生物学的製剤の登場以降、IBDの治療成績は飛躍的に向上し、治療目標は症状の改善・消失から粘膜の傷の治癒へと一段高い目標へ変更されたが、生物学的製剤の投与初期から効果のみられない症例や徐々にその効果が減弱する症例が存在し、完全治癒には至っていない。
 本講座では、IBD診療に必要な基礎知識や新規治療法の開発状況含めたトピックスについて概説するとともに当院での診療の実際と患者アンケート調査結果を紹介する。

☆IBD診療に必要な基礎知識や、新規治療法の開発状況を含めたトピックスをわかりやすく解説!