食感評価のための機器測定解析と官能評価の具体例 ~食品の構造と物性の関係とは?食感の「見える化」とは?商品開発への落とし込みは?~

講師


【第1部】山梨大学大学院総合研究部生命環境学域 生命環境学部地域食物科学科 教授 谷本 守正 氏
《専門》
食品物性、ミルクサイエンス
《略歴》
1978年3月 北海道大学理学部物理学科卒業
1980年3月 北海道大学大学院工学研究科応用物理学専攻修士課程修了
1980年4月 雪印乳業(株)入社
2011年6月 雪印メグミルク株式会社退社
2011年7月 山梨大学教授(新学部開設準備室)
2012年4月 山梨大学大学院総合研究部生命環境学域(生命環境学部地域食物科学科)教授
現在に至る

《活動など》(現在)
日本食品科学工学会 代議員
日本食品科学工学会関東支部 運営委員
日本酪農科学会 評議員
日本保蔵学会 代議員

【第2部】株式会社 山電 代表取締役専務 渡邊 洋一 氏
《経歴》
株式会社 山電の創設に携わり、クリープメータの開発を担当。現在は、測定法の開発や測定アドバイザーを行う 。

【第3部】HP「食品工場の工場長の仕事とは」主催 河岸 宏和 氏

開催情報

query_builder : 2018/6/25 (月) 10:30 〜 16:30

location_on : 江東区産業会館 第1会議室 【東京・江東区】

navigation : 東京都江東区東陽4-5-18

受講料

49,980 円

セミナー詳細

1部:食品構造と物性からおいしいテクスチャーを探る
粘性弾性粘弾性/物性値と緩和現象/微小変形と大変形/官能特性・テクスチャー/機器分析/物性(力学物性)色々/構造(成分状態)と力学物性事例

2部:テクスチャー測定の具体例
クリープメータのご紹介/測定・解析法のご紹介と例/測定と解析についての考え方
/測定例/官能評価との相関性/介護食の測定法/測定例/食品の表面物性とずり

3部:官能評価を用いた商品設計
食べやすさの評価/官能評価の実施/感性を考慮した食品の商品設計/商品改良の際のポイント