経営のセミナー14 件中 1 - 14 件を表示

  • location_on東京都query_builder2020/01/22 13:00
    Ⅰ. 欧州における高齢者支援のパラダイムシフト 1.ヘルス概念の変化と高齢者観の変化 2.「サービス提供原則」から「well‐being原則」へ 3.デンマーク、イギリスの「リエイブルメント」 4.オランダの「インフォーマルファースト」「社会的処方」 5.日本のお家芸AI, IoTへの熱い視線 Ⅱ. リエイブルメントの実際-well‐beingに溢れた生活を取り戻す- 1.person centered approach 2.community based approach 3.strength based approach 4.asset based approach 5.対話 6.セルフマネジメント 7.専門職の教育アップデート 8.多職種連携 Ⅲ. リエイブルメントがもたらす地域包括ケアへのインパクト 1.欧州の潮流と介護予防・日常生活支援総合事業 2.介護予防・生活支援サービスの提供責任 3.アセスメント ・要支援認定と基本チェックリスト ・ケアマネジメント 4.地域リハビリテーション活動支援事業 5.リエイブルメントと短期集中サービス(C型) 6.社会参加と生活支援コーディネーター
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/12/18 13:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込) Ⅰ. 単回使用医療機器の再製造の欧米での現状と日本の課題 1.日本のSUDの再使用の現状 2.米国のRSUDの現状 3.ドイツをはじめとした欧州のRSUDの現状 4.RSUDの日本現状と課題 Ⅱ. 米国におけるSUD再製造の現状と日本の近況 1.米国等における歴史・背景 2.米国Strykerの状況紹介 3.日本導入にむけての調査や検討について 4.日本における近況 5.今後の課題等 Ⅲ. ホギメディカルのSUD再製造への取り組みと課題 1.単回医療機器再製造推進協議会(JRSA) 2.医療機関から使用済みSUD(再生部品)を収集 3.医療機関との洗浄方法の違い -鋼製器具とSUD- 4.課題
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/12/16 13:30
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込) Ⅰ. 医療費抑制策とフォーミュラリーが目指すべきもの 1.国民医療費 2.標準治療 3.医療の質・安全 4.有効性と安全性 5.経済性 Ⅱ. 院内フォーミュラリーの導入事例と今後の展開 1.院内フォーミュラリー導入背景と作成プロセス 2.院内フォーミュラリーの事例紹介と導入効果 3.地域フォーミュラリーの推進に向けて Ⅲ. 院内フォーミュラリーの作成と実践 1.大学病院におけるフォーミュラリーの運用事例   ・組織・運用フロー   ・作成プロセスと実施   ・経済効果   ・課題 2.海外の運用 -米国・英国- 3.地域連携フォーミュラリーにおける大学病院の役割 4.抗がん剤その他、高額薬剤の検討 Ⅳ. フォーミュラリーをめぐる動向と今後の展開 1.院内フォーミュラリーと地域フォーミュラリー 2.フォーミュラリーの作成とその運用について 3.米国におけるフォーミュラリー 4.フォーミュラリーとジェネリック医薬品
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/12/14 13:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込) Ⅰ. 尾三会の取り組みと今後の展開 2017年4月に大学病院が参加する地域医療連携推進法人「尾三会」が発足した。尾三会は、急性期医療から介護までのきめ細かな地域連携を目指し、在宅医療・介護を含めた地域住民の安心につながる新しい医療・ケアモデルの広域展開を考えている。また、大学病院が参加することにより、連携区域内での幅広い医療人の育成が可能となり、時代の要請に応える未来型の医療・介護サービス連携の多面的発展を目指している。 1.尾三会設立の背景 2.尾三会の概要 3.医療連携推進業務 4.今後の取組 Ⅱ. さがみメディカルパートナーズの取り組みと今後の展開 神奈川県では初の地域医療連携推進法人として、「さがみメディカルパートナーズ」は2019年4月に認定を受けた。同法人は、医療需要がしばらくは減少しない、都市型の医療圏において民間施設により構成された連携推進法人である。先般、地域医療構想への具体的対応方針の再議論が必要だとして厚労省より公立・公的医療機関リストの公表がされたが、私共は、公立・公的医療機関のみならず一定規模の民間病院も併存する医療圏において、地域ごとに効率的で不足のない医療提供体制を構築するためには、病床の調整だけではなく、機能分化を促進するための医療機関自身の経営体質強化を併せて行う必要があると考えている。講義では、民間法人主体型ならではの連携推進事業の内容や、今後の展開イメージについてお話させて頂く。 1.さがみメディカルパートナーズ設立の背景 2.法人設立のプロセス 3.民間主体型(都市型)としての特徴 4.今後目指していく方向性 Ⅲ. 三位一体改革と地域医療連携推進法人 1.2040年問題 2.424病院リスト 3.働き方改革 4.医師偏在対策 5.三位一体改革と地域連携推進法人の役割
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/11/30 13:00
    平成30年度診療報酬改定を踏まえ、次回改定に向けてどう変わっていくのか、データに基づき改定の方向性と急性期病院経営のあるべき姿を追求します。 1.医療経済実態調査からみえる平成30年度改定前の財務状況 2.一般病院の収支状況は直近でどう変化したか。 3.政策医療の提供を理由に自治体病院への繰り入れは正当化されるのか。 4.大垣市民病院はなぜ強いのか。 5.重症度、医療・看護必要度B項目をどう考えるか。 6.急性期といいうる入院診療単価の水準 高単価病院の特徴 7.材料費比率が高いことが急性期医療の特徴 8.手術室稼働状況の実態と留意点 9.出来高の急性期病院は存在しうるのか。 10.地域一般入院基本料と地域包括ケア病棟 再編統合の方向性 11.地域包括ケア病棟 その利用実態 病院機能による違い 12.地域包括ケア病棟におけるレスパイト入院受け入れ その留意点 13.地域包括ケア病棟で実施すべき手術は 14.地域包括ケア病棟と回復期リハビリテーション病棟 いずれを選択すべきか。 15.急性期病院の転院先は回復期病院なのか。 16.再編統合は424病院だけの問題ではない。対象病院にとっての選択肢 17.総合入院体制加算をどう考えるか。総合入院体制加算3から2への届出に向けて。 18.市立病院統合の成功事例 中東遠総合医療センター 19.入退院支援加算、入院時支援加算 病院による算定状況の違いと課題 20.栄養サポートチーム加算などチーム医療の現状と課題 21.消費税問題と医療機関別係数 22.診療密度が高いDPC特定病院群は何が違うのか。 23.DPC/PDPSにおいて退出ルールはなぜできなかったのか。 24.DPC/PDPS機能評価係数Ⅱが6項目に戻った影響 25.機能評価係数Ⅱが上がった病院の特徴 26.救急医療入院の地域差はどう変化したか。 27.救急医療係数が上がった病院は何をしたのか 28.救命救急入院料1・3の患者像 今後どうなるか。 29.SOFAスコアからみえるICU入室率と実態 30.急性期看護補助体制加算 夜間100対1の届出に成功した事例 31.医師事務作業補助者体制加算 増員せずに上位の届出を実現した事例 32.検査ISOをどう考えるか。 33.PCI実施率の地域差からみる手術症
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/11/27 19:00
    厚生労働省では、厚生労働大臣を本部長とするデータヘルス改革推進本部を2017年に設置し、本年9月の本部で、2020年度までにデータヘルス改革の基盤を構築した上で、2021年度以降に、「ゲノム医療・AI活用の推進」「自身のデータを日常生活改善等につなげるPHRの推進」「医療・介護現場の情報利活用の推進」「データベースの効果的な利活用の推進」を目指し、2025年度までの工程表を決定した。 本講義では、これらの取組の現状と今後の展望について紹介する。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/11/26 14:00
    ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込) この講義では、デジタル×ヘルスケアビジネスの領域で多数の事業を立ち上げてきた講師が、オンライン診療、医療AI、デジタル医療機器といったデジタル時代に必ず抑えておくべきテーマについて実際の企業の事例を多数取り入れて紹介し、「デジタル時代のヘルスケアビジネス立ち上げ」において大事なことを、実践経験をもとに徹底解説します。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on東京都query_builder2019/12/06 13:00
    Ⅰ. なぜ、赤字にあえぐ中小病院が、年間2億円以上の増収を実現できたのか? 経営数字力でコミュニケーションを向上させる「かしこい数字の使い方」で医師や他部門を動かす方法 複雑な会計知識を必要とすることなく、かんたんに病院のお金の流れを1枚の図で見える化。たった2割の会計知識で、経営判断に必要な8割のことを理解できるようになる「お金のブロックパズル」を使って、医師や他部門が進んで経営に関わるようになる実践的キャッシュフロー思考について解説します。 Ⅱ. 患者や他の医療機関・職員から選んでもらえる『オンリーワン・病院』を目指して ~職場は貴方の晴れ舞台~ 当院は、急性期の脳・神経・運動器疾患の総合的専門病院を目指し、経営理念を目的に、全職員参加で経営指針書を作成し、人材育成を中心に経営を推進してきた。病院の特色としてワークライフバランスを重視し、職場環境の整備・医療とアートの融合など癒しの環境の整備を行った。理念追求型の学習型病院について言及したい。 Ⅲ. 外来・入院医療中心へ転換した、くろさわ病院の経営改善事例 当法人は長野県佐久市を中心に83床の小病院であるくろさわ病院を中心に保健医療福祉を展開している。病院は建物の老朽化により2017年4月に新築移転し、近年注力しているリハビリ・救急・整形外科手術に重点的に取り組み、更に収支が悪化していた医療療養床を地域包括ケア病棟に転換し経営改善に取り組んでいる。法人全体としては介護事業所を整理し運営の効率化を図り、また商店街のイベントに参加し、空き店舗を利用してコミュニティスペースを開設し街づくりに積極的に参画している。 ※同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込)
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on愛知県query_builder2019/12/15 10:30
    「通所介護計画」「個別機能訓練計画」の作成でもう悩まない! 適切な「アセスメント」「目標設定」「評価」で活動と参加を推進するデイをつくる 【内容】 ・残された人生がマシンを使った機能訓練に明け暮れる日々で終わらせて良いのか? ・疑問とソーシャルワークの視点から始まった社会的自立支援ケア ・ご利用者の人生(過去・現在・未来)の過ごし方のニーズを効率よく引き出す ・ICFに準拠して「身体的自立支援」と活動と参加につながる「社会的自立支援」にバランスよく働きかける ・問題点だけに着目しないアセスメント
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2019/12/07 10:30
    「通所介護計画」「個別機能訓練計画」の作成でもう悩まない! 適切な「アセスメント」「目標設定」「評価」で活動と参加を推進するデイをつくる 【内容】 ・残された人生がマシンを使った機能訓練に明け暮れる日々で終わらせて良いのか? ・疑問とソーシャルワークの視点から始まった社会的自立支援ケア ・ご利用者の人生(過去・現在・未来)の過ごし方のニーズを効率よく引き出す ・ICFに準拠して「身体的自立支援」と活動と参加につながる「社会的自立支援」にバランスよく働きかける ・問題点だけに着目しないアセスメント
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/11/24 10:15
    1. お世話型サービスから利用者の意思でやりたいことが出来るサービスへ 2. ケアマネジャーが選びたくなる広報物の作り方とプレゼンの仕方 3. 利用者・家族が「デイを見に行きたくなるように伝える」ということ 4. 地域に自事業所の必要性を感じてもらうための広報とは 5. キーワードは「循環」と「継続」!地域連携拠点のつくりかた
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2020/02/22 13:00
    質の高い看護サービス、チーム医療を病棟で展開するには、「カンファレンス・ミーティングの質」を見直す必要があります。多忙な現場でのカンファレンスで、「意見が出ない」、「結論に至らない」、「時間が長い」などの問題点を解決する手法として「ファシリテーション」が注目されています。本研修では、看護師に求められるファシリテーションスキルを学び、演習を通して「現場で即、使える」ことを目指します。
    (株)新社会システム総合研究所
  • location_on福岡県query_builder2019/11/30 10:00
    <午前>10:00~12:15 生活期リハビリテーション関係者が知っておきたいマネジメントとマーケティング 講師:高木 綾一 氏(株式会社Work Shift 代表取締役/理学療法士) 【内容】 ・外来リハ患者激減、入院日数短縮で生活期リハ施設(通所リハ・老健・訪問)の需要増大 ・利用者の流れを確立する ・なぜ、マーケティングが必要なのか(基本と導入の視点) ・押さえておくべき地域におけるマーケティングの考え方と手法 ・自法人のサービスがどの医療・介護事業所の問題解決に寄与するのか ・認知度と信頼を勝ち取る!利用者・家族・ケアマネ向け情報提供の工夫 ・「報酬」と「加算」の考え方 ・「報酬が高い」という理由のみで加算算定のマネジメントは行き詰る ・医師の関与増大で生活期リハビリのマネジメントは複雑化 ・必須!「基本報酬」「加算算定」の意義に基づくマネジメント ・課題となっている「効率化」への対応 ほか <午後>13:15~15:30 今求められる老健・通所・訪問の連携!在宅復帰・在宅療養支援力アップで収益・運営改善 講師:塩原 貴子 氏(介護老人保健施設フェルマータ船橋 事務長代理) 【内容】 ・「軸」「ウリ」がしっかりした「困った時のフェルマータさん」 ・どれだけ「地域の事業所」「インフォーマルサービス」を巻き込むか ・「数字上の限界値」「体制の限界値」「方法の限界値」 ・「活動」と「参加」の生活期リハビリマネジメントの展開実践事例 ・リハビリ機能を強化しながらケアの質を担保するマネジメント術 ・稼働率を落とさないために ・セラピスト配置の工夫 ・多部門連係で一貫した目標達成 ・併設部門があることのメリットを十分に生かす ・自己管理に導くのは可能か?効果を上げる自主トレーニングメニューの工夫 ・地域に利用者を出していく ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2020/01/18 13:00
    1.ファシリテーションとは 2.ファシリテーターの役割と機能 3.演習1~場をデザインするスキル「準備をする」 4.演習2~コミュニケーションスキル「聴く・質問する」 5.演習3~構造化スキル「議論を見える化する」 6.演習4~合意形成スキル「ゴールに導く」
    (株)新社会システム総合研究所