【東京】PT限定:歩行時の膝の痛みに対する評価とアプローチ法

講師

IAIR認定講師 大塚久

開催情報

query_builder : 2018/12/8 (土) 10:00 〜 16:00

location_on : 砂町文化センター第3・4会議室 

navigation : 東京都江東区北砂5-1-7

受講料

8,640 円

セミナー詳細

担当の患者さん、利用者さんからこんなことを言われたことはありませんか?

・歩くときに膝が痛い、ガクガクする
・痛い方の足に体重がかけられなくてふらつく
・痛みに対してどうしたらわからないから教えてほしい

この講習会に参加すると、次のことが得られます。
・歩行時、荷重時の膝の痛みに対してアプローチできるようになる
・歩行分析中の膝関節の見るべきポイントがわかる。


<みんな歩行の悩みは抱えている>
PTのみなさんが日々の臨床で行なっている評価には、どのようなものがありますか?

ROMはMMT、動作分析など、日々様々な評価を行なっていると思いますが、その中でもほぼ毎日行なっているであろう、歩行分析。

日々行っている評価だからこそ、悩みもつきないと思います。経験年数の浅い新人療法士は経験値がないために、分析から治療に向けての引き出しがないことも悩みの1つに挙げられます。

これは今までの療法士が通った道と言えるでしょう。そう、職場の先輩も一緒です。
全く恥ずかしがることはありません。


<膝の症状は膝を見ていたらOK??>
結論から言うと、膝の症状・問題を改善するためには
膝だけを見ていてもよくなりません。

膝関節は中間関節であり、股関節と足関節に挟まれることで対応力が必要となります。
足関節と股関節をつなぐ安定性と柔軟性が必要です。

例えば、I.C.における下肢の骨運動をみてみると、

I.C.では距骨下関節回外、脛骨外旋することで荷重時の安定性を生み、L.R.以降には距骨下関節回内、脛骨内旋、大腿骨内旋することで膝関節の柔軟性が高まる。
(引用:結果の出せる整形外科理学療法−運動連鎖から全身をみる.p180)
立脚相ではこのような骨の運動が行われることで、安定性が生まれますが、この機構が破綻することが立脚相での膝の痛みの一因となります。

膝関節はこれが1歩行周期中に2回、膝関節は屈伸運動(ダブルニーアクション)を行われるため、
膝関節の自体の安定性と柔軟性の必要性に加えて、足関節と股関節が強く影響していることがわかります。

<どうすればいいのか?>
膝関節の治療には
膝+足関節・股関節の評価・アプローチが必要になります。

本講義に参加することで明日からできる評価・アプローチ法をお伝えします。
同じ悩みを抱える方と一緒に、悩みを解決しませんか?