無菌製剤工場の製造プロセスと設備・施設設計のポイント

講師

日揮(株)国内インフラプロジェクト本部 産業システム設計部 
プリンシパルエンジニア 中村 健太郎 氏

《専門》 製薬工場の生産設備設計・エンジニアリング
《活動等》 
2009年より製剤機械技術学会主催『無菌製剤教育研修会』の講師を担当。
2010年よりISPE(日本本部)の無菌COPに参画。
2011年よりシミック製剤技術アカデミー 日本薬剤学会製剤技術伝承講習会の講師を担当。
2009年、2015年 富山県製剤技術研修会(無菌製剤)の講師を担当。
2012年 じほう社「製剤技術の伝承 下巻非経口製剤技術の伝承」共著。
2013年、2015年 国立保健医療科学院での薬事衛生管理研修(無菌製剤)の講師を担当。

開催情報

query_builder : 2018/1/29 (月) 13:00 〜 16:00

location_on : 江東区産業会館 第5展示室

navigation : 東京都江東区東陽4-5-18

受講料

49,980 円

セミナー詳細

【趣旨】
【趣旨】
 無菌製剤の製造プロセスの特徴、設備設計のポイント、アイソレータ/RABSの特徴、ゾーニング、バリアや更衣の機能などについて解説します。無菌コアを守るための様々な機能の組み合わせにより、無菌製剤工場は成り立っています。各々が持つ機能とその役割を正しく理解し、設計する側の視点を持てるようになれば皆さんの視野も広がります。そうすれば普段お勤めされている工場の施設や設備についても、新たな発見があると思います。
 無菌製剤のプロセスと各種機能を系統立てて理解できる内容としている。