初心者のためのPopulation PK/PD入門講座

講師

アステラス製薬(株)臨床薬理部 PKMSグループ
       シニアマネージャー 小松 完爾 氏

《ご専門》
 ファーマコメトリクス、臨床薬理
《ご略歴》
 2000年4月帝人ファーマ株式会社 薬物動態研究部、非臨床薬物動態業務
 2006年4月同上、臨床薬物動態解析業務
 2012年4月~2013年3月 Uppsala大学 Visiting Researcher (Pharmacometrics)
 2014年4月アステラス製薬 臨床薬理部 PKMSグループ(現職)
《ご活動等》
 2008年~ 医薬品開発のための母集団PKPD解析セミナー 講師
 2016年~ 製薬協 タスクフォース7 小児臨床開発
 著書:医薬品開発ツールとしての母集団PK-PD解析
      ―入門からモデリング&シミュレーション― 朝倉書店 2010年

開催情報

query_builder : 2017/11/30 (木) 10:30 〜 16:30

location_on : 江東区文化センター 3F 第3研修室

navigation : 東京都江東区東陽4-11-3

受講料

49,980 円 (税込)

セミナー詳細

 1.はじめに
  1-1 医薬品開発の課題
  1-2 Model Informed Drug DevelopmentとPharmacometrics
 2.母集団薬物動態解析を学ぶための準備
  2-1 母集団とは何か
  2-2 薬物動態解析の基礎知識(非モデル解析, コンパートメントモデル解析, PBPK)
  2-3 通常の薬物動態解析と母集団薬物動態解析の違い
  2-4 母集団解析を理解するために必要な生物統計
 3.母集団薬物動態解析
  3-1 母集団薬物動態解析の基礎理論
  3-2 NONMEMを用いた母集団薬物動態解析
  3-3 モデル構築の進め方とモデル診断
  3-4 解析支援ソフトウェアの紹介(R, PsN, Pirana)
 4.母集団PKPD解析
  4-1 薬力学解析の目的
  4-2 NONMEMを用いた母集団PKPD解析
  4-3 Exposure – Response解析の基本
  4-4 Clinical Trial Simulation
 5.発展的な話題
  5-1 代謝物のPK解析
  5-2 疾患進行モデル
  5-3 QSPとその医薬品開発への利用
  5-4 終わりに