大学・学会のセミナー6 件中 1 - 6 件を表示

  • location_on東京都query_builder2020/02/26 12:30
    ◎GMP関連法規やガイドラインでの要求 いわゆる薬機法 薬局等構造設備規則 医薬品・医療機器等の回収について GDP ICHQ9 PIC/S GMP ISPE防虫防鼠管理の手引き ◎回収の実態 ◎生体由来物の種類 毛髪 昆虫類 ネズミ 鳥類 ◎管理手法の実際 あるべき姿(構造・環境・管理) ペストコントロールの考え方(国際標準) 科学的根拠に基づいたモニタリング 有効な管理手法の実際 リスクアセスメントシートの活用事例 ※同業社やコンサルタントは、受講をお断りする可能性がございます。
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2020/02/25 13:00
    ◎知財戦略の種類 権利化か、秘匿かの選択 技術を秘匿する場合の留意点 ◎特許出願時の留意点 海外との共同研究の場合に気を付けること ◎クレームの作り方 流通形態を考慮したクレーム プロダクトバイプロセスクレーム インカメラ手続等に関する特許法改正の紹介 ◎明細書の書き方 実施可能要件を満たす明細書 リーチスルークレーム ◎海外の特許動向 ◎AIを利用した診断方法の出願 登録事例紹介 バイオ系研究者でも、AI発明は創出できる ◎ビッグデータの保護 どのような法制度で保護されるか 諸外国の制度
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2020/02/19 12:30
    ◎はじめに 精密化学品産業、医薬品産業の現状 医薬品産業におけるモノづくりと課題 ◎医薬品(原薬)の連続生産 連続生産とバッチ生産の違い 活用するメリット ◎海外/国内における連続生産への取組み ◎連続生産の実装 実装に向けたボトルネックをどう克服するか 下流工程(抽出、晶析、ろ過など)の連続化 社内における連携体制 産官学連携、オープンイノベーションの活用 ◎今後の連続生産に向けて Smart Factory、iFactory 連続生産プラットフォームを活用した日本モノづくりの再生
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2020/02/18 12:30
    ・微生物検査を始めて行う方々へ、微生物の正しい取扱いを習得 ・微生物の簡易同定法を知ってもらう。 ・観察の重要性を再確認してもらう。 ・微生物の簡易同定法 ・培地の利用の仕方による細菌の推定 1.はじめに 2.微生物実験の基本操作 微生物取扱いの一般注意事項 分離培養法 培地の管理 培地の形態 非選択培地 選択培地 3.微生物同定のポイント 分離・培養・同定 同定検査の手順 細菌・真菌の同定方法など 4.製造現場の微生物管理 微生物が混入しやすい場所 環境中の微生物 微生物の保存や管理方法
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2020/02/14 12:30
    前半は、GCPで必要とされるSOPを紹介します。後半では、使いやすいSOPの作成や維持管理の方法を詳述しますので、GCPに関わらず他のGXPsや臨床研究の他、企業の総務部門等の手順書の作成管理に携わる方にも役立ちます。最後は、講義内容を基にしたSOP作成を実際に演習で経験しましょう。 ・GCPで求められるSOPは何か ・企業のGCP体制の違いと、必要なSOPの内容の違いは ・理解しやすく改訂しやすいSOPの構成と作成方法 ・SOPを周知徹底する教育訓練の方法 ・SOPの維持(制定、改廃)管理
    株式会社R&D支援センター
  • location_on東京都query_builder2020/02/14 12:30
    1. 医療機器の生物学的安全性評価とは何か 生物学的安全性の評価方法 生物学的安全性評価の国際規格、及びガイダンス ・ISO 10993 ・JIS T 0993-1 ・厚生労働省ガイダンス ・FDAガイダンス ・欧州等 ・医療機器GLPについて 2. 評価の実施 生物学的安全性試験の実施 試験結果に生物学的安全性上のリスクが確認されたとき 生物学的安全性評価の総括報告書 照会事例と対応 評価の要件 評価者の要件 Chemical characterizationの活用について 3. まとめ
    株式会社R&D支援センター