【東京】基本動作分析から見る体幹の問題に対する触診・臨床的評価と解釈・アプローチ法

講師

大塚久
(一社)国際統合リハビリテーション協会認定インストラクター
理学療法士
療法士活性化委員会委員長

開催情報

query_builder : 2018/8/11 (土) 10:00 〜 16:00

location_on : 板橋区立グリーンホール504会議室

navigation : 東京都板橋区栄町36-1

受講料

21,600 円 (税込)

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。

セミナー詳細

【こんなことで悩んでいませんか?】
・リハビリで何をしていいかがわからない
・アプローチの優先順位がわからない
・動作分析が苦手
・触診が苦手
・評価がわからない
・統合と解釈が苦手
・どの患者さんにも同じリハビリの内容になってしまう
・患者さんがよくならない
・仕事が楽しくない

【リハビリの流れを見える化し、あなたのリハビリを加速させる方法】
・リハビリの目的を明確にする
・リハビリの流れの基本原則を知る
・触診ができるようになる
・評価のポイントを知る
・動作分析の目的とポイントを知る
・問題点を抽出し優先順位のつけ方を知る
・アプローチ方法を知る
・実際の臨床で実践し、リハビリが加速したことを実感する

【本当に2日間で流れを理解し、リハビリが加速するの?】
実はリハビリの流れは根本的には
・動作分析をする
・問題点を抽出する
・アプローチする
この3工程なんです。
この3工程に必要な要素が、先に挙げた8つの方法なのです。

【この研修会で得られること】

・リハビリで何をしていいかがわかるようになる
・アプローチの優先順位がつけられるようになる
・動作分析のポイントが分かるようになる
・触診のコツが身につく
・何を評価していいかがわかるようになる
・統合と解釈ができるようになる
・患者様に合わせたリハビリを構築できるようになる
・患者さんが笑顔になってくる
・仕事が楽しくなる

【講義内容】
1日目:触診と評価
・リハビリの目的について
・リハビリの流れについて
・触診のコツ
・触診(肩甲骨、骨盤、脊柱のランドマーク、大腰筋)
・局所の評価と解釈(FFD、パトリックテスト、トーマステスト)

2日目:動作分析とアプローチ法
・基本動作分析の見方とポイント(寝返り・歩行)
・動作分析から導き出された問題点に対するアプローチ法(関節(肩甲胸郭関節のリリース、脊柱セルフモビライゼーション、仙腸関節体験)・筋(大腰筋リリース)・運動学習)
・問題点の抽出ワーク
・フローチャートの作成

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。