経皮吸収の基本と製剤設計

講師

城西大学 薬学部 教授 薬学博士 関 俊暢 氏

 <ご専門>物理薬剤学、DDS
 <ご所属学会>日本薬剤学会(評議員)

開催情報

query_builder : 2017/6/29 (木) 12:30 〜 16:30

location_on : 江東区文化センター 3F 第2研修室

navigation : 東京都江東区東陽4-11-3

受講料

49,980 円 (税込)

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。

セミナー詳細

 1.外用剤や経皮吸収型製剤の適用部位としての皮膚
   ・皮膚の生理的機能と薬物の適用部位としての特徴
   ・経皮吸収型製剤の利点と欠点
   ・経皮吸収型製剤に適した薬物
   ・経皮吸収実験法
   ・経皮吸収実験のデータ解析
   ・In vitro 実験からのin vivo経皮吸収性の予測
   ・薬物の皮膚内動態の研究法
 2.経皮吸収型製剤の処方設計
   ・皮膚に適用する製剤
   ・経皮吸収型製剤に用いる材料
   ・貼付剤の処方設計
   ・製剤の処方設定と薬物利用率
   ・製剤の粘着特性の調整
 3.製剤の放出試験法
   ・放出試験の装置
   ・放出試験の目的
   ・放出試験の条件設定
   ・パップ剤の放出試験の問題点
   ・皮膚代替人工膜の設計と利用

このセミナーは定員に達したため申し込みを締め切りました。