医薬品英文ライセンス契約書の読み方・書き方ノウハウ

講師


KATO行政書士OFFICE 代表 加藤 正彦 氏 (元日本ベーリンガーインゲルハイム(株))

【経歴】
 1983年~2006年 日本ベーリンガーインゲルハイム(株)
経営企画部と法務部で、ライセンス契約や共同研究契約など各種契約を担当した他、ドイツ本社特許部・商標部のリエゾンとして活動
 2006年~2008年 古野電気(株) 法務室長
 2008年~2015年 東洋炭素㈱ 法務部長
 2015年~    KATO行政書士OFFICE
英文契約書の作成と翻訳(翻訳会社とフリーランス契約)を中心に活動
【著書】
 「英文契約書 はじめて読む人のガイドブック」 銀河書籍(アマゾンで販売中)
【対外活動】
(元)医薬品企業法務研究会(医法研) 副会長・監事・関西支部長・研究部会運営委員長
(元)日本ライセンス協会(LES) 理事・関西研修委員長・教育委員長

開催情報

query_builder : 2018/3/20 (火) 10:30 〜 16:30

location_on : 江東区産業会館 第2会議室

navigation : 東京都江東区東陽4-5-18

受講料

49,980 円

セミナー詳細

 前半は、英文契約書の形式と条文構成、頻出する表現や用語などを説明。次いで、条文を主文と但し書きや条件節などに分解して、各部分を解読することによって、長い条文であっても読解できる方法を解説する。
 後半は、日本企業が米国企業に医薬品の特許をライセンスアウトする事例における英文契約書の主要な条項について、考え方と各条項の趣旨や注意点、英文契約書の修正に役立つバリエーションを解説。
 最後に、条文の読み方と書き方のポイントを説明し、英語による条文の修正などの簡単な演習を行い、実用的なスキルを習得する