経営のセミナー12 件中 1 - 12 件を表示

  • location_on東京都query_builder2018/08/28 13:00
    あなたは、こんな悩みを抱えていませんか? ・今病院は大変なのに、危機感や焦りがスタッフに伝わらず現場は権利ばかり主張する。 ・考え抜いた経営改善策なのに、医師は否定的な意見ばかり言う。 ・採用コストが年々増え続けるばかりで、良い人材を辞めさせず成長させる手段がない。 ・院長は医師の少なさや厳しさのため、自分が率先して診療を担わなくてはならない。 ・その結果経営やマネジメントを考える暇がなく、大事な問題が先送りされる ・苦楽を共にできる、心から信頼できる経営参謀がいない。育たない。 こんにちは
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2018/08/23 13:00
    医療機関の患者トラブル対応において、院長ら経営幹部が対応に慣れてないため、患者言いなり処理や、人任せ処理で終わることも多い。「患者第一」「患者いいなり」となってはいけない。 私は予てより、全ての患者トラブルは、結局「応召義務」の問題に行き着くのではないかと訴えてきた。本セミナーでは「応召義務」を単なる "知識"ではなく、現場で使える、言うなれば伸び縮み可能な「知力」に転化できるようにしたい。 1. 患者トラブルの構造を3点(MP、ハードクレーマー、普通の人)で押さえる 2. 患者トラブル
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2018/08/21 13:00
    2010年から2040年にかけて若年人口は3000万人減少し、後期高齢者は1000万人増加する。このような急速な変化に対応するには、(1)医療・介護の生産性を大幅に向上させる、(2)後期高齢者が省エネ型のライフスタイルを実践することが、不可欠である。 講演では、未来投資戦略で示されたICTやハイテク機器を用いて生産性の上がった2025年の医療介護現場のあるべき様子や、医療介護の利用量が少ないが人生の満足度が高い2025年の高齢者の標準的な老い方・死に方を紹介する。 1.今後日本の人口構成は
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2018/08/31 12:30
    1.平成30年度診療報酬改定について(概要のみ) 2.今回の薬価算定基準の改定について 3.医療用医薬品の薬価基準収載をする際に知っていなければいけないポイント 算定方法/類似薬効比較方式/原価計算方式/外国平均価格調整/加算 4.申請書類の記入方法についてのポイント 実際の書式を用いて記載の際の注意点/薬価基準収載希望書資料作成/推定適用患者数及び予測販売数根拠資料/類似薬効比較方式の選定薬の根拠の記載方法/類似薬がない根拠/加算を申請/原価計算方式の資料 5.学会活動・ロビー活動でのポイント
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/09/19 12:30
    1.CMC申請資料の構成と特徴 CTDの構造/日本と欧米・アジア地区など地域間の相違/開発段階・申請区分による違い/必要とされる薬事規制知識 2.CTDで要求されている記載項目 原薬関係/製剤関係 3.効率的な資料作成体制整備 体制概要/課題と対策/試験報告書作成の定着/執筆ルール確立/電子・紙資料の保管ルール確立/自己チェックスキル向上/査読留意点/導入品の留意点/効果と体制の維持管理 4.照会事項対策 照会事項の分類/回答書作成の留意点/導入品回答書作成の留意点 5.まとめ
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/09/27 12:30
    1.医薬品開発の特徴 低い成功確率、高い開発コスト 早期判断の重要性 2.医薬品開発における「失敗」 「失敗」と「成功」 医薬品開発における「失敗」とは 防げる失敗と防げない失敗 ・防げる失敗に対する予防策を考える 3.失敗の実例と原因分析、予防策 演者の経験した失敗事例 公表されている失敗事例 原因分析と予防策 4.失敗確率を減らすための対策 リスクマネジメント ・失敗確率を減らすプロジェクトマネジメントの仕組みやプロセス 「目利き」の育成 ・開発早期の適切な意思決定ために
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2018/09/16 10:00
    この研修会では、医療・介護の現場実践・マネジメントに精通した4名の理学療法士が、地域に必要とされる生活期リハ拠点でのADL・IADLの回復、活動と参加につながる実践的リハビリアプローチ、医療・介護の連携力を高める人材育成・マネジメント手法などを講義と実技でお伝えいたします。 【選べる12の分科会】 「2018年医療と介護同時改定に対する取り組み」 「デイケア運営 新規利用者確保と加算算定」 「歩行の限界に挑戦!」 「ADL・IADLを改善する福祉用具、自助具などの工夫」 「リハビリ部門のグループ拠点間での医療・介護連携(1)」 「デイケア運営 短時間デイケアと長時間デイケア」 「慢性片麻痺の方へのアプローチと効果の出し方」 「慢性疼痛を持つ方へのリハビリアプローチ」 「リハビリ部門のグループ拠点間での医療・介護連携(2)」 「デイサービス、デイケアのリハ職のあり方」 「パーキンソン病症候群へのアプローチ」 「ワンランク上のシーティング技術」 【講師】 ・中道 哲郎氏(ひかりメディカルグループリハビリテーション部門 統括責任者) ・光田 尚代氏(医療法人寿山会 喜馬病院リハビリテーション部 課長) ・生野 達也氏(一般社団法人動きのコツ協会 代表理事) ・野田 和美氏(NPO法人日本介護福祉教育研修機構 認定講師) 詳細は公式ホームページよりご確認ください https://www.tsuusho.com/reha-care/
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2018/08/19 10:00
    この研修会では、医療・介護の現場実践・マネジメントに精通した4名の理学療法士が、地域に必要とされる生活期リハ拠点でのADL・IADLの回復、活動と参加につながる実践的リハビリアプローチ、医療・介護の連携力を高める人材育成・マネジメント手法などを講義と実技でお伝えいたします。 【選べる12の分科会】 「2018年医療と介護同時改定に対する取り組み」 「デイケア運営 新規利用者確保と加算算定」 「歩行の限界に挑戦!」 「ADL・IADLを改善する福祉用具、自助具などの工夫」 「リハビリ部門のグループ拠点間での医療・介護連携(1)」 「デイケア運営 短時間デイケアと長時間デイケア」 「慢性片麻痺の方へのアプローチと効果の出し方」 「慢性疼痛を持つ方へのリハビリアプローチ」 「リハビリ部門のグループ拠点間での医療・介護連携(2)」 「デイサービス、デイケアのリハ職のあり方」 「パーキンソン病症候群へのアプローチ」 「ワンランク上のシーティング技術」 【講師】 ・中道 哲郎氏(ひかりメディカルグループリハビリテーション部門 統括責任者) ・光田 尚代氏(医療法人寿山会 喜馬病院リハビリテーション部 課長) ・生野 達也氏(一般社団法人動きのコツ協会 代表理事) ・野田 和美氏(NPO法人日本介護福祉教育研修機構 認定講師) 詳細は公式ホームページよりご確認ください https://www.tsuusho.com/reha-care/
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2018/09/09 10:30
    今回の同時改定のメッセージを読み解き地域包括ケア時代を戦略的に生き残る! 医療・介護の連携強化!急性期・回復期・生活期リハ各ステージの対策! 今回の同時改定は2015年の介護報酬改定・2016年の診療報酬改定同様に改めて在宅医療の推進と介護連携強化が前面に出た改定となりました。 特に回復期以降のステージでは老健施設や在宅サービスとの連携が非常に重要なものとなりました。そのためには、「病棟」と「老健施設」「通所・訪問」がいかに連携し、在宅への橋渡しができるのかがカギとなります。医療・介護分野共にリハビリテーション部門の機能・医介連携はの今後の事業生き残りには必須の条件となりました。 このセミナーでは、地域医療構想を踏まえて大改革・強化が求められる各ステージごとのリハビリテーション部門の在り方と備えるべき戦略について、3名の講師陣が分かりやすくお伝えいたします。
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2018/12/15 13:00
    質の高い看護サービス、チーム医療を病棟で展開するには、「カンファレンス・ミーティングの質」を見直す必要があります。多忙な現場でのカンファレンスで、「意見が出ない」、「結論に至らない」、「時間が長い」などの問題点を解決する手法として「ファシリテーション」が注目されています。本研修では、看護師に求められるファシリテーションスキルを学び、演習を通して「現場で即、使える」ことを目指します。 1.ファシリテーションとは  (1)ファシリテーションとは  (2)ファシリテーションとコーチング  (3)看護現場で求められるファシリテーション 2.ファシリテーターの役割と機能  (1)カンファレンスでファシリテーションを活用する  (2)ファシリテーターの役割と機能  (3)司会とファシリテーターの違い  (4)ファシリテーションスキル 3.演習1~場をデザインするスキル「準備をする」  (1)計画と準備  (2)プロセス管理(統制と判断) 4.演習2~コミュニケーションスキル「聴く・質問する」  (1)聴くことで意見を引き出す  (2)質問で意見を引き出す 5.演習3~構造化スキル「議論を見える化する」  (1)見える化するには  (2)帰納的アプローチ・演繹的アプローチ  (3)議論を見える化する方法・ステップ 6.演習4~合意形成スキル「ゴールに導く」  (1)合意形成の方法  (2)対立意見が出たらどうするか  (3)対立解消手法
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2018/09/15 13:00
    師長・主任のマネジメント実践能力がさらに求められてきています。しかし、看護管理者が研修等で習得した知識を現場で実践しても、その振り返り・評価まではなされていない、というのが現状ではないでしょうか?また、自分が判断したことが「本当に正しかったのか」ということを常に思っているケースも多いようです。 本セミナーでは、振り返りとコーチング手法を取り入れ、管理者・リーダーに今、最も適した学習として注目されている「看護マネジメントリフレクション」について、その基本を学んでいただいた後、実際に演習で体験していただきます。自分のマネジメント・意思決定を振り返り、他者からのコーチングを受けることで、「本当にその判断で良かったのか」という疑問への回答、看護管理の質を高めるヒントを得られるようにプログラム致しました。 1.看護マネジメントリフレクションの基本的な考え方  (1)看護マネジメントリフレクションとは  (2)経験学習サイクル  (3)リフレクションとコーチング 2.看護マネジメントリフレクションの活用と実際  (1)話し方のポイント  (2)コーチング・介入のポイント  (3)リフレクションの3つの視点  (4)自院で導入する際のポイント~先行事例から 3.演習~「看護マネジメントリフレクション」  (1)リフレクション  (2)相互コーチング 4.質疑応答
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on愛知県query_builder2018/09/02 10:00
    (1)2018年同時改定は、あなたの組織が結果を出せるか出せないかの分岐点 (2)リハビリテーション関連の診療報酬・介護報酬の増収マネジメント (3)マネジメントにおける単価アップの具体策(収益を高める工夫と効果を高める工夫) (4)患者、利用者の満足度を高めるマネジメント (5)満足度を高める工夫 (6)多職種連携のマネジメント (7)質の高いリハビリテーションを提供するための多職種連携システム (8)他職種の信頼を得るための工夫 (9)包括的リハビリテーションのマネジメント (10)多様な状
    日本通所ケア研究会