スポーツ障害のセミナー27 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2017/07/06 19:30
    概要 バランスが良くなることとはどのようなことでしょうか?バランスとは?バランス障害の概要と評価方法、その対処法となる運動療法の展開について実技を交えて教授したいと思います。臨床におけるバランス向上の助けになればと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on神奈川県query_builder2017/07/29 13:00
    日本医師会では、広く臨床医による医療機器の開発や事業化について、 そのきっかけとなる窓口の提供と事業化への支援を行っております。 この度、平成29年度の事業化支援セミナーが下記のとおり全国で順次開催されます。 http://jmamdc.med.or.jp/seminar/seminar/17 http://jmamdc.med.or.jp/seminar/seminar/18 先生方のご参加をいただき意義ある機会にしていただければ望外の喜びでございます。 お申し込みをお待ちしております。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/07/22 13:00
    日本医師会では、広く臨床医による医療機器の開発や事業化について、 そのきっかけとなる窓口の提供と事業化への支援を行っております。 この度、平成29年度の事業化支援セミナーが下記のとおり全国で順次開催されます。 先生方のご参加をいただき意義ある機会にしていただければ望外の喜びでございます。 お申し込みをお待ちしております。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on岩手県query_builder2017/07/01 14:00
    一昨年まで講師にOriental Physio Academy(以下、OPA)の代表 理学療法士 波田野 征美氏をお招きして全4回のトリガーポイントリリースセミナーを開催し、昨年は中級編として「アナトミートレインと経絡五行論」を開催し、定員を超える参加者となりました。参加者の皆様から、OPAのベースとも言えるトリガーポイントリリースセミナーを開催して欲しいといった声が多く今回の開催となりました。各種割引等、詳しくは当会facebookページをご参照下さい。
    達人に学ぶセラピストの会inいわて
  • location_on大阪府query_builder2017/08/27 10:30
    ドローインをするとスポーツが下手になると言ったら信じますか? 実はこれは本当のことです。 体幹を鍛える時に「ドローインでお腹を凹ませることで腹圧が上がり体幹は安定する」と言われますが みなさんよく考えてみてください。 ボディブローを食らう時にあなたはどうしますか? お腹を凹ませた状態で殴られたら・・・内臓破裂しますよ。 あなたはきっとお腹を膨らませることでパンチに耐えようとするのではないでしょうか? そうお腹を凹ませて体幹を安定させるなんてのは嘘だったんです。 剛構造と柔構造&体幹の階層構造化 では、どんな体幹を作ったらいいのでしょうか? それは 体幹の柔構造化 です。   建築の話になりますが 建築には「剛構造」と「柔構造」という構造があります。 前者は分厚い壁で外側を固める衝撃に耐える構造。 後者は揺れることで衝撃を吸収する構造。 この2つの構造を比較した時に前者の剛構造型の建物は簡単に崩れてしまいます。 これを人体に当てはめると・・・ 体幹トレーニングで腹横筋に代表されるようなコアユニットを鍛えて安定させようとするのは まさに身体を剛構造化しているということであり、非常に脆い身体にしているということです。 なので、強い体幹を作り上げるには体幹を柔構造化しなくてはいけないのですが しかし、体幹を柔構造化しただけでは不十分です。 なぜならここまでの話は3段階ある姿勢制御のうちのLEVEL1とLEVEL2でしかないからです。 不安定を作り出す運動理論 LEVEL1の「姿勢保持」、LEVEL2の「支持基底面内での重心移動」だけでは 実際のスポーツに必要な「移動動作」に繋がらないからです。 では、移動動作とは何なのか? それは支持基底面を変化させながら重心移動をすることです。 支持基底面を変化させ、新しい支持基底面内に重心を移動させることで「歩く」「走る」が可能になります。 そして、日本のアスリートが世界のアスリートに劣るフィジカルというのは 「当たりの強さ」だけでなく、この移動の「速さ」が決定的に遅いと言われています。 武術にみる卓越した体捌き 近代武道はスポーツ化していますが、古来の武道では「命のやりとり」になることもなり 特に日本の剣術では一瞬の動きで勝負が決まってしまいます。 そんな一瞬の勝負の世界で築き上げられた武術の動きこそが スポーツに必要な動きになります。 もちろん、本セミナーでお伝えする動きは「速さ」だけではありません。 西洋医学的な運動連鎖で武術の動きを解き明かしているため「力強さ」や「障害予防」にもつながります。 講師はテレビで特集される人気理学療法士 講師はOriental Physio Academy代表の波田野征美先生です。 学生時代は野球、社会人になってからは実業団所属の自転車ロードレーサーとして競技生活をしていく中で従来のトレーニング理論に疑問を抱き、「勝つために本当に必要な動きとは何なのか?」を探求していく中で武術を取り入れた現在の理論にたどり着きました。 感覚的に説明されることの多い武術の理論を理学療法士として運動物理学的に解明し、シンプルかつ効果的なトレーニングはメディアからも注目され、多数の記事を寄稿。 2016年には主要民法テレビ局であるテレビ東京の人気サッカー番組『FOOT BRAIN』でも特集されました。 次回開催未定の貴重なセミナーです。 徒手療法コースのセミナーだけで年間の日程が埋まってしまう人気講師です。 関西はもちろん全国でも本セミナーの開催は未定となっている貴重なセミナーです。 スポーツ分野に少しでも興味のある方は必ずご参加下さい。 持ち物 動ける服装(エクササイズ中心になります) 飲み物(脱水症状予防に必ずご準備ください) 昼食 ヨガマットやバスタオルなど床に敷くもの <お知らせ> 専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円) ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on東京都query_builder2017/08/27 10:30
    痛みの評価は脊柱の評価から始まる!! 『痛みの原因が分からない!』 『治療をしても痛みが取れない!』 そんな若手セラピストの皆様 本当に、正しい評価ができていますか? 痛みに対しての正しい治療はできていますか? 痛みに対する評価、治療ができなかった時、きちんと教えてくれる先輩や上司が、身近にいますか?   痛みを主訴とする患者さんは、とても多いです。 痛みの評価の中でも、組織の炎症や損傷を知るための評価方法として、整形外科的テストがあります。 ・マックマリーテスト ・アプレー圧迫/牽引テスト ・トーマステスト ・パトリックテスト …etc 整形外科的テストには様々な種類があります。 ただし、これらのテストの種類を知っているだけでは、正しい治療を行なえるとは限りません。 逆に、間違った評価を行なうことで、受傷部位以外の組織を損傷してしまう可能性も考えられるのです。 そのため、 ① 何故この評価を行なうのか ② この評価を選択した理由は何故か。 ③ 何故、自分はそう考えたのか を考えることが必要です。 これを、メタ認知といい、クリニカルリーズニングを行なう上で重要な要素となります。 イリタビリティー(Irritability)という言葉を知っていますか? 痛みが24時間の中でどう変化するかを知ることが、痛みの評価をするにあたって、とても重要かを知っていますか? 痛みは、早期に対応しないと慢性化する恐れがあります。 正しい治療の選択は、どうして痛みが出ているのかが分からないと、できません。間違った治療を行なえば、更に痛みを強くしてしまうこともあります。 しかし、痛みの原因を知り、正しい治療を行なえば、多くの痛みは取り除けるものです。 今、自他ともに満足のいく治療が出来ているというセラピストの方々は、この研修は必要ありません。 目の前にいる患者さんの痛みを取り除いてあげたい… でも、自分はそれだけの知識や技術を持っていない… そんな新人セラピストのために、この研修を行ないます。 この研修では、解剖学や、触診など基本的なことからご指導致します。 この機会に、痛みの評価法、治療法を学んで、痛みを取り除いてあげられるようにしておきましょう。 【プログラム】 ・脊柱の解剖 (どんな形?形状の意味は?棘突起、横突起ってなに?椎間孔って?…など) ・脊柱の触診 (棘突起の触り方って?椎間関節の触り方って?横突間関節ってドコ?) ・ケーススタディ (みんなで考える症例(腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の実例を用いて)) ・痛みの種類について (ぶつけて痛いの?切れて痛いの?なんで、腰が悪いのに足が痛くなるの?なんで、どこも悪くないのに痛いの?) ・クリニカルリーズニングを用いた痛みの評価方法 (メタ認知ってなに?イリタビリティー(被刺激性)って?痛みは24時間で変化する!…etc) ※イリタビリティーについては、講義の中で詳しく説明します。乞うご期待! ・徒手療法の方法 (モビライゼーションのgradeについて説明します。実は、ひと言で可動域訓練、モビライゼーションと言っても、状況に応じて使い分けるためのgradeがあるんですよ!) ・質疑応答   【持ち物】 ・筆記用具 ・動きやすい服装 ・昼食 ・ヨガマット
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on山梨県query_builder2017/07/09 10:00
    入谷式足底板では距骨下関節と第 1 列の誘導が大変重要になります。しかし、「誘導方向に自信が持てない」「テ ープの技術がまだまだ足りない」「歩行を見てもよくわからない」という声を聞きます。この誘導は基本的な身 体の方向や重心を変化させるため歩行に影響を与えます。そのためこれらの誘導がしっかり決まっていないと結 果も期待できません。 そこで今回はこの二つの誘導に自信を持てるよう実技編を行います。テープ誘導はもちろんその他の評価項目に ついても「どこを触診してどうやって誘導する」「何を観察している」など具体的にご指導いただきます。 さらに講義の後半では実際の歩行の変化のさせ方としてパッドの紹介をしていただく予定になっています。 【参加費】9000 円(道具代として別途 300 円程かかります) ※お知り合いの方を紹介していただくと初回に限り 1000 円割引させていただきます(複数人可) 紹介した方とされた方のお名前をメールでお伝えください(当日返金いたします)
    上野原梶谷整形外科
  • location_on大阪府query_builder2017/07/30 10:30
    実技で徹底的に学ぶ!下肢の運動器障害がなぜ起こるのか? その評価方法と治療技術を学ぶ! EPochで大人気の下肢運動器障害のセミナー開催決定! 下肢のアライメント評価はどうしたらいいか迷っている新人セラピスト必見です!   下肢運動器障害に対する理学療法では、下肢に加わる力学的負荷を考えながら行う必要があります。 下肢の力学的負荷を増大させる要因は、姿勢や動作が関係していることが多くあります。 したがって、姿勢・動作に着目した評価は障害発生のメカニズムを理解するためにも重要であり、また 姿勢・動作に着目した理学療法の実践は、下肢の過剰な力学的負荷を軽減させ、下肢運動器障害の再発予防 のためにも重要なものとなります。   今回のセミナーでは、姿勢・動作に着目した下肢運動器障害へのアプローチについて解説するとともに、 評価の組み立て方や理学療法プログラムの立案に至るまでの論理的思考力を身につけることも目的とします。 実技のみならず運動学・運動力学的知識を基にした理論についても丁寧に解説しますので、 既に臨床で働いている療法士はもちろんのこと、経験年数が少ない新人、若手療法士の皆様にも、理解しやすい内容となっております。 プログラム 1.下肢アライメントと下肢運動器障害 2.運動連鎖と下肢運動器障害 3.体幹機能と下肢運動器障害 4.姿勢・動作に着目した下肢運動器障害に対する理学療法 持ち物 ・動きやすい服装(足部・膝が露出できるもの) ・筆記用具 ・昼食  
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on愛知県query_builder2017/07/23 10:30
    同じことをしているつもりで、違うことをしている!? 正確に触れて、動かす技術が決定的な結果の差を生む! 膝関節可動域制限は、私達が日常業務で最もよく遭遇する機能障害の1つです。 改善のための治療技術は数多く存在し、それぞれが理論に基づく素晴らしい治療方法です。   しかし、これらの治療方法で結果を出すには1つ大事な条件があります。   可動域制限の原因となる病態のある部位に対して、病態に合った内容を正確に施行する ということです。 言葉にすると当たり前のことのように感じますが、実際にやってみると「できているつもり」になっていることも少なくありません。   関節可動域制限の原因を見つけて改善するためには、 可動域や症状の把握をした後、正常な運動軌跡での関節可動域・症状変化、 圧痛所見、制限と同時に緊張する組織、起始・停止を近づけた位置での筋緊張、 徒手的伸張・弛緩操作による可動域や症状の変化、各組織の柔軟性、運動療法による可動域および動作能力の変化など多くの確認が必要となり、 そのほとんどが正確な触診・関節操作技術があって初めてできるものだと言えます。   このセミナーでは、 膝関節の膝関節拘縮の評価・治療につながる触診技術の習得 を目標としています。 骨指標を確認後、伸張・弛緩・収縮などの操作をしながら周辺組織の触診をしていきます。 触診技術を活かして実際どのような評価・治療を行ったのかを紹介したいと思います。 何事も技術の習得には多くの練習が必要です。 本を読んで練習することもできますが、触れ方のコツを学び、正しく触れているかの確認をしながら練習すれば、これから何が必要かが見えてくるのではないでしょうか。 【プログラム】 1.膝関節における骨指標の触診 2.正常な運動軌跡での膝関節屈曲操作 3.膝関節伸展機構の触診 4.膝関節屈筋群の触診 5.症例紹介   【持ち物】 動きやすい服装 筆記用具 ヨガマット <お知らせ> 専用ヨガマットを弊社でレンタルしております。(1枚300円) ご利用の際には申し込み内容の欄にその旨を記述してください。
    EPoch / 株式会社Rebel Flag
  • location_on徳島県query_builder2017/07/16 19:00
    テーピング初心者対象に基本技術を紹介する講座。 個別開催により特定部位、障害に対しての技術も紹介。開催日時変更可能。
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2017/07/22 19:00
    テーピング初心者対象に基本技術を紹介する講座。 個別開催により特定部位、障害に対しての技術も紹介。開催日時変更可能。
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2017/09/02 19:00
    テーピング初心者対象に基本技術を紹介する講座。 個別開催により特定部位、障害に対しての技術も紹介。開催日時変更可能。
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2017/08/05 19:00
    テーピング初心者対象に基本技術を紹介する講座。 個別開催により特定部位、障害に対しての技術も紹介。開催日時変更可能。
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2017/09/02 14:00
    ・スポーツ障害用テープ、キネシオテープ等を用い た医療現場で活用するテーピング技術の実技講習 です。 ・医療ライセンス取得者対象の講座となります。 ◇他の日程、地域での講座情報は、http://www.kokusaikt.jimdo.comにてご確認ください。
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2017/08/26 14:00
    ◇捻挫、足底筋膜炎、アキレス腱断裂等に対する技術を紹介する講座 ◇他の日程、地域での講座情報は、http://www.kokusaikt.jimdo.comにてご確認ください。
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2017/12/02 14:00
    ・スポーツ障害用テープ、キネシオテープ等を用い た医療現場で活用するテーピング技術の実技講習 です。 ・医療ライセンス取得者対象の講座となります。 ◇他の日程、地域での講座情報は、http://www.kokusaikt.jimdo.comにてご確認ください。
    国際キネシオテーピング®研究所