粉体の固結の機構・因子・評価・対策【大阪開催】

講師

(株)新造粒技術研究所 代表取締役 技術士(化学)、博士(工学) 西井 和夫 氏

開催情報

query_builder : 2018/9/7 (金) 11:00 〜 16:30

location_on : 滋慶医療科学大学院大学 11F 講義室3

navigation : 大阪府大阪市淀川区宮原1-2-8

受講料

49,980 円 (税込)

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。

セミナー詳細

 1.なぜ粉体は固結するのか?
  1.1 水による固結
  1.2 熱による固結
 2.どのような因子が関係しているのか?
  2.1 粉体特性の影響
  2.2 環境条件の影響
 3.どのように固結性を評価するのか?
  3.1 粉体特性の評価
  3.2 固結度合の評価
 4.どうすれば固結は防げるのか?
  4.1 原料の対策
   4.1.1 粉体特性を改善する
   4.1.2 表面特性を改善する
   4.1.3 固結防止剤を添加する
   4.1.4 配合の変更
  4.2 装置・構造の対策
   4.2.1 滞留しない構造とする
   4.2.2 維持管理が容易な構造とする
   4.2.3 シール性のよい構造とする
  4.3 運転・操作条件の対策
   4.3.1 高温原料の貯蔵,包装は冷却後にする
   4.3.2 反応原料の貯蔵,包装は反応完了後にする
   4.3.3 温度差のある原料を混合しない
  4.4 保存条件の対策
   4.4.1 適当な包装材で外気を遮断する
   4.4.2 貯蔵粒子を定期的に再配列させる
   4.4.3 貯蔵粒子に乾燥空気を送る
   4.4.4 過剰な粉体圧を加えない
 5.どのような固結対策が特許にはあるのか?
  5.1 原料の対策例
  5.2 プロセスの対策例
  5.3 複数の対策の併用例

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。