医療事故調査制度・医療事故の警察届出と捜査・マスコミ取材への対応実務 -法的観点を踏まえた医療現場対応の実践事例のポイント解説-

講師

井上法律事務所 弁護士
医療法務弁護士グループ代表
井上 清成(いのうえ きよなり) 氏

開催情報

query_builder : 2018/8/4 (土) 13:00 〜 16:00

location_on : SSK セミナールーム

navigation : 東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F

受講料

32,400 円 (税込)

セミナー詳細

医療事故調査制度の運用も定着しつつあります。しかしながら、今もって、多少の逸脱や混乱が見られます。警察への届出や刑事捜査への対応、それらに関連したマスコミへの対応にも、同様の戸惑いが残っているようです。厚生労働省などの政策動向も踏まえ、本セミナーでは、それらへの対処事例を通じ、法的観点を踏まえた現場対応の実践の仕方のポイントを解説いたします。

1.医療事故調査制度のこれまでの運用の実態
 (1)不要な届出事例
 (2)法令違反の院内調査の具体的事例
 (3)訴訟その他の紛争化のパターン
 (4)諸々の運用上の反省点とその改善
2.厚生労働省などの政策動向
 (1)医師法第21条「外表異状」
 (2)医療行為と刑事責任「軽率性と未熟性」
 (3)今後の政策動向
3.医療事故の警察届出と警察捜査への対応実務
 (1)警察届出の要否の実例
 (2)警察捜査の現場実務
 (3)警察対応への工夫
4.医療事故でのマスコミ取材への対応実務
 (1)取材対応の要領
 (2)記者会見のやり方
5.質疑応答/名刺交換