訪問リハのセミナー5 件中 1 - 5 件を表示

  • location_on東京都query_builder2018/06/05 18:45
    施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していく方法論と技術を習得する研究を「臨床シーティングセミナー」で共有します。世界中のシーティング、座位保持の概念や技術をまとめ、急性期、回復期、維持期という様々なシーンに対応していく姿勢保持を学びます。シーティングやフィッティングは、それぞれの回復段階やADLに合わせた姿勢保持を考えるべきです。なぜなら、姿勢とは運動であり日常様々な姿勢となります。日常生活動作に合わせるために、動画として姿勢を捉え応用していく方法を考えます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/07/07 13:30
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/05/31 18:45
    施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していく方法論と技術を習得する研究を「臨床シーティングセミナー」で共有します。世界中のシーティング、座位保持の概念や技術をまとめ、急性期、回復期、維持期という様々なシーンに対応していく姿勢保持を学びます。シーティングやフィッティングは、それぞれの回復段階やADLに合わせた姿勢保持を考えるべきです。なぜなら、姿勢とは運動であり日常様々な姿勢となります。日常生活動作に合わせるために、動画として姿勢を捉え応用していく方法を考えます。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on東京都query_builder2018/06/17 10:00
    どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害) そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。このアプローチは、モノに頼るのではなく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで新しいシーティング技術です。
    日本ユニバーサルリハビリテーション協会
  • location_on大阪府query_builder2018/06/16 10:00
    (1)現場に潜むスタッフのモチベーションを低下させる3つの問題 (2)「仕組み」「人間関係」「個人スキル」が複雑に絡み合う構造の理解 (3)事例から現状の「仕組み」を改善するヒントをみつける (ルールを作る、ハードを見直す、書式を見直す、人事考課、評価制度を見直す…etc) (4)事例から現状の「人間関係」を改善するヒントをみつける (雰囲気の悪い職場は人間関係の悪い職場!コミュニケーションを改善する) (5)事例から現状の「個人スキル」を改善するヒントをみつける (どのように人は変化していくのか法則を知る!自分自身のスキルの課題が分かる!) (6)他者理解が深まるスキルマトリクス (7)やる気のなさを嘆かなくてすむ組織論とチームワーク論 (8)利用者のことでも、なんでも自分事として捉えたらもっと真剣になれる (9)利用者とスタッフの主体性を引き出す環境づくり (10)環境を生かした自立支援のプログラムづくりの工夫 (11)お互いが気持ちよく過ごせる環境づくりとは (12)スタッフが集まる仕組みと環境づくり (13)地域とつながるための環境づくりと取り組み実践 (14)スタッフが自ら率先してしたくなる広報の手順とは ほか 【その他】 詳細は公式ホームページにてご覧ください https://www.tsuusho.com/skill/self_reliance/
    日本通所ケア研究会