新しい総合的認知症ケア研修会(東京)

講師

・石原 孝之氏(コミュニティホーム長者の森 取締役)
・浅野 有子氏(非営利一般社団法人あっとほーむいなしき 代表理事) 
・村上 理恵氏(看護小規模多機能型居宅介護ありがとういいね 介護福祉士)
・ 妹尾 弘幸氏(株式会社QOLサービス 代表取締役)

開催情報

query_builder : 2018/9/15 (土) 10:00 〜 17:00

location_on : 人事労務会館

navigation : 東京都品川区大崎2-4-3

受講料

10,000 円 (税込)

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。

セミナー詳細

【イベントの内容】
認知症の人は私たちと何が違っていて、何が同じなのかを考えことはありますか?違いは、認知症という疾患が「ある」か「ない」かの違いだけなのです。しかし、認知症ケアが難しいと感じてしまうのは、「言うことを聞いてくれない」「リハビリの指示が入らない」「認知症だからできない」という介護者側の視点による感じ方や介護者が困らない介護者側都合のアセスメントが原因ではないでしょうか。今回のこの研修会では【介護の専門職・プロとして専門性を高める】ことを目的に、日々の現場ケアの見直し、困難事例への対応、そしてもっとその先を勉強してみようと思えるワンランク上の総合的な認知症ケアのアプローチを学んでいただきます。

【プログラム】
「こんなアプローチがあったんだ!認知症ケア最前線~「基礎知識のおさらい」から「明日から使えるケアのヒント」まで~」
「BPSDへの対応~PACEP理論から導く根治ケア~」
「新しい総合的認知症ケアの実践(1)~介護職でも実践できる認知機能の維持・改善、認知症予防トレーニング、認知症リハビリ~」
「認知症の方に効果的なADL・IADLプログラムとケアの工夫~全国から見学者が多数訪れる総合介護施設ありがとうグループの現場実践から~」
「新しい総合的認知症ケアの実践(2)~本人の残存能力を引き出し自立を支援する環境、BPSDを防ぐ環境の考え方と実践~」

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。