生体親和性材料の表面設計と評価・分析法

講師

東京大学大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻・教授 高井 まどか 氏

《経歴》
1990年4月~1991年7月  株式会社東芝 半導体事業部 (プリント回路基板開発に従事)
1997年4月~1999年3月  早稲田大学理工学部 助手 (理工学部での実験助手)
1999年4月~2001年3月  (社)科学技術振興事業団、科学技術特別研究員 
          旧経済産業省電子技術総合研究所、薄膜シリコン太陽電池スーパーラボ勤務
       (プラズマCVD法を用いた薄膜太陽電池の高速製膜に関する研究に従事)
2001年4月~2003年3月  東京大学大学院工学系研究科、マテリアル工学専攻 助手
(バイオセンサーおよびマイクロチップの研究に従事)
2003年4月~2007年3月   同上、マテリアル工学専攻 講師
           (バイオマテリアル、医用デバイスの研究に従事)
2007年4月~2010年12月 同上、同専攻 准教授(同上)
2011年1月~  同上、バイオエンジニアリング専攻 教授
    
《学位》
1999年3月 博士(工学) (早稲田大学)
  学位論文題目:湿式成膜法による高機能軟磁性薄膜の作製と磁気デバイスへの応用

《主な研究分野》
医用デバイスのためのナノバイオマテリアル創製
バイオインターフェースを基盤とした医療用バイオデバイスに関する研究

《主な受賞》
・平成24年9月11日、第3回女性研究者研究業績・人材育成賞(小舘香椎子賞)研究業績部門、新規バイオマテリアル創製とバイオセンサー開発に関する先導的研究、応用物理学会
・平成22年6月11日、平成21年度化学とマイクロ・ナノシステム研究会奨励賞、マイクロチップの界面機能化による高感度バイオ分析に関する研究、化学とマイクロ・ナノシステム研究会

開催情報

query_builder : 2018/6/20 (水) 10:30 〜 16:30

location_on : 商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室

navigation : 東京都江東区亀戸2-19-1

受講料

49,980 円

セミナー詳細

1.医療材料の基礎物性
親水性、疎水性、イオン性材料/界面の重要性/表面・界面の物理化学/固体表面における吸着
2.タンパク質の吸着および細胞接着
吸着から血栓形成/細胞接着
3. バイオ界面の分析法
材料表面の分析法/吸着タンパク質の分析法/細胞接着の評価
4.生体親和性材料を用いた応用
タンパク質非吸着材料(人工心臓や人工肺を題材に)/ナノ粒子(DDSや細胞イメージングを題材に)/バイオセンサー(ウイルス、がん診断、リッキドバイオプシーなど)/再生医療/ヘルスケア
5. 将来展望