体幹・脊椎 全般のセミナー53 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on東京都query_builder2017/11/26 10:30
    内臓・頭蓋治療や経絡治療などは、アドバンスコースやマスターコースなどまで学ばないといけないため、時間と費用が掛かり学ぶことに躊躇する方も多いでしょう。 さらに、1つ1つの技術では対応できない患者様が来院された際には、筋膜や内臓、経絡治療など幅広いテクニックが必要になりますが、それらのテクニックを1度に学ぶことは他のセミナー団体さんではおこなっていません。 さらに、患者様とのラポールつくりに必要なスキルを学び、苦手な患者さんも本気で向き合えるようになるためのメンタルアプローチも指導しています。
    ALLアプローチ協会
  • location_on徳島県query_builder2018/03/04 09:00
    ◇キネシオテーピング®理論と基本技術を実習する講座です。 ◇他の日程、地域での講座情報は、http://www.kokusaikt.jimdo.com/ にてご確認ください。
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2018/02/17 09:00
    ◇キネシオテーピング®理論と基本技術を実習する講座です。 ◇他の日程、地域での講座情報は、http://www.kokusaikt.jimdo.com/ にてご確認ください。
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on大阪府query_builder2017/10/26 19:00
    リハビリを行う上で、必ず必要な知識があります。 それは呼吸循環器に対する基礎知識です。 急性期であれば、まず離床をするにあたって必要なリスク管理をする上で、 今の病態がどの程度安定しているのか、を評価しなければなりません。 回復期であれば、患者様の運動負荷をかけていく際に、どの程度まで運動負荷をかければ AT値を超えた安定限界以下での効果的なリハビリが出来るかを考えなければいけません。 維持期や在宅であれば、モニターや血液データはない以上、 フィジカルアセスメントをしっかりと理解しておかなければ、 重大なリスクに繋がる可能性があります。 これらは整形疾患であっても、中枢神経疾患であっても必ず習得して置かなければいけない知識です。 ◯病院でのリハビリに自信がない ◯知識や技術が十分習得できていない ◯なかなか患者様の運動機能向上で結果が出ない。 病院では、いまさらなかなか聞けないリハビリの基礎知識を、いまからあなたも学んでみませんか?
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on岩手県query_builder2017/11/12 09:30
    さて今回の当会主催研修会は『セラピストがヨガ・ボディワークを学ぶ理由(わけ)』をテーマに開催致します。今まで東洋医学講座やトリガーポイントセミナーの様に治療手技的な内容が多かったのですが、今回ヨガ・ボディワークを通じで身体の正しい動きを意識して行う事による身体的な変化などに注目したセミナーになります。詳細は当会Facebookページ(https://www.facebook.com/tatsujin.iwate/posts/683327991861135)をご参照下さい。早期割引有10/22迄。
    達人に学ぶセラピストの会inいわて
  • location_on福岡県query_builder2017/12/17 09:30
    関節の歪みの多くは、骨の位置関係のわずかなズレから進行します。骨の位置関係が崩れたまま運動を繰り返すと、筋肉の働きにまで影響を及ぼします。関節の歪みはさらに進み、慢性的な関節の痛み、アスリートなどはパフォーマンスの低下、怪我の後遺症の長期化に苦しむなどの事態に陥ります。それらの痛み、悩みを解決していくためには、根本的な原因である歪みに対処することが必要です。  リアライン・デバイスは関節の「歪み」や「ずれ」を整え、関節が本来持つ運動機能を速やかに回復させる方法に基づき開発されました。リアライン・デバイスは下記の部位を整えることができます。 【膝関節:膝の捻じれを解消】 リアライン・レッグプレス リアライン・バランスシューズ膝関節用 【足関節:捻挫を防ぐ】 リアライン・バランスシューズ足関節用 リアライン・ソックス 【足部:立体的なドーム構造を形作る】 リアライン・インソール 【体幹:歪みのない、理想的なコアをつくる】 リアライン・コア  リアライン・デバイスの魅力は短時間かつ短時間のトレーニングで効果が期待できることです。関節を整えるトレーニングの1つとしてリアライン・デバイスを取り入れてはいかがでしょうか?
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on鹿児島県query_builder2017/12/02 09:30
    関節の歪みの多くは、骨の位置関係のわずかなズレから進行します。骨の位置関係が崩れたまま運動を繰り返すと、筋肉の働きにまで影響を及ぼします。関節の歪みはさらに進み、慢性的な関節の痛み、アスリートなどはパフォーマンスの低下、怪我の後遺症の長期化に苦しむなどの事態に陥ります。それらの痛み、悩みを解決していくためには、根本的な原因である歪みに対処することが必要です。  リアライン・デバイスは関節の「歪み」や「ずれ」を整え、関節が本来持つ運動機能を速やかに回復させる方法に基づき開発されました。リアライン・デバイスは下記の部位を整えることができます。 【膝関節:膝の捻じれを解消】 リアライン・レッグプレス リアライン・バランスシューズ膝関節用 【足関節:捻挫を防ぐ】 リアライン・バランスシューズ足関節用 リアライン・ソックス 【足部:立体的なドーム構造を形作る】 リアライン・インソール 【体幹:歪みのない、理想的なコアをつくる】 リアライン・コア  リアライン・デバイスの魅力は短時間かつ短時間のトレーニングで効果が期待できることです。関節を整えるトレーニングの1つとしてリアライン・デバイスを取り入れてはいかがでしょうか?
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on東京都query_builder2017/12/03 09:30
    関節の歪みの多くは、骨の位置関係のわずかなズレから進行します。骨の位置関係が崩れたまま運動を繰り返すと、筋肉の働きにまで影響を及ぼします。関節の歪みはさらに進み、慢性的な関節の痛み、アスリートなどはパフォーマンスの低下、怪我の後遺症の長期化に苦しむなどの事態に陥ります。それらの痛み、悩みを解決していくためには、根本的な原因である歪みに対処することが必要です。  リアライン・デバイスは関節の「歪み」や「ずれ」を整え、関節が本来持つ運動機能を速やかに回復させる方法に基づき開発されました。リアライン・デバイスは下記の部位を整えることができます。 【膝関節:膝の捻じれを解消】 リアライン・レッグプレス リアライン・バランスシューズ膝関節用 【足関節:捻挫を防ぐ】 リアライン・バランスシューズ足関節用 リアライン・ソックス 【足部:立体的なドーム構造を形作る】 リアライン・インソール 【体幹:歪みのない、理想的なコアをつくる】 リアライン・コア  リアライン・デバイスの魅力は短時間かつ短時間のトレーニングで効果が期待できることです。関節を整えるトレーニングの1つとしてリアライン・デバイスを取り入れてはいかがでしょうか?
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on大阪府query_builder2017/11/19 09:30
    関節の歪みの多くは、骨の位置関係のわずかなズレから進行します。骨の位置関係が崩れたまま運動を繰り返すと、筋肉の働きにまで影響を及ぼします。関節の歪みはさらに進み、慢性的な関節の痛み、アスリートなどはパフォーマンスの低下、怪我の後遺症の長期化に苦しむなどの事態に陥ります。それらの痛み、悩みを解決していくためには、根本的な原因である歪みに対処することが必要です。  リアライン・デバイスは関節の「歪み」や「ずれ」を整え、関節が本来持つ運動機能を速やかに回復させる方法に基づき開発されました。リアライン
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on香川県query_builder2017/11/05 09:30
    関節の歪みの多くは、骨の位置関係のわずかなズレから進行します。骨の位置関係が崩れたまま運動を繰り返すと、筋肉の働きにまで影響を及ぼします。関節の歪みはさらに進み、慢性的な関節の痛み、アスリートなどはパフォーマンスの低下、怪我の後遺症の長期化に苦しむなどの事態に陥ります。それらの痛み、悩みを解決していくためには、根本的な原因である歪みに対処することが必要です。  リアライン・デバイスは関節の「歪み」や「ずれ」を整え、関節が本来持つ運動機能を速やかに回復させる方法に基づき開発されました。リアライン・デバイスは下記の部位を整えることができます。 【膝関節:膝の捻じれを解消】 リアライン・レッグプレス リアライン・バランスシューズ膝関節用 【足関節:捻挫を防ぐ】 リアライン・バランスシューズ足関節用 リアライン・ソックス 【足部:立体的なドーム構造を形作る】 リアライン・インソール 【体幹:歪みのない、理想的なコアをつくる】 リアライン・コア  リアライン・デバイスの魅力は短時間かつ短時間のトレーニングで効果が期待できることです。関節を整えるトレーニングの1つとしてリアライン・デバイスを取り入れてはいかがでしょうか?
    株式会社GLAB/日本健康予防医学会
  • location_on埼玉県query_builder2017/10/23 19:00
    その足の痺れ、歩き続けた際の筋力低下、本当に脊柱管狭窄症が原因ですか? 脊柱管狭窄症では、下肢後面の痺れと間欠性跛行が主症状としてありますが、その原因は神経性のものだけではないのはご存知でしょうか? 評価を適切に行うことで痺れを改善できる可能性が出てくるかもしれませんよ。 今回は脊柱管狭窄症の基礎とその評価・アプローチ方法のポイントを実技を含めてお伝えしていきます。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/12/14 19:30
    概要: 足関節・足部は非常に狭い領域に多くの骨が密集している。そのため、本来は多くの可動性と多くの筋による協調的な運動を要求される部位であると考えられる。しかし、多くの患者さんは足部の可動性が低下しており足部の機能が発揮出来ていない状態で動作を行なっている。今回は、足部の可動性に着目して講義します。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/12/05 19:30
    概要: 連合反応って?どうやって抑えるの?なぜ起こるの? 脳血管疾患に対し、連合反応はなぜ起こるのか、どうやって抑制するのか実技を交えて行いたいと思います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/11/30 19:30
    概要:腰痛を引き起こす原因としては、骨・関節系、神経性、軟部組織性、退行病変、成長期疾患など多種多様で、症状も疼痛部位や神経兆候、筋力低下などの理学所見などを考えると幅広く対応する必要があります。 その中で共通して問題となるのは姿勢です。 その姿勢を改善させることで疼痛が改善することはもちろん、神経兆候や筋力までも改善することをたびたび経験します。 今回、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症の病態を整理して、姿勢改善のための評価、運動療法を行います。 2回シリーズの予定で11月は頸椎-胸椎からの視点で行います。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/11/09 19:30
    概要: 急性期のみでなく回復期や生活期においても、リハビリテーションを実施する上でリスク管理は必要不可欠です。血液データ、バイタルサイン、それに自覚症状など患者様から得られる情報は沢山あります。それらを多角的に評価することで安全にリハビリテーションを実施することが出来ます。 今回は安全なリスク管理シリーズの第5段です。カルテの情報を整理し、リハビリテーョションに活かせていますか?特に検査データと画像所見は患者さんの病態や全身状態をリアルタイムに教えてくれます。それらを踏まえ安全なリハビリテーョションを提供していきましょう。今回は検査データの中でも電解質と血ガスのデータの解釈を中心に講義します。 本セミナーは明日の臨床から注意出来る内容となってます。是非ご参加下さい。
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on大阪府query_builder2017/10/24 19:30
    脊椎圧迫骨折はリハビリテーションにおいてよくみる疾患です。 しかし、コルセットの完成によって離床するのみで終わっていませんか? 発症初期より後々の状況を考えながら介入できる方法は少なからずあります。 今回は圧迫骨折の病態を理解し、ベッド周りにおいて注意することや体動方法の指導、アプローチする際の注意についてのアイデアを紹介します。
    EPoch ナイトセミナー