脳血管障害のセミナー23 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on愛知県query_builder2019/12/14 10:30
    ・次回の来所につながる「快刺激」を生み出すレク ・送迎待ちの方を退屈させない環境づくり ・パタカラで終わらない目からウロコの口腔体操 ・食事を楽しくさせる口腔体操 ・呼吸・摂食機能改善レク ・食事やおやつが楽しくなるワクワク感を引き出すレク ・「幼稚」にならないレクアクティビティ ・お笑い芸人でもある作業療法士が実践する笑いを取り入れた体操・上手なレクの案内と心理的アプローチ ・根拠のあるレクプログラムは生活機能を改善する ・「脳」を活性化させる感情へのアプローチ ・「伝える」「思考する」「 実行する」 ・ご利用者の可能性を伸ばす方法 ・楽しい!すぐに取り組める!ADL・IADLの維持向上につながる一石三鳥レク ・場面ごとの動作確認につながるレク、体操 ・麻痺側の随意性を引き出す応用的プログラム、運動 ・視力低下で困る生活動作を考えてみよう! ・できることはできるままに!できないことはできるように! ・潜在する手の感覚を使って行うレク5連発 ・潜在する足の感覚を使って行うレク5連発 ・手続き記憶を活用したチラシタワー ・あなたが主役!一問一答形式のインタビュー ・役割みっけ ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2019/12/08 10:30
    ・次回の来所につながる「快刺激」を生み出すレク ・送迎待ちの方を退屈させない環境づくり ・パタカラで終わらない目からウロコの口腔体操 ・食事を楽しくさせる口腔体操 ・呼吸・摂食機能改善レク ・食事やおやつが楽しくなるワクワク感を引き出すレク ・「幼稚」にならないレクアクティビティ ・お笑い芸人でもある作業療法士が実践する笑いを取り入れた体操・上手なレクの案内と心理的アプローチ ・根拠のあるレクプログラムは生活機能を改善する ・「脳」を活性化させる感情へのアプローチ ・「伝える」「思考する」「 実行する」 ・ご利用者の可能性を伸ばす方法 ・楽しい!すぐに取り組める!ADL・IADLの維持向上につながる一石三鳥レク ・場面ごとの動作確認につながるレク、体操 ・麻痺側の随意性を引き出す応用的プログラム、運動 ・視力低下で困る生活動作を考えてみよう! ・できることはできるままに!できないことはできるように! ・潜在する手の感覚を使って行うレク5連発 ・潜在する足の感覚を使って行うレク5連発 ・手続き記憶を活用したチラシタワー ・あなたが主役!一問一答形式のインタビュー ・役割みっけ ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/12/05 19:30
     脳梗塞片麻痺の患者さんに対し歩行獲得に向けたアプローチを実施する機会は多く経験します。 歩行獲得に向けたアプローチとして膝立ちでの練習や座位での練習も重要な練習となります。 今回は座位、膝立ち立位で実施できる歩行に対するアプローチを実技中心に紹介します。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/11/21 19:30
     中枢神経障害の患者さんの機能的な運動練習として座位や立位、歩行練習が機能的な練習として良く利用されます。 しかし、伏臥位、パピーポジション、四つ這いでのアプローチも重要な機能的な練習となります。 今回は伏臥位、パピーポジション、四つ這いでのアプローチや基本動作を利用したアプローチを実技中心に紹介します。
    EPoch
  • location_on大阪府query_builder2019/11/19 19:30
    歩行動作エキスパート講習会 6回コース 第3回 歩行の改善に向けた運動療法について実技を通して実施します。 今回は立脚期でもアプローチの難しい荷重応答期について実技を通して、理解を深める内容を予定しています。 今回のみ参加していただいても理解できる内容となっています。
    EPoch
  • location_on東京都query_builder2019/11/16 10:00
    ■講座1:10:00~11:45 認知症の人の想いをカタチに!認知症の人の社会参加活動を見える化! 「認知症だからできない…」という発想の脱却と社会参加活動に対する考え方の整理 ■講座2:12:00~13:15 認知症ケアでの環境設定の視点 リビングオブザイヤー最優秀賞受賞!入居待ち100名超えの「ありがとうグループホーム」の工夫を中心として ■講座3:14:15~15:30 新しい総合的認知症ケアの実践 認知症の方に効果的なプログラムとケアの工夫 ■講座4:15:45~17:00 認知症ケアの現場で不適切ケアを防ぐためのスタッフ教育 不適切ケアを予防するコミュニケーションと利用者理解の観点 ※本研修は日本認知症ケア学会単位認定講座です(認知症ケア専門士:3単位)
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2020/01/05 10:00
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/11/22 10:00
    低反撥マットレスを数枚重ねて身体質量と重力を拮抗させた環境のもとポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果を具体的な症例と共に紹介し、実践して体感していただきます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/11/24 10:00
    フィッティング(適合)とは、シーティングという姿勢調整だけでなく、車椅子の寸法調整も加えた生活姿勢保持。 生活環境を考えるフィッティング(適合)は、まずその人に合う椅子を設計し、その人が実際に腰に触れるシートサポートすなわちシーティングを構築していく順番です。 『車椅子設計採寸技術→車椅子シーティング→車椅子住環境整備→社会参加や自己実現へ』 前編 車椅子の設計、採寸技術含む車椅子構造を身体採寸用具を使って指導 後編 シーティングと車椅子住環境整備及びそのためのシートクッションづくり
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/12/08 10:00
    クッションの素材に触れて構造を知る事から始めて、回復段階やADLに合わせたシーティングを行ない、業者やメーカーのクッションのつくり方を学ぶ。 原理編:自分自身の骨盤と体幹の重心の位置を探し、確認することで座位保持のイメージをつくります。クッションをつくるための身体採型(採寸)をします。評価のポイント、測定のポイントと記入方法を習得します。 工房実技編:実際にウレタンを削ってシーティングやフィッティングシートを形にしていきます。座面のクッション、背面のクッションをつくります。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/12/14 10:00
    低反撥マットレスを数枚重ねて身体質量と重力を拮抗させた環境のもとポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果を具体的な症例と共に紹介し、実践して体感していただきます
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2020/01/13 10:00
    長期療養生活6年ADL全介助の症例に、局所的ではなく全身の筋緊張を一度に落とすポジショニングを行ったところ、拘縮が変化して端座位や自立、20日後にお楽しみのゼリー食を用いた摂食嚥下訓練の介入に至った。この内容で第9回摂食嚥下リハビリテーション学会へ口述発表。摂食嚥下リハビリテーションの新たな視点と介入手段として、身体質量と重力を拮抗させた環境で行うポジショニングアプローチを行い、局所的ではなく全身的な筋緊張制御や過緊張の緩和が摂食嚥下機能に及ぼす影響を提案し、その技術論を学んで体感していきます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/12/06 10:00
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/12/21 10:00
    クッションの素材に触れて構造を知る事から始めて、回復段階やADLに合わせたシーティングを行ない、業者やメーカーのクッションのつくり方を学ぶ。 原理編:自分自身の骨盤と体幹の重心の位置を探し、確認することで座位保持のイメージをつくります。クッションをつくるための身体採型(採寸)をします。評価のポイント、測定のポイントと記入方法を習得します。 工房実技編:実際にウレタンを削ってシーティングやフィッティングシートを形にしていきます。座面のクッション、背面のクッションをつくります。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/12/05 18:40
    低反撥マットレスを数枚重ねて身体質量と重力を拮抗させた環境のもとポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果を具体的な症例と共に紹介します。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on徳島県query_builder2020/06/06 18:00
    ◇テーピング初心者対象にテープの使い方から,  お困りの各症状など,目的に応じての技術を紹介します。 ◇受講費5,000円。グループ(2名以上)申し込みで4,000円/名。 ◇平日,土日等,ご都合の良い日時に合わせ個別開催にも対応。 開催はE-mailにてご予約・ご相談承ります。 ◇他の日程、地域での講座情報は、http://www.kokusaikt.jimdo.com/ にてご確認ください。
    国際キネシオテーピング®研究所