片頭痛治療の現状と望む新薬像

講師

医療法人社団 泰仁会 理事長 北川 泰久 氏

≪経歴≫
昭和49年 慶應義塾大学医学部卒業。
東海大学医学部神経内科教授・付属八王子病院院長を歴任後、
平成28年 医療法人社団泰仁会理事長就任。
現在、東海大学名誉教授、東海大学医学部付属八王子病院顧問、東京薬科大学
客員教授を兼任。
頭痛関連では日本頭痛学会理事、日本頭痛協会代表理事を務める。

開催情報

query_builder : 2018/8/31 (金) 13:00 〜 16:00

location_on : 商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室

navigation : 東京都江東区亀戸2-19-1

受講料

49,980 円

セミナー詳細

片頭痛の診断から治療までの最新情報を知ることができる。片頭痛は症状ではなく、今や立派な病名として分類されており、その発症のメカニズムと治療のこつを知り理解する。

1.頭痛の疫学、頻度、発症年齢
2.片頭痛の臨床的特徴
3.緊張型頭痛と群発頭痛との鑑別
4.片頭痛の発症機構
5.片頭痛急性期治療:各トリプタン製剤の特徴と使い分け
6.片頭痛の予防治療
7.片頭痛の慢性化と慢性片頭痛の特徴
8.薬剤過多による頭痛
9.片頭痛に対する新薬開発の状況
10.今後求める新薬像
11.頭痛の啓発活動の現状