肩関節の評価と治療~臨床で多く経験する拘縮へのアプローチ~

講師

西川 仁史 先生
甲南女子大学看護リハビリテーション学部
理学療法学科 准教授

開催情報

query_builder : 2017/5/28 (日) 10:30 〜 16:30

location_on : 尼崎中小企業センター401号室

navigation : 兵庫県尼崎市昭和通2丁目2−6−68

受講料

6,500 円 (税込)

セミナー詳細

“触れる”ことのできるセラピストが“治せる”ことのできるセラピストです


肩関節の評価・治療を行う際、肩甲骨の固定・上腕骨の操作は、肩関節を診る上での基本動作であり、触診技術は必須です。
その誘導方法や触診できるかどうかが治療効果を決定すると言っても過言ではありません。

また、解剖学や運動学の知識に裏付けされた技術を身に着けることで評価の精度、治療効果を高めることができ、
合目的的に運動機能障害にアプローチすることが可能になります。

その上で“触れる”ことのできるセラピストは“治せる”ことのできるセラピストへとステップアップしていきます。

 本セミナーでは多彩な画像と骨モデルを用いて肩関節を視覚的に捉え機能解剖を中心に学び、
肩関節に付随する骨・筋の触診の実技も含めながらセラピストに必要な肩関節の評価知識・技術の研鑽を目的としております。

また、治療現場では肩単体ではなく、体幹との連結も重要な役割を担いますので、そのあたりも含めて進めて行きます。
特に新人のセラピストに向けて重点的に基礎からお話します。

プログラム


1.肩関節の基礎解剖と機能解剖学
2.肩関節安定化機構からみた運動機能障害
3.骨モデルを使用した肩関節運動の再現
4.触診実習
5.肩関節周囲炎の病態の整理
6.拘縮肩に対する評価と治療アプローチ

持ち物


・筆記用具
・動きやすい服装
・昼食