2018年医療・介護同時改定からのリハビリ大改革セミナー(福岡会場)

講師

・三好 貴之氏(株式会社メディックプランニング 代表/作業療法士 )
・細川 寛将氏(医療法人陽明会 在宅緩和ケア住宅まごころの杜 施設長/作業療法士 )
・森田 裕治氏(社会医療法人沼南会 経営管理部/リハビリテーション部副部長 )

開催情報

query_builder : 2018/9/9 (日) 10:30 〜 16:15

location_on : 貸会議室ファミリア博多

navigation : 福岡県福岡市博多区中洲5丁目1-22 4F

受講料

15,000 円 (税込)

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。

セミナー詳細

今回の同時改定のメッセージを読み解き地域包括ケア時代を戦略的に生き残る!
医療・介護の連携強化!急性期・回復期・生活期リハ各ステージの対策!

今回の同時改定は2015年の介護報酬改定・2016年の診療報酬改定同様に改めて在宅医療の推進と介護連携強化が前面に出た改定となりました。
特に回復期以降のステージでは老健施設や在宅サービスとの連携が非常に重要なものとなりました。そのためには、「病棟」と「老健施設」「通所・訪問」がいかに連携し、在宅への橋渡しができるのかがカギとなります。医療・介護分野共にリハビリテーション部門の機能・医介連携はの今後の事業生き残りには必須の条件となりました。
このセミナーでは、地域医療構想を踏まえて大改革・強化が求められる各ステージごとのリハビリテーション部門の在り方と備えるべき戦略について、3名の講師陣が分かりやすくお伝えいたします。

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。