脳血管障害のセミナー24 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2018/07/25 19:30
    脳血管障害での急性期の意識障害が改善してくると積極的にリハビリ介入し、機能訓練やADL訓練を進めて行きますが、その際に動作改善を阻害してしまう高次脳機能障害が問題となってきます。 今回、各種高次脳機能障害についての評価と治療を3回シリーズで教授したいと思います。 今回はその3回目となります。 テーマは失行を主に話をする予定です。 このセミナーは10年目以上の作業療法士が講義します。高次脳機能障害を基本から学びたい方は是非
    EPoch
  • location_on兵庫県query_builder2018/10/07 10:00
    あらゆるリハビリ治療の中でもEBMとして最も確立した治療法であるCI療法。すでに全国の数多くの施設で実施される標準的な治療になってきました。本講習会は、CI療法の基礎から実践までじっくり学べる講習会です。米国で生まれたCI療法ですが、私達はCI療法のコンセプトを維持しつつ日本の臨床現場で実現可能な形に修正し、全国で最も多くの患者さんに対してCI療法を実施してきました。参加して頂くことで、明日から皆様の施設でもCI療法を実施することができます。参考図書として『ニューロリハビリテーション(道免和久著
    NPO法人リハビリテーション医療推進機構CRASEED
  • location_on兵庫県query_builder2018/09/22 10:00
    多職種の視点で学ぶ! 嚥下障害、栄養管理の基礎と回復期リハにおけるNSTの最前線 リハビリテーション医療において嚥下障害は全身状態に影響する大きな問題です。このセミナーでは多職種の視点で嚥下障害と栄養管理の基礎を学ぶと共に、今年度の診療報酬改訂で新たに重点の置かれた回復期リハビリテーションにおけるNSTに関して、先進的な取り組みを学びます。 ※一般社団法人日本作業療法士協会の生涯教育制度 基礎ポイント対象研修会です。
    NPO法人リハビリテーション医療推進機構CRASEED
  • location_on兵庫県query_builder2018/10/14 10:00
    誰でもできる簡単な予後予測法から脳画像解析の最新知見まで、幅広い知識が身につきます。 脳卒中患者さんのリハビリテーション。さあ、何から始めましょう...? まずは、予後予測から始めましょう。CRASEED は設立以来、真摯にこれに取り組み、研究成果を出してきました。本セミナーでは、FIMを使った簡単な方法、患者さんの回復過程、さらに最新の脳画像技術(拡散テンソル法MRI)を使った予測の研究成果をお伝えします。 【プログラム概要】 ・予後予測総論 ・従来の予後予測法と最新の文献レビューを含む予後予
    NPO法人リハビリテーション医療推進機構CRASEED
  • location_on東京都query_builder2018/06/30 13:30
    低反撥マットレスを数枚重ねて身体質量と重力を拮抗させた環境のもとポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果を具体的な症例と共に紹介し、実践して体感していただきます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/07/29 10:00
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/07/03 18:45
    施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していく方法論と技術を習得する研究を「臨床シーティングセミナー」で共有します。世界中のシーティング、座位保持の概念や技術をまとめ、急性期、回復期、維持期という様々なシーンに対応していく姿勢保持を学びます。シーティングやフィッティングは、それぞれの回復段階やADLに合わせた姿勢保持を考えるべきです。なぜなら、姿勢とは運動であり日常様々な姿勢となります。日常生活動作に合わせるために、動画として姿勢を捉え応用していく方法を考えます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/07/07 13:30
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on大阪府query_builder2018/07/28 10:00
    10:00~12:00 「介護予防・機能維持!ご利用者の生活意欲・生活機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「身体機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」 「認知機能を高めるケアレク・プログラムの工夫の実際~認知症の方の活動意欲を引き出す実践とその仕掛け~」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(1)」 13:00~14:45 「ご利用者の心身機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「ADL低下を防ぐ!認知機能・精神機能などのADL周辺機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」 「身の回りのモノや人を生かしたケアレク活動の仕掛け」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(2)」 15:00~17:00 「ご利用者の認知・遂行機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「認知症の周辺症状の緩和に必要なケアの考え方とプログラム」 「認知症の方、片麻痺の方、車イスの方…色々な症状のご利用者の目的・症状緩和に向けたケアレク活動の工夫」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(3)」
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2018/07/08 10:00
    10:00~12:00 「介護予防・機能維持!ご利用者の生活意欲・生活機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「身体機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」 「認知機能を高めるケアレク・プログラムの工夫の実際~認知症の方の活動意欲を引き出す実践とその仕掛け~」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(1)」 13:00~14:45 「ご利用者の心身機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「ADL低下を防ぐ!認知機能・精神機能などのADL周辺機能の維持・改善を目的としたレク・リハ」 「身の回りのモノや人を生かしたケアレク活動の仕掛け」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(2)」 15:00~17:00 「ご利用者の認知・遂行機能を高めるレク・プログラムの工夫」 「認知症の周辺症状の緩和に必要なケアの考え方とプログラム」 「認知症の方、片麻痺の方、車イスの方…色々な症状のご利用者の目的・症状緩和に向けたケアレク活動の工夫」 「現場で人気のベストレク20 ケアレクの工夫(3)」
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2018/07/22 10:00
    クッションの素材に触れて構造を知る事から始めて、回復段階やADLに合わせたシーティングを行ない、業者やメーカーのクッションのつくり方を学ぶ。 原理編:自分自身の骨盤と体幹の重心の位置を探し、確認することで座位保持のイメージをつくります。クッションをつくるための身体採型(採寸)をします。評価のポイント、測定のポイントと記入方法を習得します。 工房実技編:実際にウレタンを削ってシーティングやフィッティングシートを形にしていきます。座面のクッション、背面のクッションをつくります。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on徳島県query_builder2018/08/30 13:00
    ①平成30年8月30日(木)13:00~18:00基礎講座 ②平成30年8月31日(金)9:00~15:00応用講座(企画講座) ①キネシオ理論、肩関節周囲炎、腰痛症、変形性膝関節症、下腿部痛等   に対するテーピング基本実技 ②重張り(コンビネーション)やアスレティックテーピング併用技術等   急性から慢性症状に対しての技術を紹介。   災害時の応急処置としても活用できます。 1講座15,000円※①&②講座受講で30,000円
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2018/08/18 13:00
    ①平成30年8月18日(土)13:00~18:00基礎講座 ②平成30年8月19日(日)9:00~16:00応用講座(企画講座) ①キネシオ理論、肩関節周囲炎、腰痛症、変形性膝関節症、下腿部痛等   に対するテーピング基本実技 ②重張り(コンビネーション)やアスレティックテーピング併用技術等   急性から慢性症状に対しての技術を紹介。   災害時の応急処置としても活用できます。 1講座15,000円※①&②講座受講で30,000円
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2018/09/14 09:00
    平成30年9月14日(金)9:00~基礎講座&応用講座 平成30年9月15日(土)9:00~部位別①&② 平成30年9月16日(日)9:00~部位別③&④ 平成30年9月17日(月・祝)9:00~コレクション講座&特殊テープ講座 ◇他の日程、地域での講座情報は、     http://www.kokusaikt.jimdo.com  にてご確認ください。
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2018/11/22 09:00
    平成30年11月22日(木)9:00~基礎講座&応用講座 平成30年11月23日(金・祝)9:00~部位別①&② 平成30年11月24日(土)9:00~部位別③&④ 平成30年11月25日(日)9:00~コレクション講座&特殊テープ講座 ◇他の日程、地域での講座情報は、     http://www.kokusaikt.jimdo.com  にてご確認ください。
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on東京都query_builder2018/08/17 10:00
    長期療養生活6年、ADL全介助の症例に、局所的ではなく全身の筋緊張を一度に落とすポジショニングを行ったところ、拘縮が変化して端座位や自立、20日後にお楽しみのゼリー食を用いた摂食嚥下訓練の介入に至った。この内容で第9回摂食嚥下リハビリテーション学会へ口述発表する。摂食嚥下リハビリテーションの新たな視点と介入手段として、身体質量と重力を拮抗させた環境で行うポジショニングアプローチを行い局所的ではなく全身的な筋緊張制御や過緊張の緩和が摂食嚥下機能に及ぼす影響を提案し、その技術論を学んでいただきます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会