経営のセミナー34 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on東京都query_builder2017/08/31 14:00
    平成30年度診療報酬&介護報酬の同時改定は、医療機関にとって厳しい改定になる事が予想されまる一方で、有効求人倍率は右肩上がりに上がり続け、2017年4月の倍率は1.48倍とバブル期を上回る勢いです。こういった、医師、看護師等の医療スタッフのみならず、事務職員も人材の確保競争が過熱している状況では、「教育」も重要な課題の一つです。今回は、医療機関の事務職員教育について、実例を交えながらお伝えします。 1.医療機関をとりまく労働環境  (1)働き方改革  (2)医療機関に関連する労働市場 2.世代間の価値観の差  (1)ゆとり世代は根性がないのか?  (2)「経験」か「ひらめき」か 3.事務職員の教育  (1)医療機関の事務  (2)職員教育は必要か  (3)事務職員の教育  (4)評価の取り組み 4.事務職員が医療機関の質を高める  (1)望まれる事務職員とは  (2)事務職員が医療機関の質を高める 5.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/09/29 14:00
    平成30年の同時改定は2025年を目指す医療と介護の一体改革におけるターニングポイントと言えます。第7次医療計画や介護保険事業計画も同時に開始され、まさに病床再編や地域包括ケアシステムの構築へ待ったなしと言えます。 ここまでに中医協や社保審等で検討されてきた内容を検証し、現段階で見える次回改定の動向と、医療機関等における対応策をお話し出来ればと思います。 1.機能別(急性期 回復期 慢性期)の入院医療の方向性 2.在宅医療とかかりつけ医機能の方向性 3.医療と介護の連携に係る診療の方向性 (リハビリテーション他認知症ケアなど) 4.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/11/11 13:00
    Ⅰ. ストーマや失禁管理に活用するデバイスの基本 【13:00~14:10】 人が生きていくために排泄は欠かせない行為であり、自分で排泄をコントロールできなくなることは個人の尊厳や生活にも影響を及ぼします。 疾患や病状により排泄経路の変更を余儀なくされたストーマ保有者や排泄障害を抱える高齢者が日々の生活を安心して過ごすことができるように、ストーマ装具と失禁管理に必要なケア用品をご紹介します。 1.ストーマ装具の種類と選択方法 2.失禁管理に必要なスキンケア用品とデバイス Ⅱ. ストーマスキントラブルはABCD-Stoma(R)ケアで解決! 【14:30~15:40】 2025年には複数の医療二ーズのある高齢者が医療施設ばかりか地域医療の現場にあふれます。 とくに高齢者の排泄管理には多くの課題を抱えます。そこで日本創傷・オストミー・失禁管理学会では医療関係者が誰でも一定の質でストーマ管理が行える「ABCD-Stomaケア?」を開発しました。スケールを使用して皮膚障害を数値化し、その皮膚障害の対処法ヘと案内されるものです。これを機会にストーマケアに強い医療・介護者を目指しましょう。 1.ストーマ周囲皮膚障害とは 2.ABCD-Stoma(R)とその採点方法 3.ABCD-Stoma(R)ケアを活用したストーマ管理技術のスキルアップ! Ⅲ. 失禁に伴うスキントラブルの予防と治療 【15:50~17:00】 失禁に関連したスキントラブルは、苦痛だけでなく、自尊心にも影響を及ぼし、QOL低下にもつながることから、適切なケアとアセスメントで早期解決することが重要です。本講では、失禁に関連する予防的ケアおよびスキントラブルの対処方法や、失禁関連皮膚障害(IAD)の評価スケールである「修正版IAD重症度評価スケール」についても解説いたします。 1.失禁によるスキントラブルの予防的ケア 2.失禁によるスキントラブルの対処方法 3.修正版IAD重症度評価スケールについて
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/08/25 13:00
    Ⅰ. 介護事業のM&A事例 【13:00~14:10】 湘南乃えんグループは、相模湾に面する湘南地域で、主に地域密着型サービスに注目し、1拠点1法人の複合介護サービスを展開してきた特徴を持つ。事業拡大を目指していたが、一方、介護報酬の減額や介護職員の人材不足に直面し、2016年に株式売却を決めた。しかし、この売却には一切のネガティブイメージは存在せず、現在に至っている。マイナスの売却イメージを一掃し、会社が融合し発展していくというM&A戦略には、どのような経緯があったのかを今回ご紹介したい。 1.我が社の特徴(介護事業の特性、経緯からの特性)について 2.成長方針と株式売却との整合性をどう捉えるかについて 3.仲介会社の利用について 4.売却交渉を始めるタイミングについて 5.持つべき売却条件の優先順位について 6.理念や社風の重要性について 7.売却後に生まれた「嫁側」という意識について 8.結局、何を買われたのか Ⅱ. 医療機関のM&A事例 【14:25~15:35】 1.いつ売ろうと思ったか 2.医療法人は売買できるのか 3.高く売るためにどうしたか 4.伸び白があるうちに売ろう 5.売ったあとは仕事が無くなってしまうのか 6.売ったあとの影響も考える 7.M&Aの会社を使ったか? 8.職員は不安にならないか? 9.M&Aによる打ち合わせの内容  (1)デューデリはどんなだったか?  (2)個人保障について  (3)契約書  (4)決算書 Ⅲ. 伯鳳会グループのM&A戦略 【15:50~17:00】 医療法人伯鳳会グループは人口5万人弱の過疎の町、兵庫県赤穂市を本拠地としているが2004年の明石市を皮切りに、姫路市2ヶ所、尼崎市、大阪市此花区、東京都墨田区、江東区にM&Aの手法を用いて進出している。当初50億円あまりであった事業規模は現在400億円を伺う規模に成長した。過疎による医療・介護需要の減少を克服するための地方法人の生き残りをかけた取り組みを紹介したい。 1.人口動態に基付く医療需要予測とは 2.医療需要減少地域の病院の取り組みは 3.M&A後、赤字病院を建て直す方法は
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/09/09 13:00
    Ⅰ. 2018年同時改定、そして、2025年に向けた急性期病院のメルクマール(指標)を考える ~地域医療構想の「高度急性期」「急性期」機能として残るためにやることは何か~ 【13:00~14:55】 来年2018年同時改定以降から7対1入院基本料には従来の看護職員数、看護必要度、医師数、在宅復帰率等に加えて、メディカルスタッフ病棟配置、病床回転率、DPC機能評価係数Ⅱとのリンク、ケースミックス(患者構成)、1日入院単価等の様々な指標が改定の度に加わってくることが予測される。 次回同時改定へ向けた急性期病院の短期的対応だけではなく、2025年に向けた地域医療構想の「高度急性期」「急性期」機能の病院として地域でのポジショニングを確保するためのメルクマールを解説する。 1.地域医療構想と診療報酬改定はクルマの両輪 2.機能評価係数Ⅱの見直し(重症度係数、後発医薬品、重み付け) 3.メディカルスタッフの入院基本料への要件化はあるのか 4.病床稼働率だけではなく病床回転率(効率性係数の重要性) 5.1日当たり入院単価(7対1の平均52,150円という提示) 6.ケースミックス(患者構成)の重要性 7.退院支援加算1、認知症ケア加算1の持つ意味 8.質疑応答 Ⅱ. 2018年同時改定目前!看護必要度から考える急性期病院経営対策 ~疾患別、在院日数別看護必要度とベットコントロールの関係性と看護必要度のデータ精度を考える~ 【15:05~17:00】 2016年改定で7対1入院基本料に対する看護必要度が厳格化され、院内の看護必要度対策の風当たりが強まっている。2017年1月からHファイルの提出がはじまり、2018年度改定でも再検討がなされるのではないかという議論もあり、今までただ蓄積していただけの看護必要度データを病院経営へ活用することは急務である。忙しい業務の中で蓄積されたデータについて、看護部はじめ職員全体がモチベートされる看護必要度データ活用術を考える。 1.疾患別看護必要度とベットコントロール 2.自院で出来るデータ精度を上げるためのデータの見方 3.看護部門をモチベートさせるデータの活用術 4.同時改定を見据えた看護必要度の新たな展望 5.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on大阪府query_builder2017/07/27 13:00
    病院の未収金回収は方法によっては、患者間に良くない風評を生みかねません。 本講義は、未収金回収の極大化をはかるために、病院の一般職員を債権回収会社の 社員レベルまで引き上げることを第一の目的としますが、それに留まらず、回収に際して地域の信頼や病院のイメージを損なわないようにする方策を教示します。特に重要な点は講義形式だけでなく、当事務所員の回収の実演を見て戴き、改善点を探して戴くことによって、脳裏に染みこませるようにし、実践的・具体的なノウハウを数多く伝授いたします。また、当日のテキストには、「内容証明郵便、支払督促申立書、少額訴状、強制執行等の法的手続のひな形をお付けしておりますのでスグにお使いいただけます。 1.理論編  (1)病院の未収金の実態を知ろう   あなた病院の未収金の偏差値はいくら?(診療科目毎の標準偏差を教示)  (2)未収金回収の改善プラン   一般的な病院の未収金回収の改善プランを提示  (3)予防対策が最高の方策!   4つの予防対策と3つの制度を全部使っていますか?  (4)病院全体で未収金問題に取り組むために-情報の視覚化、共有化、3分類化   視覚化ツールと3分類別回収チェックシートを公開  (5)督促関係の文書が一発ですべて自動文書化   督促状(1・2回目)、内容証明、支払督促申立書、(少額)訴状、示談契約書  (6)電話のかけ方・交渉の仕方   回収のための追い込み方(北風と太陽、優しく確実に詰めていく、ワンツー攻撃)  (7)一般職員でも法的回収が可能に!   自動文書化で誰でも簡単。さらに理屈が分かれば最強の武器。  (8)支払能力の調査方法、やっていけない取立(サラ金規制法)、訪問回収   5分で居住地の登記謄本、危険がいっぱいの訪問回収と違法取立  (9)モニタリングって何?   病院の未収金回収の極大化はここにかかっているが、あまり知られていない。  (10)知っておくと役に立つ知識    時効中断の方法、外部委託した場合の回収率、診療拒否の可否、受診抑制 2.実践編 ~電話回収と訪問回収 貴院では、どこを改善すべき?~  (1)追い込み方 ~実際の回収でよくある場面を紹介~  (2)風評を害しない回収方法 ~あなただって生活に困ることはあるはず~ 3.質疑応答/名刺交換
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on大阪府query_builder2017/08/30 13:00
    本セミナーは、医療機関に関わる各種問題を専門とする弁護士が、豊富な実例をもとに具体的なクレーム解決術を伝授すると共に、対応マニュアルを紹介し院内チェックリストの解説をします。 実践編では、実務上、問題となりやすい事例に対するケーススタディを解説し、その後、受講者からの質問に回答する形で、現在、受講者が悩んでいる事案の解決の役に立てるよう、できる限りの情報提供をしていきたいと考えています。また、クレーム対応で、病院の風評を損なわずに対応をするワンランク上のサービスを目指します。 Ⅰ.ハードクレーマー(モンスターペイシェント)対策(基礎編) 1.ハードクレーマー側の基本的テクニックを知ろう 2.ハードクレーム対応の3鉄則 3.モンスターペイシェント対策のための法的知識 4.7大クレーム対応とモンスター化防止策 5.クレーム対応-プロとアマの違い 6.クレーム対応マニュアルとチェックリストの策定 Ⅱ.事例に学ぶ患者クレーム対応術(実践編) ケース1:診察順位を間違えられたことに対するクレームの処理に当たった看護師が、自分は間違っておらず患者の耳が遠いのではないかと言ったことからクレームが大きくなり、さらに事情を知らない院長が当該患者の診療を拒否したことが、すべて録画されていたケース。 ケース2:終末期の患者への対応につき、家族が病院の対応がぞんざいで何も処置しないとクレームを付けたことに対して、医師が患者や治療に優先順位があると回答したところ、それが正しい医療かマスコミで検証してもらうので、治療の優先順位につき一筆書けと言われたケース。 ケース3:退院要請に応じないため、医師が回診等せず経過観察としたことに対して、厚生局に訴えられたケース。 Q&A:【このようなケースはどうしたらいい?】 実際に発生した事例を受講者からいただき、その一つ一つに時間の許す限り丁寧に講師が回答いたします。心強い対応の引き出しを増やすことのできる生の講座です。 ●質問は、なるべく事前にお送りください。お申込いただいた後、質問用紙をお送りいたします。 ●講演当日も質問を受付いたしますが,質問数が多く回答時間が足りない場合は、事前に質問を 提出していただいた受講者からの質問に対し、優先的に回答していく予定ですのでご了承下さい。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on大阪府query_builder2017/08/26 10:00
    <参加して欲しい理由> 管理者・リーダーなどの「能力」が経営・法人の将来を左右する! 「介護報酬・介護保険制度の変化」「利用者像の変化」「求められる機能の変化」「職員不足」など介護業界が直面する課題は急激に変化しています。これら変化への迅速かつ適切な対応には、高い能力を持つ「管理者」「リーダー」が必須となります。 この研修会では「利用者への高品質なケアの提供」「利用者増・法人運営の安定化」などを目的に事業所運営に必須の【業務・情報マネジメント】【スタッフマネジメント】【利用者マネジメント】の4つのポイントに焦点を当て、激変する介護保険制度の中、法人・事業所として能力を高めていくための工夫について学んでいただきます。 <分科会の内容> 「次期介護報酬改定に向けた早期改定対策!高収益・高収入を生む業務マネジメント~効率的な加算算定と業務改善の実際~」 「人手不足の介護施設におけるチームマネジメント術~生産性とチームワークを高めるための管理者の役割とリーダーシップ」 「短期間で戦力化する教育方法と情報マネジメント~OJT、コーチング、研修、会議、面接手法の具体策」 「人材確保の具体策!人が集まる組織へのパラダイムシフト①~成功事例と同じノウハウが通用しないワケ~」 「職員の離職を防ぐ!職員の定着・育成のための取り組みと人が集まる組織へのパラダイムシフト②~職員にシフトを起こす会話~」 「組織を腐らせるコミュニケーションに対処する~「ゴシップ」を扱う力を磨く~」 「訴えてやる!利用者・家族からの介護トラブルに労力をかけずに効果的に実践できるリスクマネジメント」 「今、介護現場で多い労働面でのリスクトラブル」 「急増トラブル!介護現場でよく起こる「人的トラブル」の対応法~スタッフ間、利用者間、家族とのトラブル」 「常時稼働率90%超え!プログラムと営業ツールの強化で行う利用者増の工夫」 「キャンセル率ゼロを目指すためのちょっとした工夫と利用中止を減らすための工夫」 「利用者増につながる!利用者・家族の満足度を高めるプログラムなどの工夫」 ※詳細は下記よりご覧ください http://www.tsuusho.com/management/
    日本通所ケア研究会
  • location_on神奈川県query_builder2017/07/16 10:00
    <参加して欲しい理由> 管理者・リーダーなどの「能力」が経営・法人の将来を左右する! 「介護報酬・介護保険制度の変化」「利用者像の変化」「求められる機能の変化」「職員不足」など介護業界が直面する課題は急激に変化しています。これら変化への迅速かつ適切な対応には、高い能力を持つ「管理者」「リーダー」が必須となります。 この研修会では「利用者への高品質なケアの提供」「利用者増・法人運営の安定化」などを目的に事業所運営に必須の【業務・情報マネジメント】【スタッフマネジメント】【利用者マネジメント】の4つのポイントに焦点を当て、激変する介護保険制度の中、法人・事業所として能力を高めていくための工夫について学んでいただきます。 <分科会の内容> 「次期介護報酬改定に向けた早期改定対策!高収益・高収入を生む業務マネジメント~効率的な加算算定と業務改善の実際~」 「人手不足の介護施設におけるチームマネジメント術~生産性とチームワークを高めるための管理者の役割とリーダーシップ」 「短期間で戦力化する教育方法と情報マネジメント~OJT、コーチング、研修、会議、面接手法の具体策」 「人材確保の具体策!人が集まる組織へのパラダイムシフト①~成功事例と同じノウハウが通用しないワケ~」 「職員の離職を防ぐ!職員の定着・育成のための取り組みと人が集まる組織へのパラダイムシフト②~職員にシフトを起こす会話~」 「組織を腐らせるコミュニケーションに対処する~「ゴシップ」を扱う力を磨く~」 「訴えてやる!利用者・家族からの介護トラブルに労力をかけずに効果的に実践できるリスクマネジメント」 「今、介護現場で多い労働面でのリスクトラブル」 「急増トラブル!介護現場でよく起こる「人的トラブル」の対応法~スタッフ間、利用者間、家族とのトラブル」 「常時稼働率90%超え!プログラムと営業ツールの強化で行う利用者増の工夫」 「キャンセル率ゼロを目指すためのちょっとした工夫と利用中止を減らすための工夫」 「利用者増につながる!利用者・家族の満足度を高めるプログラムなどの工夫」 ※詳細は下記よりご覧ください http://www.tsuusho.com/management/
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2017/07/19 13:30
    「1日で学ぶ病院経営シリーズ」は、入門編と実践編の2コースから構成されています。 【実践編】 実践編の目的は、「病期別の実践的経営改善の考え方を理解する」ことです。入門編で学んだ知識をベースとし、病期(急性期、回復期、慢性期、精神科)別の経営改善の考え方と手法を学んでいただきます。実践編では、日本経営のコンサルタントが実際にコンサルティングで経営改善を行った事例も取り上げますので、より具体的かつ実践的な内容を学ぶことができます。 【実践編Ⅲ】 回復期病院 回復期領域は、全国的にみて病床数が圧倒的に不足しており、政策的には安定している状況であるといえます。しかしながら、機能別に捉えると、回復期病床数は全国的に充足しており、地域包括ケア病床が不足しているといったように、単純化できない側面もあります。政策的に安定しているとはいえ、急性期病院の動向にも影響を受けやすく、またアウトカム評価が求められやすいなど、経営的リスクは常に付きまとっています。このセミナーでは、地域でのポジショニングを確立するための、回復期病院が取るべき経営戦略と経営改善の本質を学びます。 【実践編Ⅳ】 慢性期病院 慢性期病院は、2018年度同時改定を経て、大再編時代に突入します。約27万床ある療養病床(介護療養病床含む)のうち、医療療養25対1病床、介護療養病床の約14万床が、今後の方向性を問われることになります。この再編により、医療療養20対1病床を持っている病院であっても、地域での医療区分2、3患者の確保は一層厳しさを増していくことになります。このセミナーでは、地域において安定的に重症度の高い患者を集めていくために、慢性期病院が取るべき経営戦略と経営改善の本質を学びます。 【実践編Ⅴ】 精神科病院 2012年に出された社会保障と税の一体改革の中で、2025年に向けて精神科病床は現状の約35万床から27万床へと、大幅な削減目標が打ち出されました。その目標の実現を後押しするように、2016年度診療報酬改定では地域移行機能強化病棟入院料という新たな入院料が新設されました。精神科病院を取り巻く経営環境は、かつてないほどに厳しくなっていると捉えることができます。このセミナーでは、大幅な削減目標となっている病床を有する精神科病院において、地域で生き残っていくための経営戦略と経営改善の本質を学びます。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on大阪府query_builder2017/07/19 09:30
    「1日で学ぶ病院経営シリーズ」は、入門編と実践編の2コースから構成されています。 実践編のみの単独受講も可能ですが、既に経営者の方や経営幹部の方であっても入門編から受講されることをお薦めします。本質を追求し、実践・応用していくためには、基本を正しく押さえておく必要があります。入門編は、正に病院経営の基本構造を理解することを焦点にあてています。 【入門編】 入門編の目的は、「病院経営の基本的構造を理解する」ことです。院内で何か取り組みを始める際には、経営的視点が必要不可欠です。経営的視点とは、病院経営の成り立ちを正しく理解して判断できるかどうかということです。入門編では、病院経営の基本構造を理解していただき、病院経営改善の実践を学ぶための土台作りを行います。 【実践編】 実践編の目的は、「病期別の実践的経営改善の考え方を理解する」ことです。入門編で学んだ知識をベースとし、病期(急性期、回復期、慢性期、精神科)別の経営改善の考え方と手法を学んでいただきます。実践編では、日本経営のコンサルタントが実際にコンサルティングで経営改善を行った事例も取り上げますので、より具体的かつ実践的な内容を学ぶことができます。 【実践編Ⅰ】 急性期病院 7対1、10対1 急性期の主流を担っていく7対1、10対1病院は、2025年に向けて一層の集約化が図られていく見込みです。総人口の減少や政策リスク等、今後も暫くは厳しい経営環境が継続することが予想されます。そのような中で、地域において急性期病院としての役割を発揮し、永続的な組織へと昇華させていくためには、急性期病院に適した経営戦略と経営改善の本質を理解することが必要です。このセミナーでは、7対1、10対1病院が取るべき経営戦略と経営改善の本質を学びます。 【実践編Ⅱ】 急性期病院 13対1、15対1 13対1、15対1病院は、今後の動向が非常に不透明な状況です。診療報酬制度や政策的議論においては、急性期病院という位置づけではなく、亜急性期・回復期領域に位置づけされているとも捉えられます。この領域の病院は、200床未満の中小医療法人が多く、制度の行方によって経営が大きく左右されるリスクがあります。 このセミナーでは、13対1、15対1病院を徹底解剖し、将来の制度的リスクも踏まえた上で、取るべき経営戦略と経営改善の本質を学びます。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on大阪府query_builder2017/07/18 13:00
    「1日で学ぶ病院経営シリーズ」は、入門編と実践編の2コースから構成されています。 実践編のみの単独受講も可能ですが、既に経営者の方や経営幹部の方であっても入門編から受講されることをお薦めします。本質を追求し、実践・応用していくためには、基本を正しく押さえておく必要があります。入門編は、正に病院経営の基本構造を理解することを焦点にあてています。 【入門編】 入門編の目的は、「病院経営の基本的構造を理解する」ことです。院内で何か取り組みを始める際には、経営的視点が必要不可欠です。経営的視点とは、病院経営の成り立ちを正しく理解して判断できるかどうかということです。入門編では、病院経営の基本構造を理解していただき、病院経営改善の実践を学ぶための土台作りを行います。 【実践編】 実践編の目的は、「病期別の実践的経営改善の考え方を理解する」ことです。入門編で学んだ知識をベースとし、病期(急性期、回復期、慢性期、精神科)別の経営改善の考え方と手法を学んでいただきます。実践編では、日本経営のコンサルタントが実際にコンサルティングで経営改善を行った事例も取り上げますので、より具体的かつ実践的な内容を学ぶことができます。 【入門編】 病院経営の基礎理解 「入門編」は、「病院経営の基本的構造を理解する」ことを目的に、病院経営の基礎を体系的に学ぶことができる内容です。入門編とはいえ、病院経営に関わる方にとっては、欠かすことができない内容です。入門編の内容を理解できていないと、病院の経営改善や現場改善はできないと言っても過言ではありません。 経営幹部は勿論のこと、事務部門やコメディカル部門等、病院で勤務する管理職クラスの方々には、是非とも受講していただきたい内容です。 1.病院を取り巻く環境は、どう変化していくか 2.病院の基礎理解と病期別の特徴と経営課題を理解する 3.病院の収入構造を理解する 4.病院の費用構造を理解する 5.経営が良い病院、悪い病院の特徴を理解する
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on福岡県query_builder2017/08/05 13:30
    「1日で学ぶ病院経営シリーズ」は、入門編と実践編の2コースから構成されています。 【実践編】 実践編の目的は、「病期別の実践的経営改善の考え方を理解する」ことです。入門編で学んだ知識をベースとし、病期(急性期、回復期、慢性期、精神科)別の経営改善の考え方と手法を学んでいただきます。実践編では、日本経営のコンサルタントが実際にコンサルティングで経営改善を行った事例も取り上げますので、より具体的かつ実践的な内容を学ぶことができます。 【実践編Ⅲ】 回復期病院 回復期領域は、全国的にみて病床数が圧倒的に不足しており、政策的には安定している状況であるといえます。しかしながら、機能別に捉えると、回復期病床数は全国的に充足しており、地域包括ケア病床が不足しているといったように、単純化できない側面もあります。政策的に安定しているとはいえ、急性期病院の動向にも影響を受けやすく、またアウトカム評価が求められやすいなど、経営的リスクは常に付きまとっています。このセミナーでは、地域でのポジショニングを確立するための、回復期病院が取るべき経営戦略と経営改善の本質を学びます。 【実践編Ⅳ】 慢性期病院 慢性期病院は、2018年度同時改定を経て、大再編時代に突入します。約27万床ある療養病床(介護療養病床含む)のうち、医療療養25対1病床、介護療養病床の約14万床が、今後の方向性を問われることになります。この再編により、医療療養20対1病床を持っている病院であっても、地域での医療区分2、3患者の確保は一層厳しさを増していくことになります。このセミナーでは、地域において安定的に重症度の高い患者を集めていくために、慢性期病院が取るべき経営戦略と経営改善の本質を学びます。 【実践編Ⅴ】 精神科病院 2012年に出された社会保障と税の一体改革の中で、2025年に向けて精神科病床は現状の約35万床から27万床へと、大幅な削減目標が打ち出されました。その目標の実現を後押しするように、2016年度診療報酬改定では地域移行機能強化病棟入院料という新たな入院料が新設されました。精神科病院を取り巻く経営環境は、かつてないほどに厳しくなっていると捉えることができます。このセミナーでは、大幅な削減目標となっている病床を有する精神科病院において、地域で生き残っていくための経営戦略と経営改善の本質を学びます。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on福岡県query_builder2017/08/05 09:30
    「1日で学ぶ病院経営シリーズ」は、入門編と実践編の2コースから構成されています。 実践編のみの単独受講も可能ですが、既に経営者の方や経営幹部の方であっても入門編から受講されることをお薦めします。本質を追求し、実践・応用していくためには、基本を正しく押さえておく必要があります。入門編は、正に病院経営の基本構造を理解することを焦点にあてています。 【入門編】 入門編の目的は、「病院経営の基本的構造を理解する」ことです。院内で何か取り組みを始める際には、経営的視点が必要不可欠です。経営的視点とは、病院経営の成り立ちを正しく理解して判断できるかどうかということです。入門編では、病院経営の基本構造を理解していただき、病院経営改善の実践を学ぶための土台作りを行います。 【実践編】 実践編の目的は、「病期別の実践的経営改善の考え方を理解する」ことです。入門編で学んだ知識をベースとし、病期(急性期、回復期、慢性期、精神科)別の経営改善の考え方と手法を学んでいただきます。実践編では、日本経営のコンサルタントが実際にコンサルティングで経営改善を行った事例も取り上げますので、より具体的かつ実践的な内容を学ぶことができます。 【実践編Ⅰ】 急性期病院 7対1、10対1 急性期の主流を担っていく7対1、10対1病院は、2025年に向けて一層の集約化が図られていく見込みです。総人口の減少や政策リスク等、今後も暫くは厳しい経営環境が継続することが予想されます。そのような中で、地域において急性期病院としての役割を発揮し、永続的な組織へと昇華させていくためには、急性期病院に適した経営戦略と経営改善の本質を理解することが必要です。このセミナーでは、7対1、10対1病院が取るべき経営戦略と経営改善の本質を学びます。 【実践編Ⅱ】 急性期病院 13対1、15対1 13対1、15対1病院は、今後の動向が非常に不透明な状況です。診療報酬制度や政策的議論においては、急性期病院という位置づけではなく、亜急性期・回復期領域に位置づけされているとも捉えられます。この領域の病院は、200床未満の中小医療法人が多く、制度の行方によって経営が大きく左右されるリスクがあります。 このセミナーでは、13対1、15対1病院を徹底解剖し、将来の制度的リスクも踏まえた上で、取るべき経営戦略と経営改善の本質を学びます。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on福岡県query_builder2017/08/04 13:00
    「1日で学ぶ病院経営シリーズ」は、入門編と実践編の2コースから構成されています。 実践編のみの単独受講も可能ですが、既に経営者の方や経営幹部の方であっても入門編から受講されることをお薦めします。本質を追求し、実践・応用していくためには、基本を正しく押さえておく必要があります。入門編は、正に病院経営の基本構造を理解することを焦点にあてています。 【入門編】 入門編の目的は、「病院経営の基本的構造を理解する」ことです。院内で何か取り組みを始める際には、経営的視点が必要不可欠です。経営的視点とは、病院経営の成り立ちを正しく理解して判断できるかどうかということです。入門編では、病院経営の基本構造を理解していただき、病院経営改善の実践を学ぶための土台作りを行います。 【実践編】 実践編の目的は、「病期別の実践的経営改善の考え方を理解する」ことです。入門編で学んだ知識をベースとし、病期(急性期、回復期、慢性期、精神科)別の経営改善の考え方と手法を学んでいただきます。実践編では、日本経営のコンサルタントが実際にコンサルティングで経営改善を行った事例も取り上げますので、より具体的かつ実践的な内容を学ぶことができます。 【入門編】 病院経営の基礎理解  「入門編」は、「病院経営の基本的構造を理解する」ことを目的に、病院経営の基礎を体系的に学ぶことができる内容です。入門編とはいえ、病院経営に関わる方にとっては、欠かすことができない内容です。入門編の内容を理解できていないと、病院の経営改善や現場改善はできないと言っても過言ではありません。 経営幹部は勿論のこと、事務部門やコメディカル部門等、病院で勤務する管理職クラスの方々には、是非とも受講していただきたい内容です。 1.病院を取り巻く環境は、どう変化していくか 2.病院の基礎理解と病期別の特徴と経営課題を理解する 3.病院の収入構造を理解する 4.病院の費用構造を理解する 5.経営が良い病院、悪い病院の特徴を理解する
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2017/07/12 13:00
    Ⅰ. 医療機関の移転新築・建て替え計画での本音と建前を熟知⇒肝に銘じ⇒即準備!?-東京オリンピック前には計画的発注ができるように薦めたい理由- 【13:00~14:30】 昨今は、診療機能の重装備化&高度化、またはホスピタリィティの充実、制度的にも療養環境の広さが求められ、それに対応する設計&建築業者側のプレゼンも変わり、競合性も伴い、建築単価が年々上昇し、いまや2020年の東京オリンピック需要も踏まえ、建築単価は一昔前より倍近くに、また建築業者側の強気の交渉姿勢・・・。果たして、いまの状況下での建築計画は、採算性を含め是が非か? 医療機関側がこれから"移転新築・建て替え"を計画する場合、少しでも(1)計画的に(2)事業的、そして(3)かしこく、策定・実施をしては如何でしょうか?実例と経験を通して伝えさせて下さい。 その1つのヒントとして今回は「201○年にゼネコンへの発注を目指す計画の進め方」を示したく、あくまでも「今より少しでも交渉しやすい&有利な時期をターゲットに、移転新築・建て替え計画を進めて欲しいという思いを込めた」講演ができればと考えています。 1.今までの沿革(建築単価と一床当たりの広さ)と外部環境 2.昨今から最近に至るまでの傾向 3.医療機関の移転新築・建て替え計画の策定のヒント 4.201○年の発注に向けての準備(1年半で何をしておく) 5.発注方式と発注に当たっての事前交渉とは・・・ Ⅱ. 求められる病院建築の今と正しい発注手法-病院施設整備事業を成功させるためのポイントと最新事例 【14:45~16:45】 今、2025年問題・建築工事費の高騰など病院建設・整備に対して強い逆風が吹き荒れています。とはいっても耐震化ほか時代が求める医療施設への転換の必要性に迫られ、整備を余儀なくされている状況もあります。解決策としてPFI、DB、ECIなど耳新しい建築発注手法が次々と登場します。果たしてどれが得策なのか、それぞれの意味・具体の手法を明らかにしながら、今、必要な病院施設整備事業を成功させるにはどうしたらよいか考えます。 1.失敗しない施設整備 2.正しい発注手法とは 3.求められる病院建築の今 4.質の確保
    (株)新社会システム総合研究所