体幹・脊椎 全般のセミナー39 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on東京都query_builder2018/09/17 10:00
    低反撥マットレスを数枚重ねて身体質量と重力を拮抗させた環境のもとポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果を具体的な症例と共に紹介し、実践して体感していただきます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/08/19 13:00
    新人理学療法士・学生のための触診セミナー】   【概要】 A 筋テスト ・ダニエルの徒手筋力検査法ではなくケンダルの筋力検査から発展したキネシオロジーやカイロプラクティックの筋力検査法を紹介いたします。 ・学校で習ったダニエルのテストと違い、個別に筋機能を調べる検査を行います。 B 触診 ・治療のポイントとなる筋の起始停止・付着部の捉え方を中心に指導します。   【内容・詳細】 ■触診・筋力検査を行っていく筋肉 ・腹直筋 ・白線筋 ・外腹斜筋 ・内腹斜筋 ・前鋸筋 ・腰方形筋 ・腹横筋 ・大腰筋 ・腸骨筋 ・脊柱起立筋  腰腸肋筋  胸腸肋筋  腰最長筋  胸最長筋  棘筋 ・多裂筋 ・下後鋸筋 ・上後鋸筋 ・広背筋 ■触診する靭帯・血管 ・腸脛靭帯  ・鼠径靭帯 ・仙結節靭帯 ・腸腰靭帯  ・腹大動脈 ・大腿動脈 ■触診するランドマーク C7以下の椎体 ・胸椎棘突起・横突起 ・腰椎棘突起・横突起・副突起 など ・仙骨(下外側角、正中仙骨稜、仙骨溝、尾骨) ・坐骨(坐骨結節、坐骨棘) ・第1~第12肋骨 ≪これらの技術の学んで出来るようになる事≫ ・筋の触診の基礎が身につきます。 ・起始と停止を触ることで筋出力を高めるアプローチが習得できます。 ・筋筋膜性腰痛、脊柱管狭窄症、腰椎ヘルニアなどの疾患に対する軟部組織アプローチが身に付きます。 ・筋テストをすることで筋の中でもどのあたりの部分に問題があるのかを絞り込むような評価をすることができます。 ≪こんな方が参加しています≫ ・新卒から3年以内の理学療法士 ・理学療法士学生(3~4年生が多いです) ・作業療法士 ・言語聴覚士 ★触診に自信の無い方なら何年目でもかまいません。 そんなお声を頂いております。 こちらをご覧ください⇒http://shinjukuseitai.jimdo.com/ ◆受講後の特典◆ 復習用動画を配布いたします。 皆様のご参加をお待ちしております!
    FITNESS PHYSIO ASSOCIATIONS
  • location_on東京都query_builder2018/09/04 18:45
    低反撥マットレスを数枚重ねて身体質量と重力を拮抗させた環境のもとポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果を具体的な症例と共に紹介します。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on大阪府query_builder2018/08/31 19:00
    新人作業療法士のための実技習得内容となっております。 【新人の作業療法士のための実技・手技習得セミナーです】 ひたすら実技演習にて、<明日からすぐに実践できる技術>を学びます。 上部体幹や肩甲帯周囲の筋緊張異常によるアライメントの崩れや、支持性が低下してしまっている症例に対する介入に難渋することも多いのではないでしょうか? このセミナーでは基礎的な知識から病態理解を行い、しっかりと改善と導くアプローチ方法を学んで頂きます。 「患者を触り慣れていない」ということに悩みがあるセラピストに平日
    EPoch ナイトセミナー
  • location_on東京都query_builder2018/08/26 10:00
    施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していくためのセミナーです。全てのシーティング理論をまとめ、臨床で生かしていくための技術を習得し、臨床にあるものだけでの座位保持の方法を学び、身近なものを利用したクッションをつくっていきます。 急性期、回復期、維持期それぞれの回復段階や状態に合わせた姿勢保持を考え、バスタオルや段ボール等身近にある物、病院や施設で準備出来る物だけで座位保持クッションを作ります。この徐圧効果のあるクッションを作って持ち帰っていただきます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/08/19 10:00
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/09/23 10:00
    ポジショニング、シーティング、フィッティングは人間工学から生まれました。基本となる工学エビデンスを学びませんか。いつまでも車椅子に座る事を考えずに、人間工学という基礎を振り返ることで、治療に応用し、再び馴染みのある道具やインテリアの利用を考える事が本セミナーの目標です。車椅子を卒業し、健常者と同じ生活環境へ戻すという役割の一端を医療は担っているのではないでしょうか。日常何気なく使っているインテリアの原理を解き明かすことで、臨床に生かしていく技術、方法論と心理精神活動に影響する事実を紹介します。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/09/08 10:00
    近年では『体幹』に中心にリハビリメニューを組み立てることが多くなっております。 その中、『体幹は大事なのはわかるけど、アプローチ法は腹筋ぐらいしか知らない。しかも効果出てるいかわからないで悩んでいる』との声が多くの療法士から聞かれます。 【コア】はその名の通り身体の【核】となる部分です 患者さんに、疲れるだけで効果の無い体幹(コア)トレーニングを指導していませんか? 体幹深層筋(コア)トレーニングというと、 「この運動で○○筋が鍛えられます。」 「○○を使えば効率的にコアを鍛えられます。」 と、特定の部位を強化することに注目されがちです。 体幹深層筋(コア)が機能しない理由は、単純に筋力が弱化している事だけが原因でしょうか? 例えば家を建てる際に、荒れた土地にそのまま基礎を打って、柱を立てていく大工さんはいないと思います。丈夫な家を建てるためには、土台が大事になります。 ですので、地盤がしっかりしているかの確認をし、土地を整備して、初めて基礎を打ち始めます。 体幹深層筋(コア)トレーニングでも、機能的なコアを獲得する為に、コアが機能していない理由を明確にし、邪魔な部分があれば取り除く必要があります。 そして、その整備をしたうえでトレーニングをしていく必要があります。 効率的に患者(利用者)さんのコアトレーニングをしたいと思ったら、 ① コアマッスルが働かない原因を改善する(引き算の治療)        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ② コアマッスルを活性化するファシリテーション(足し算の治療) 上記の流れが理想的な治療法なのです。 多くの患者(利用者)では、現在持っている機能を十分発揮できない(邪魔している)ために、コアが機能していないケースが多いのです。 極端な話、コアマッスルが働かない原因を削除するだけでコアは活性化されるのです。 そこで、体幹部の解剖イメージを確認しつつ体幹機能臨床で行いやすい徒手的なアプローチを揃えた研修会を開催いたします。 【講義内容】 体幹機能の不活性因子を改善する ○肋間リリーステクニック  ○腹部ポンピングテクニック ○大腰筋〜腸骨筋間リリーステクニック 体幹機能を活性化する ○Transversus abdominis muscle(TAM)促通テクニック 活性化した動作時に使えるようにする ○運動療法
    国際統合リハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/09/14 18:45
    ポジショニング、シーティング、フィッティングは人間工学から生まれました。基本となる工学エビデンスを学びませんか。いつまでも車椅子に座る事を考えずに、人間工学という基礎を振り返ることで、治療に応用し、再び馴染みのある道具やインテリアの利用を考える事が本セミナーの目標です。車椅子を卒業し、健常者と同じ生活環境へ戻すという役割の一端を医療は担っているのではないでしょうか。日常何気なく使っているインテリアの原理を解き明かすことで、臨床に生かしていく技術、方法論と心理精神活動に影響する事実を紹介します。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on徳島県query_builder2018/08/30 13:00
    ①平成30年8月30日(木)13:00~18:00基礎講座 ②平成30年8月31日(金)9:00~15:00応用講座(企画講座) ①キネシオ理論、肩関節周囲炎、腰痛症、変形性膝関節症、下腿部痛等   に対するテーピング基本実技 ②重張り(コンビネーション)やアスレティックテーピング併用技術等   急性から慢性症状に対しての技術を紹介。   災害時の応急処置としても活用できます。 1講座15,000円※①&②講座受講で30,000円
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2018/08/18 13:00
    ①平成30年8月18日(土)13:00~18:00基礎講座 ②平成30年8月19日(日)9:00~16:00応用講座(企画講座) ①キネシオ理論、肩関節周囲炎、腰痛症、変形性膝関節症、下腿部痛等   に対するテーピング基本実技 ②重張り(コンビネーション)やアスレティックテーピング併用技術等   急性から慢性症状に対しての技術を紹介。   災害時の応急処置としても活用できます。 1講座15,000円※①&②講座受講で30,000円
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2018/09/14 09:00
    平成30年9月14日(金)9:00~基礎講座&応用講座 平成30年9月15日(土)9:00~部位別①&② 平成30年9月16日(日)9:00~部位別③&④ 平成30年9月17日(月・祝)9:00~コレクション講座&特殊テープ講座 ◇他の日程、地域での講座情報は、     http://www.kokusaikt.jimdo.com  にてご確認ください。
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2018/11/22 09:00
    平成30年11月22日(木)9:00~基礎講座&応用講座 平成30年11月23日(金・祝)9:00~部位別①&② 平成30年11月24日(土)9:00~部位別③&④ 平成30年11月25日(日)9:00~コレクション講座&特殊テープ講座 ◇他の日程、地域での講座情報は、     http://www.kokusaikt.jimdo.com  にてご確認ください。
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2018/08/23 14:00
    ①H30.8/23(木)14:00~17:00肩部 ②H30.8/23(木)17:30~20:30背部 ③H30.8/24(金)9:00~12:00膝部 ④H30.8/24(金)13:00~16:00足部 ①打撲、五十肩(肩関節周囲炎)、腱板炎等に対するテーピング ②捻挫、打撲、頸椎症、腰椎ヘルニア等に対するテーピング     ③変形性膝関節、ジャンパー膝、靭帯損傷等に対するテーピング ④捻挫、足底筋膜炎、アキレス腱断裂等に対するテーピング 4講座50,000円
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2018/10/23 09:00
    平成30年10月23日(火)9:00~基礎講座&応用講座 平成30年10月24日(水)9:00~部位別①&② 平成30年10月25日(木)9:00~部位別③&④ 平成30年10月26日(金)9:00~~コレクション講座&特殊テープ 他の日程、地域での講座情報は、http://www.kokusaikt.jimdo.com/ にてご確認ください。
    国際キネシオテーピング®研究所
  • location_on徳島県query_builder2018/09/21 09:00
    平成30年9月21日(金)9:00~基礎講座&応用講座 平成30年9月22日(土)9:00~部位別①&② 平成30年9月23日(日)9:00~部位別③&④ 平成30年9月24日(月・祝)9:00~コレクション講座&特殊テープ講座 他の日程、地域での講座情報は、http://www.kokusaikt.jimdo.com/ にてご確認ください。
    国際キネシオテーピング®研究所