訪問リハのセミナー23 件中 1 - 16 件を表示

  • location_on大阪府query_builder2019/09/28 10:00
    【参加のポイント】 (1)環境調整を図りつつ、自ら行動できるように日常の中で自律に向けた反復訓練 (2)「できるADL」「できるIADL」の推進 (3)本人のニーズ・興味を引き出したライフスタイル支援 【セミナー内容】 ・認知症リハビリテーションの理論と評価 ・適切なアセスメントに基づく評価と科学的根拠に基づくアプローチ ・安全かつより効果的にリハビリテーションを行うためには ・軽度の方へのアプローチ ・中、重度の方へのアプローチ ・高次機能障害の方へのアプローチ ・生活場面やリハビリ場面で拒
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2019/08/03 10:00
    【参加のポイント】 (1)環境調整を図りつつ、自ら行動できるように日常の中で自律に向けた反復訓練 (2)「できるADL」「できるIADL」の推進 (3)本人のニーズ・興味を引き出したライフスタイル支援 【セミナー内容】 ・認知症リハビリテーションの理論と評価 ・適切なアセスメントに基づく評価と科学的根拠に基づくアプローチ ・安全かつより効果的にリハビリテーションを行うためには ・軽度の方へのアプローチ ・中、重度の方へのアプローチ ・高次機能障害の方へのアプローチ ・生活場面やリハビリ場面で拒否がある方へのアプローチ ・場面ごとにおけるアプローチの工夫 ・「できること」を引き出しQOLやADLを維持・向上させるためには ・社会参加、QOL向上に向けたリハビリ支援 ・【実技】認知症の方の症状に合わせたADL練習と運動療法 ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2019/07/06 10:00
    【参加のポイント】 (1)環境調整を図りつつ、自ら行動できるように日常の中で自律に向けた反復訓練 (2)「できるADL」「できるIADL」の推進 (3)本人のニーズ・興味を引き出したライフスタイル支援 【セミナー内容】 ・認知症リハビリテーションの理論と評価 ・適切なアセスメントに基づく評価と科学的根拠に基づくアプローチ ・安全かつより効果的にリハビリテーションを行うためには ・軽度の方へのアプローチ ・中、重度の方へのアプローチ ・高次機能障害の方へのアプローチ ・生活場面やリハビリ場面で拒否がある方へのアプローチ ・場面ごとにおけるアプローチの工夫 ・「できること」を引き出しQOLやADLを維持・向上させるためには ・社会参加、QOL向上に向けたリハビリ支援 ・【実技】認知症の方の症状に合わせたADL練習と運動療法 ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2019/09/07 10:00
    ■チームアプローチと連携 ・多職種によるコミュニケーション障害はなぜ起こるのか ・信頼関係の構築のために(頼り・頼られ、もちつもたれつ) ・多職種連携のポイント ・得意分野と不得意分野の把握 ・優先順位と伝える事、伝えなくてよい事 ・情報収集力とまとめる力 ・結局…評価とクリニカルリーズニング ■コミュニケーションについて ・気づきを促すコーチングとティーチングの使い分け ・伝え方、言葉を変える ・バイスティックの7原則 ・傾聴、共感、受容 ・言葉以外の伝え方の工夫 ・多職種連携におけるリハビリ専門職の役割 ■生活期における身体機能・生活機能の評価と生活マネジメント ・基本動作に必用な機能のおさらい ・生活場面における基本動作のマネジメント ・生活場面で出くわす動作の違いと生活動作及び実践方法 ・何のための連携 ・環境に合わせた生活動作の指導 ■介護場面で使える実技 ・姿勢が崩れやすい方へのトレーニング ・運動連鎖とバランス ・感覚に働きかける【実技】 ・フィードバックのための声掛け ・ポジショニングの体感 ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2019/07/27 10:00
    ■チームアプローチと連携 ・多職種によるコミュニケーション障害はなぜ起こるのか ・信頼関係の構築のために(頼り・頼られ、もちつもたれつ) ・多職種連携のポイント ・得意分野と不得意分野の把握 ・優先順位と伝える事、伝えなくてよい事 ・情報収集力とまとめる力 ・結局…評価とクリニカルリーズニング ■コミュニケーションについて ・気づきを促すコーチングとティーチングの使い分け ・伝え方、言葉を変える ・バイスティックの7原則 ・傾聴、共感、受容 ・言葉以外の伝え方の工夫 ・多職種連携におけるリハビリ専門職の役割 ■生活期における身体機能・生活機能の評価と生活マネジメント ・基本動作に必用な機能のおさらい ・生活場面における基本動作のマネジメント ・生活場面で出くわす動作の違いと生活動作及び実践方法 ・何のための連携 ・環境に合わせた生活動作の指導 ■介護場面で使える実技 ・姿勢が崩れやすい方へのトレーニング ・運動連鎖とバランス ・感覚に働きかける【実技】 ・フィードバックのための声掛け ・ポジショニングの体感 ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2019/08/17 10:00
    ・知っておくべきADLの注意点 ・ご利用者、家族、スタッフで大きな乖離「できるADL」と「しているADL」 ・ご利用者の状態を情報共有する工夫 ・ケアを阻害する因子 ・ケア、リハビリ場面で気をつけるべきポイント ・ケアの工夫で脳が動き身体が動く ・身体機能、認知機能の評価と介入 ・日常生活を想定した関わり ・実技・演習 など
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/07/13 10:00
    ■知っておくべきADLの注意点 ・医介連携に必要なBarthel Index(BI)とFunctional Independence Measure(FIM)の違いとそれぞれの特徴の理解 ・最大能力(できるADL)と実用能力(しているADL)を捉える視点 ■ご利用者、家族、スタッフで大きな乖離「できるADL」と「しているADL」 ・ご利用者、家族、スタッフ間において、ADLの乖離が生じる原因は「生活でのADL」と「現場でのADL」という視点の違い ・通所での訓練やケアの目的は、在宅生活や地域社会への参加に繋げる事 ・「できるADL」をご利用者、家族へフィードバックし、ADLに汎化する働きかけ ■ご利用者の状態を情報共有する工夫 ・共通言語でのやり取り(専門用語は噛み砕いて伝える) ・担当者会議で共通認識をもつ ・情報提供書などの書式内容の標準化 ■ケアを阻害する因子 ・内的要因と外的要因の把握をした上で、個別的な阻害的因子の整理・分析 ・考えられる内的因子 ・考えられる外的因子 ■ケア、リハビリ場面で気をつけるべきポイント ・ご利用者のニーズと自分たちのサービス提供内容がマッチングしているか ・ご利用者の利用目的やニーズを把握し、ケアプランに繋げ、結果としてアウトカムを伝えるまでのプロセス ・多職種が共通認識を持ち「自立支援」に向け関わる仕組みづくり ■ケアの工夫で脳が動き身体が動く ・脳のメカニズムの視点 ・何が正しい動作なのか…トライ&エラーの中での学習促進 ・脳内ネットワークとケアの工夫の関連づけ ■身体機能、認知機能の評価と介入 ・疾患により身体機能や認知機能の評価と介入は異なる ・普遍的な要素(重力環境下での抗重力活動、ヒトの筋骨格系) ・一連の評価と介入のリーズニング過程 ■日常生活を想定した関わり ・課題となっている動作や活動は、どこが問題でどこに潜在能力があるのか ・自宅に近い環境設定の中で行う動作確認の重要性 ・運動分析と課題分析 ■実技・演習 など ・日常生活を想定した介入のベースとなる「姿勢・動作分析」 ・「できるADL」と「しているADL」の差を縮めるために重要な誘導や介助の段階付け ・hands on から hands off へ移行していく判断やプロセス ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2019/06/22 10:00
    ■知っておくべきADLの注意点 ・医介連携に必要なBarthel Index(BI)とFunctional Independence Measure(FIM)の違いとそれぞれの特徴の理解 ・最大能力(できるADL)と実用能力(しているADL)を捉える視点 ■ご利用者、家族、スタッフで大きな乖離「できるADL」と「しているADL」 ・ご利用者、家族、スタッフ間において、ADLの乖離が生じる原因は「生活でのADL」と「現場でのADL」という視点の違い ・通所での訓練やケアの目的は、在宅生活や地域社会への参加に繋げる事 ・「できるADL」をご利用者、家族へフィードバックし、ADLに汎化する働きかけ ■ご利用者の状態を情報共有する工夫 ・共通言語でのやり取り(専門用語は噛み砕いて伝える) ・担当者会議で共通認識をもつ ・情報提供書などの書式内容の標準化 ■ケアを阻害する因子 ・内的要因と外的要因の把握をした上で、個別的な阻害的因子の整理・分析 ・考えられる内的因子 ・考えられる外的因子 ■ケア、リハビリ場面で気をつけるべきポイント ・ご利用者のニーズと自分たちのサービス提供内容がマッチングしているか ・ご利用者の利用目的やニーズを把握し、ケアプランに繋げ、結果としてアウトカムを伝えるまでのプロセス ・多職種が共通認識を持ち「自立支援」に向け関わる仕組みづくり ■ケアの工夫で脳が動き身体が動く ・脳のメカニズムの視点 ・何が正しい動作なのか…トライ&エラーの中での学習促進 ・脳内ネットワークとケアの工夫の関連づけ ■身体機能、認知機能の評価と介入 ・疾患により身体機能や認知機能の評価と介入は異なる ・普遍的な要素(重力環境下での抗重力活動、ヒトの筋骨格系) ・一連の評価と介入のリーズニング過程 ■日常生活を想定した関わり ・課題となっている動作や活動は、どこが問題でどこに潜在能力があるのか ・自宅に近い環境設定の中で行う動作確認の重要性 ・運動分析と課題分析 ■実技・演習 など ・日常生活を想定した介入のベースとなる「姿勢・動作分析」 ・「できるADL」と「しているADL」の差を縮めるために重要な誘導や介助の段階付け ・hands on から hands off へ移行していく判断やプロセス ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2019/11/30 10:00
    <午前>10:00~12:15 生活期リハビリテーション関係者が知っておきたいマネジメントとマーケティング 講師:高木 綾一 氏(株式会社Work Shift 代表取締役/理学療法士) 【内容】 ・外来リハ患者激減、入院日数短縮で生活期リハ施設(通所リハ・老健・訪問)の需要増大 ・利用者の流れを確立する ・なぜ、マーケティングが必要なのか(基本と導入の視点) ・押さえておくべき地域におけるマーケティングの考え方と手法 ・自法人のサービスがどの医療・介護事業所の問題解決に寄与するのか ・認知度と信頼を勝ち取る!利用者・家族・ケアマネ向け情報提供の工夫 ・「報酬」と「加算」の考え方 ・「報酬が高い」という理由のみで加算算定のマネジメントは行き詰る ・医師の関与増大で生活期リハビリのマネジメントは複雑化 ・必須!「基本報酬」「加算算定」の意義に基づくマネジメント ・課題となっている「効率化」への対応 ほか <午後>13:15~15:30 今求められる老健・通所・訪問の連携!在宅復帰・在宅療養支援力アップで収益・運営改善 講師:塩原 貴子 氏(介護老人保健施設フェルマータ船橋 事務長代理) 【内容】 ・「軸」「ウリ」がしっかりした「困った時のフェルマータさん」 ・どれだけ「地域の事業所」「インフォーマルサービス」を巻き込むか ・「数字上の限界値」「体制の限界値」「方法の限界値」 ・「活動」と「参加」の生活期リハビリマネジメントの展開実践事例 ・リハビリ機能を強化しながらケアの質を担保するマネジメント術 ・稼働率を落とさないために ・セラピスト配置の工夫 ・多部門連係で一貫した目標達成 ・併設部門があることのメリットを十分に生かす ・自己管理に導くのは可能か?効果を上げる自主トレーニングメニューの工夫 ・地域に利用者を出していく ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2019/11/09 10:00
    <午前>10:00~12:15 生活期リハビリテーション関係者が知っておきたいマネジメントとマーケティング 講師:高木 綾一 氏(株式会社Work Shift 代表取締役/理学療法士) 【内容】 ・外来リハ患者激減、入院日数短縮で生活期リハ施設(通所リハ・老健・訪問)の需要増大 ・利用者の流れを確立する ・なぜ、マーケティングが必要なのか(基本と導入の視点) ・押さえておくべき地域におけるマーケティングの考え方と手法 ・自法人のサービスがどの医療・介護事業所の問題解決に寄与するのか ・認知度と信頼を勝ち取る!利用者・家族・ケアマネ向け情報提供の工夫 ・「報酬」と「加算」の考え方 ・「報酬が高い」という理由のみで加算算定のマネジメントは行き詰る ・医師の関与増大で生活期リハビリのマネジメントは複雑化 ・必須!「基本報酬」「加算算定」の意義に基づくマネジメント ・課題となっている「効率化」への対応 ほか <午後>13:15~15:30 今求められる老健・通所・訪問の連携!在宅復帰・在宅療養支援力アップで収益・運営改善 講師:塩原 貴子 氏(介護老人保健施設フェルマータ船橋 事務長代理) 【内容】 ・「軸」「ウリ」がしっかりした「困った時のフェルマータさん」 ・どれだけ「地域の事業所」「インフォーマルサービス」を巻き込むか ・「数字上の限界値」「体制の限界値」「方法の限界値」 ・「活動」と「参加」の生活期リハビリマネジメントの展開実践事例 ・リハビリ機能を強化しながらケアの質を担保するマネジメント術 ・稼働率を落とさないために ・セラピスト配置の工夫 ・多部門連係で一貫した目標達成 ・併設部門があることのメリットを十分に生かす ・自己管理に導くのは可能か?効果を上げる自主トレーニングメニューの工夫 ・地域に利用者を出していく ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on大阪府query_builder2019/09/14 10:00
    <午前>10:00~12:15 生活期リハビリテーション関係者が知っておきたいマネジメントとマーケティング 講師:高木 綾一 氏(株式会社Work Shift 代表取締役/理学療法士) 【内容】 ・外来リハ患者激減、入院日数短縮で生活期リハ施設(通所リハ・老健・訪問)の需要増大 ・利用者の流れを確立する ・なぜ、マーケティングが必要なのか(基本と導入の視点) ・押さえておくべき地域におけるマーケティングの考え方と手法 ・自法人のサービスがどの医療・介護事業所の問題解決に寄与するのか ・認知度と信頼を勝ち取る!利用者・家族・ケアマネ向け情報提供の工夫 ・「報酬」と「加算」の考え方 ・「報酬が高い」という理由のみで加算算定のマネジメントは行き詰る ・医師の関与増大で生活期リハビリのマネジメントは複雑化 ・必須!「基本報酬」「加算算定」の意義に基づくマネジメント ・課題となっている「効率化」への対応 ほか <午後>13:15~15:30 今求められる老健・通所・訪問の連携!在宅復帰・在宅療養支援力アップで収益・運営改善 講師:塩原 貴子 氏(介護老人保健施設フェルマータ船橋 事務長代理) 【内容】 ・「軸」「ウリ」がしっかりした「困った時のフェルマータさん」 ・どれだけ「地域の事業所」「インフォーマルサービス」を巻き込むか ・「数字上の限界値」「体制の限界値」「方法の限界値」 ・「活動」と「参加」の生活期リハビリマネジメントの展開実践事例 ・リハビリ機能を強化しながらケアの質を担保するマネジメント術 ・稼働率を落とさないために ・セラピスト配置の工夫 ・多部門連係で一貫した目標達成 ・併設部門があることのメリットを十分に生かす ・自己管理に導くのは可能か?効果を上げる自主トレーニングメニューの工夫 ・地域に利用者を出していく ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2019/09/07 10:00
    <講座1>10:00~11:45 保険外シニアビジネスの最新動向と事業化のポイント 講師:紀伊 信之 氏(株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 部長(シニアマネジャー)) 【内容】 ・シニアビジネスを取り巻く市場環境 ・シニアビジネスにおける注目分野 ・「保険外」という発想を超える ~デイ・介護事業所での自費・保険外サービスの始め方~ ・介護サービス事業者が注目すべき政策動向 介護保険内外サービスの組み合わせ ・保険外シニアビジネスの成功事例 ・デイ・介護事業者にとっての自費・保険外サービスの事業化のポイント ほか <講座2>12:45~14:00 利用者の社会参加・地域貢献から共生社会を実現!介護保険制度に沿った新しい活動 「地域貢献」「付加価値創出」「経済活動」など 講師:濵田 桂太朗 氏(株式会社ユニティ 代表取締役) 【内容】 ・模索から始まる!注目が高まる就労デイのつくり方 ・ご利用者の想いをカタチに ・地域や企業などと連携した社会参加トレーニング ・活動することは手段であり、参加の意向は選ばなければならない ・自己管理と社会参加に向けたトレーニングの質、量の確保 ・適度な緊張が生む効果 ・「やりたいこと」と「身体機能」に合わせた役割づくりの工夫 ・実践事例にみる運営のポイント(保険加入、企業連携による地域での効果など) ・介護される立場→担い手、誰かのために ほか <講座3>14:15~16:00 医療・介護・その他周辺サービスをワンストップで提供するこれからの介護事業経営戦略 「点より線・線より面」の支援とは 講師:皆川 敬 氏(株式会社メディカル・エージェンシー・ジャパン 代表取締役) 【内容】 ・今こそ問われる介護事業者としての経営戦略 ・高齢者のお困りごと解決のワンストップサービスとは ・「点より線・線より面」の高齢者支援サービス ・外部環境の変化に我々はどう対応するべきか ・デイ+複数事業を行うことのメリット ・様々なサービス(御用聞き、移動販売、介護タクシー、交流サロン等)が複合的に絡む【地域包括ケア】の実践 ・有料老人ホームの自費サービスをヒントに ・介護保険サービス以外でいかに柔軟性をもたせられるか(固定観念の打破) ・中小企業だからできる地域で必要とされる法人となるために目指す事業展開 ほか
    日本通所ケア研究会
  • location_on福岡県query_builder2019/07/06 10:00
    <講座1>10:00~11:45 保険外シニアビジネスの最新動向と事業化のポイント 講師:紀伊 信之 氏(株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 部長(シニアマネジャー)) 【内容】 ・シニアビジネスを取り巻く市場環境 ・シニアビジネスにおける注目分野 ・「保険外」という発想を超える ~デイ・介護事業所での自費・保険外サービスの始め方~ ・介護サービス事業者が注目すべき政策動向 介護保険内外サービスの組み合わせ ・保険外シニアビジネスの成功事例 ・デイ・介護事業者にとっての自費・
    日本通所ケア研究会
  • location_on東京都query_builder2019/07/15 10:00
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/08/04 10:00
    低反撥マットレスを数枚重ねて身体質量と重力を拮抗させた環境のもとポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果を具体的な症例と共に紹介し、実践して体感していただきます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2019/07/19 10:00
    低反撥マットレスを数枚重ねて身体質量と重力を拮抗させた環境のもとポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果を具体的な症例と共に紹介し、実践して体感していただきます
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会